Jump to content

HOTMON55

PC Member
  • Posts

    71
  • Joined

  • Last visited

Reputation

60

Recent Profile Visitors

14,941 profile views
  1. Kuva・Tenet武器はともかく、ネクロメカはMOD枠が12個ある以上フォーマによるレベル増量はむしろ妥当まであるかと。
  2. 少し前にシスター武器を全て揃えたので前の追記。 ・シスターとリッチ まあ硬いとか、抹殺の手間が増えたとか意見が多いですが、結局のところ、それでも楽になったと思います。ささやきの集まりはまあシスターはともかく、リッチは一人ヤったところあまり変わってないような(それどころかスタートが地球でささやきを集めずらい)気もしますがそれでもOullとアルティメイタムが便利なので大抵のリッチを3-4レベルほどで倒せます。やはり最後の手間さえ含めても討伐時間は減ったと思います。リッチを倒せるなら。 まあ、討伐時間が下がったから問題がないと言いたいわけではありませんが。 リッチは確かに硬くなりました。が、正確に言えばおかしいのはリッチの耐久よりダメージキャップです。今のリッチを手っ取り早く倒すならREVENANTで攻撃を無力化する、あるいは出来るだけ硬いフレームで、死ぬまでマシンピストルとかアサルトライフルのような連射系の武器を死ぬまでドタマに撃ち込むことです。逆にいえば一撃が大きい攻撃に対しての耐性がはっきり言って異常です。 セミライフル・バーストはまあともかく、スナイパーであるとか、ランチャー、ヘビー系近接のような重い攻撃では羽根で撫でたようなダメージしか出ません。まあ最終決戦では育成さえしていれば異常火力の代名詞のネクロメカが使える以上ダメージキャップは仕方ない気もしますが、それでもまあ他の方も言ってますけどキャップが低すぎだと思います。 一つ増えましたが、望むのは「狙ったリッチの呼び出し」と「ダメージキャップの緩和」です。 ささやきは今ぐらいでいい、レクイエムの集めずらさがどうとかはしもべがレリックをいらんほどくれるので、最初のレクイエムさえ全て揃えれば後は余りますし、Oullやアルティメイタムといった便利ツールもあります。 強いて言うなら決戦ステージ解放条件に「Lv5になったとき」もしくは「ささやきを全て溜めたとき」を追加してレクイエムを好きなだけ試せるようにしてほしい(アルティメイタムは割と貴重品なのでLv5リッチをブスブス刺すのに使うでは足りません)です。 後はその二つさえあればもう、何も言うことはないです。本当に。
  3. 今回のアプデは個人的にはかなり好評です。 ・Galvanized Mod かなり強いです。ええ、喜ばしいことに。全てのGalvanizedのキルスタックをカウント切れで全ロストにしてもいいぐらいです。 入手難度もこの強さなら妥当でしょう。もう少し見守る必要があるとは思いますが。 ・リッチとシスター かなり戦いやすいくなったと思います。セクターを限定してくれたのは人も集まりやすいですし。(今は人がたくさんいるのでもう少し時間がたたないとここは効果が分からないかも知れませんが)トドメを刺すのにもう一戦行かないといけないのは少々面倒でもありますが、ささやき緩和やワイルドカード、アルティメイタムも考えるとまあそれでも討伐スピードは速くなったと思います。 狙った武器を持ったリッチやシスターを作れるようにさえしてくれればもう文句はありません。ほんとにお願いします。 ・近接ナーフ COとBRはまだまだ強いと思います。まあここは運営も認めるところではあるのでいいでしょう。 ただ、Berserkerはだいぶ弱くなってしまったと思います。条件をキル時にするのも他のFuryと併用不可にしたのもまあ妥当でしょう。 ただ持続まで削るのは少々やりすぎ感があると思います。今までは普通のFuryを選ぶ理由がなかったのでキル時化はいいとして、少しでも硬いものが混じるとすぐ失速してしまうのはまあどうかと、多少持続を伸ばすか、それがダメなら5%の攻撃速度を戻してあげてもいいかと。
  4. エンドコンテンツで一部の武器だけではなくたくさんの武器を使えるようにするという姿勢は(今入ろうとしている調整が上手くいくかはまた別の話として)別にそう悪くないとは思いますし それは鋼とは別に解決するべきor解決できる問題であって鋼のせいじゃないと思います。
  5. まあ確かに鋼の道のりで通用する武器を通常ミッションに持ち込めばただ蹂躙になるでしょう。 ただそれは今に始まった話じゃないと思います。 今でさえ鋼の道のりで通用するようにビルドを考え、フォーマを刺し、Rivenを揃えた武器を持っていっても全く同じ状況になると思います。 例え鋼で通用する武器じゃなくとも、RANKMAXのMODを十分に刺した武器やフレーム、最大強化のPrimed Mod、Prime武器、etc 少なくとも鋼の道のりをクリアできるプレイヤーであれば、MODがフルで刺さっていない育成途中の武器であろうと蹂躙になると思います。そしてそれは新しく追加されるアルケインなどでそれがさらに悪化するというものでもないと思います。何故ならすでにその通常の敵に対しての火力は限界を突破しているからです。 どちらかといえばプロテンノが低レベルのミッションをやる時に求めるのは(武器の育成をするのでなければ)スピードです。そしてそのために必要なのは火力よりもGaussやEquinoxの様な、広く薄く攻撃することです。低い火力でも十分に敵を倒せますから。 そしてエンドコンテンツ用に厳選して育て上げた武器やフレームを手に入れたテンノが通常ミッションの敵を一方的にいたぶったても、それが特に悪いことであるとは思えません。 このゲームは成長するのに様々な要素が必要です。 MOD、アルケイン、そしてそれを成長させるために必要なENDOなどのコスト、武器を作るための素材、そしてその武器を作るためのMRだって必要です。 そういったものを乗り越えて鋼に通用するような業物や名銃を作り上げたテンノがそれを持って通常ミッションの敵をなぶり殺して、誰が咎めるでしょうか? RPGで裏ボスを倒すために鍛え上げたパーティーが最初の雑魚相手に9999999ダメージを叩き出して誰が咎めるでしょうか? モンハンで古龍の装備に身を包んだハンターが下位のモンスターを5分足らずでボコボコにして誰が咎めるでしょうか? 少なくとも鋼がある前からもそのような強い武器は存在していました。 まあだからといって、鋼基準で普通の敵なども調整を始めてインフレ環境になるのは当然ダメですが。
  6. Kinokoさんはマーシレスとデッドヘッド(とその他ヘッドショットキルトリガーのgalvanizedMOD)は「スタックごとに制限時間は更新されない」と思ってらっしゃるのでしょうか? 私は更新されると思っているのですが・・・ まあ文章だけで使用動画はついてありませんし、どちらの可能性も今のところ五分五分ですが、仮に更新されないのであるとしたら更新されるようにしてほしいですね。
×
×
  • Create New...