Jump to content

Archived

This topic is now archived and is closed to further replies.

[DE]Kanna

埋もれた負債:アップデート 24.4.0

Recommended Posts

埋もれた負債:アップデート 24.4.0

f07ee60119e2c8efc746da7ecf4cb49e.png

2019年初のメインラインアップデートをご紹介します。前回のアップデート「プロフィット・テイカー」が実装されてから集められてきた数多くの追加、変更、修正点が盛り込まれています。実装されるべきでなかった物が間違って実装されることがまれにあります。そのようなものを見た場合は公式フォーラムまでご報告ください。

このアップデートが実装された直後に2019年初の作戦が開始されます。現在の時点でこのアップデートのファイルサイズは約2.7 GBまでのぼっていて、ボリューム満載です。それでは、作戦に関する概要をご説明します。

「埋もれた負債」作戦

2019年初の作戦をお届けします。作戦は壮大で、深く、今始まります。クランリーダーボードシステムは導入されませんが、作戦に参加してフォーチュナーに関する数々の謎を解き明かしてください。

このコミュニティ作戦イベントにはゴールが設定されています。競争は今始まります、テンノ。あなたには死者の秘密を暴けますか。DevStreamを視聴しているテンノへは既にヒントが与えられているかもしれません。

イベント参加者には作戦限定の報酬が配布されます。

最初の報酬は解りにくいかもしれません。オーブ峡谷の境界線を拡張するパズルを解き明かす... 皆と共に...

サーミアの裂け目は金星の表面をひび割れさせています。手っ取り早い利益のためには何も惜しまないNefの手立てはオーブ峡谷全体を危険にさらしています。サーミアの割れ目を封じる手段を探し当てることにより以下の報酬を受け取ることができます。

  • 作戦エンブレム
  • 合成体MOD 4種類
  • 作戦シジル
  • Opticor Vandal

サーミアの裂け目を封するたびに1ポイント取得できます。そして、1つの冷却キャニスターを使いながら4つの裂け目を封じるとボーナス3点(トータルで7点)が加算されます。

そして後ほど、Hildrynの設計図をドロップする新種のボスが現れます。開発チームが推定する進行ペースではボスが出現するまで一週間程かかると予想されています。プラチナを購入されていないプレイヤーの皆さん、我慢強く待っていてください。新しいWARFRAME「Hildryn」は他のWARFRAME同様、プラチナを購入しなくても入手できるようになります。

テンノ、健闘を祈ります。仲間と共に助け合って謎を解き明かしてください。

このミッションの難易度に関する注意メモ:プレイヤーの中にはこの作戦で繰り広げられる戦いが難しいと感じるかもしれません。開発チームはこの作戦の難易度を上級者向けに設定していることをお知らせします。

イベントが開催される頻度についてのメモ:開発チームはこの作戦が頻繁に起こるように設定したいと思っています。今後オーブ峡谷でサーミアの裂け目は頻繁に発生しますので「ドロップするボスに出会えないためHildrynが入手できない」という状況になることはありません。その点はに安心していただければと思います。そして、ゲーム内アイテムのバランスをいつも念頭に置いて開発していることを認識してください。

HILDRYN
防御こそ最強の攻撃です。Hildrynは彼女のシールドを消費しアビリティを使用し、エネルギーはシールドを回復させます。

パッシブ:
シールドへのダメージはヘルスに影響を及ぼさない。オーバーシールドを迂回できるダメージはない。

BALEFIRE
強力な火花をチャージし放射する。

SHIELD PILLAGE
付近の敵のシールドと装甲を吸い上げ、Hildrynのシールドとオーバーシールドを回復する。

HAVEN
仲間にシールドのバリアを付与する。バリアに近寄った敵はダメージを受ける。

AEGIS STORM
空から炎の弾を敵に降らせる。付近の敵は爆破で宙へ舞い、数秒毎にエネルギーオーブをドロップします。シールドが尽きると敵は地面へ叩き落されます。
Hildrynはゲーム内マーケットまたはLittle Duckの提供品(本体の設計図)から購入可能です。また、今後のアップデートで紹介される新種ボス、エクスプロイター オーブを倒すことにより設計図がドロップされます。

テンノの助け舟

7e28b0bc6795783298b891c9a1ce8e7b.jpg

HILDRYN ASURON ヘルメット
勇敢な戦士の勝負防具。風林火山の如く。

  • Hildryn Asuronヘルメットはゲーム内マーケットから購入することができます。またNightwave次回シリーズの報酬品としても入手可能に。

SURATOR シャンダナ
空を駆け巡るシャンダナ。

  • Surator シャンダナはゲーム内マーケットから購入することができます。

LARKSPUR
死者から作られたとされるLarkspur。この特殊なアークガンは最初の攻撃で敵にロックし、ターゲット付近の敵を追跡し攻撃します。更に爆撃射出物を搭載しており、Hildrynが使用する場合所有できる弾薬数が上昇します。

  • Larkspurはゲーム内マーケットから購入することができます。また、所属のクランのテンノラボで研究することにより入手できます。

HILDRYN コレクション
Hildrynに加えてこの堅実なWARFRAMEにぴったりなアイテムを含めるコレクションをお届けします。このコレクションにはHildryn、Suratorシャンダナ、AsuronヘルメットとLarkspurアークウイングガンが含まれています。その上3日間のアフィニティーブースター、3日間のクレジットブースターとアークウイングガン用のグラビマグも付属されています。

  • Hildrynコレクションはゲーム内マーケットから購入することができます。

7d657f9ccf1303bbd20e02718a3085c0.jpg

QUARO シャンダナ
このコーパス風シャンダナで大儲け。

  • QUAROシャンダナはゲーム内マーケットから購入することができます。

LIMBO LIMINAデラックススキン
極限の更なる先へ。新たな境界へ。

TAROCK 投擲武器スキン
投擲武器をこのトランプカードのようなスキンで模様替え。

SIDEREAL シャンダナ
Voidを象徴するシャンダナ。

INTERGA スガトラ
このスガトラは様々な神話で登場する武器に着用されたと伝えられているが、その起源は今だ不明である。

LIMBO LIMINAコレクション
ある世界と別の世界との間の戸口に立ち、記憶に残る印象を与えよう。このバンドルにはLimina Limboデラックススキン、TAROCK 投擲武器スキン、INTERGA スガトラ、SIDEREAL シャンダナが含まれます。

  • LIMBO LIMINAコレクションはゲーム内マーケットから購入することができます。

e73b76c67ecce1de21afd0501ddf15af.jpg

Tatsu
恐ろしくも高貴な、この洗練された両手刀はどんなアーセナルでも自慢になる。

  • TATSUはゲーム内マーケットから購入することができます。
     

近接リワーク:フェーズ1「滑らかさを追求して」

テンノ - あなたのお気に入りの近接武器はいつもと違うように感じられるでしょう。このアップデートでは2019年の近接アップグレード、フェーズ1をお届けします。新しく豪華な視覚エフェクト、効率化が進んだ戦闘スタイル、リアリティ満載なヒット時の反応などをお楽しみください。

滑らかな切り替え
ボタンを一押しするだけで銃から剣、剣から銃へと切り替えられるように。武器をホルスターへ収めたり、取り出す必要がなくなりました。動作中でも近接コンボを発動したり再稼動することができます。近接モード中、攻撃を仕掛けてくる敵をエイムするだけで敵からの攻撃を自動的にブロックできるように。スタンスコンボは変更されたものもあるので、使用する前にスタンス情報を確認しよう。

上空からの死
テンノは空中戦の達人です。狙いを定めたグランドスラムを使用することにより、より正確で致命的な攻撃を仕掛けられるように。

視覚エフェクトのアップグレード
近接に関する視覚エフェクトのオーバーホールを実行しました。ヒット時流れるアニメーション、スラムアタックと属性のエフェクトを更新したことにより、より華麗な近接攻撃を仕掛けられるように。

さらなる展開
私たちは近接戦闘スタイルのあり方を根本的にアップグレードしようとしており、今回ご紹介するリワークはその序章にすぎません。

テンノ以上にアーセナルの威力を知るものはいません。今後、あなたの変化への順応性と近接攻撃のスキルが試されるでしょう。そして変更を重ねていく私たちにとっては、皆さまから寄せられるフィードバックが重要な鍵を握ることとなるでしょう。

フェーズ1に関するDev Workshopを見逃した方は、以下のサイト(英文のみ)からご回覧ください。

このメインライン アップデートノートで変更の概要をお伝えしましたが、以下の追加項目もご参照ください。

1) 途切れない戦闘スタイル:銃から近接武器(もちろんその逆も)への切り替えが瞬時可能に。
ボーナス点:1.a) コンボ状態を容易に継続できるように。


2) グランドスラムの操作がより操作しやすく、シンプルで切れ味向上。

全近接武器のグランドスラム範囲が上昇。新しいFXも追加されました。

  • ブーメラン: グランドスラム範囲を5mへ上昇。
  • 軍扇: グランドスラム範囲を5mへ上昇。
  • ダガー: グランドスラム範囲を5mへ上昇。
  • デュアルダガー: グランドスラム範囲を6mへ上昇。
  • かぎ爪: グランドスラム範囲を6mへ上昇。
  • ガンブレード: グランドスラム範囲を5mへ上昇。
  • ヌンチャック: グランドスラム範囲が6mへ上昇。
  • ソード&シールド: グランドスラム範囲を7mへ上昇。
  • シングルソード: グランドスラム範囲を7mへ上昇。
  • ブレードウィップ: グランドスラム範囲を7mへ上昇。
  • レイピア: グランドスラム範囲を6mへ上昇。
  • デュアルソード: グランドスラム範囲を8mへ上昇。
  • トンファ: グランドスラム範囲を8mへ上昇。
  • マチェット: グランドスラム範囲を7mへ上昇。
  • 刀: グランドスラム範囲を6mへ上昇。
  • ハンマー: グランドスラム範囲を9mへ上昇。
  • スタッフ: グランドスラム範囲を6mへ上昇。
  • ポールアーム: グランドスラム範囲を7mへ上昇。
  • サイス: グランドスラム範囲を8mへ上昇。
  • ヘビーブレード: グランドスラム範囲を8mへ上昇。
  • ガントレット: グランドスラム範囲を8mへ上昇。
  • 格闘: グランドスラム範囲を7mへ上昇。

3) 視覚FX:2019スタイル

フェーズ1の実装とともに視覚エフェクトの全体的なアップデートが導入されます。このアップデートでは基礎的な変更を実装するため、全ての武器はしばらくの間「一般的な」FXが適応されます。今後エフェクトに磨きをかけて、テスト過程を通過してから徐々に実装されます。
新しく、よりきれいなFXは美しく短く、ライフスパンを細かく考えたうえ作成されました。 そのため無限に使用することはできません。そして「武器の軌跡の常時表示」オプションはこの変更と同時に削除されます(少なくともフェーズ1では、削除されたように見えます)。

4) キーバインド
キーバインドに関する象徴的な変更点:

ブロック
近接武器を使用中、ブロックは選択したキーとは関係なくなります。攻撃を仕掛けてくる敵を真正面から立ち向かうことにより、ブロック効果が期待できます。この変更により、レティクルの位置が重要になります。

チャネリング
近接モード中、チャネリングはAlt-Fireボタンにトグル設定できるようになりました。

  • キーボードの「F」ボタン(既存設定中)はこれよりプライマリ、セカンダリ武器の切り替え専用キーとなります。
  • マウスの左ボタンは常にそして瞬発的に発砲ボタンとして機能するように。
  • マウスの右ボタンは常にそして瞬発的にエイムボタンとして機能するように。

オプション:
私たちはトグルオプションを追加することにより、旧式近接システムの機能を一つだけ残しました。この機能によりオプションをトグル設定することが可能になっています。近接モードに切り替えた後も左マウスボタンを使用しながら近接攻撃を続けることが可能に。

追加情報・変更点:

  • レティクルを更新:近接モードでは新しく独自のレティクルを使用するように。
  • アークウイング:アークウィング近接とアークウイングガンは地上戦と同様「瞬時切り替え」が可能に。
  • Glaiveと単独セカンダリは引き続き兼用できます。
  • アビリティ武器もこの瞬時切り替え機能の恩恵を受けます。だたし、武器の間を切り替え続けてもエネルギーは継続して消費されます。
  • ヒットを受けたAIのFX効果も更新されます。敵勢はより本能的で現実的な反応を表わすように。
  • 近接ブロック機能は今後自動的に適応されるため、ブロックの角度は45度へ減少。
  • Sigma & OctantisとCobra &Craneのシールドを投げるときに流れるアニメーションは短縮され、スピードアップ。
  • カスタムエネルギーカラーを使用していない場合、使用中の武器は属性FXのカラーを受け継ぐように(属性がない場合は基礎トレールを)。この変更により、すべてのカラーが統一されます。(スイングFX、トレール、ヒットFXなど)
  • Rakta Dark Daggerの装備ボーナスは、装備を開始して30秒間持続するように。(近接装備で更新)
  • Vaykor SydonのRadial Blindは、必要なチャージが溜まっていると、近接チャンネルのオン/オフを切り替える事により発動するように。
     

WARFRAME特殊FX効果:エフェメラ

お気に入りのWARFRAMEを「エフェメラ」効果でカスタマイズしよう! これらのFX効果は高レベルコンテンツ(仲裁、Stalker、エリートサンクチュアリ交戦など)のみで設計図を入手し製作する事ができます。製作後アーセナルの外装品メニューから装着できます。

  • Petal Steps エフェメラ (仲裁)
  • Ice Steps エフェメラ (新しいボス戦)
  • Electric Steps エフェメラ(新しいボス戦)
  • Fire Steps エフェメラ(エリート サンクチュアリ交戦)
  • Blood Coating エフェメラ (仲裁名誉)
  • Smoke Coating エフェメラ(Stalker)

オペレータースパイラルヘアスタイル

7938e789c4b942f02d1ecaccde9012b1.jpg

スパイラルヘアスタイル3種類が登場! お団子、編みこみ、ポニーテールから好きなスタイルを選ぼう。

更に今回のアップデートで、オペレーターのおでこの面積を小さめに。

df5f0640da8a8862a331b2f4963af3f9.jpg

新コーパス製K-ドライブ:
Rokyを訪問して、コーパスから触発されたHighbrow、Two-SloopsとThugsの設計図を入手しよう。

追加点全般:

  • マスタリーランク27昇進テストを追加。
  • アークウイングガン展開装置を使用すると近くの敵をラグドール化するショック波を追加。
  • The BusinessとHai-Lakの釣りに関する台詞を追加。
  • 敵MOAに対しては通常と異なったエイムポーズアニメーションを追加。
  • プロフィット・テイカー依頼ミッションフェーズ1で流れるモリ突き漁に関するヒント音響を追加。
  • 各WARFRAMEのパッシブに関する説明文と統計をアビリティメニューへ追加。
  • ExcaliburのSlash Dashへインパクト音響を追加。
  • ValkyrのHysteriaのヘビーアタックへ音響を追加。
  • GrattlerとFluctusのヘビー武器装備へFXを追加。

エイドロンの草原に関する変更点:

  • 依頼ミッションを草原内から受託できるように。草原内に設置されたテントを訪問することによりKonzuと交信ができるように。
    • この変更により、エンカウントミッションが撤去されます。エンカウントミッションは草原の実装時、プレイヤーが自由行動を取っているときのオプションとして提供されていました。しかしこのアップデートで依頼ミッションを好きなときに受託できるため、撤去することになりました。

プロフィット・テイカーに関する変更点:

  • 戦闘中、オーブ以外の敵はプレイヤーのノックバックを誘発しないように。プロフィットテイカー戦でモアや他の敵から引き続きノックバックされる場合、フォーラムへ報告してください。

Warframe初心者にやさしい変更点:

  • ジャンクションのボス戦でアビリティを使用しやすく、戦闘ペースを保つように。
  • 「トレーニング:基礎知識」コーデックスエントリーの近接攻撃に関する説明を更新。
  • 近接2.0に関する記事を更新して、「上級近接術」と名前を変更。そのうえ、「高等な移動技術」欄へと移動。
  • コーデックスのトレーニング欄から「Dark Sector」を撤去。

UIに関する変更、修正点:

全WARFRAMEアビリティ画面のオーバーホールを実行。

  • アビリティに関する説明はより簡潔な形式を使用するように。ホバー機能を利用することにより、特定の統計と情報を表示するように。
  • 他のWarframeとの相乗効果のトリック、最も効果的なダメージ出力方法、Warframeアビリティの相互作用など、それぞれのWarframeアビリティについてのヒントを表示するために、新しい「ヒント」セクションを設置。
  • それぞれのアビリティをショーケースするアビリティ動画が表示されるように。現在Excalibur、Mag、Volt、Garuda、Baruuk、RevenantとHildrynのビデオのみが導入されていますが、これからどんどん他のWARFRAMEアビリティのビデオも導入される予定です。
  • 選択したUIテーマはテーマ別に反映されるように。

アルケイン管理画面へ視覚的なオーバーホールを実行したことにより選択したUIテーマと同調するように。更新した管理画面へ以下の変更点も追加:

  • 所有していないアルケインのリスト(ホバリングすることにより情報が表示されます)
  • 画面右側に表示されるアルケインのランクが選択できるように。そしてより直接的なランクアップ機能を追加。

DOJOのトレード画面を更新:

  • 一度に6つのアイテムをトレードできるように。
  • より迅速にアイテムを選択できるように、レスポンスタイムとUI画面を改良。
  •  
  • WARFRAMEのアビリティ統計がアーセナル アップグレード画面へ表示されるように。
  • 選択したUIテーマがDojoの装飾画面とDojo建設画面で反映されるように。
  • HUDダメージ値とアフィニティ値は、インターフェース設定で別々に切り替えられるように。
  • MOD画面でアルケインを右クリックすることにより装備から外せるように。
  • UIテキストで混じっていた大文字と小文字を更新。
  • ー般通知ポップアップのサイズと位置を調整。
  • 武器やコンパニオンの名前から「.」を撤去。
  • 「太陽系マップ」などの表記を「星系マップ」へ統一。
  • 「トレードの準備完了 」テキストにチェックマークを追加。
  • 採掘中ヒートゲージを完璧にヒットしたにも関わらずゲージに間違った情報が表示される問題を修正。
  • メッキ済みアイテムをプレビューオプションがトグルされている時アンプをプレビューすると「メッキ未加工」>「メッキ済み」と表示されていたが、この変更により、「メッキ済み」>「新しいアンプパーツを使用してメッキ済み」と表示されるように。
  • Dojoで「複製」を選択してから研究画面を閉じると発生するUIロックを修正。
  • WARFRAME購入画面でWARFRAMEのパッシブ説明文と情報が正しく表示されない問題を修正。
  • ギフトを送った直後にフォーチュナーに移動するとUIに発生する不具合を修正。
  • いくつかのUIテーマがそれぞれのテキストカラーを維持しない問題を修正。
  • アーセナルでギアスパイラルアイテムが予想より暗く表示される問題を修正。
  • 採鉱中に死亡した場合、採鉱UI画面が消失する問題を修正。
  • ValkyrのWarcry UIがEternal War MODのタイマーの増加を反映しない問題を修正。

コントローラーの応答性に関する変更点:

開発チームはアップデート24.2でコントローラー応答性の向上を図るため、数々の変更を導入しました。初期の変更ではトリガー圧力がわずかに変わったため、発射とADSへの妨害が多発していました。この障害は継続的にトリガーを押すことにより発動されるオート製武器、ビーム系武器、または採掘ツールで多く報告されていたため、調査を入れたところ、この問題はトリガーの起動・非起動のトリガー閾値の差が低すぎるために発生していることが判明しました。

しかし、このトリガー閾値の低さはピストルで作動すると長所でもあったのです。

この前書きをお伝えした上で、今回のアップデートでは以下の変更点をお届けします。

発射とリリースに関するエラーを回避できるようにトリガーリリース感度を上げました。 この変更により、発射とエイムの偶発的な中断を軽減するだけでなく、引き金に一定の圧力を維持することにより起こる筋肉の疲労感を抑えることができます。 そして、エイムや発砲を止める時、以前よりトリガーへの圧力をかけることが必要となります。

結果的には、トリガーリリース感度を上げましたが、クイックタップと連続射撃武器のバランスをとるためにプレス感度を維持しました。言い換えれば、クイックトリガータップでピストル発砲の容易さを維持しましたが、ビーム武器やオート製武器などでは様々なレベルの圧力を適用できる柔軟さを残しました。

これらの変更はテスト中にとても心地がいいレベルまで上げることができましたが、プレイヤーの中には問題が継続される方もいらっしゃるでしょう。特に障がいをもっているテンノにはゲームプレイに制限がかかる可能性もあります。そのため、オプション画面へ(オプション>コントロール)新しく2つ項目を追加しました。

95cfdb414319529ea0676f476daae7ab.png

  • トリガープル感度(コントローラー):アクションを行うために必要なトリガープルの最小限のラインを決定します
  • トリガーリリース感度(コントローラー):アクションを終えるために必要なトリガーリリースの最小限のラインを決定します

注意:スライダーの数値が低ければ低いほど、トリガーにかかる圧力を強める必要があります。逆に数値が高いとトリガーにかける圧力がそれほど強くなくても作動するように。

オプション画面になるこのスライダー項目を利用することにより、最も適切なトリガー感をカスタマイズすることができます。

Revenant に関する変更、修正点:

  • Enthrallの容量に空きがある場合、Enthrallの柱が発するホーミングエネルギー発射体がEnthrallにかかった敵へダメージを与える確率を上昇。この変更により、Enthrallアビリティの効果がより自然に広がるようになり、Enthrallの容量が上限に達成している場合はターゲットに対してダメージを与え続けるように。
  • Danse Macabreを発動中ダウンすると回転するアニメーションにスタックする問題を修正。
  • 同じ敵から同じフレーム中に数回ヒットされるとMesmer Skinが複数のチャージを消費する問題を修正。

採掘に関する追加、変更点:

SmokefingerはSunpoint プラズマドリルの改良に熱を上げています。シンセサス スキャナー WidgetのようにSunpointプラズマドリルのアップグレード品をSmokefingerから直接購入することが可能に。以下のアップグレード機能が見込めます。

  • Sunpointプラズマドリル レンジWidget:プラズマビームの範囲を増やす。
  • Sunpoint プラズマドリル サイレンサーWidget:このドリル静音化Widgetがあれば平和に近くの敵を警戒させず採掘できる。
  • NOSAM フォーカス カッターの購入コストが750地位ポイントへ減少され、重ねてNOSAM アドバンス カッターの購入コストが1000地位ポイントまで引き下げ。

環境保護に関する変更点:

  • TulokとParamモリの購入コストを500地位ポイントまで引き下げ、シンジケートランク0でも入手できるように。

Dojoに関する変更点:

  • クランで行う顔料の研究情報をわかりやすく説明。研究詳細や色分けされたテキストなどで、読みやすさ、わかりやすさを改善。

オーブ峡谷抹殺依頼ミッションに関する変更点:

  • 抹殺ミッションへは峡谷のどこでも発見できるわけではなく、特定の範囲内で見つけることができるように。
    • エンカウントはマークされた範囲を離れることにより断念できるように。
    • この変更点は皆さまから寄せられたフィートバックをもとに導入されました。オーブ峡谷の面積が広いために、依頼ミッションを完了しようとするプレイヤーの失望感を招いたためです。
  • オーブ峡谷のコーパス抹殺依頼ミッションのボーナス目的を変更。タイマーが失効するまでに、十分なクレジット数が集められない場合は、依頼ミッションを失敗するように。その代わり、指定される時間内に十分なクレジット数を集めるとボーナスが加算されるように。この依頼ミッションは失敗する条件がありませんでしたが、他のミッションとの一貫性を保つため、この目的、ボーナス加算要素を追加しました。
    • 分隊に参加しているメンバーの数によって、タイマーがスケーリングされるように。
  • 参加しているプレイヤーの数が低いほど、タイマーは長めに設定されています。
  • 抹殺ターゲットの難易度は分隊に参加しているプレイヤーの数によってスケーリングされるように。
  • 抹殺ターゲットが避難するときに使う計算値を変更。これにより、峡谷内でターゲットがあまり遠い場所に避難しないように。

クライエント駆動型へ変更:

ホストとクライエントの応答性に関する要望は常に届けられています。特に、武器を切り替えるときや自動ドアの開閉により引き起こされるラグに関してのフィードバックは数多く届いており、クライエントとしてミッションに参加したときに困難へ遭遇した方もいるのではないでしょうか。今回のアップデートではこの二点に焦点を絞り、以下の改善点を導入しました。

  • クライエント駆動型へ変更した結果、武器の切り替えプロセスへ敏感に反応するように。
  • 自動ドアもクライエント駆動型へと変更。 待ち時間が発生した場合、以前はホストと連動してドアが開かない場合もありました。

Capturaに関する変更、修正点:

  • 複数のカメラを使用すると、カメラへ番号が振られるように。この変更により、一つのシーンを作り上げているときにどのカメラを使用しているかわかりやすくなるように。
  • 可視化されたカメラは、フリーカメラモードで目視して選択することができるように。
  • Capturaで「X」を押すとカメラを再生できるように。
  • フリーカメラモードから離れた後継続していたカメラのアニメーションとプロセスに関する問題を修正。
  • アーセナルとCaptura画面でFloxシャンダナが羽を伸ばさない問題を修正。

変更点:

  • 以前アラートが表示されていたナビゲーション画面へ草原の時間、峡谷の温度、Nightwaveのアクトなどの現在のアクティビティに関する詳細情報が表示されるように。
  • オペレーターのVoid ダッシュを意図的に使用して移動していない場合、敵とぶつからないように。
  • Corinthのマスタリーランク条件が10から8へ下げられました。
  • 以下のようにChesaクブロウのRetrieveプリセプトを変更:
  • Chesa Kubrowは、NekrosのDesecrateと同じ方法で、最も近い単一のアイテムを1つ取得しようとするように。
  • K-ドライブのレースを完了することによりベントキッドの地位ポイントだけではなく、K-ドライブのアフィニティも得られるように。
  • シンスラをローテーションAの報酬リストから取り外し、クランで研究することにより設計図を入手できるように。
  • NPCのStimバフ効果時間を30秒から120秒へ延長。
  • Burstonの製作条件を600ナノ胞子から600フェライトへ変更。
  • エクゾディア コンテージョンを使い感染エネルギー射程物を発動する場合、エイムグライド中であることが条件に。
  • 敵が投げる手榴弾の音響を改善。この変更により、コーパスとグリニアの手榴弾へはユニークな警告音と爆発音を起用するように。
  • メイガス リバートへ3秒間のクールダウン時間を追加。このクールダウンの設置の背景には、メイガス ロックダウンとMadurai Meteoric Dashを組み合わせたマクロの悪用により、一気に大量のダメージを与えることができていたためです。この変更を導入したことにより、以下の問題を修正することに:
    • メイガス ロックダウン、メイガス リバートとMadurai Meteoric Dashを同時に発動するとエネルギーを消費せずにVoid ダッシュを続けられる問題を修正。
  • Reflex Guard MODの統計値が55%自動パリー確率から+100%パリー角度へ変更に。
  • LimboのHaven 増強MODをRift Havenへと改名。
  • Warframeへログインするときに表示される膝まずくアニメーションを改善。この変更により、以前がっしりとしたWarframeの手が足へクリッピングしていた問題を修正。
  • コーパス サッピング オスプレイへ微妙な修正を入れたことにより、採掘の効果範囲がわかりやすくなり、危険な範囲が明確に。
  • より体を回転をするようにコーパス オスプレイの動きを調整。
  • NovaのNeutron Star増強MODを更新:
    • Null Stars(再発動時)は30m以内の敵へ発射されるように(近い敵を優先します)。接触すると今までどおりの効果範囲を発揮する。敵が見つからない場合は今までのように爆発する。
  • 峡谷のテラ勢のレーザーは終わりに近づくにつれて薄くなったり消えるように表示されるように。
  • Opticorの発砲FXを更新。
  • Windows XPでは不可能だったマルチコア処理を最適化。
  • オーブ峡谷のレベルの視界とゾーンを最適化。
  • 隠れているときに表示されていた特定のエフェクトを最適化(例:Edo Primeのショルダープレートのチャネリング電気など)。
  • オービターと一時停止スクリーンのUIパフォーマンスをマイクロ最適化。
  • テクスチャの優先順位に関するマイクロ最適化を実行。
  • レンダリングに関するマイクロ最適化を実行。
  • GPU粒子に関するマイクロ最適化を実行。
  • メモリー管理に関する数々のマイクロ最適化を実行。
  • LimboのStasisは一時的に味方に加わった敵へ効果を発揮しないように。(例:NyxのMind Control、RevenantのEnthrallなど)
  • 滑らかさを発揮するため、Exergisのリロードアニメーションへ磨きを加えました。
  • プロフィット・テイカーの最後の爆発範囲を上昇。
  • Corrosive Projectionはオーブ峡谷の全てのオーブに対して効果を発揮しないように。
  • あざける通信が流れる前にAlad Vが倒されると、通信は彼の最期の叫び声と共に途切れるように。
  • 数種類のEchoルアーをギアホイールに装備できるように。この変更により、機会がおとずれると迅速に動物保護にうつることができます。
  • Heavy ImpactまたはRhinoのパッシブ効果がもたらすショック波は選択したエネルギーカラーを使用するように。
  • ゴア表現を無効化しているとき、GarudaのFXは緑色や他の粒子を滲み出すように。
  • オーブ峡谷で起こるコーパス投下船の爆発をより派手に表現するように。
  • エイドロンの草原で現れる投下船が見えるようになる距離を増加。
  • アークウイングガンのロード、リロード音量を減少。
  • 近接コンボダメージ倍率はBaruukのDesert Windの波へ効果をもたらすように。
  • オペレーターの椅子のメッシュの詳細を改善。
  • Jackalの素材をPBRへ更新。
  • BaruukのSerene Stormアビリティ発動中に起こっていたカメラの揺れを改善。
  • オーブ峡谷のミニマップで表示される景色レベルの可視性とゾーニングへ最適化を実行。
  • ランチャーのキャッシュ検証ツールへマイクロ最適化を実行。
  • メモリーのガベージコレクションの機能へマイクロ最適化を実行。
  • 自動装備されるMODがどの優先順位を使用して装備されるかを検証し改善。
  • OberonのHallowed Eruption増強MODの機能を向上。
  • オーブ峡谷で敵モアの飛躍能力の機能を向上。
  • コーデックスでオーブ峡谷の敵やラクノイドに関する説明文から[PH]表記を撤去。
  • グリニア海底研究所タイルセットで表示された霧を改善。
  • グリニア海底研究所タイルセットの照明や傾斜路のサイズを更新。
  • グリニア海底研究所タイルセットの環境AIを改善。
  • グリニアアステロイド脱出タイルセットのAIの航路を改善。
  • TitaniaがRazorwingを発動中、蝶へ近接ストライクしても画面が揺れないように。
  • シールドランサーの矯正動作を改善。
  • グリニア森林防衛タイルセットで、AIのジャンプアクションが強化されるため、防衛ターゲットへの進路で動けなくなる問題を改善。以下のスレッドで報告されていました。 https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/auy1a2/the_enemies_ai_path_at_lith_defence_on_earth_is/
  • リーチ オスプレイの射程物のメッシュがプレイヤーにスタックすると浮かんで見える問題を改善するために更新。
  • グリニア アークトラップのヘルスを減少して、近接放射スラムを仕掛けることにより容易に倒せるように。
  • Dispatch Overdriveを装備すると、GarudaのTalonsへ効果を与えるように。

修正点:

  • オーブ峡谷がランドスケープ・サーフェス・シェーディングの影響により不適切な照明を適応していた問題を修正。この修正により峡谷の視覚的アップグレードをお楽しみください。
  • ホスト移行が発生したミッションに再参加することによりルアのパズル部屋に再入室できた問題を修正。
  • 低いフレームレートでプレイ中、金星でアイテムを拾い上げると起こるクラッシュを修正。
  • 草原や峡谷にローディングした直後にカッターやドリルを装備すると起こるクラッシュを修正。
  • 依頼ミッション中、隠れている貯蔵庫を2つ同時に開けるとミッションを進行できなくなる問題を修正。
  • 草原の依頼ミッションで貯蔵庫が洞窟の中または遠い場所に生産される問題を修正。
  • 前に参加した分隊に再参加することにより、適切なランクに到達していないプレイヤーがオーブ強盗戦へ参加できる問題を修正。
  • MagのCrushがオーバーシールドをオペレーターへ付与する問題を修正。
  • LimboのRiftを出るときにRift Surgeが敵を追放しない問題を修正。
  • いくつかのヘビーZaw武器が、装備している近接攻撃(Atlas、Khoraなど)をスケーリングする能力を持つWarframeの基本ダメージに、本来のダメージ倍率を適用していた問題を修正。
  • KhoraのStrangledomeの中にいるとナリファイア バブルを破壊できない問題を修正。
  • MesaのBallistic BatteryがIgnisと作動しない問題を修正。
  • Operator Ampsは、Kuva サイフォン ミッションで確保クレジットを適切に付与せずにKuvaクラウドを消滅させることがある問題を修正。
  • RedeemerとRedeemer Primeのチャージ攻撃にクリティカル倍率効果が発揮されていない問題を修正。
  • シンジケートのランクが上昇していないのにも関わらず、報酬アイテムがもらえる問題を修正。
  • Synth Charge MODがアビリティ武器へ装備できてしまう問題を修正。
  • ヘビー武器を装備しながらTitania のRazorwingを使うとTitaniaがヘビー武器を飛びながら運び、使えなくなる問題を修正。
  • プレイヤーがK-ドライブに乗っていると、オーブ峡谷で調査または救出依頼ミッションを開始できない問題を修正。
  • Excalibur Umbraに対して、メイガス リペアが効果を発揮しない問題を修正。
  • MagのMagnetizeアビリティがラグドール化した敵に効果を発揮していないのにも関わらず、発動するとエネルギーを消費している問題を修正。
  • Jordas Golem 抹殺ミッションのシネマチックシーンが流れているときにヘビー武器を装備するとアークウイング武器を戦闘中使えなくなる問題を修正。
  • 岩棚から自身を引き上げながらWarframeのアビリティを発動できるため壊れたアニメーションが流れる問題を修正。この修正により、一度身を引き上げてから発動することが必要に。
  • クライエントにとって、ホスト移行が発生するとBaruukのRestraintの量が変更される問題を修正。
  • Mutalist QuantaのAlt-ファイアのオーブがスタックされない問題を修正。
  • シミュラクラムで、サターン・シックスの脱獄者がターゲットUIと確保コンテキストで表示される問題を修正。
  • 敵がFrostのSnow Globeの発動時に捕まると、吹き飛ばされなかった問題を修正。
  • 空中でダウンするとSmeeta Kavatが届かなくなる問題を修正。
  • ランクを上げるときにMesaのRegulatorsの名前がHUDに表示されない問題を修正。
  • Glaxionで倒されると敵が引き伸ばされれて表示される問題を修正。
  • アークウイングでスプリントを稼動すると次にスプリントすると速度をクリアしない問題を修正。
  • WARFRAMEに転移しなおしたときにオペレーターから懐中電灯が光り続ける問題を修正。
  • リレーとMarooのバザーで発生していたマップホールを修正。
  • グリニア要塞タイルセットでAyatanが床を抜けるため拾い上げられなくなる問題を修正。
  • グリニア海底研究所タイルセットの海の表面で発生する穴を修正。
  • グリニアアステロイドタイルセットでずれているエレベーターのコンテキストアクションを修正。
  • グリニア森林タイルセットで発生する機械に関するコリジョンを修正。
  • グリニア森林防衛タイルセットで敵のAIがスタックする問題を修正。
  • オロキン遺棄船メッシュがオロキン遺棄船タイルセット以外の箇所で表示される問題を修正。
  • ルアのタイルセットで脱出できる穴を修正。
  • ルアタイルセットで起きる照明に関する問題を修正。
  • グリニア森林タイルセットで起こる地表のギャップを修正し、機能を向上。その上霧を追加。
  • 大気応用型アークウイングガンモードでCyngasが自動バースト武器へと変更している問題を修正。
  • オペレーターのベント ポバー ベントキッドマスクの位置を修正。
  • オペレーターに対してマスタリーシジルが正常に機能しない問題を修正。
  • Atavist PrimeのアーマーチャネリングFXが永遠と表示される問題を修正。
  • ステルス オロキン チャレンジで発生していたマップホールを修正。
  • アルケイン フューリーとアルケイン アウェイクニングの翻訳を修正。
  • Fluctusを装備したときにぼやけて表示される問題を修正。
  • 感染体エンシェントの伸びる腕が絶対にターゲットへヒットしない問題を修正。
  • ボス戦の初めに流れるイントロアニメーション中のカメラのアングルを修正。
  • Lex Primeへ正しく装着されないLex コンクレーブスキンを修正。
  • ブッチャータイプの敵が3回目の攻撃を逃す問題を修正。
  • Dojo装飾品のTirbuta像にコリジョンやテキスト機能がない問題を修正。
  • MirageのImmortal スキンがHall of Mirrorクローンに表示されない問題を修正。
  • オペレータアンプをエイム、発砲した後歩くと歩くアニメーションを再生し続ける問題を修正。
  • Opticor(そしておそらく他の武器も)が高い発砲率MODを使用することにより新しいビームを発射しない問題を修正。
  • センチネルがオービターで自由にさまよう問題を修正。
  • ペットモアがSecurity Override MODを装備していても潜入ミッションでターミナルをハッキングしなくなる問題を修正。
  • フォーチュナーのアーセナル画面を出てからコンパニオンが飛び跳ねる問題を修正。
  • 手榴弾がVoltのシールドを通過したときに発生するTonkorの手榴弾の爆発の延滞を修正。
  • ルア Pavlov 侵入ガラスパネルから発生していた過度に明るい光を修正。
  • 動物保護活動中、オーブ峡谷でソーゴーがきのこにスタックする問題を修正。
  • ホストのK-ドライブの中央部分へカスタマイズされた色が反映されない問題を修正。
  • コントローラーを使用中プレイヤーがDojo内のパネルにメッセージを残せない問題を修正。
  • エクシマスがアビリティを使用中、他の敵との形成から外れる問題を修正。
  • 動物保護中にフェロモンの数が更新されない問題を修正。
  • Flox シャンダナから消失しているエネルギーFXを追加。
  • 内なる紛争クエストの最後のシネマチックシーンにおける足跡の問題を修正。
  • 亀裂破損FXがKitgunやZaw武器に適用されていない問題を修正。
  • Tennoが購入しているラグを正しく表示できるように、Tenno Kindred ラグのゲーム内マーケットジオラマを修正。
  • Baruukのジオラマで問題があるテクスチャを修正。
  • 内なる紛争のシネマチックシーンでTeshinのOrviusの氷FXが過度に薄暗い問題を修正。
  • スライド中にプレーヤーがロールアクションを実行するとテンノスライド音響が再生され続ける問題を修正。
  •  ミッション終了時に「ミッションをリピート」を選択したときに発生するズームバウンスを修正。
  • Saita Primeオペレータースーツから消失している膝の金属パーツを追加。
  • 妨害侵略ミッションでコーパスベースに移動するときに突破口のターミナルが搭乗ポッドの反対側にある問題を修正。
  • VoidのArboretum部屋のエンジンブロックの壊れている素材とテクピースを修正。
  • オーブ峡谷に一定時間いた後にシャンダナが雪のVFXで覆われていない問題を修正。
  • 初めてオペレーター外装タブを開くとマスタリーシジルが意図されたように表示されない問題を修正。
  • プロフィット・テイカー オーブ アーティクラの「ピックアップ」FXの位置を修正。
  • シータスとフォーチュナーの商人と話をするときに現れる他のプレイヤーモデルからのVFXとパーティクルの効果を修正。
  • 歩いているときにコンテキストアクションFXの粒子が遅れを取る問題を修正。
  • ログイン画面が表示される前に再生されるひざまくときのFXを修正。
  • しゃがみこむパッドに乗っているときにトレードが開始されるとトレード画面を離れた後にジャンプできなくなる問題を修正。
  • 峡谷の貯蔵庫回収依頼ミッションが次のステージに移行することにより瞬時失敗扱いされる問題を修正。
  • NezhaのSafeguard 増強からのハローFXがセンチネルでは低すぎるように見える問題を修正。
  • 乗り物アーセナルでチャットでリンクされたVelocitusを開こうとすると起こっていたクラッシュを修正。
  • ランサーとテンポラルドレッグが破壊された後に再び見えるようになる問題を修正。
  • クライエントでプレイ中メイガス ファイアウォールのFXが表示されない問題を修正。
  • クライエントとしてプレイ中、フォーチュナーでプロフィット・テイカーミッションを受託できない問題を修正。
  • K-ドライブのミッション完了画面で起こっていたクラッシュを修正。
  • TitaniaのDex Pixiaマズルフラッシュのスケーリングに関する問題を修正。
  • K-Driveレース中、Boonの台詞がずれて流れる問題を修正。
  • カメラが霧ボリュームに出入りするときに起こるちらつきを修正。
  • パリーフィニッシャー中にNikanaを強打するアニメーションが再生されない問題を修正。
  • Warが選択したエネルギーカラーを使用しない問題を修正。
  • プロフィット・テイカー依頼ステージ1でLittle Duckが外に浮いている問題を修正。
  • アーティクラが装備しているそれぞれの武器を表示しない問題を修正。
  • ノックダウン時にQuick Thinkingが複数のダメージヒットを与える問題を修正。
  • 同じタイプのヘビー武器を装備した後にTitania のRazorwingがプライマリ武器を解除する問題を修正。
  • 不適切なScimitar Fuselage部品の説明文を修正。
  • ホルスター時起こるCobra&CraneのVFXの歪みを修正。
  • 長距離をカバーしているときや非常に速く動いているとき、プレイヤーの足がギクシャク動く問題を修正。
  • パックス チャージを装備して発砲する流れるKitgunのリロード音を修正。
  • ダウン中に救出ターゲットが動く問題を解決に向けて改善。
  • 内なる紛争クエスト中、オペレーターがVoidモード中、Kuvaスペクターが壊れたように表示される問題を修正。
  • オーブ峡谷の基地の床へ敵が引っ張られていく問題を修正。
  • K-Driveが木の上でホバリングする問題を修正。
  • Dojo 対戦で、自分のオペレーターと戦闘できる問題を修正。
  • アーセナルで回覧中K-ドライブが黒く見える問題を修正。
  • EmberのFireballアビリティを発動して衝突時に間違ったFXカラーが表示される問題を修正。
  • シミュラクラムアーセナルでロードアウトを切り替えようとすると起こるヒッチングを修正。
  • クライエントとしてプレイ中、ホストがオービターへ訪問して加えた変更が見えない問題を修正。
  • AkrabuとFlox シャンダナをギフトできない問題を修正。
  • PlinxがWarframeの手とずれている問題を修正。
  • コーデックスで、ナイトウォッチ ランサーの画像が間違っている問題を修正。
  • オペレーターとしてメイガス アルケインを装備しようとすると起こるスクリプトエラーを修正。
  • MODが表示される画面で起こるスクリプトエラーを修正。(例:コーデックス、アーセナル、MOD画面など)
  • Zaw/Kitgunロードアウトをアクセスしようとすると起こるスクリプトエラーを修正。
  • ValkyrのHysterical Assuault増強MODで起こるスクリプトエラーを修正。
  • Mutalist Quantaを装備中蘇生しようとすると起こるスクリプトエラーを修正。
  • インベントリにたくさんのアイテムがあり、近接武器をランクアップしようとすると起こるスクリプトエラーを修正。

3月12日のノートから消失していたノート

  • MesaのPeacemakerはアルケイン ベロシティーを発動しないように。アルケイン ベロシティーはPeacemakerの範囲より外で発動でき、Peacemakerを使用すると効果が適応されるように。

 

 

Share this post


Link to post
Share on other sites

×
×
  • Create New...