Jump to content

AoE武器による自身へのよろめきは不快なだけ


Recommended Posts

AoE武器による自分へのよろめきを、システムアップデート (27.2.0) において、自爆ダメージからの変更時に「極端な不正確な攻撃にのみ発動します」と述べている。
何をもって「極端な不正確な攻撃」と見做しているのか?
射撃武器や投擲武器を敵の近距離で使用する事は全て「極端な不正確な攻撃」とでも言いたいのか?
主に弾丸が爆散するタイプのAoE武器にはフルオートタイプでもよろめきが追加されている一方で、
ホールドタイプのAoE武器にはよろめきが無い事への説明になっていない。
自爆の結果が死亡からよろめきに変わっても、戦闘の流れを中断する点は同じなのに、
「自爆による悪影響を減らしたから、悪影響をもたらす武器を増やしました」はただの嫌がらせの範囲拡大。
アップデートに伴って追加される武器に魅力的な面があっても、よろめきが存在するせいでプレイ意欲を削がれる。

frameのパッシヴやアビリティ、MODで対策しろ?
AoE武器を快適に使う為にビルド (使用するframe及びMOD構成) が限定される事を正当とは思わない。
MODでのノックダウン無効化で対策しようにも、無効化率を100%にしたければ入手・強化両面で敷居が高いPrimed Sure Footedか、
Sure Footed・Power Drift・Fortitudeの3つにMODスロットを費やさなければならない。

いちいち戦闘の流れを中断させられるより、「攻撃範囲が狭い武器に比べてAoE武器の威力は若干低めに抑えられる」方が、
武器性能の差別化として納得できる。

  • Like 1
Link to post
Share on other sites

「極端に不正確な攻撃」その文章に関しては、色々言われてきましたが、私の解釈では「敵に向かって撃たない」攻撃のことをさしてるんだと思います。

敵ではなく足元に撃ってAOEダメージでなぎ倒すのをやめさせたかったんだと。そう思います。

Link to post
Share on other sites

「自分の足元に撃って・周辺の敵を薙ぎ払う」のであればともかく
「敵の足元=おおよその位置を合わせて攻撃している」のであれば問題の無い範囲でしょうし(これがダメであるならありとあらゆるAoE武器は存在できなくなります)
前者を可能とする様な極端に範囲の広い範囲武器であればともかく、後者が可能になるかどうかというような武器にまでよろめきを追加しているので
「敵に向かって撃たない」攻撃を指して「極端に不正確な攻撃」と言っているとは思い難い調整ですね。
(言葉の意図と調整の意図が別物である、とするのであれば成立しますが……)

Link to post
Share on other sites

 

44 minutes ago, kinoko_takenoko said:

「自分の足元に撃って・周辺の敵を薙ぎ払う」のであればともかく
「敵の足元=おおよその位置を合わせて攻撃している」のであれば問題の無い範囲でしょうし

敵の足元を狙うならそれは普通なんですよ。最低限「敵に向けて」撃ってますし。何よりAOE武器として直接ぶつけるより、爆風に巻き込めるように撃つ方が断然当てやすいからそうするのは自然な流れであり、そこは問題視していません。私の書き方が悪かったですね。

前者の「自分の足元に撃つ」という行為をやめさせたかった、と書きたかったんです。

44 minutes ago, kinoko_takenoko said:

前者を可能とする様な極端に範囲の広い範囲武器であればともかく、後者が可能になるかどうかというような武器にまでよろめきを追加しているので
「敵に向かって撃たない」攻撃を指して「極端に不正確な攻撃」と言っているとは思い難い調整ですね。
(言葉の意図と調整の意図が別物である、とするのであれば成立しますが……)

ここに関しては単純に統一化じゃないですかね?

自爆の無いAOEを作ってしまえば、またそっちに流れると思ったのかもしれません。

Edited by HOTMON55
Link to post
Share on other sites

warframe全般で言える事ですが、ゲームスピードに対するアクションやモーションのスピードが釣り合っていないように感じます。自爆のよろめき以外にも、近接の攻撃速度や、ドッジ(ローリング)の速度と範囲、ダウンと起き上がり、敵の攻撃によるよろめき、etc.

自爆のよろめきに対して不快感があるのは硬直時間と拘束時間の長さが主因なのではないでしょうか。

まあともかく、自爆のよろめきが不快なのは事実ですし、反面、以前のような自爆による自傷ダメージでヘルスが全て吹き飛ぶのも不快なのですよね。

私的には、自爆のよろめきをもっと素早いものにして、代わりにリスキーなものにしてしまえば良いのではないかと思います。

例えば、よろめき中は、受けるダメージが増大するとか、よろめき中に敵が近くにいるとフィニッシャー攻撃をしかけてきて大ダメージを受ける……みたいな。

Link to post
Share on other sites
5 hours ago, (PSN)Itols_pon said:

warframe全般で言える事ですが、ゲームスピードに対するアクションやモーションのスピードが釣り合っていないように感じます。自爆のよろめき以外にも、近接の攻撃速度や、ドッジ(ローリング)の速度と範囲、ダウンと起き上がり、敵の攻撃によるよろめき、etc.

ダウンや敵の攻撃に対してのよろめきはともかく、近接の攻撃速度はMODでどうにでもできますし、マガジンを速く撃ち切ってしまうという代償とDPSの等価交換な銃の射撃速度、それに「あれば便利だけど枠がない」ノックダウン無効とかと違って、リロードがない近接は使用感の改善以上にDPSに直結する要素であり、ビルド組むうえでヘビー攻撃特化ビルドでもなければ絶対外せない要素なので、相当振りが遅い武器か、武器にマイナス速度RIVENが付いてるような状態でもなければ十分だと思いますね。

ローリングも特別遅いとは感じません。バレジャンと組み合わせてフル速度を出しているテンノも多いですし、戦闘中の回避アクションとしての有用性も高い(地味に発動中は75%ダメージカットも付いてる)ですし不遇なアクションとはいいがたいでしょう。

6 hours ago, (PSN)Itols_pon said:

私的には、自爆のよろめきをもっと素早いものにして、代わりにリスキーなものにしてしまえば良いのではないかと思います。

例えば、よろめき中は、受けるダメージが増大するとか、よろめき中に敵が近くにいるとフィニッシャー攻撃をしかけてきて大ダメージを受ける……みたいな。

自爆のよろめきの時間が短くなればそれだけリスクも減るのでそれは矛盾してると思いますね。

私がおもうによろめきは必要悪だと思っています。大抵のゲームでもAOEの武器を近距離で撃てば自爆します。それはもう付きまとう避けられないリスクです。

ですが以前はこのリスクが大きすぎる武器もあれば、全くない武器もありました。

それをよろめきという形に統一化した調整は決して悪くないものだと思います。

まあ一方で完璧でもないですが。しかし完璧な万人が満足する調整などあるのでしょうか。

 

 

Link to post
Share on other sites

実情としてAoE武器には
・上位:安全装置がついているorAoEがあるが、優れた精度・飛翔速度・射程・発射速度等により全く苦労しない武器
・中位:ある程度弾がまっすぐ飛ぶため、極端な至近距離や自分の足元を撃たなければ吹っ飛んだりよろけたりせず普通に扱える武器
・下位:弾速や精度が極端に低い、長いチャージが必要、物理エンジンのご機嫌次第でイレギュラーが起こりやすく使いづらい武器
の3ランクが存在していると思いますが、敵味方のスピードが全体的にインフレしている現在のゲームプレイにおいて
敵が不意に近づいてきたり低精度故に至近距離で爆発してしまう、高速で移動しながら攻撃しようとすると弾速が低い武器の弾を追い越してしまい自爆
…というあるあるミスは下位グループの武器であればあるほどやらかす頻度が高いと思います。

昨今では着弾点に小規模AoEやAltファイアにド派手なAoEがついている1粒で二度三度美味しい武器が多く、これ自体は
楽しくてみんな好きだと思うのですが、こうした武器は素の性能の高さや2つの攻撃方法がある故にあまり困る事がない一方、
中位~下位の武器に関しては一律適用されるよろけ・吹っ飛びの影響を受ける事が多く、自爆が即死級ダメージだった頃から
「武器自体の総合性能が高ければ高い程自爆のリスクが少ない(低ければ低いほど高い)」という歪さについてはあまり変わっていません。
ごく一部の武器についてはめちゃくちゃ使いにくくする事で単発の超大火力とトレードオフにしているものもありますが、
現状単発ダメージでは及ばず、更に使い勝手が極端に悪いだけになってしまっているものもあるので、これらに何らかの救済手段がほしいです。

エクシクラス枠が現状遊んでしまっている武器が多いため、エクシクラス枠で使える増強MODとして
「自爆吹っ飛び・よろけ範囲/時間軽減」「吹っ飛び・よろけからの復帰高速化・防御力アップ」等のオーソドックスな効果や
「自爆した時、次の1回攻撃速度・攻撃力や状態異常などにbuff」「敵をn体キル毎に自爆耐性を1スタック得る」
「自爆時にx%のヘルスダメージを受けるが、そのy%のダメージを周囲zメートルに与える」等、変わった効果の物があったら面白いと思います。

  • Like 1
Link to post
Share on other sites
  • 2 months later...

よろめき自体を改変するのではなく、よろめきに至るまでの条件をもう少し追加するのも良いのではないかと思います。

例えば、自爆した際にVOIDエネルギーを消費してよろめきを耐え、VOIDエネルギーが切れた時、超過した値に応じて、どれだけよろめくのかが決まる……という感じです。

武器毎に設定するか、新しい計算式を用いて、自爆時のVOIDエネルギー消費量を決める必要がありますが。

Edited by (PSN)Itols_pon
Link to post
Share on other sites

範囲攻撃が出来る武器全てに雑によろめきを追加したのが何よりの問題だと思いますね。

2、3m程度の範囲攻撃のよろめきは撤廃して欲しい。

デメリットをつけて広範囲を薙ぎ払いにくくするという明確な意図がある武器と違って、こういった武器は意味も無く制限をかけられている状態で本当に不快。

  • Like 1
Link to post
Share on other sites

ゲーム上の対抗手段も多く用意されてますから、よろめき自体は悪ではないと思います。

ただし、もともと範囲武器は自傷ダメージがあるもの・ないものの二種類があったにも関わらず、一律によろめきを付与されたために一部武器が使いづらくなっているのが実情ですね。

一部の自傷ダメージを持たなかった武器はよろめきなしでもいいはずです。

  • Like 4
Link to post
Share on other sites

Create an account or sign in to comment

You need to be a member in order to leave a comment

Create an account

Sign up for a new account in our community. It's easy!

Register a new account

Sign in

Already have an account? Sign in here.

Sign In Now
×
×
  • Create New...