Jump to content

アップデート30.7:Nidus Prime & 疫病の星


[DE]Kanna
 Share

Recommended Posts

アップデート30.7:Nidus Prime & 疫病の星
 

Nidus Primeの登場です!

Nidus Prime Access
Nidus Primeとそのプライム装備などを瞬時にゲットしよう!

寄生して、 生き残り…  そして最後には、Nidus Prime Accessで敵を圧倒しよう。 

Nidus Primeは、感染体のグロテスクな弾力性とテンノ技術を組み合わせます。 東部標準時間の9月8日から「疫病の星」作戦に参加して、Nidus Primeの設計図を含めるレリックを入手しよう。Void レリックはレリックパックやVoidミッションなど、通常通りの入手源から獲得することもできます。 

4166184ea9ff36d01b7ddd38e33c0725.png

 

Nidus Prime
変異に終わりはない。 貪欲な疫病の運び手は、長らく見ることのなかった原初の感染体菌株を沸き立たせて戻ってくる。 MOD極性が追加されているため、より多彩なカスタマイズを施すことができる。

Strun Prime
オロキンだけが施せる装飾を持つ、精鋭のための不朽のデザインのショットガン。 MOD極性が追加されているため、より多彩なカスタマイズを施すことができる。

Magnus Prime
オロキンの気品と、行動不能に陥れる恐るべき力はこの優美なリボルバーで両立している。 MOD極性が追加されているため、より多彩なカスタマイズを施すことができる。

3ab6ea81172aae055d1fa8a7bd205e1d.png

 

限定Nidus Primeグリフ

Nidus Prime アクセサリーパック!

感染オービター 装飾品: ちりばめられた感染体の表皮とそこから垂れ下がる腫瘍は、オービターの内装に感染した遺跡船のような底知れない雰囲気をもたらす。

KARNOLYTH ネクロメカスキン: 感染体の骨と肉をモチーフにした古代のデザインでネクロメカをより恐ろしくしよう。

CRINOID PRIME シャンダナ: メッキされた触手が目立つ、恐怖の美学が実現された感染シャンダナ。

3063c3125a75cc684160e61fb55eac86.png

 

Nidus Prime Access実装と同時に、これらのアイテムがPrime Vaultへ収納されます。 

• Atlas Prime
• Tekko Prime
• Dethcube Prime

これらのアイテムがPrime Vaultへ収納されるため以下のシンジケートへの捧げ物が変更されます。

• アービターズ・オブ・ヘクシス :Atlas PrimeシステムがTitania Primeニューロティックへ。
• セファロン・スーダ:Atlas PrimeシャーシからInaros Primeシャーシへ。

* これによりこれらのアイテムはインベントリから外されません。これらのアイテムのパーツを含むVoidレリックを所持している場合はインベントリに残り、プレイすることが可能です。

Nidus Prime Accessは東部標準時間の9月8日からPC、Xbox、PlayStationとNintendo Switchで登場します。 感染の威力をアーセナルへ格納するのです、テンノ!https://www.warframe.com/prime-access

Riven性質の変動:

新しいPrime AccessがリリースされるたびにRiven MODの性質は変動します。 更新された統計、情報はこのページをご覧ください。

英語版:https://forums.warframe.com/topic/1279830-september-2021-riven-disposition-updates/ 
日本語版:

疫病の星
テンノ、「疫病の星」作戦が東部標準時間の9月8日午後二時から30日の午後二時まで再到来します。(日本時間の9月9日午前三時から10月1日の午前三時まで)

「Thrax毒素が!  テンノのウジ虫はワシの毒を求めてるぞ! ヤツらを止めろ!」
Vay Hek

かつてエイドロンの草原を脅かした感染腫瘍は以前よりもまして醜く、腐敗しています。 オストロン民によると、腫瘍から寄生生物が出現しているとのことです。 これらの感染体がシータスへ到来することをなんとしてでも防ぐのです。

Vay Hekは隕石が墜落した現場に発生する感染腫瘍を破壊する毒素を持っているのですが、助けることを拒んでいます。 なぜなら彼はこの感染腫瘍がシータスやオストロンの植民地を破壊する絶好のチャンスだと思っているからです。 彼の毒素を手に入れて、腫瘍が手に負えなくなる前に破壊しよう。

すべきこと
• シータスにいるKonzuに話しかけて「疫病の星」依頼ミッションを始めよう。
• 一連の依頼ミッションをクリアすると、イベント報酬と交換できる作戦ポイントを獲得できます。

知っておくべきこと
• 依頼ミッションをクリアすればするほど、より多くの作戦補給班シンジケート用地位ポイントをゲットできます。
• Nakakは作戦補給班シンジケートの代表者です。
• 前回の「疫病の星」作戦で取得した地位ポイントは持ち越されます。
• 「疫病の星」作戦の依頼ミッションの敵の難易度は中級から始まりますが、Nakakからエイドロン感染防御体を購入してVey Hekの毒に混ぜ合わせることによりイベントの難易度を上げることもできます。

作戦イベント報酬
• この作戦ではさまざまな方法を使い、報酬を得る事ができます:
• Konzuから受託した依頼ミッションをクリアして、作戦ポイントを取得しよう。集めたポイントを交換して報酬を入手できます。 Nidus Primeのレリックはこれら依頼ミッションおよび通常のエリアで入手することができます。 
• クランメンバーと手を取り合って、作戦トロフィーと名誉を得よう!

シータスにいる万屋Nakakを訪れて、作戦ポイントを以下の報酬と交換しよう:
作戦イベントエンブレム: このエンブレムを装着して作戦に参加した証を手に入れよう。
MOD:MOD報酬にはFulminationやSacrifice MODなどが含まれます。
感染Zawパーツ: グロテスクなZawの製作が可能となるパーツと交換しよう。
Snipetron: 以前まで再入手が不可能だったこの高性能コーパススナイパーライフルをゲットするチャンス!
感染Zawエグゾディア: Zawの性能を強化しよう。
エイドロン感染防御体: 作戦イベントの難易度を上げて、高いポイントを取得するために装備しよう。
新アイテム:Ghoulsaw &  Butcher's Revelry スタンス 

新しいアサルトソーを今すぐあなたのものにできます、テンノ! 

GHOULSAW REVELERY パック
GhoulsawとButcher's Revelryスタンスで切り裂き、バラシ、解体せよ。

* このGHOULSAWはNakakの「疫病の星」作戦ストア及びゲーム内マーケットからお求めいただけます。 

新しい近接スタンス:
Butcher's Revelry
このアサルトソーのスタンスで切り裂き引き裂け。 

* Butcher's RevelryはNakakの「疫病の星」作戦ストアからお求めいただけます。  これらのアイテムは「疫病の星」作戦が終了してから、将来のアップデートによりゲームで入手できるようになる予定です。 

REVENANT MEPHISTO スキン
次元を彷徨うRevenantの新しく、大胆な姿。

* Ember Pyraxis外装品と同様、Revenant Mephistoスキンにはノーマル版RevenantまたはRevenant Mephistoスキンに装備できる取り外し可能なシャンダナが付いています。 このシャンダナは他のデラックススキン外装品などが該当するWARFRAMEへ限定されるのと同じように、Revenantに対してだけご利用いただけます。 オリジナルRevenantヘルメットに付いている「エネルギーひげ」は、過度にクリッピングすることを防ぐため、Meshistoシャンダナを装備すると削除されます。   

ORISON 両手刀スキン
この武器スキンでVoidの財宝を守ろう。

REVENANT MEPHISTO オペレーターコレクション
このRevenant Mephistoオペレーターアクセサリーでちゃめっ気たっぷりの姿を披露しよう。

Revenant MephistoダイアデムとRevenant Mephistoマスクを含む。

REVENANT MEPHISTO コレクション
Revenantの忘れがたいMephistoコレクションを身に着けて、たそがれを永遠に眺めよう。

Revenant Mephistoスキン、Revenant Mephisto ヘルメット、Orison 両手刀スキンを含む。

**この二つのコレクションはマーケットで別々にお求めいただけます。『二番目の夢』または『内なる紛争』をクリアしていない状態で、Mephistoだけを欲しいプレイヤーのために、このような設定にしました。 過去のデラックスバンドル(Zephyr Harrierなど)の前例に従った設定になっています。 

YARELI に関する変更点:

Yareliの仕様を改良するときがやってきました、テンノ!  

今回改善されるのは、Yareliの「統計」と「有用性」です。 大幅な統計バフはもちろんYareliを強化しますが、有用性のバフを追加することによりYareliとMerulinaの使いやすさは大きくアップするでしょう。 YareliへMerulina ダッシュ(タップでバク転、ダッシュ)と呼ばれる移動性へ根本的な変更を導入します。 Merulinaに乗っているYareliはどの方向へも自在に移動することができ、敵や目標物へのギャップを素早く埋めたり後退できるようになります。 さらに、空中に位置するYareliは応答性が高い方向入力により垂直移動も容易に行えるようになります。 この変更を表すGifクリップをご覧ください。  

.gifファイル
https://gfycat.com/impeccablenecessaryblacknorwegianelkhound

 

Gifクリップでご覧いただけるように、現在のYareliの仕様では難しい垂直移動が可能になります。 また、前方ダッシュを利用すると、向かっている方向へ迅速に動ける操作も可能になります。 
さらに、Yareliダッシュでは前方と後方、両方へダッシュでき、戦術にバラエティを与える移動ツールが追加されることを意味するでしょう。

皆さんにぜひ、新しい移動ツールの良さを体験していただきたいと思っています。新しいツールはWarframeのマップを爽快に移動することを可能にする、便利な機能になるでしょう。 

また、Merulinaへ短いジャンプ機能やジャンプチャージ時間の短縮が追加されています。 

Yareliの統計に関する変更点: 
Yareliのアビリティの統計へいくつかの変更を追加しました。   

Sea Snares:
• 敵を探し当てる速度を約60%増加。アビリティ発動を適切に認識するため、バブルの可視性を増加。 

Aquablades:
• 範囲を25%増加。
• ダメージと持続時間を50%増加。

RipTide:
• 「大は小を兼ねる」 Ripの(範囲)が大きければ大きいほど、多くの敵を取り込むことができ、スケーリングも向上します。
- 効果範囲を25%増加。

Yareliに関する変更点: 
• IndexでMerulinaに乗っているYareliがスコアを加算しても金融強制デバフが取り除かれない問題を修正。
• Merlulinaに乗っている時サイファーを使えない問題を修正。
クライアントとしてプレイ中、Yareliのパッシブボーナスがピストルのクリティカル率に適用しない問題を修正。 
• YareliとしてMerulinaに乗っているとき、共有アフィニティがプレイヤーの武器へ付与されない問題を修正。 
• YareliがMerulinaに乗っている間、敵のAoE攻撃の影響を受けない問題を修正。
• プライマリ武器が装備されているときにMerulinaへ切り替えると武器のランクUI表示が欠落している問題を修正。
• プライマリ武器を装備しながらMerulinaに乗っていると、空のプライマリ武器用ライフル弾薬をピックアップする問題を修正。
• Merulinaに乗っているときにYareliのアビリティによって倒された敵の統計がミッション完了画面に表示されない問題を修正。
• Merulinaへ乗っているYareliの懐中電灯の色(洞窟などでオンになる)がYareliの最初のエネルギーカラーを常に適用する問題を修正。 
• Merulinaに乗りながらマスタリーランク昇進テストに挑むと起こるスクリプトエラーを修正。 

コラプト・ホロキーに関する変更: 
• レールジャック最終戦ノードで倒された・転向されたParvosシスターはミッション終了時、各分隊メンバーへコラプト・ホロキー(1つ)を与えます。 この変更により、四人分隊で最終戦に臨むと最大でホロキーを四つ入手できるようになります。 
• Void嵐からドロップするコラプト・ホロキーの量を増加します。 ヴェールプロキシマのVoid嵐ではコラプト・ホロキーが十(従来は六つ)ドロップされるため、最も難しいコンテンツをやりがいのあるものにします。 その他のミッションでは従来より一つ多くドロップするよう調整されます。 

追加点: 
• PARACESIS シースオービター装飾品を追加。 
   • TennoCon 2021のアートパネルで出演した製作者Kazとの会話に基づきゲームへ登場します! このアイテムは『キメラプロローグ』クエストをクリアした後、Cephalon Simarisから購入できます。

クバ・リッチとシスターに関する変更・修正点:
• クバのしもべが生産される間の時間を短縮。この変更により、しもべが10体生産される時間はコーパスハウンドを約三体生産する時間に近づきます。
• クバ・リッチとシスターの最終対決シネマチックを改善。
   • 最終対決にふさわしい音楽を追加。 
   • シネマチックが無音になる問題を修正。
   • シネマチックが流れている間、カメラを操作できる問題を修正。
   • シネマチック中に流れるアニメーションを修正。
• シスターの候補を示す目標アイコンをトレジャラーアイコン(Granumクラウン)ではなく、シスターアイコンへ変更。
• 主力艦に乗り込んでからホストプレイヤーが死亡し、AFK状態になると、シスターのハウンドが生産されないため、シスターとの最終対決が進行できなくなる問題を修正。
• 「Ensnare」アビリティを持っているクバ・リッチが、弱まる前にアビリティを発動すると、アビリティを実行するためのコンテキストアクションが表示されない場合がある問題を修正。
• Parvosシスターを倒したときに獲得できるはずのSisterhoodエンブレムまたは転向したときに獲得できるSisterhoodシジルを受け取れない問題を修正。
   • 次回ログイン時、シジル・エンブレムを受け取っていないプレイヤーに対してアイテムがスクリプトを介して配布されます。
• RhinoのRhino Stompアビリティが、クバ・リッチとParvosシスターの両方を永続的にスタンさせる問題を修正。
• クバ・リッチとシスターを倒すときに流れるはずのアニメーションが正しく流れない問題を修正。アニメーションが再生されているとき、シスターが見えなくなったり、床から落ちてしまっていました。
• グリニアのしもべに対してクライアントがParazonでMercy攻撃を仕掛けるとアニメーションが流れない問題を修正。
• 最大ランクまでたどり着いていないクバおよびTenet武器をバレンス・フュージョンすると、武器のランクが上がったように表示される問題を修正。 
   • この問題はUIおよびディスプレイ上の問題だけであり、バレンス・フュージョンは武器のランクを上げることはありません。 この修正により今後、武器のランクが上がったように表示されることはありません。 
• レールジャックUIのクルーコマンドでリッチがヘビーガンナーとして表示される問題を修正。 この修正により、以前グリニアヘビーガンナーとして表示されていた場所へクバ・リッチまたはParvosシスターバッジアイコンが表示されます。 
• クバ・リッチからの受信ボックスメッセージが翻訳されていない問題を修正。
• クバ・リッチの受信ボックスメッセージでクバ・リッチの名前がエフェメラ名の一部として表示される問題を修正。

外装品に関する変更点:「なし」オプション 
Warframeでは長年、特定のスキンやプライム外装品が装備されると外装品オプション(場合によってはシャンダナも含める)の「なし」オプションが削除される仕様が取り入れられていました。 この仕様はEmber PrimeとPyraxisスキン、Frost、Mag Prime、OberonやVoltで取り入れられていました。 

Warframeへ新しい「なし」の時代が到来します。 以前は「なし」オプションがなかったWARFRAME全種及びWarframeスキンに対して、「なし」外装やシャンダナのオプションを提供します。この変更により、カスタマイズの柔軟性がさらに高まるでしょう。 つまり、Ember Pyraxis、Mag Primeなどの外装品から細部を取り除けることを意味します。 さらに、Banshee、Frost、OberonのデフォルトのショルダーアーマーをプライムバージョンのWARFRAMEへ装備できるようになります。 

また、この変更により、Excaliburのようなデフォルトのショルダー外装品がないWARFRAMEは何も装備されないという長年の不具合も解消されます。このようなWARFRAMEのカスタマイズオプションで「左腕」を選択すると、所有リストの最初に表示されるショルダーアーマーが自動的に選択されることを意味します。

その他の変更点: 

• ヘモサイトは略奪アビリティの影響を受けなくなるように。(例:HydroidのTentacle SwarmとPilfering SwarmやNekrosのDesecrateなど)
   • Nidus Primeのレリックは疫病の星作戦に現れるヘモサイトからインワールドドロップとして入手できます。 新しいプライムWARFRAMEを集めるときに略奪アビリティを使用してレリックをより多く効率的に入手できる手段を提供しないよう、この変更が入ります。 最終ステージでヘモサイトを最大四体まで生産できるミッションで略奪アビリティを使用できなくして、他のアイテム入手方法・ドロップ率を均等に保つ調整となるでしょう。 
• オーラックス アトロック ラクノイドからAmbassadorのパーツの設計図がドロップするように。 本体設計図はコーパスレールジャック耐久ミッションからローテーションCの報酬として獲得できるようになります。
   • 皆さんから寄せられたフィードバックでは、Ambassadorのパーツを入手することが難しいという趣旨の意見が多く届いていました。Ambassadorのパーツは以前、四つの異なる場所で難度の高いRNG率を使い、同じミッションを繰り返すことが必要とされていました。 Ambassadorのパーツはドロップテーブルへ以前指定されていなかった敵へ割り当てられています。
      • 各オーラックス アトロック ラクノイドはAmbassadorパーツの設計図を15%の確率でドロップします。
      • 敵は通常、武器本体の設計図またはパーツの設計図のみをドロップするため、Ambassadorのパーツには個別の設計図が与えられていました。 
• ZephyrのAirburstの吸い上げるバキュームを調整し、敵をもう少し地面から持ち上げた状態で保てるように。 さらに、この変更に合わせてFXを更新。 
   • ZephyrのAirbustは、Vortexのように敵を短時間吸い上げるようにデザインされていました。しかし、Airbustは発射物が当たった場所へ生産されるため、床の中に食い込んでいる状態で表示されることもありました。 今回の変更により、渦巻きを床の少し上に生産させるよう修正し、皆さんに何が起こっているかをよりよく伝えるため、FXも更新されました。
• リレーのrgo Glastのショップへ「条件を満たしていません」という説明文を追加。 
• Saxum MODセットへ次の変更を導入:
   • クールダウンがHUDに表示されるように。
   • フォールオフ・ダメージを撤去して、範囲を4/8/12mへ増加。 
   • 爆発物の衝撃の近くにいる敵へのノックバックを増加し、爆発の衝撃から遠めにいる敵へはよろめき効果がかかるように調整。
   • Saxum MODセットボーナスがゲーム内の説明文と一致しない問題を修正。「浮遊状態の敵は倒されると最大30%の最大ヘルスを衝撃ダメージとして与える」
• 「最低100m先の敵をx体ヘッドショットで倒す」というRiven MODチャレンジを75mへ引き下げました。 
• ミッション完了画面へ表示されるアイテムの並べ替えを変更。この変更により、アイテムの重要性をより適切に反映するでしょう。スティールエッセンス、Rivenの破片、GRANUM クラウン、フォーマ完成品、オロキンセル、コラプト・ホロキー、プライムパーツ(完成品)、Warヒルト、レクイエム・アルティメイタム、エクシラスアダプター、ドロップチャンスブースター、シンチラントとレールジャックパーツ(完成品)。
• Harrowニューロティックの設計図は、Pagoの最初のキャッシュから、そしてクバ要塞のTaveuniからローテーションCの報酬として入手できるように。 MODとレリック報酬はPagoで交換され、ドロップ率もわずかに増加されています。 
• 脱出ミッションのHarrowシステムの設計図のドロップ率をわずかに増加。また、クバ要塞のTaveuniのローテーションC報酬として追加。
   • 皆さんから寄せられたフィードバックに基づき、Harrowパーツの入手方法を再検討しました。 Harrowニューロティックまたはシステムの設計図をより容易に入手できるよう調整されています。
• 中級脱出ミッションの報酬リストからIntensifyを撤去。
   • Intensifyは脱出ミッションの報酬プールに不必要な追加アイテムであると判断しました。
• OctaviaのMandachordオプションは、アーセナルメニューの上部からParazonオプションへ移動されました。
   • MandachordはOctaviaのアビリティにとって非常に重要な装備です。彼女のパフォーマンスの鍵を握るMandachordが明確な場所へ表示されないことは、理想的なUI表示でないため今回変更されます。 新しいUI表示はMandachordをカスタマイズするために適しているでしょう。 
• Indexの結果画面へスクロールバーを追加。 
• シンジケートメダルのトレード画面はUIテーマを適用するように。
• シンジケート提供品の購入確認パネルへ資金不足であることを表示するコンテキスト情報を追加。
• ガス・シティタイルセットでNPCのジップライン使用方法を改善。 彼らのパルクールの腕前はテンノに比べて劣っています。  
• 所有していないランディングクラフト用のスキンを購入しようとすると、適用できるランディングクラフトを持っていないという趣旨の警告が表示されるように。 
• コーパスガス・シティタイルセットの主要廊下にある拡張可能な橋のコントロールパネルの視認性を向上。
• 将来の校正の為にUIベースコードを変更。この変更が入ったことはあまり気づかないはずです。 もし何かおかしなことに遭遇した場合、フォーラムまでお知らせください。
• ChromaのElemental Wardに関する統計表示がより正確になるよう調整(ヘルス・シールド・装甲値、リロードとホルスターバフ)。
• エイドロンの草原のテントのテクスチャを向上。 
• ブラキオリストのラグドールアニメーションをより自然に見えるよう調整。 
• ファウンドリで低解像度画像が表示されていたスコーチ・ビーコンとCHROMAマーク(『新たな怪奇』クエスト)のプレビュー画像を更新。 
• 追加情報をキャッシュできるようクラッシュハンドラーを改善。
• センティエントのダメージパルスと武器がもう一度付くタイミングをアニメーションの最後ではなく、指定したタイミングで起きるよう変更。
   • センティエントの両腕を破壊すると以前、武器を振り落としていました。 センティエントは腕を破壊されたときに何もドロップしなくなりましたが、代わりに腕を再生します。 この再生によりダメージパルスは、アニメーションが流れている間に起きるよう調整されました。
• オーソリストの長距離弾幕クラスター発射体のダメージと全体的な射程範囲を減少。 
• RevenantのDanse Macabreアビリティはターゲットに基づいたダメージタイプを適用する代わりに、無生物に対してフィニッシャーダメージを付与するように。 この変更が入っても従来どおり適応ダメージを与え、敵に対して適応状態異常効果を発揮します。
   • この変更が入るまで、Danse Macabreアビリティを使ってオペレーターが必要であるパズルを解くことができていました。 
• 重複したエフェメラがインベントリ画面で何度も表示されないように。 
   • エフェメラは、他の装飾品に関するルールと同様、一プレイヤーに付き一つというルールを順守するようになります。 インベントリ画面で、重複したエフェメラが何度も表示されないよう今回の変更が入りました。
   • エフェメラを重複して所有しているプレイヤーに対して、ログイン時スクリプトを介して重複したエフェメラを撤去します。(一つはインベントリに残ります) 
• ライダーの照準エンドポイントが乗り物のエンドポイントと一致するよう、K-ドライブとMerulinaの仕様を更新。 意図しない方向に移動してしまう問題にも対処します。
• Vitruvianテーマに沿うよう、Dojo部屋のHUDタイトルを更新。
• 個人部屋のメニューUIをVitruvianテーマに沿うよう更新。 この変更は、水槽、アーティクラに対しても適用されます。
• オロキンサイファーとオメガアイソトープをHelminthへ給餌できるリストへ追加。これらのアイテムを給餌すると胆汁が生産されます。
• 暗号記号: ALUをHelminthへ給餌できるように。暗号記号を給餌すると合成物を生産できます。
• クリムゾン・ブランチでトレードを始めると、「転向した敵」メニューが自動的に開くように。
• Lotusの贈り物アラートで意図されていなかったショットガンKitgun用Riven Modを受け取った場合、適切なピストルKitgun用Riven MODへ初回ログイン時交換されます。 
   • Riven MODを解放するためのチャレンジやすでに行ったサイクルは変更・巻き戻されません。
• Viral Quillsの説明文を更新。 
• 「お宝収集」Nightwaveアクトの説明文を書き直して、隔離保管庫ミッションではなく、ドラゴンキーを使う貯蔵庫ミッションを開くよう促すように。
• マスタリーランク2以下のプレイヤーは、ログイン時に「アップデート履歴」メッセージが表示されなくなります。Warframeでの旅を始めようとしているテンノにとって、入手できる情報が多すぎないよう配慮するためです。
• カーソルの圧縮率を調整して、中型サイズでも見栄えが良くなるように。しかし、最大に拡大縮小したとき、カーソルのシャープさが低下します。  
• Helminthのアビリティ「Golden Instinct」のVoidスパークに対して次の変更を導入:
   • Voidスパークの寿命を二倍に。
   • Voidスパークの可視性を向上。
   • Golden Instinctの開始時間を増加。

最適化: 
• マップローディングとエンジンへ体系的なマイクロ最適化を実行。
• DirectX 12を使用しているときに起きるヒッチングを最適化。 
• DirectX 12のメモリフットプリントへマイクロ最適化を実行。
• DirectX12を実行中のゲームを起動する過程を細かく最適化。
• DirectX 12を使用しているときに起こる小さなヒッチングを最適化。 
• クラシックレンダラーを使用すると起きるDx 12関連マイクロスタッターへマイクロ最適化を実行。
• PC版でプレイ中、DirectX 12が影の誤作動を引き起こす問題を修正。
• DirectX11レンダリングに対して体系的なマイクロ最適化を実行。
• マップの読み込みとストリーミングを平準化するためマイクロ最適化を実行。
• UIレンダリングへマイクロ最適化を実行。
• 被写界深度レンダリングにマイクロ最適化を実行。
• フォグレンダリングにマイクロ最適化を実行。
• メモリフットプリントに対していくつかの体系的なマイクロ最適化を実行。
• 全機種の影のレンダリングへマイクロ最適化を実行。
• パーティクル・システムのレンダリングへマイクロ最適化を実行。 
• 全機種でのレンダリングへマイクロ最適化を実行。 
• レンダリングへマイクロ最適化を実行。
• ほとんどの機種のへ体系的なマイクロ最適化を実行。
• DirectX 12でいくつかのマイクロスタッターを引き起こした可能性がある重要度が低いグラフィックスの不整合を修正。

修正点: 

• Excalibur Umbraからネクロメカへ転移すると発生する可能性のあるクラッシュを修正。
• 防衛ミッション中にホスト移行後のクライアントがミッションを中止させると発生する可能性のあるクラッシュを修正。
• タリン兵装をバレンス・フュージョンするとクラッシュする問題を修正。
• EmberのImmolationアビリティHUDメーターが、死亡/復活後にオペレーターが転移するまで機能しなくなる問題を修正。 
• トレード画面でPrimeアイテムの設計図を置き換えると、デュカット価格が正常に更新されない問題を修正。
• K-ドライブなどの乗り物を使用して、疫病の星の感染腫瘍上に乗る機能が、ダメージを受けなくなる問題を修正。
• Excalibur Umbraを活性化しようとしているときにUI画面が更新されないため起こるスクリプトエラーを修正。
• Animal Instinctによってセンチネルが死亡するとネクロメカのEnemy Senseが機能しなくなる問題を修正。
• フェロモンを使用したときに、カンビオン荒地に誤った亜種の動物が表示される問題を修正。
• Spragのジェットパックが、アニメーションを正常に表示させない問題を修正。 
• 兵装の、「スクラップ」版の武器が未修理の場合でも同じスロットのリストに表示される問題を修正。
• シミュラクラムでWarframeを切り替えた後でも、InarosのScarab SwarmのHUDが表示される問題を修正。
• シミュラクラムのギアでの交換後に、ドラゴンキーのUI/HUDが更新されない問題を修正。
• ESCメニューの特定の部分でのEros Wingsエフェメラのクリッピングを修正。
• クエスト前提条件テキストが正しい位置に表示されない問題を修正。
• メニュースケールを使用中にクラン階級画面の背景が縮小されて表示される問題を修正。
• Dojoルームの選択画面で、選択可能な部屋を選択できなくなる問題を修正。
• Dojoルームメッセージと名前のフォントが非常に暗く表示される問題を修正。
• タブメニューと、コンクレーブの「全滅」モードのミッション完了画面で、プレイヤー名とそのスコア(オロ、キル、死亡)が表示されない問題を修正。
• ウェーブライダーのコミックを読み直すと、重複してチャレンジを表示させる問題を修正。
• Saxum MODセットに関する以下の複数の問題を修正。 
   • フルセットで装備されている場合、「浮遊状態の敵が倒される」エフェクトが機能しない問題を修正。
   • 非近接攻撃がエフェクトを発動させない問題を修正。
   • 浮遊状態ではない敵に対するトリガーの影響を修正。 
   • ダメージタイプが衝撃ダメージに正確に反映されない問題を修正。 
   • アクティベーション時にHUDに表示されるバフアイコンを修正。 
   • プロックの不整合や、他MODとのスタッキングに関する複数の問題を修正。  
• Helminthクブロウの幼体が、Helminth種ではなく、デフォルトのクブロウとして表示される問題を修正。
• 所有する装飾品の総数を修正。https://forums.warframe.com/topic/1273753-clicking-linked-item-doesnt-show-correct-quantity-owned/
• Helminthシステムの活性化を妨げる可能性のある、活性化コストのコストの丸め誤差を修正。
• グリニアスコーピオンが完全な近接コンボを行わない問題を修正。
• ファウンドリにおいて、ネクロメカスロットの価格がゲーム内マーケットとは異なって表示される問題を修正。 
• OberonのSmiteが、VFXカラーにプレイヤーのカスタムカラーを反映させない問題を修正。
• レールジャックのミッション完了画面に正確なミッション時間が表示されない問題を修正。
• リッチのターゲットと一致しないリッチが転向される問題を修正。
• Lunaroの試合中に、一時停止できない問題を修正。
• Eclipseを発動後、シミュラクラムでデラックススキンへ外装を変更するときにMirageのテクスチャが正常に表示されない問題を修正。
• Tenet Envoy誘導ロケットが、VoltのShieldとGaraのVitrifyを通過できない問題を修正。
• レールジャックのクルーパイロットが毎秒複数の目標物を検索する問題を修正。 
• TransmissionカラーパレットとAthari ライセットスキンを既に所持している場合、Noraの決断クレド報酬として与えられない問題を修正。
• Mesaのアイドルアニメーションを使用したときのZundiピストルスキンのクリッピングを修正。
• コーパスアウトポストミッションにおいて、避難時にランディングクラフトの出口が暗く表示される問題を修正。
• アーセナルにおいて、Warframe後方のエフェメラが正しく表示されない問題を修正。
• 「Octaviaの賛美歌」クエストにおいて、 Ordisの字幕の間隔が正しく表示されない問題を修正。
• 「このクルーメンバーのヘルスが30%を下回った場合、仲間全員のヘルスを1000回復する」特性を持つエリートクルーメイトが、条件が満たされてもアビリティを発動させない問題を修正。
• レールジャック防衛ミッション完了後に、ボーナスアフィニティが付与されない問題を修正。
• レールジャックのAIファイターが特定の状況でプレイヤーに焦点を合わせなくなり、プレイヤーの検出範囲外へ飛び出す問題を修正。 
• NyxのMind Control発動中に、意図せずTyl Regorが部屋の外にテレポートする問題を修正。
• シータスのトンネルにおいて、オペレーターでいることに関連するスクリプトエラーを修正。
• グリニア・セトルメントタイルセットのマップホールを修正。 
• 海王星プロキシマにおいて、レールジャックが氷鉱山でスタックするバグを修正。
• ProteaがK-Driveに乗るときのスクリプトエラーを修正。 
• 乾ドックコンソールからレールジャックのプレクサスを構成すると、MODセクションがロードされない場合がある問題を修正。
• TitaniaのRazorwingが、ナリファイアタイプのコーパス確保ターゲットにダメージを与えられない問題を修正。
• 2つ以上のレリックを解放すると、Void嵐の耐久ミッションの報酬でVoidトレースが入手できない場合がある問題を修正。
• シータスにおいて、遠くから見ると床が正常に表示されない問題を修正。
• 「空の物を自動で交換する」機能がクライアントの武器を交換しない問題を修正。 
• コーパス・ガスシティータイルセットで窓ガラスの位置がずれて表示される問題を修正。
• Helminthチャージャーの台座が、アーセナル開閉の際に、床下に引っ込んで表示される問題を修正。 
• TitaniaがRazorwingを発動することで範囲外に出入りできるようになる問題を修正。
• レールジャックの配置を目的とした色設定の一部が原因で、プレイヤーのWarframeがデフォルトのスキンと色設定で表示される問題を修正。
• エイドロンの草原でミッション完了後一旦シータスに戻ってから再びミッションに挑むと、アフィニティが正常に保持されない問題を修正。
• ホストと同じWarframeを使用すると、シミュラクラムでアーセナルに入ったときにクライアントが切断される問題を修正。
• WarframeがTenet Agendusのみを装備していると、ハンマーの保持が正常に表示されない問題を修正。
• ダイモスのカイザープラントによって押されると、TitaniaがRazorwing発動中に降下できなくなる問題を修正。
• 特定のWarframeアニメーションにより、敵がParazonフィニッシャーの影響を受けにくくなる問題を修正。
• クライアントがセッションに参加しようとするときの、レールジャッククルーメンバーのロードに関するスクリプトエラーを修正。 
• RhinoのIronスキンに関するスクリプトエラーを修正。
• 現時点では該当しない疫病の星に関する以下の問題を修正。 
   • プレイヤーが付近にいると、疫病の星依頼ミッションのドローンが、ハッキングされなくても自動的に起動される問題を修正。
   • 提供品ページの閲覧後にNakakが静かに独り言を言う問題を修正。
• Revenantのアビリティに関するスクリプトエラーを修正。
• Titaniaが、Razorwing発動前にGlaiveとピストルを同時持ちしていると、クイック近接攻撃時に永続的にスライド攻撃ができる問題を修正。
• Dark Split-SwordにスタンスフォーマやUmbraフォーマを使用できない問題を修正。
• ミッション完了後にオービターで次のミッションを待っている期間が、次のミッション時間に含まれてカウントされる問題を修正。
• MesaのShooting Galleryに関するスクリプトエラーを修正。
• 進行中の掃滅ミッションでホスト移行があると、新ホストを待つ間、クライアントのキルカウントが進行する問題を修正。
• 破壊されたタスク ダージンからドロップしたダージンパイロットが、シミュラクラムでランダムにレベルを持つ問題を修正。 
• レールジャック防衛ミッションでホストが分隊を離れると、ロード画面から切り替わらなくなる問題を修正。 
• ハウンドのSynergized Prospectusプリセプトの電気状態異常効果が、ターゲットにした敵の近くにいるプレイヤーにも影響を与えてしまう問題を修正。
 
• Void嵐ミッション中に、Warframeに入らないままネクロメカモードでVoidトレースを10個収集しても、レリックが解放されない問題を修正。
• マスタリーランク13試験でKhoraを使用すると、敵が生産されない問題を修正。
• セカンダリへの切り替えで表示される、レールジャックコントロールの「前のアビリティを選択」バインディングオプションを修正。
• 敵が倒された際に再生されるNezhaのDivine Spiearsを解除サウンドを修正。
• オーラックス ラクノイドが倒されると視覚的不具合を残す問題を修正。
• Parvosシスターのハウンド武器にUmbraフォーマを装備できる問題を修正。 (本来ハウンドの武器にUmbraフォーマを装備することはできません。)
• ダージンから脱落したダージンパイロットをターゲットにできない問題を修正。
• バレットジャンプをしてアークウイングを展開すると、アークウイングが空中に浮きあがる問題を修正。
• オーブ峡谷に直接ロードすると発生する可能性のある無害なスクリプトエラーを修正。
• Revenantでバレットジャンプ後にDanse Macabreアビリティを発動すると頭部が正常に表示されなくなる問題を修正。
• ゲーム開始時にWarframeを選択できない問題を修正。 
• TitaniaがホストとしてRazorwingの後にThermal Sunderを発動させると発生するパフォーマンスの問題を修正。 
• インデックスミッション中に転移すると、金融強制の影響を受けずにWarframeが最大シールドを回復させる問題を修正。
• ミッション選択中にツールチップに適切なオフセットが反映されない問題を修正。
• グリニアクルーシップガンナーのHUDレクチルが引き伸ばされて表示される問題を修正。
• オロキンタワータイルセットにおいて、特定のコンテナの生産が不安定になる問題を修正。  
• バーサが無効化前にハッキング可能になる問題を修正。
• 「Octaviaの賛美歌」クエスト中にvoid モードを使ってセンティエント敵勢の側を通り過ぎると、Ordisからの通信が起動及び一時停止されなくなる問題を修正。
• エイドロンの草原の洞窟において、動物が地下に生産される問題を修正。
• 洞窟内でダージンパイロットが生産される問題を修正。
• ランディングクラフトの外装をカスタマイズした後、スキンが全体的に適用されることで適切に表示されない問題を修正。 
• グリニアガレオン船タイルセットのリフトドアでコリジョンが欠如する問題を修正。
• 乾ドックにおいて、レールジャックの左側の銃が適切に表示されない問題を修正。
• SilenceのModが、サウンドの一部を適切に減少させない問題を修正。
• 武器が複数のランクを獲得すると、ミッション進行状況メニューやミッション完了メニューでアフィニティ値が正しく表示されない問題を修正。
• ダウン時の視覚的FXパフォーマンスに関する問題を修正。 
• オーブ峡谷の依頼ミッションの潜入でコンソールに添付された不要な目標地点を修正。
• オーブ峡谷潜入依頼ミッションで相互作用できないコンソールが表示される問題を修正。 
• プレイヤーのローテーションに関わらず、最初に入った場所から降りる時にランパートを通り抜けることができる問題を修正。
• 左手で発生させるヘビーブレードアニメーションループのポップを修正。
• シミュラクラムのアーセナルMOD画面で死亡してしまうとカメラが移動した後にUIへロックがかかってしまう問題を修正。  
• LavosとHildrynがエネルギーを使用せず、エネルギーをベースにした活性化を得る問題を修正(エネルギー容量 + 200%、エネルギー回復+2)。
• アイドリング中のTannukai ロングソードスキンが地中にクリッピングされて表示される問題を修正。 
• クランのホール周辺で高位置にいるプレイヤーの照明が正常に表示されない問題を修正。
• コーデックスの背景にあるオービターのライトが意図した色に表示されない問題を修正。
• 「Cold Below」セクション完了後にメインメニューを開くと、「嵐を呼ぶ者テンペスタリ」M3 ミッションへ進めなくなる問題を修正。
• グリニア海底研究所防衛において、敵が生産されない問題を修正。
• Modによるリロード速度がSheduの弾薬補充を遅らせる問題を修正。
   • これにより、射撃中にバッテリーが再生を開始しないように。
• 待機状態のクルーメンバーがKitgunを装備して配備された時のスポットロードを修正。
• オービター内でのスポットロードを修正。
• Tenet Diplosが「会議延期」実績をアンロックできない問題を修正。
• 「焼き殺せ」実績がダイモス ジェネトリクスに適用されない問題を修正。
• チャットリンクとMOD設定で、マイナス容量が表示される問題を修正。
• 「波に乗れ」ポスターアイコンのテクスチャが引き伸ばされて表示される問題を修正。
• フォーカスをアンロックする前に、マスタリーランクアップUIにデイリー地位上限が表示される問題を修正。
• 確認前にフレンドリストにレジェンダリアイコンの白いボックスが表示される問題を修正。
• 「AIの一時停止」が有効になっていて、ダージンからパイロットが削除された場合、ダージンパイロットがシミュラクラムで停止できなくなる問題を修正。
• 画面上で、チャットヘッダーアイコンが正常に動作しない問題を修正。
• 『内なる紛争』クエスト中に点滅するライトを修正。
• 通知無効に設定されていてもチャレンジ進行状況のポップアップが表示される問題を修正。
• ペットの年齢を下げてもアーマー装備を解除できない問題を修正。 
• レールジャッククルー選択時に転向されたコーパスリッチやParvosシスターの頭上にParazonマーカーが表示される問題を修正。 
• Buzlokのファイアホーミングがダメージを与えない問題を修正。 
• ZUNDIピストルスキンの視覚的な問題を修正。
• 防衛のみに制限している場合でも、転向したクバ・リッチやParvosシスターへの役割任命を求めるレールジャッククルーコマンドのUIに関する問題を修正。  
• クルーの交換後、乾ドックにおいてクルーページのレールジャックスキルバーが更新されない問題を修正。
• K-ドライブなどの乗り物を使用中に懐中電灯が意図したとおりに機能しない問題を修正。
• 特定の領域のレベルでスノーシェーダーの精度が失われる問題を修正。 
• レールジャックUIのクルーコマンドでリッチがヘビーガンナーとして表示される問題を修正。 この修正により、以前グリニアヘビーガンナーとして表示されていた場所へクバ・リッチまたはParvosシスターバッジアイコンが表示されます。 
• Tenet AgendusのエネルギーFXが、選択したカスタムカラーに影響されない問題を修正。 
• マスタリーランク24試験に関する問題を修正。この試験では、デフォルトのアンプが提供されアルケインは使用できません。プレイヤーが一度倒されてリスポーンするとアップグレードされたアンプやアルケインが使用できるようになり、試験難易度が下がってしまいます。 リスポーン後もアップグレードされたアンプやアルケインを使用できなくなることで、試験難易度が保たれるように。
• 上半身のアニメーションとフィニッシャーアニメーションの同期によるビジュアルの問題を修正。 
• リッチを待機中として割り当てると、リッチクルーメイトの統計表示が上書きされる問題を修正。 これにより、リッチクルーメイトの統計が正常に表示されるように。 
• ルアのPavlovでの潜入ミッションにおいて、パズルが解けなくなる問題を修正。 
• エイドロンの草原の遠景で、樹木が正常に表示されない問題を修正。
• 『背信のプロローグ』クエストの一部の要素が明るい赤で表示される原因となっていたパーティクルシステムの問題を修正。 
• 外観リンクされたキャバットのテール部分が二重に表示される問題を修正。
• Cedo、Cyanex、Akariusが特定の敵に対してパリー反応(ノックバック)を引き起こす問題を修正。
• クライアントがNIGHT HUNTER シャンダナの羽を納められない問題を修正。
• 所有しているグリフが大きいバージョンで表示されない問題を修正。
• 最初にシータスへ入るとき「KONZUに話しかける」の表示が大文字で表示されない問題を修正。
• BonewidowのSheild Maidenrを発動するときのスクリプトエラーを修正。 
• RhinoのRoarを発動するときのスクリプトエラーを修正。
• KhoraのStrangledomeを発動するときのスクリプトエラーを修正。
• Primed Magazine Warpにチャットリンクできない問題を修正。 
• Primed Magazine Warをトレードできない問題を修正。
• 掃滅ミッション中に脱出ウェイポイント赤く表示される問題を修正。
• 設定を変更するとNightwaveアクトが画面へ表示され続ける問題を修正。
• NaramonのExecuting Dashが敵をフィニッシャー用に準備しない問題を修正。
• Ivara GraxxスキンのスカートがIvara Primeの下部をクリッピングする問題を修正。

  • Like 7
Link to comment
Share on other sites

いつもありがとうございます。

アップデートでフォントが変更されて、すごく見づらいです。文字の大きさが変わったので変なところで改行してるのでmod等が判別にしくくなりました。

丸っこくなって世界観も合わないので、もとに戻していただけると助かります。

  • Like 1
Link to comment
Share on other sites

パッチノートに

>Nidus Primeのレリックは疫病の星作戦に現れるヘモサイトからインワールドドロップとして入手できます。 

とありますが、

公式ドロップテーブル を「Hemocyte」で検索してもレリックを落とすとは記載されていないようなのですが…?

(疫病の星作戦のバウンティで入手の可能性はありますけど、パッチノートのヘモサイトからドロップするという記述とは関係ないですし)

 

Link to comment
Share on other sites

Create an account or sign in to comment

You need to be a member in order to leave a comment

Create an account

Sign up for a new account in our community. It's easy!

Register a new account

Sign in

Already have an account? Sign in here.

Sign In Now
 Share

×
×
  • Create New...