Jump to content

アップデート 31.5: Zarimanの天使


Recommended Posts

アップデート 31.5: Zarimanの天使

699113ccc0913e9880c04ae3b770b6b1.png

アップデート31.5「Zarimanの天使」では、ストーリーコンテンツ、新しいゲームモード、リワークなど、豊富なコンテンツをお楽しみいただけます。 『新たな大戦』クエストの続編として登場する「Zarimanの天使」アップデートでは次の章が明かされるでしょう。

このパッチノートでは60ページを超えるコンテンツ解説をご覧いただけます。気になる項目をいち早くチェックするために便利な目次を付けました。便利なブラウザーの検索ツールなどをご利用ください。

• クエスト『Zarimanの天使』
• 新しいタイルセット:ZARIMAN
• 新しいハブ(街):クリサリス
• 新しいシンジケート
• Zariman依頼ミッション
• 新しいミッションタイプ
• Incarnon武器と新しいアルケイン
• ドルムゾーン
• Voidshell スキン
• 新しいWARFRAME:Gyre
• 新しい近接スタンス:Heavy Scythe
• 新しい近接武器:Hespar
• 新しいライフル:Aeolak
• Zarimanの天使サポーターパック
• Valkyr Carnivex コレクション
• フォーカスシステムのリワーク
• 生まれ変わるエクシマス
• 新規プレイヤー体験:クオリティー・オフ・ライフ(QoL)改善点
• クラン募集システムの変更
• マゴット装飾品
• オーディオリバーブの変更
• 追加、変更、最適化と修正点が盛りだくさん!

今回のアップデートのダウンロードサイズは約2.2GBを予定しています。

ネタバレ対策

このノートでは特定の部分を説明する際、ネタバレを避けるために濁した表現を使う場合があります。Warframeのネタバレ方針はこの記事をご覧ください。

皆さんがソーシャルメディアなどで新コンテンツに関するご感想、ご意見をご共有いただける場合、 他のプレイヤーの新しいコンテンツ体験を尊重するため、ネタバレが含まれていることを明確にしてください。 また、コンテンツクリエイターの皆さんは配信などを行う時、「ネタバレ注意」や「この配信にはネタバレが含まれます」などの注意喚起をタイトルなどに記すようお願いします。

公式フォーラムでは、クエスト関連のディスカッションや質問などに対応するため、「Zarimanの天使」専用のサブフォーラムやトピックスを用意します。どうぞご活用ください。

https://forums.warframe.com/forum/1785-spoilers-angels-of-the-zariman/

 

また、次のURLでは開発チームが把握しているバグのリストをご覧いただけます。

このリストはすべてのバグを集めたものではありませんが、調査中・修正中のバグを確認するために役立つでしょう。

新クエスト『Zarimanの天使』

Zariman Ten Zero船から、奇妙な呼びかけが果てしない闇の空間へ鳴り響いています。 新たな大戦が終わった今、Voidに漂流しているテンノの故郷に何かが残っていることが明らかになりました。遠くまで聞こえる呼びかけを辿り、 流れている歌の発信地点を見つけ、誰もいないはずの廊下に響き渡る「記憶」を取り戻すのです。

『Zarimanの天使』を始めるには、『新たな大戦』クエストをクリアしていることが条件です。
• 『新たな大戦』クエストをまだクリアしていない方はこの役立つガイドをご覧ください。

『Sayaの眼』『Vox Solaris』や『ダイモスの心臓』クエストと同様、『Zarimanの天使』クエストはソロモードでのみプレイいただけ、主要キャラクターとZarimanコンテンツを紹介します。クエストを完了すると報酬が含まれたメッセージがVoidから受信ボックスへ届きます。

『Zarimanの天使』クエストをクリアすると、次のゲームプレイオプションが利用可能になり、船の奥深くまで冒険を進められます。

• Zariman依頼ミッション
• 新しいミッションタイプx3

* 詳しい情報はこのパッチノートにて後ほどご覧いただけます。

2de6f8d40418e84f2bdac3b6eaa9bc2f.png

新しいタイルセット:ZARIMAN

すべてが始まった場所へ戻るのです、テンノ。Zariman Ten Zero船で起きた恐怖の歴史は、今その場を占める幻想的なエネルギーによってかき消されようとしています。

草木が伸びきっていているZarimanでは、Voidエネルギーが絶え間なく流れています。 静脈に流れるVoidパルスは、Void航行事故が起きる前からあった黄金の像や置物が散らばっているZarimanを思い通りにねじったり曲げます。 また、事故によってZarimanに新しい溝、通路や隙間ができてしまいました。

十分に注意して散策してください、テンノ。過去の道筋をよく知っているあなたでも、記憶に残っている風景と変わっているかもしれません。

Zariman地域は、『新たな大戦』クエストをクリアしてから星系マップへ現れますが、『Zarimanの天使』クエストをクリアするまでアクセスできません。

PC版をご利用の方へ最適化に関するヒント

Zarimanタイルセットは拡張グラフィックエンジンをご利用いただけるよう最適化・調整されています。 ご利用のパソコンが対応できる場合、「オプション」画面の「ビデオ」タブから有効化して、緑豊かな新しいマップをお楽しみください。 (PlayStaion 5およびXbox Series Xでは、拡張レンダリングモードが最初から有効化されています)

Zarimanタイルセットで入手できる素材

フェライト、合金板、ヴォイドジェル オーブ(新)、エントラティ ランソーン(新)とスラックス プラズムは敵のドロップからかZarimanタイルセットの素材コンテナなどから入手できます。

これら新しい素材はHelminthへ給餌できます。

ヴォイドプルーム

ヴォイドプルームは、Voidの「物体」から得られるトークンです。このトークンは次の用途に使用できます。

• クリサリスのシンジケート商人を訪問して地位ポイントに還元するため。
• アイテムを製作するため。
• クリサリスの新しい商人の提供品リストから、ヴォイドプルームの装飾品やクバを購入するため。

ヴォイドプルームは依頼ミッションの報酬として入手することもできます。 Zarimanタイルセットでは、ヴォイドプルームがシンジケートメダルの様に散らばっています。 ミッションからヴォイドプルームを見つけよう。 ミッションではプルームをあと残り何個見つけられるかを知らせるプロンプトが表示されます。

シンジケートメダリオンと同様に、ヴォイドプルームにはさまざまな地位ポイントの容量が振り分けられています。 次のリストをご覧ください。

• ヴォイドプルーム ダウン
• ヴォイドプルーム ベーン
• ヴォイドプルーム クイル
• ヴォイドプルーム クレスト
• ヴォイドプルーム ピニオン

7218fdb797f2264d73d3890809ca0a37.jpg

Melicaキャッシュとザリウム・アコレード

Cephalon Melicaによってロックされた貯蔵庫を開くためにはザリウム・アコレードが必要です。Cephalon Melicaのことを教室での時間から覚えている方もいるのではないでしょうか。 Melicaキャッシュは見つけやすいように便利なマークが備わっています。 Melicaキャッシュのロックを解除するために付近のザリウム・アコレードを見つけてください。独特の音がヒントになるでしょう。Loot Radar MODを使うことも有効な手段となるでしょう。 ザリウム・アコレードを見つけたら、拾い上げてMelicaコンソールに持ってきてください。ヴォイドプルーム クイルのロックを解除できます。

Melicaキャッシュは『Zarimanの天使』クエストをクリアすると表示され始めます。クエストをプレイ中は表示されません。

新しいSomachordフラグメント

Zarimanタイルセットに位置するSomachordフラグメントを探してスキャンし、新しいトラックを三つ追加しよう。

On Corroded Wings
The Offering
Canticle

60afc5911cebd4e5741d8c0086e2747b.png

新しい敵

Zarimanは新たな脅威をもたらします。 船に乗り込み、以下の新しい敵と戦闘を繰り広げることとなるでしょう。

クバ トロカリアン
女帝から授かれたミニサイズのクバ トロカルで転移を妨害する。

デリベーター クルーマン
これらのクルーマンは最新のコーパス兵器技術を用いり、受けるダメージを吸収し強力な衝撃波として反射する。 デリベーター装置はクルーマンの背中に搭載されてある。

スラックス・センチュリオン
致命的なサイスを装備したスラックス・センチュリオンは、解明されていないエネルギーを発します。 これら神秘的な生物は、Zarimanのミッションで登場します。

スラックス・レガトス
強力なライフルを装備したスラックス・レガトスは、解明されていないエネルギーを発します。 これら神秘的な生物は、Zarimanのミッションで登場します。

コードネーム:Voidの「物体」
その本名と性質はもうすぐ明らかになるでしょう。

b5b653c35353b8407723aaa38e619bc7.jpg

新しい街(ハブ):クリサリス

『新たな大戦』クエストで初めて登場したハブ「クリサリス」はZarimanの中心地に位置します。 かつては多くの乗客が散歩したり眺めを楽しんでいた聖域「Zariman」は、Zarimanホールで待ち構えているグリニアやコーパスに立ち向かう戦士や訪問者を迎え入れるハブとして生まれ変わっています。

『Zarimanの天使』クエストでは、クリサリスに住むさまざまなキャラクターや新しいシンジケートが登場します。 クエストをクリアすると、フォーチュナーやシータスの様に他のプレイヤーと交流できるハブが紹介されます。

クリサリスは他のハブとは異なり、ロード画面を通さなくてもシームレスにミッションへアクセスできる画期的なソーシャルハブです。 オービターのナビゲーション画面に戻らず、ミッションへどんどん挑戦しよう。

クリサリスでマップを開くと、Zarimanで現在アクティブな敵のタイプが表示されます。 グリニアとコーパスは二時間半ごとに交代します。

9aef3a5d995b1c219ee511d92eafb670.jpg

星系マップからは、敵勢の戦艦とZarimanの距離が縮まる様子を表示するインジケーターからご確認ください。

新しいシンジケート

『Zarimanの天使』クエストをクリアすると新しいシンジケートの情報が明らかになります。 クリサリスにいるシンジケート代表メンバーと一緒に手を取り合って、地位ポイント、依頼ミッション、進化系武器、テンノドルムゾーンやVoidshellアイテムなどを入手しよう。

「堕天使」ランクから「大天使」ランクまでポイントを貯めてアップグレードし、絆を築きながらZarimanの窮地を明らかにしよう。 新しいシンジケートは、オービターにあるシンジケートモジュールからもアクセスできます。

ZARIMAN依頼ミッション

クエストをクリアしてからクリサリスを訪問すると、依頼ミッションを受託できるようになります。 これら依頼ミッションは、Zarimanの新しいミッションタイプをより一層難度が高いバージョンで挑戦したい方にピッタリです。最適な装備を整えたものは充実した報酬を得ることができるでしょう。 プレイヤーは、求めている報酬によって、星系マップに位置するノーマルバージョンまたはZarimanの依頼ミッションを選ぶことができます。 依頼ミッションには少しスパイスが効いています、テンノよ。

依頼ミッションでは、プレイヤーが脱出できるまでにクリアする必要がある課題が設置されています。場合によっては、これら課題を満たさないとミッションを失敗したと扱われるケースもあります。 ミッションを完了すると、プレイヤーはドロップテーブルの報酬に加えて、ヴォイドプルームも入手できます。難度が高ければ高いほど、チャレンジは険しくなりますが、より多くのヴォイドプルームを得られるでしょう。

依頼ミッション報酬

依頼ミッションをプレイすると以下の報酬をゲットできます。

• Gyreの本体・パーツの設計図
• Alternoxの設計図(新プライマリ武器)
• Hesparの設計図(新ヘビーサイス)
• Aeolakの設計図(新プライマリライフル)
• 新素材:
   • エントラティ ランソーン:Voidの位置を実空間にマッピングするために使いる儀式用ビーコン。
   • ヴォイドジェル オーブ:環境Voidエネルギーを中性状態に精製したサンプル。
   • スラックス プラズム:Voidによって具現化されたThraxの残骸から見つかる、多用に活用できるプラズマ素材。
• ヴォイドプルーム
      • ヴォイドプルーム ダウン
      • ヴォイドプルーム ベーン
      • ヴォイドプルーム クイル
      • ヴォイドプルーム クレスト
• クレジット・Endo・グレイターフォーカスレンズ・Amber アヤタンスター・レリック

新しいミッションタイプ

Zarimanでは三つの新しいエンドレスミッションタイプ「フラッド」「カスケード」「アルマゲドン」が登場します。 これらミッションは新しい敵勢や挑戦を提供することでしょう。 上記三つのミッションに加えて、Zarimanでは掃滅ミッションと機動防衛ミッションにも挑戦できます。 『Zarimanの天使』クエストをクリアしたら、星系マップかクリサリスのエレベーターに乗って、Zarimanナビゲーション画面からミッションに挑戦しよう。

afee4c6cdc98a791b1a6bb4a9a5c6d5b.jpg

06ffd21c0e92b31fb07a23fecd71ea32.jpg

Zarimanで直面する敵は、どの勢力が船を支配しているかによって左右されます。 Zarimanに乗っているものによって忘れられていた財宝の情報は、コーパス・グリニア勢両方に届いています。 Zarimanには一度に一つの勢力のみが乗船していますが、二時間半ごとのローテーションによって変わります。

新しいエンドレスミッションのローテーションCでは各フォーカス道のノーマル版フォーカスレンズがドロップする可能性があります。 フォーカスシステムのリワークに伴い、レンズを獲得できる新しい手段を提供するため追加されます。

フラッド (EVERVIEW ARC)

Voidと苦悩から生まれた力はAlbrecht膜を引き裂き、Zarimanの領域をVoidエネルギーで充満させる亀裂を作り出しています。 「フラッド」はZarimanの安定性を維持することへ焦点を当てた、パルクールを多用するエンドレスミッションです。

プレイ方法:

このミッションでは、「亀裂」を修復することが求められます。修復可能に欠かせないバイトプラストを集め、Void亀裂まで運んでください。 集まったバイトプラストの量は、宙に浮かびながらあなたを追う球体によって示されます。 球体は集めたバイトプラストで満たされ、Void亀裂の周辺に移動すると注入されます。 バイトプラストは半重力特性を持ち、Zariman全体を漂っています。フラッドミッションでは、洗練されたパルクール術が成功の鍵を握るでしょう。

亀裂が破裂してZarimanを制御不能なVoid汚染物で氾濫させてしまうと、敵は強化されます。最悪の場合、あなたの力を弱めたり、バイトプラストが不規則に動作する可能性もあります。 Void汚染のレベルが高ければ高いほど、より難しい課題が課されることとなるでしょう。 汚染レベルはHUDのゲージにて示されます。次のレベルに到達すると、以下のランダム化された効果が発動されます。

• レベル1:40%
• レベル2:70%
• 最終レベル:100%
   • 100%へ到達すると、カウントダウンタイマーが稼働されます。時間内に亀裂を閉じて汚染レベルを下げられないと、環境は荒れ果ててしまい、ミッションを失敗します。

三つの亀裂を閉じる度に、鎖とVoidエネルギーによって作られた強力な敵「スラックス・センチュリオン」に遭遇します。 すばしっこくで情け容赦のないスラックス・センチュリオンを退治するには、WARFRAMEとオペレーターの相乗効果が欠かせません。 エクシマス勢と同様に、スラックス・センチュリオンにはオーバーガード機能が備わっています(エクシマスとオーバーガードについての説明はこのノートの後半でご覧いただけます)。 スラックス・センチュリオンを倒すと、アフィニティ範囲内にいるテンノ全員に2500フォーカスポイントが与えられます。このフォーカスポイントは、アクティブ化されているフォーカス道へ自動的に加算されます。

三つの亀裂をうまく封印すると、脱出の機会が提示されます。このエンドレスミッションでは、三つの亀裂が1ラウンドとしてカウントされます。

ミッションの長さと成功は、一貫したダメージと優雅なパルクール術のバランスに左右されます。 Zariman Ten Zeroの基準を満たし続けることができるなら、気高く報われるでしょう。

カスケード (TUVUL COMMONS)

Zarimanの敵は、壁に穴を開けるVoidエネルギーを悪用して大きなアンバランスを生み、周囲を汚染しています。 「カスケード」ミッションへようこそ。このミッションは、エクソライザーを浄化してZarimanのシステムの復旧を図るエンドレスミッションモードです。

プレイ方法:

このミッションでの任務は、「エクソライザー」と呼ばれる装置を使用してVoidを除去することです。 しかし、高度なZariman技術でさえ、Voidに抵抗し続けることができません。 Voidを一掃し、カスケードを撃退するのはあなた次第です。

Voidが所有するエクソライザーはVoidによって守られています。 エクソライザーの除染作業を始めるためにはまず、Voidを取り除いてください。あなたのオペレーターはこの作業で頼りになるでしょう。 エクソライザーの所有と浄化ステータスはHUDで確認できます。カスケードレベルの災害に到達しないように注意してください。

エクソライザーを浄化すると、テンノは装置を所有していた手ごわい敵スラックス・センチュリオンに直面します。 スラックス・センチュリオンの退治に失敗すると、次のエクソライザーは占領され、混乱を加速するでしょう。 浄化に成功すればするほど、カオスは増します。エクソライザーを長く維持するためには、集中力とスキルが欠かせません。

エクソライザーを四つ浄化すると脱出オプションが提示されます。このエンドレスミッションでは、エクソライザーを四つ浄化することが1ラウンドとしてカウントされます。

プレイヤーがカスケードを回避できず、表示されているゲージが100%へ到達した場合、脱出オプションが提示されます。

Zarimanのシステムの復旧作業は簡単なものではありませんが、船を取り戻すためには大事な任務です。 カスケードを鎮圧するには大きな力と分隊との協力が不可欠ですが、作業を続ければ続けるほど報われるでしょう。

アルマゲドン (ORO WORKS)

レリクアリを破壊するため、グリニアとコーパス勢はZarimanに乗り込んできました。 絶妙にねじれた「物体」とその手先もレリクアリをターゲットにしています。 アルマゲドンミッションはあなたの優先順位を付ける能力を試します。目的を達成するために役立つZarimanのレリクアリとエクソダンパーを守りながら敵の威勢に立ち向かってください。 装備を念入りにチェックしてからこのミッションに挑むことをお勧めします。

プレイ方法:

アルマゲドンエンドレスミッションでは、レリクアリを敵勢から守り抜く任務が任されます。 あなたの任務の成功を祈り、エクソダンパーが用意されています。 エクソダンパーを展開すると敵は弱体化されます。しかし、エクソダンパーが万が一破壊されると、敵は新しい装置を設置できるまでランダムで選ばれたバフを得ます。 エクソダンパーは必ずしも必要なアイテムではありませんが、敵はエクソダンパーを使わないとレリクアリへ集中攻撃を仕掛けるでしょう。 敵がレリクアリを破壊すると、ミッションは失敗と扱われ、クリサリスまで強制的に帰還されます。 さらにカオスが広がれば広がるほど、Voidの「物体」はVoidエネルギーを使ってレリクアリを排出しようとします。 レリクアリの上に表示されるパーセンテージアイコンを使用すると、どれだけ排出されたか確認しよう。 レリクアリが完全に使い果たされると、ミッション失敗です。 レリクアリの破壊や排出を防いでください。運命を定めるのはあなたの行動次第です。

アルマゲドンミッションはラウンドとウェーブによって構成されています。

• ウェーブ:敵はエクソダンパーを破壊しようとします。 ウェーブをクリアするために、エクソダンパーに向けて送られてくる敵のチームを掃滅してください。  各ウェーブをクリアすると、敵はさまざまな角度から攻撃を開始します。HUDに表示される指示に従い、次のエクソダンパーを防御できるよう素早く移動してください。
• ラウンド:ラウンドは三つのウェーブによって構成されます。

エクソダンパーの防衛に失敗した場合、次のラウンドまで破壊されたままになります。
• もしエクソダンパーがラウンド1の第一ウェーブで破壊されたら、ラウンド2が始まるときに再生産されます。つまり、合計4番目のウェーブで再出現します。

グリニアとコーパス勢の威勢は、防御が長く続けば続くほど心配が減ります。三つのウェーブをこなしたときに現れるVoidの「物体」には細心の警戒と注意が必要です。 戦闘では伝統的な戦術だけではなく、オペレーターを匠に操作することも戦いのヒントとなるでしょう。 戦いに成功すると、あなたとあなたのアフィニティ範囲内にいる分隊メンバーに対してフォーカスポイントが与えられます。また、ピックアップの必要なヴォイドプルームもドロップされます。

アルマゲドンミッションを1ラウンドクリアすると、脱出オプションが提示されます。しかし、できる限り戦闘を続けてください。

敵を一人で立ち向かう必要はありません。 Zarimanに備わっている防御システムを利用して、戦略的に配置された特別なタレットを利用できます。 これらタレットは、あらゆる角度から敵の攻撃を阻止できますが、使う前に構築する必要があります。 これらのタレットを構築するためには、アルゴゼン ドロップを見つけてください。アルゴゼン ドロップはアルゴゼンを提供します。 アルゴゼン ドロップを解除するためには、ドロップがエネルギーで満たされるまで、指定されたゾーンに留まることが必要です。100%へ達すると、ドロップが開き製作アイテムを入手できます。 アルゴゼンは倒した敵からも手に入れられます。 アルゴゼンは共有ピックアップアイテムなので、分隊メンバーと協力して戦いに挑もう。

必要量のアルゴゼンを持っていると次の兵器リストから強力な助っ人を製作できます。

• マズカ:1ターゲットに集中するミニガンタレット。
• ファラドン:複数の敵をターゲットするアークライトニングタレット。
• コラライザー:敵を捕縛し引き寄せる罠型タレット。
• ジョティッカ:レーザーで敵をターゲットするミサイルランチャー。

タレットはあなたを永遠に助けてくれるわけではありませんが、エクソダンパーとレリクアリの破壊を回避できる役目を果たします。 タレットタイプは選択画面でアビリティ発動のデフォルト入力(PC版だと1-2-3-4、コントローラーだとRB+ABXY)を使い、切り替えることができます。 アビリティ発動ボタンをカスタムバインドしている方はそのバインドが適用されます。

掃滅 (HALAKO PERIMETER) & 機動防衛 (THE GREENWAY)

上記三つの新しいミッションタイプに加えて、Zarimanでは掃滅ミッションと機動防衛ミッションにも挑戦できます。 Zarimanでの掃滅ミッションと機動防衛ミッションにはノーマルバージョンと少し違う点があります。30体の敵を倒すたびにスラックス勢が登場します。

掃滅ミッションでは、本来いるべきではない場所をうろついているコーパス・グリニア搭乗員を倒す任務が託されます。 このミッションはVoidがはこびるZariman船を通り抜けながら挑戦する、古典的なミッションタイプです。

機動防衛ミッションでは、ジャンプ事故によって故障しているZarimanシステムの復旧作業を進めながら、Voidを退治するよう促されます。 コーパス・グリニア勢を足止めするには、Zarimanがその場に留まることが有力になります。 彼らは、テンノがZarimanのパワーを復帰することを防ぐことに全力を尽くすでしょう。油断は禁物です、テンノよ。

Zarimanに関する一般的な記述

• Zarimanのミッションは鋼の道のりでもご利用いただけます。鋼の道のりバージョンをすべてクリアすると、「鋼の道のり:Zariman」トロフィーとエモートが送られます。
   • 今後のホットフィックスにて、クリサリスのZarimanミッション選択画面へ鋼の道のり用トグルが設置される予定です。 今のところ、鋼の道のりモードをオン・オフする場合には、オービターのナビゲーションから切り替えるようにしてください。
• Zarimanでは一時停止メニューからミッションを中止できるだけではなく、エレベーターの内部パネルからミッションを中止することもできます。
   • エレベーターからミッションを中止すると、その他ミッションと同じように報酬やボーナスは計算されます。
• 掃滅・機動防衛ミッションでは目的を満たすと脱出ポータルが生産されます。 脱出ウェイポイントはミッションの目的をクリアするとその場所をマークします。 テレポートオーブへ足を踏み入れるとエレベーターに戻り、ミッションから脱出できます。

Incarnon武器

儀式の為に使用されていた武器コレクションは、Voidの影響を受け、致命的な力を発揮するようになりました。 Voidが触れるほとんどのものと同様、武器は進化します。

クリサリスでは、これらIncarnon武器とその進化方法を伝授してくれるキャラクターに会えます。 選択した武器をどんどん進化させ、必要に応じたビルドを組もう。

Incarnon武器 101:

1. Incarnon武器を入手しよう

クリサリスのある商人の提供品から次のIncarnon武器の設計図を入手しよう

0db732b0dffedaef21655ffa10454290.jpg

PRAEDOS (トンファー)
かつてオロキンは、侵略した領土の民が武器禁止令の最中農業の道具などを武器として扱い反乱を行った事に感心を示していた。 どんな困難にも適応し乗り越えられる事を信じZarimanにPraedosが積まれた。 Voidの力により、覚悟ある者がPraedosを操る事で二つの武器が所持者へ施される。

2c83b9a1ea518e4159922a9fafbdf5f4.jpg

PHENMOR (ライフル)
元々PhenmorはZarimanの入植者たちが埋葬の儀に使うため用意されていた。 オロキン社会では、亡くなった者の地位が高い程、葬式で行う射撃の数が多く行われた。 ストック部分は焦土でのみ芽生えるフェナウレウス・パインの木から彫られている。 長年Voidに漬かったPhenmorは恐ろしい兵器へと姿を変えた。

dc1799d9cf2a1bfefe11d2ba368085ec.jpg

LAETUM (ピストル)
Laetumはパレードや勝利の行進などの祭り行事で色豊なピグメントを群衆に撃つための道具であった。 オロキンはLaetumをZarimanに積み、Tauに到着した際祭りを行う事を願った。 祭りが行われる事はなかったが、Voidの力によりLaetumは爆発的な威力を得た。

2. チャレンジをクリアして進化のロックを解除しよう

Incarnon武器を製作してアーセナルに装備すると、進化スロットと託されるチャレンジがアーセナル画面へ表示されます。

求められるチャレンジを無事クリアすると、該当するスロットが解除されます。クリサリスの商人を訪問すると、スロットの属性を変更できます。

3. Incarnon武器へアップグレードを適用しよう

クリサリスの商人にアクセスして、「Incarnon武器を進化させる」を選択してください。 武器を進化するためには、Incarnon武器を装備していなくてはいけません。 なお、Incarnon武器を複数持っている場合、進化させたい武器を選択できるポップアップ画面が表示されます。 間違ってIncarnon武器を装備せずにクリサリスを訪問しても大丈夫です。一時停止画面からアーセナルを選ぶとオービターに戻らなくてもIncarnon武器を装備できます。

進化したいIncarnon武器を選ぶと、次の画面が表示されます。

1e5924f4a4b0a7836e28987a1fa74563.jpg

Incarnon武器には合計、五つの進化を遂げることができます。 各進化スロットはロックを解除できる独自のアップグレードセットを提供します。

第一進化:Incarnon変換

最初の進化は武器のIncarnon変換をアンロックします。 Incarnonフォームは武器の外観と機能を変更します。

Praedos:

dc3b3423a4310de3b1cf937125122990.jpg

Phenmor: 

1a4cc35fef04e54b7b8f79cf046a981d.jpg

Laetum:

321389b4e393ec41ae53f3cc8bbe0163.jpg

Incarnon変換は、武器の指定されたチャレンジをクリアして、ミッション内でチャージを構築することによって実現します。

• Phenmor - ヘッドショットでIncarnon変換をチャージする。セカンダリ射撃も変換可能。
• Laetum - ヘッドショットでIncarnon変換をチャージする。セカンダリ射撃も変換可能。
• Praedos - 10x コンボに到達しヘビー攻撃を行う事でIncarnon変換を発動する。

チャレンジを確認するためには、アーセナル画面かクリサリスの商人画面の「Incarnon武器を進化させる」から該当する武器のIncarnon変換へカーソルを当ててください。

チャージ機能が備わっている場合、Incarnon変換はオルトファイア(PhenmorおよびLaetum)かヘビー攻撃(Praedos)を使って発動できます。チャージ機能の蓄積量はPhenmor・Laetumのレクチルに表示されるメーターかPraedosのFXパルスによって確認できます。 Incarnon変換を使い続けると、インジケーターのチャージが排出されます。

f72462dd1bd257d8939ec3fa24ed3088.png

さらに、チャージが完全に消耗すると、自動的にベースフォームへ戻ります。 Incarnon変換は、アクティブな時にもう一度オルトファイアを使用すると、手動で元の状態に戻せます。 武器をIncarnon変換からベースフォームへ戻すと、チャージが残っていてもチャージメーターがリセットされます。

第二~五進化:アップグレード

Incarnon変換を解除すると、次の進化はスロットごとにアップグレードを三つ提供します。アップグレードオプションはクリサリスの商人の元からいつでも交換可能です。

2928bef446dd7e58ffb164224227b436.jpg

Incarnon武器の選択したアップグレードやチャレンジはアーセナル画面からご覧いただけます。

768916b7750a7ab910a6a665608d8c09.jpg

4. 進化のアップグレードを中心にビルドを組もう

Incarnon武器はアーセナルに保管している他の武器と同じように改造できます。進化アップグレードを中心にさまざまなビルドを試し、とっておきのロードアウトを構築しよう。

注:Incarnon武器は、Incarnon変換効果がかかっていない形式でのみスキンを装着できます。 この仕様は今後追加される予定です。

新しいアルケイン

クリサリスでIncarnon武器を取り扱う商人は、九つの新しいアルケインを陳列します。 また、これらアルケインはスラックス勢とVoidの「物体」からドロップする可能性もあります。

*以下の統計は最大ランクで表示されます*

モルト エフィシャンシー(WARFRAME)
シールドアクティブ時:毎秒アビリティ時間が6%上昇する(最大36%)

モルト ヴィガー(WARFRAME)
オペレーターのアビリティ:次に発動したWARFRAMEアビリティの威力を45%上昇する。

カスケイディア オーバーチャージ(WARFRAME)
オーバーシールド発動中:クリティカル率 +300%

エマージャンス レニュード(オペレーター)
エネルギー消耗時:オペレーターのエネルギー回復率が300%上昇する。 クールダウン:30秒。

エマージャンス セイヴァー(オペレーター)
致命的なダメージを与えた時:5秒間の無敵効果を付与し60%のヘルスを回復する。 クールダウン:90秒。

エターナル イラディケート(アンプ)
オペレーターのアビリティ:2秒間+60%のアンプダメージ。

エマージャンス デシペート(オペレーター)
Void Sling使用時:Void Slingを使用中、火力の入力を行い、半径10mの端点を消散する。 ヒットした敵は100%の確率で短命のVoid Moteを作成し、ピックアップ時にエネルギーを10回復する。

フラクトライズド リセット(プライマリ)
アビリティ発動時:5秒間+240%リロード速度。

カスケイディア アキュラシー(セカンダリ)
ロール時:二秒間、ヘッドショットのクリティカル率が +300%上昇する。

カスケイディア エンパワード(セカンダリ)
状態異常付与時:状態異常効果のダメージタイプに合わせる事での+750ボーナスダメージを与える。

bd266b023348ec790feae2d3e708fb63.png

ドルムゾーン

Zarimanでとっておきのくつろぎ空間「ドルムゾーン」を確保しよう。 クリサリスの下層階に位置する、あなたの住まいの登場です。 『Zarimanの天使』クエストをクリアした方は全員、ダイニングエリア、棚やラウンジなどを備えたユニークなドルムゾーンをお楽しみいただけます。 この新しい空間には、クリサリスのエレベーターまたは星系マップのナビゲーション画面からアクセスできます。

あなたの空間への入り口は『新たな大戦』クエストの衝撃のシーンで見た風景に似ているかもしれません。 ドルムゾーンは、オービターの個人部屋と同様、自分だけの空間をカスタマイズできるスペースです。 オービターのお気に入りの装飾品を使って疲れを癒しましょう。

注)オービターとドルムゾーンは同じインベントリの在庫を使います。そのため、お選びの装飾品を複数持っていない限り、オービターで使った装飾品をドルムゾーンで使うことはできません。

あなたの住居を飾る新アイテムは、ドルムゾーンにアクセスするために利用するエレベーターの近くのシンジケートメンバーから手に入れることができます。この商人は、シンジケート地位ポイントと引き換えに入手できるZarimanをモチーフにした装飾品を多く揃えています。 さらに、この商人は、装飾品だけではなく、Zarimanのさまざまな地域を表現する新着Capturaシーンを15つ提供します。 Zarimanの庭師「Vegetation and Environment Regulation Drone」属して「VERD-IE」とよばれる、かわいらしいセンチネル用のスキン、マスク、テールとウイングも登場します。

あなたのくつろぎの空間を最大限に利用したい方は、クリサリスの商人から天文台のようなペントハウス「ビスタ・スイート」へのアクセスを入手することもできます。 新しいシンジケートの「大天使」まで到達して、地位ポイントと交換しよう。

ドルムゾーンはトロフィーやディスプレイなどを飾ることができる新しいスペースを四つ提供します。 ドルムゾーンの三つの部屋に加えて、エレベーターを出て住居の入り口に至るまでのホールも自由にカスタマイズできます。 オービターと同様、ドルムゾーンにも各スペースのサイズに基づいた装飾容量が設置されています。 さらに、旅のお供のコンパニオンもドルムゾーンを自由に歩き回ることができます。 ドルムゾーンにはコンパニオン専用のスペースが設けられているので、コンパニオンをぜひ連れてきてください。

9f3a524e933a8d70a67ebc0355bbe2b5.jpg

なお、ビスタ・スイートでは、Voidエネルギーが混ざった果てしない宇宙空間を眺めることができる変更可能な展望窓「ビスタグラフ」が備わっているだけではなく、 絵のように美しいシーンは、「オーディオスケープ」も付随されています。 火星の砂の音やオアシスの静けさにうっとりしながら戦いからの休息をお楽しみください。 ビスタグラフおよびオーディオスケープはプラチナを使用して購入できます。 このアップデートが登場する時には四つのビスタグラフと十のオーディオスケープをお選びいただけます。

ビスタグラフ:
• 空空漠漠の道筋
• 峡谷の脈動
• 非現実の夜明け
• 静かなる青

オーディオスケープ:
• エイドロンの雨
• テラの森
• 岩の柱
• 火星の砂
• 太陽系の果て
• 密林の宇宙港
• 山地の湖
• オアシス
• 寺院の門
• 油断禁物の沼地

新しい空間をお友だちと共有しよう。テンノは、分隊のホストである場合、 ドルムゾーンへ分隊メンバーを招待できます。招待する分隊メンバーは『Zarimanの天使』クエストをクリアしている必要があります。 ドルムゾーンはホストに頼ります。そのため、分隊を組んでドルムゾーンへ移動すると、自動的にホストのドルムゾーンへ到着します。 ミッションに戻る準備またはドルムゾーンを退室する準備ができたら、ホストは分隊全員をクリサリスのメインフロアへ誘導するか、オービターに帰還してください。  

注:[ネタバレ]基地やオービターとは異なり、ドルムゾーンでナビゲーション画面を操作することはできません。 ただし、エクストラメニューオプションを使ってアーセナル・オペレーターのカスタマイズとインベントリは引き続きご利用いただけます。   ドルムゾーンはこれから新しいアイテムや機能がどんどん加わるかもしれません。今回のアップデートはほんの始まりに過ぎません。どうぞお楽しみに。

VOIDSHELL スキン

Voidジャンプ事故は、生命体と物質を変容させました。 Void素材で作られた衣服では、糸や小間物までも適応特性が備わっています。 Zarimanのユニフォームの繊維は、布、石、金属、液体性など、さままざな形状へ変更することができます。 入植者たちは、繊維が新しい化学構造を持ち合わせていることに気付き、あなたがまだ出会っていないキャラクターは繊維の変換を制御する技術を学んでいます。 Voidshellは、Voidジャンプ事故によって作られたモーフィック素材を装飾品に適用します。

Voidshellスキンの素材を変更できる、斬新な新しいカスタイマイズシステムが登場します。 プライマリ、セカンダリ、ターシャリーとアクセントスロットでは、選択した素材を適用できます。 外観カラーも変更できるので、カスタマイズオプションの幅が大きく広がるでしょう。

54ec02d08b095199ca3d4e476c7c2ae9.jpg

今回のアップデートでは、Saryn、Volt、Rhino用のVoidshellスキンが登場します。 これらスキンは、ゲーム内マーケットから購入することができ、独自の材質構造が備わっています。

Saryn Voidshell コレクション
ZarimanのVoidジャンプの最中に生み出されたSaryn用の形態素材を使いこなそう。 このコレクションには、Saryn Voidshellスキンとスポア・プリント材質構造が含まれます。

d7cf21b3e3265501e2bd925acbd1d188.jpg

Volt Voidshell コレクション
ZarimanのVoidジャンプの最中に生み出されたVolt用の形態素材を使いこなそう。 このコレクションには、Volt Voidshellスキンとクリムジアン・オピュレンス材質構造が含まれます。

e1e816b44652af04c507cd89f4379489.jpg

Rhino Voidshell コレクション
ZarimanのVoidジャンプの最中に生み出されたRhino用の形態素材を使いこなそう。 このコレクションには、Rhino Voidshellスキンとチタン・シーン材質構造が含まれます。

b3e6ccebff8809628f171e7c880b5e0d.jpg

Voidshellスキン材質構造
これらテキスタイルはZarimanの探求、革新、仲間意識の精神が宿されています。 過ぎ去った時代への郷愁を具現化したものです。 材質構造はすべてのVoidshellスキンで利用でき、多くの新しいカスタマイズオプションを提供するでしょう。

アーセナルのVoidshellスキンで次の材質構造が自動的に利用できるようになります。

• ラバール・ソリッド
• ホームステッド・ツイル
• レール・ストライプ
• サトル・シンチラント
• ジャンクション・モード
• バトルウォーン・スティール
• アステライト・ラスター
• フラット・ノクトロル
• オキシウム・グロス
• スリーク・ティコールプレート

材質構造のコレクションを増やしたい方は、クリサリスの商人から地位ポイントを消費して次のオプションを購入できます。

• ターニッシュ・モーフィクス
• アヤタン・エレガンス
• ホワイトサン・べニア
• ガリウム・グレイズ
• セファロン・アドーンメント

さらに、ゲーム内マーケットからHombask Voidshellバンドルを入手すると追加の材質構造を入手できます。 ZarimanのVoidジャンプの最中に生み出されたVolt用の形態素材を使いこなそう。 コレクションには、15の材質構造が含まれています。

• ゼットキ・クアリティ
• パック・デブリ
• ポリッシュ・デバール
• オロキン・ポーセリン
• テルル・レイヤー
• グリーミング・アロイ
• サブマージ・ストーン
• ジェイド・エスティーム
• フェイク・メルゴー
• サウザンド・スケール
• タフ・べスタンモス
• ルア・ダークサイド
• スムーズ・サルベージ
• スレッシュコーン・フレッシュ
• ホロキー・ブラー

注:材質構造はゲーム内マーケットからお求めいただけるだけではなく、アーセナル画面からVoidshellスキンをカスタマイズする時にも購入オプションが提示されます。

Voidshell材質構造はVoidshellスキンに対してのみご利用いただけます。 すでに持っているノーマル版スキンでは適応されません。

なお、フォーカス道をテーマとした材質構造もフォーカスポイントと交換に販売されます。各フォーカス道のノードをすべて解除するとこのオプションが提示されます。 フォーカスに関する変更はこのノートの後半にご覧いただけます。

cbc859fc9d58d19b9e637e066f7427f2.png

新WARFRAME: GYRE

Gyreは理論をエレガントに表します。 コイルとトランスミッターの導電力で敵を掃滅しよう。 Gyreには独自のカスタム回避アニメーションを持っています。

パッシブ
敵に付与された電気状態異常の数につきGyreのアビリティは10%の確率でクリティカルダメージを与える。

ARCSPHERE
敵に高い衝撃ダメージとまれに敵にショックを与える旋回型スフィアを展開する。 最初の展開で複数の敵にヒットする事でダメージが増加する。

COIL HORIZON
旋回型スフィアを展開し数秒後、あるいは手動で崩壊させる。
* Coil HorizonはGyreのHelminthアビリティです。

CATHODE GRACE
一時的にクリティカル率とエネルギー回復率を上昇させ、敵を倒す度にCathode Graceのアビリティ時間を延長させる。 再発動にクールダウンあり。

ROTORSWELL
Gyreのパーツが高速で回転し、強力な電磁波で近くの敵を感電させる。 Gyreがクリティカルヒットを出した際、巨大な放電が起き敵から敵へと感電する。
注:Gyreのアビリティクリティカルバフは、彼女自身のアビリティに対してのみ適用されます。Helminthアビリティには適用されません。

Gyreはゲーム内マーケットからお求めいただけます。パーツはZariman依頼ミッションから入手できます。

7c945c390865e7d1b0de13c4967798b4.png

GYREを象徴する武器:ALTERNOX
Gyreを象徴する武器には射撃モードが二つ備わっている。 プライマリ攻撃では、電気オーブで敵に衝撃を与えます。 セカンダリ射撃は大型の電気球を放ち、球は着弾面に付着して電気パルスを放ってから爆発する。 Gyreが装備した際は少量のマルチショットが追加される。
Alternoxはゲーム内マーケットからお求めいただけます。設計図はZariman依頼ミッションから入手できます。

dd5064aca0f4eb1adadb4824c3dd08c0.png

GYRE AUTOMATON ヘルメット
このGyreの別ヘルメットで回路を完成させろ。
ゲーム内マーケットからGyre Automation ヘルメットを購入しよう! 設計図はNightwaveクレド提供品のラインアップへ今後のアップデートで追加されます。

TRIODIC シャンダナ
Gyreを象徴するシャンダナで外観を決めよう。
Triodicシャンダナは、ゲーム内マーケットから購入できます。

47a6cc399eec862002aae16348b24ec2.png

GYREコレクション
Gyreのコアを強化しよう。 このコレクションはGyre WARFRAME、Gyre Automaton ヘルメット、Alternox ライフル、Triodic シャンダナ、Gyratory Sphereデコレーションを含みます。
Gyreコレクションは、ゲーム内マーケットから購入できます。

Gyreのグリフは「メインメニュー」>「プロフィール」>「グリフ」画面からもご購入いただけます。

新しい近接スタンス:ヘビーサイス:GALEFORCE DAWN
新しいヘビーサイススタンスと武器を組み合わせて敵を織り、裂開し、刈り取ろう。
Galeforce DawnはZarimanミッションから入手できます。また、クバ トロカリアンおよびデリベーター クルーマンもドロップする場合があります。 ドロップ率については、公開ドロップテーブルをご覧ください。

新しい近接武器:HESPAR
このヘビーサイスは、別の時代の戦いを表します。 しなやかな武器よりもはるかに強い威力を持ち合わせるヘビーサイス。
Hesparはゲーム内マーケットからお求めいただけます。本体の設計図はZariman依頼ミッションから、パーツの設計図はZarimanのエンドレスミッションから入手できます。

新しいライフル:AEOLAK
この奇妙に手に馴染む風変わりなオートライフルは、二つの射撃モードを持つ。 プライマリ射撃は放射線ダメージを与え、 セカンダリ射撃はチャージして爆発する弾丸を発射する。
Aeolakはゲーム内マーケットからお求めいただけます。本体の設計図はZariman依頼ミッションから、パーツの設計図はZarimanのエンドレスミッションから入手できます。

Zarimanの天使サポーターパック
アーセナルを強化しZarimanとVoidの探検に挑もう!  最新のWARFRAME「Gyre」の電撃で敵を圧倒しよう! Voidshellスキンで新たなカスタマイズを体験し、新種の武器で闇に包まれたZarimanに光をもたらそう。

49941163a10c5a1d6c5ff47a4ef53254.png

「Zarimanの天使」Emergence パックには次のアイテムが含まれます。

• Vasero セカーラ
• Hesparヘビーサイス
• Galeforce DawnスタンスMOD
• Zariman グリフ*
• Zariman シジル*
• 7日間のリソースブースター
• 7日間 リソースドロップチャンスブースター

7beaf483919d4f64e5dea92722990ef9.png

「Zarimanの天使」Chrysalith パックには次のアイテムが含まれます。

• Vasero セカーラ
• Hesparヘビーサイス
• Galeforce DawnスタンスMOD
• Zariman グリフ*
• Zariman シジル*
• 7日間のリソースブースター
• 7日間 リソースドロップチャンスブースター
• 500 プラチナ
• Gyre WARFRAME
• Gyre Automaton ヘルメット
• Gyratory Sphere の装飾品
• Triodic シャンダナ
• Alternox
• Saryn Voidshell スキン
• Volt Voidshell スキン
• Rhino Voidshell スキン
• 材質構造 x18

*印が入っているアイテムはパック限定アイテムです。 サポーターパックのコンテンツをより多くのプレイヤーの皆さんにお楽しみいただくため、*印が入っていないアイテムはゲーム内マーケットおよびゲームコンテンツから入手できます。(例:Gyre WARFRAME、武器、Galeforce DawnスタンスMODなど)

a722cb558a43d9f27e72bdea56dbd684.png

VALKYR CARNIVEX コレクション
このValkyrデラックススキンコレクションで危険なエレガンスと出会うことでしょう。 コンセプトアーティストのLigerさんによってデザインされた新しいValkyrデラックススキンを着用し、金属と筋肉の残忍な組み合わせによって敵を麻痺させよう。 ゲーム内マーケットからガントレット用デラックススキン、アーマーセットとValkyrデラックスアニメーションセットと一緒にお求めいただけます。

DREYRIC ガントレットスキン
この美しく残忍なデザインは、握りこぶしに飛んだ敵の血痕を引き立る。

ALASTORNアーマー
最も熱心なバーサーカーにふさわしいアーマーで怒りを解き放とう。

KIRA'S SHAWZIN
かつて皆から愛されたZarimanの一員が所持していた楽器であり、数々の宴を盛り上げた。 Voidの端から流れる神秘的なシンセサイザートーンで、過去の想いでを体感するツールを提供します。

Kira’s Shawzinは、ゲーム内マーケットから購入できます。

[SPOILER]ORDIS センチネルスキン

Ordisはオペレーターと話す事が至高と考えています。 これで何処でもお供できますね、オペレーター!

『新たな大戦』クエストをクリアした方は、Ordis センチネルスキンをゲーム内マーケットから購入できます。

フォーカス道のリワーク
フォーカスの授業の時間です。 フォーカスシステムは、オペレーター、フォーカス道の本姓、バランスや動きなど、ゲームプレイの可能性を引き立てるため大規模な手直しが施されました。

フォーカスとは

「フォーカス」はこれまで、何度か形を変えてきました。 2015年に初めて登場したフォーカスは当時、Warframeのストーリーの軌道を大幅に変える、画期的なシステムとして紹介されました。フォーカスは時間の流れと共に、ゲームプレイスタイルへ影響を与える独自システムとして成長し続けています。まず、「コンバージェンス」はフォーカスレンズと一緒に登場し、フォーカスを集めやすくしました。その後アップデート22:「エイドロンの草原」では、新しいフォーカス道ノードやクロスフォーカスアビリティなどが追加され、システムのリセットが行われています。アップデート22.6では、五つのフォーカス道のパワーバランスを調整するため、多数のアビリティの手直しが入りました。

フォーカスは、Warframeを別のキャラクターの視点から楽しむために欠かせない、刺激的なシステムを提供することを目的としています。 しかし、開発チームは長年の月日が経った今、オペレーターとWARFRAMEの間の相乗効果が欠けていたことに焦点を当て、もう一度システムを見直す機会がやってきたことを認識しました。 新しい要素を加えられたフォーカスシステムが「Zarimanの天使」アップデートで登場します。

オペレーターのゲームプレイリワーク

オペレーターゲームプレイとフォーカスのリワークでは特に、WARFRAMEとオペレーター間の「流れ」をよりスムーズなものへ変えることを目標とし、転移能力を頻繁に活用して両モードの利点を柔軟かつ最大限に引き出すゲームプレイをお楽しみいただけるよう考慮されています。

ゲームその他の主要システムのオーバーホールが行われたときとと同様、アップデートが入ってからご意見をお寄せいただく前に、じっくり新しいシステムを試していただけるようお願いします。

オペレーターゲームプレイの変更は主に三つのポイントを押さえます。一つ目は、Void Slingの導入です。二つ目は、ミッションホストのネットワーク環境によって引き起こされるラグを減らすため、クライアントのオペレーターはホストに頼らないよう再設計されたことです。最後に、Void Blastの廃止に伴い、オペレーターモードで近接攻撃を仕掛けるとWARFRAMEへ自動的に転移するようになります。

Void Dashを置き換えて新しく導入される「Void Sling」は、より制御しやすいシステムになっています。 現状のVoid Dashを連鎖的に使うと、入力を連射したループが発生します。開発チームとしてはこの点を改善したいと考えています。 パルクールにバレットジャンプを追加したときと同じように、この動きを王道なものに変えていきたいと考えていますが、より制御しやすいものへ調整する必要がありました。 現在のVoid Dashは、一般的なゲームスペースで簡単に制御できる動き方をしません。 開発チームは、プレイヤーが十分な距離をカバーできるようバランスを取ることを目指しています。この新しい移動システムをマスターするまで、ある程度の練習が必要になるでしょう。

オペレーター転移能力はさらに、クライアント権限を持つよう再設計されます。 転移能力の権限は以前、ホストに備わっていました。つまり、クライアントが転移したときの応答性はホストのネットワーク環境の遅延などに左右されていました。 Void Slingの応答性を高めるために、クライアントの転移能力の権限は今後、クライアントに託されます。

Void DashからVoid Slingへ
オペレーターは自分自身の投影を送り、Void Slingを送信します。 オペレーター版「バレットジャンプ」の登場です。 * Devstream第160回でコンセプトがデビューしてからテストを行った結果、Void Slingの全体的な速度が向上されました。

• 空中にいるとき、ジャンプをタップ・長押ししてVoid Slingを生産します。 タップすると、Void Slingが起きる前に最短の距離を移動します。
• Void Slingは古いVoid Dashの入力方法(Voidモードでしゃがんでからジャンプを長押し)を使っても発動できます。
• ジャンプを長押しするとSlingを遠くまで送ることができます。最大距離に到達すると、プレイヤーはその位置へVoid Slingされます。
• 最大距離へ到達する前にジャンプ入力を放すと、Void Slingが発動されます。
• Slingは完全にチャージされるか、解放されると、カメラが向いている方向に送られます。
   

 

Void BlastからWARFRAMEへの近接転送
近接入力をオペレーターモードで行うと、WARFRAMEの足元へ瞬時に移動し近接攻撃を仕掛け始めます。
• 近接武器を装備していない場合、WARFRAMEのプライマリ・セカンダリ武器へ切り替わります。
• オペレーターモードで近接フィニッシャーをあなたの存在に気付いていない、または気絶した敵の付近で仕掛けると、WARFRAMEへ瞬時に転移し直して実行されます。
• Void Blastはどう取り扱われますか。 Void Blastは廃止され、上記システムに置き換えられます。 クバ ガーディアンの武装解除など、Void Blastが要求されるシナリオでは、新しいVoid Projection機能またはアンプをご利用いただけます。
   • 「Void Blast時」に発動するアルケインはVoid Sling時に発動するようになります。

フォーカス道のリワーク

フォーカスシステムのリワークは、使用頻度が低めのフォーカス道へより面白くて便利な能力を追加・変更するだけではなく、各フォーカス道に定められた役割やゲームプレイスタイルの更新、転移能力をよりゲームプレイに不可欠なものにすることが目的です。

一般的な案内:

• 従来オペレーターモードで使われていたアビリティ入力は、新しいフォーカス道のアビリティを発動するために使用されます。 各フォーカス道に新しいアビリティが二つ追加されます。WARFRAMEの一番・二番アビリティを発動する入力(PCのデフォルト設定では1と2キー)は、オペレーターモードでも使用できるようになります。
• フォーカスプール(コスト)の廃止。 プール容量を増やすために費したフォーカスポイントは光輝なエイドロンの欠片として返還されます。欠片はお好みのフォーカス道へ還元できます。 フォーカスプールは本来、選んだフォーカス道のアクティブノードを選択するために導入されました。しかし、時間が経つにつれて、システムを不必要に複雑にしゲームプレイへのメリットがないことを確認したため、今回の廃止に踏み切ります。
• エネルギーを消費するアビリティを撤去。プレイヤーは通常、エネルギー消費アビリティを非アクティブ化して、エネルギーが消費されることを回避していました。 エネルギーを消費するアビリティは、受動的に消化するのではなく、手動で発動されます。
   • これらの変更により、プール容量とパッシブ消費機能の必要がなくなったため、ノードをオン・オフするトグル機能も削除されます。
• フォーカス道UIの更新。 新しいUI画面は、お好みのUIテーマを適用するだけではなく、各フォーカス道の画面には、ロックが解除されたものを簡単に参照できるよう、クロスフォーカスアビリティの凡例が表示されるようになります。 また、この凡例を使用すると、ボタンをクリックするだけでフォーカス道の切り替えを素早く行えます。
• フォーカス道のノードをすべて解除すると、「示し」へアクセスできるようになります。 各フォーカス道画面(Madurai、Vazarinなど)の「示し」ボタンを使用して、新しい装飾品をゲットしよう。装飾品はフォーカスポイントを消費して入手できます。
• フォーカスポイントを獲得する方法の一つとして、オペレーターを使って敵を倒す必要がある敵は、フォーカスポイントを与えるようになります。
   • Zarimanで登場する新しい敵から得たフォーカスポイントは、ミッション終了画面へ表示されません。 次のメインラインアップデートから表示されるよう調整中です。

• 転移ノイズ(オペレーターモードで倒された場合)も調整されます。 転移ノイズが起きれば起きるほど、不利な結果をもたらします。 今回のフォーカスリワークでは主にオペレーターとWARFRAMEの間の相乗効果に焦点が当てられています。しかし、理想的には転移ノイズが起きる境遇をできるだけ回避したいものです。 変更される項目をご覧ください。
   • 初回オペレーター死亡:WARFRAMEのヘルスが20%減少
   • オペレーター死亡二回目:WARFRAMEのヘルスが50%減少
   • オペレーター死亡三回目:WARFRAMEのヘルスが80%減少
   • オペレーター死亡四回目:WARFRAMEの死亡以前の状態へ
• オペレーターアビリティの変更に伴い、新しいアニメーションが追加されます。
• アンプの既存設定はサイレントでないように(Moteアンプ、Shwaak プリズム、Rahn プリズム、Cantic プリズムとSiroccoを除く)。
• コンバージェンスオーブがアフィニティをフォーカスに変換する率を8xから10xへ。
• 『内なる紛争』のチュートリアルシーンは新しい変更を踏まえた説明をするように。


*以下の統計は最大ランクで表示されます。

MADURAI

Maduraiは敵との対決の道を辿ります。 Maduraiの教えはスピードと野蛮さをテーマにしています。

Maduraiのアビリティはダメージの増加、武器の効率及び速度の向上を組み合わせて、戦闘の場で優位な立場を得たり敵を無残に攻撃することへ重点を置きます。

• 六つの新しいフォーカスアビリティが登場します。
   • POWER TRANSFER (パッシブ)
      • オペレーターへ切り替え時に、20秒間アンプのクリティカルダメージが100%上昇する。 WARFRAMEへの切り替え時はアビリティ発動速度が50%上昇する。
   • VOID FUEL
      • Void Strike発動中オペレーターとWARFRAMEの武器効率が40%となる。
   • CHAINED SLING
      • 連続して行うVoid Slingのエネルギー効率が50%となる。
   • SLING STRENGTH
      • Chained Sling後にWARFRAMEに転移すると20秒間40%アビリティ威力が増加する。
   • CONTAMINATION WAVE (二番アビリティ入力)
      • 第二アビリティで2秒間持続するVoid衝撃波を繰り出し敵を汚染させ、20秒間オペレーターダメージを追加で50%受ける。
         • 汚染ウェーブへFXを追加。 各汚染レベルは、敵の頭上に独自のマーカーを表示します。
   • DISTILLED CONTAMINATION
      • Contamination Waveの影響を受けた敵を倒す事で他の影響を受けた敵が受ける追加ダメージが25%上昇し、効果時間が10秒延長される。 最大4までスタックする。
• Eternal GazeとInner Gazeに変更は入りません。
• Void Strike:
   • これが第一アビリティ入力になります。
   • 第一アビリティは、オペレーターのエネルギーをすべて消費して、ダメージを8秒間上昇する。 消費したエネルギーのパーセンテージごとに10%の追加ダメージを与える。 クールダウン:40秒。
      • 例:100%のエネルギーを消費すると1000%のダメージを与えます。
      • 変更の理由:以前のVoid Strikeをチャージするために必要だった時間は、ペースの速い環境で理想的なゲームプレイを提供しませんでした。 プレイヤーは、Voidモードでダメージボーナスが蓄積するのを待っていたことが多かったのではないでしょうか。 Void Strikeは変更後、Voidモードでの待機が求められなくなり、指示を出すと即座にダメージを与えるようになります。 さらに、Void Strikeは持続時間をベースにします。つまり、ショットガンのすべてのペレットへダメージが適用されるようになります。
• Phoenix Talons:
   • 物理ダメージとオペレーターダメージを30%追加。
      • 変更の理由:オペレーターダメージを追加することにより、WARFRAME・オペレーター両方にメリットが与えられるため。

UNAIRU

Unairuは敵からの攻撃に耐える力を与えます。 Unairuをマスターすると、ダメージ耐性とダメージ反射力が強化されます。

Unairuは主に、装甲を強化し、免疫力と生存率を向上します。

• 八つの新しいフォーカスアビリティが登場します。
   • POISE
      • オペレーターまたはWARFRAMEに転移後40秒間スロウ、よろめき、ノックダウン効果に対する耐性を得る。
   • LAST GASP (パッシブ、クロスフォーカス)
      • オペレーターに転移し蘇生ゲージが枯渇する前(15秒)に敵を倒す事でWARFRAMEを蘇生させる。 各キルで蘇生ゲージが30%上昇する。
   • VENGEANCE (パッシブ、クロスフォーカス)
      • Last Gasp発動中、オペレーターのダメージが100%上昇し、更に毎秒25%上昇する。
   • MAGNETIC FLARE (一番アビリティ入力)
      • 第一アビリティで半径8mのフィールドを30秒間展開し、フィールド内の敵のシールドを無効化にする。
   • CAUSTIC STRIKE (二番アビリティ入力)
      • 第二アビリティでエネルギーボムを投げ、半径8mの爆破を起こし敵の装甲値を100%減少させる。 タップで手動での起爆が可能。
   • MAGNETIC BOOST
      • Magnetic Flareの内側からVoid Slingを行うと残り時間をリセットし効果半径が100%増加する。
   • REINFORCED RETURN
      • オペレーターがダウンした際WARFRAMEが4秒間の無敵効果を得る。 オペレーターがダウン時にXを押す事でWARFRAMEをオペレーターの位置に転送させる。
   • STATIC PURGE
      • Reinforced Returnが発動中、ダウン時100%の確率で転移ノイズを解除する。
• Unairu Wisp:
   • Caustic Strikeでヒットした敵ごとにアフィニティ範囲にいる味方を探すUnairu Wispを召喚するチャンスが100%の確率で発生する。オペレーターのダメージは20秒間100%上昇する。
      • 変更の理由:異なるフォーカス機能との新しい共存により、二つの機能が統合され、WARFRAMEとオペレーター両方にメリットをもたらします。 また、Unairu Wispを探してピックアップする必要がなくなり、代わりにアフィニティ範囲内であなたを見つけてくれるでしょう。
• Stone Skin:
   • WARFRAMEとオペレーターの装甲値を200上昇する。
      • 変更の理由:オペレーター装甲値を追加することにより、WARFRAME・オペレーター両方にメリットが与えられるため。

ZENURIK

Zenurikによると、勝利への最も明確な道は敵を支配することです。 Zenurikをマスターするものはどんな抵抗へも立ち向かえるでしょう。

Energizing Dashの主要ポイントは今までとあまり変わらない予定です。 私たちの目標は、さまざまなフォーカス道の戦術利益を維持しながら、他のフォーカス道をZenurikのレベルまで引き上げることです。

• 六つの新しいフォーカスアビリティが登場します。
   • HARDENED WELLSPRING (一番アビリティ入力)
      • Wellspring内で第一アビリティを使用する事でゾーンのサイズを拡大し、持続時間を20秒延長し、ゾーン内のプレイヤーのアビリティ威力を20%上昇させる。
      • WellspringはEnergizing Dashの新しい名前です。Energizing Dashの仕様はあまり変わりませんが、詳しくはこの項目の後半で説明します。
   • TEMPORAL DRAG (二番アビリティ入力)
      • 第二アビリティで周りに衝撃波を繰り出し、触れた敵の速度を10秒間80%減少させる。
   • TEMPORAL SHOT (パッシブ)
      • Temporal Dragの影響を受けた敵に与えるヘッドショットのダメージが100%上昇する。
   • DISARMING SLING
      • Void Slingを受けた敵は50%の確率で武装解除される。
   • NO QUARTER
      • 武装解除した敵を倒す事でオペレーターのエネルギー回復率を10秒間10%上昇させる。 最大4回までスタックする。
   • INNER MIGHT (パッシブ)
      • アビリティのエネルギーとシールドコストを0にする代わりに60秒のクールダウンを付与する。
• Void Flow、Void SiphonとEnergy Pulseに変更は入りません。
• Energizing DashはVoid Dashとは対照的に、直接入力するアビリティEnergizing Wellspringとして生まれ変わります。
   • ネクロメカにも適用されます。

NARAMON

Naramonは敵を知ることを重視しています。 彼らは、敵を真に理解することが戦場で甚大な有利をもたらせてくれると信じています。

Naramonはスピードと距離を長所にして、近接サポート役を全うします。

• 七つの新しいフォーカスアビリティが登場します。
   • OPENING SLAM
      • オペレーターでスラムアタックを行うとWARFRAMEに切り替わり、 20秒間獲得コンボが二倍になる。
   • AMP SPIKE
      • 8x コンボ倍率の状態でオペレーターに切り替わりアンプのダメージを40秒間100%上昇させる。
   • VOID LEVITATION (一番アビリティ入力)
      • 第一アビリティで4秒残る6mの衝撃波を繰り出し、触れた敵は浮遊状態になる。
   • LETHAL LEVITATION
      • オペレーターの攻撃で浮遊した敵ごとに50%の追加ダメージを与える。  60秒間持続し、最大4回までスタックする。
   • SLING STUN (二番アビリティ入力)
      • 第二アビリティで次のVoid Slingの影響範囲が100%増加し、ヒットした敵はフィニッシャー可能になりフィニッシャーダメージが 30%増加する。
   • KILLER'S RUSH
      • オペレーターでフィニッシャーを行う事でWARFRAMEに切り替わり、近接のクリティカル率を40秒間50%上昇させる。
   • FAR SLING (パッシブ)
   • Void Slingの最大距離が 30%増加する。
• Mind Stepに変更は入りません。
• Power SpikeとAffinity Spikeの位置が交換されました。今後、Power Spikeが開始ノードになります。
   • Affinity Spikeから得られる近接アフィニティはわずかに増加します。

VAZARIN

Vazarinは敵へ対抗する訓練に励んでいます。 Vazarinをマスターするものは、攻撃から身を守る意識を高く保ちます。

Vazarinフォーカス道は、生と死の両方において適切なサポートを提供することを目指しています。

• 六つの新しいフォーカスアビリティが登場します。
   • VOID REGEN
      • Void Modeが毎秒10ヘルス回復する状態から始まり、毎秒回復値が10上昇する(最大50)。
   • SQUAD REGEN
      • Void Regenが最大値に達成した際、40秒間アフィニティ範囲内のオペレーターに適用される。
   • VOID SNARE (二番アビリティ入力)
      • 第二アビリティで着弾時に渦巻いて敵を捕らえる発射体を射出する。飛行中に再度タップし手動での起爆も可能。 敵を捕らえる効果は 8秒間持続する。 捕らえられた敵をVoid Slingで通り抜けると自分自身とアフィニティ範囲内の味方のヘルスを100回復する。
   • PROTECTIVE SLING
      • Void Slingがヒットした仲間にエネルギーを消費して5秒間無敵効果を付与し5秒間60%のヘルスを回復する。
   • GUARDIAN SHELL (一番アビリティ入力)
      • 第一アビリティでオペレーターとアフィニティ範囲内の仲間にバリアを展開する。 バリアは展開から4秒間無敵であり、その際受けたダメージは基礎耐久値の500に加算される。
   • GUARDIAN BREAK
      • Guardian Shellが破壊された時、8秒間WARFRAMEのシールド回復率が150%上昇し、回復クールダウンが90%減少する。
• Enduring TidesとMending Unityに変更は入りません。
• Rejuvenating Tides
   • WARFRAMEを制御している間、効果は二倍に。
      • 変更の理由:WARFRAMEとオペレーターをスマートに使いこなすメリットを追加するため。
• Mending Soul:
   • 最初の4回分の蘇生が即時完了する。 追加の蘇生の速度が100%上昇する。
      • 変更の理由:プレイヤーの皆さんから、長いミッションの後半であまり役立たない印象であるという感想が寄せられています。 Mending Soulは今までどおりの利点が備わっていますが、決められた蘇生数を超えても永続的なサポートを提供するようになります。

フォーカスポイントの払い戻しと再振り分け

「Zarimanの天使」アップデートが実装されてからログインすると、フォーカスポイントがすべて返還されていることに気付くでしょう。 フォーカスポイントの払い戻しが二種類行われる予定です。

1. フォーカスポイントすべては該当するフォーカス道へ払い戻されます。
例: 500万フォーカスポイントをMaduraiに対して消費したとします。今回のアップデートでは、この500万ポイントの払い戻しが行われ、自由にMaduraiへ再指定できます。
2. プール容量を増やすために費したフォーカスポイントは光輝なエイドロンの欠片として受信ボックスまで返還されます。欠片はお好みのフォーカス道へ還元できます。

更新されたフォーカスノードへフォーカスをもう一度投資するとき、選択するノードによってノードのコストとフォーカス道のコストに違いがある場合もあります。 今回のリセットを再スペックする時に必要なフォーカスポイント数は以前のシステムと似ているはずです。しかし、コストは選んだフォーカス道とノード間で標準化されています。 再投資する際、調整前のプールコストが新しいノードの投資数に含まれていることがあります。払い戻された光輝なエイドロンの欠片をうまく使って補うようにしてください。

このアップデートが実装される前にフォーカスツリーをすべて解除されていた方は、新しいシステムをすべて解除できる量のフォーカスが払い戻されているはずです。しかし、VazarinとNaramonは他のフォーカス道より少ない量のフォーカスで全ノードを解放できていたので、その点はご注意ください。

フォーカスシステムをすでにご利用の皆さんには、次のアイテムが添付された受信ボックスメッセージが送られます。
• 投資したすべてのフォーカスノードからのフォーカスポイント。
• 利用した鮮明なエイドロンの欠片の返品
   • クロスフォーカスを解除するために費やした数に基づきます。
• 利用した光輝なエイドロンの欠片の返品
   • フォーカスプール(容量)を解除するために費やした数に基づきます。
• 5x ルアフォーカスレンズ(ボーナス):
   • ルア Unairu レンズ x1
   • ルア Naramon レンズ x1
   • ルア Zenurik レンズ x1
   • ルア Vazarin レンズ x1
   • ルア Madurai レンズ x1

オペレーターUIに関する変更点

変更全般

• オペレーターメニューは選択したUIテーマを適用するように。
• メニューでさまざまなアイテムにカーソルを当てるとアイテムの説明文が表示されるように。
• 「エクストラ」と「外装」を選ぶと専用の個所へ誘導されるように。
• フォーカスメニューへヒントを追加。
• フォーカス道のアップグレードが可能になるとワールドステートウィンドウへその旨提示されるように。

79b813eb6f5ecbbafac29fd897ab1098.jpg

装備メニュー
• アンプをロックするとアンプの外装、アルケイン、フォーカスレンズなどの調整を条件付きで利用できるように。
• アンプにフォーカスレンズを装備すると、説明にアイコンとして表示されるように。
• アンプへカーソルを当てると、パーツと統計一覧が表示されるように。
• メッキ済みアンプに専用アイコンを追加。

c7588dc945f3a19f64726024adc25ad6.jpg


外装メニュー
• カスタマイズメニューにメニューアイコンのプレビューを追加。
• 選んだフォーカス道に関係なく、オペレーターアニメーションセットをカスタマイズする機能を追加。
• オペレーターの外観を変えるときにランダムカラーを使えるように。

411dc38bb8f22ffcc6e88c6d58ff0a59.jpg

フォーカスメニュー
• どのアビリティがWARFRAMEおよびオペレーターを影響するかを示すラベルを追加。
• フォーカス道画面のロックを解除すると、クロスフォーカスを表示するメニューを追加。
• クロスフォーカスを示すため、該当するノードへフォーカス道アイコンを追加。
• フォーカスノードの選択とランクアップの可視性を向上。
• フォーカスノードの「長押しで解除」機能を撤去。 お好みのノードをクリックするだけでアップグレードが可能です。 なお、この変更により、フォーカスノードへ部分的に貢献する機能も削除されます。

生まれ変わるエクシマス

私たちは今回、ゲームで最も古い敵勢の一つである「エクシマス」のリワークに取り組みました。 アップデート12で初めて登場したエクシマス勢は、敵のリーダー的な存在です。強さとサポート能力を誇るエクシマスは、味方の敵ユニットを強化します。 このコアデザインは今回のリワークでも引き継がれますが、ゲームプレイと外観を更新する時がやってきました。 トップを占める敵「エクシマス勢」へ調整が入ります。

このDev Workshopの概要を紹介する便利な解説ビデオもご覧ください。

エクシマス勢のリワークで目指す主な目標は、戦闘機能、手ごわさと視認性を高めることです。 次の二つの方法を使って達成します。

1. キルまでの時間を増やし、脅威を増幅します。また、正当な報酬をドロップするようになります。
2. エクシマスを戦闘中により識別しやすくするため、視覚的・機械的機能を強化します。

これら変更により、エクシマス勢は見つけやすくなりますが、従来よりも手ごわい相手になるでしょう。

エクシマスの脅威を増幅して倒すまでの時間を増やすために、次の調整が入ります。
• WARFRAMEのアビリティに耐性を持つように。この機能は「オーバーガード」と呼ばれます。
• ヘルス・シールドと装甲値のスケーリング。

各エクシマスタイプは現在、さまざまな耐性と戦闘利点を持ち合わせています。 例えば、アーソン エクシマスは火炎ダメージに耐性を持っている一方、リーチエクシマスはダメージに貫通ダメージを追加付与します。

 これらの統計や情報は現在、ゲームで表示されないだけでなく、ゲームプレイに目立った影響を与えていません。 エクシマス勢は今回、新しいユニバーサルタイプのエクシマス耐性を得るだけではなく、ヘルス・シールドと装甲値のスケーリングを全面的に調整して、より手ごわい敵へとパワーアップします。 

WARFRAMEアビリティ耐性:「オーバーガード」の登場

エクシマス勢には「オーバーガード」と呼ばれる新しい種類の防御機能が与えられます。オーバーガードは、通常の統計に加えて追加されるヘルスプール(貯蔵池)です。プレイヤーの皆さんは、ヘルスやシールドを削る前にこのオーバーガードを解除する必要があります。また、このオーバーガードはエクシマス勢へ追加耐性を付与するため、エクシマス勢を優先的にターゲットすることが求められます。

エクシマスはオーバーガードが発動されている間、WARFRAMEのクラウドコントロール(CC)能力をはじめ、ノックダウン、スタン、マインドコントロール、ラグドールやブラインド効果を与える攻撃の影響を受けなくなります。 さらに、オーバーガード効果を得た敵は放射線状態異常の影響を受けません。その一方、一度に最大四つの冷気状態異常効果を受けます。 ただし、オーバーガードはVoidダメージが有力です(XakuのXata's Whisperも含まれます)。つまり、エクシマス勢との交戦では、WARFRAMEとオペレーターゲームプレイと流れの相乗効果を頭に入れておき、  WARFRAMEのアビリティに頼らず、さまざまな戦術を使いながら積極的にエクシマス勢と戦うことが求められます。 真の脅威と化するエクシマス勢を倒すためには今後、武器やチームワークを使いこなすことが鍵を握るでしょう。 

オーバーガードは敵のヘルス・シールドのスケーリングに依存しない追加効果で、現在表示されるヘルス・シールドゲージの上にバーで示されます。 エクシマス勢の難度の一貫性を保つため、オバーガードはエクシマスのレベルごとにスケーリングしますが、すべてのエクシマスタイプで同じ量を保ちます。 

17dca8f860ce7e40c5ef761e7b53d98a.png

エクシマスのオーバーガードを解除すると、WARFRAMEのCCアビリティの影響を受けるようになります。 さらに、オーバーガードは一度解除されると再生されません。 しかし、ハウンドコンパニオンのNull Audit機能について注意事項があります。ハウンドは、エクシマスオーラを盗むのではなく、コピーするようになります。 オーバーガードが有効なエクシマスが、コピーしたエクシマスアビリティを利用するハウンドに攻撃された場合、オーバーガードは50%剥がされます。

オーバーガードはエクシマス勢をより手ごわいものへ変えるために導入されます。テンノは、堅実なチームワークと集中した火力を使いながら防御を打ち破ることが求められるでしょう。

オーバーガードの登場により、以下のWARFRAMEアビリティはCC機能を持ち合わせているものと定められます。 これらアビリティは従来通りのダメージを与えますが、オーバーガードに対してCC機能が適応されません。

• SevagothのGloom
• ChromaのEffigy: Sentry
• XakuのThe Lost
   • Gaze
   • Deny
      • オーバーガードが有効な間、敵は空中で静止状態になりません。
   • Accuse
      • オーバーガードが有効な間など、Mind Controlの影響を受けない場合、敵勢を変えないように。
   • 注:これらのThe Lostに関する変更は、その他のCC効果に耐性を持っている敵にも適用されます。
• GarudaのSeeking Talons
• MirageのSleight of Hand
• MirageのPrism
• KhoraのEnsnare
• VoltのDischarge
• BaruukのLull
• HarrowのCondemn
• ExcaliburのRadial Blind
• IvaraのQuiver: Sleep arrow
• RevenantのReave
• RevenantのMesmer Skin
• InarosのDesiccation
• YareliのSea Snares
• LimboのBanish
   • エクシマスは、オーバーガードが有効な間、Banishのノックダウン効果を無視します。しあkし、オーバーガードの有無に関わらず、Rift効果を発揮することができます。
• LimboのStasis

このリストは、オーバーガードが耐性を持つすべてのWARFRAMEアビリティを参照するものではありません。今回のリワークをもってCC機能と定められるもののリストになっています。 

LimboのRiftとエクシマス

Limboは引き続きエクシマスを時空の裂け目へ送ることができますが、エクシマスアビリティは異次元を無視するようになります。
• オリジナルDev WorkshopではLimboのRiftとCataclysmをCCアビリティとして定めていましたが、説明に誤りがあったので訂正します。 Limboは引き続きエクシマスを時空の裂け目へ送ることができます。

オーバーガード:BansheeのSilence

BansheeのSilenceアビリティは、アクティブなエクシマスアビリティを無効にし、新しいエクシマスアビリティが発動されないように機能します。 ガーディアンエクシマスシールド(およびAOE耐性)、ベノマスエクシマスの毒雲、またはアークティックエクシマスはすべて無効になります。
• 注:ガーディアンエクシマスの味方に対する90%ダメージ軽減オーラとアークティックエクシマスオーラはSilenceアビリティにて無効化されません(この項目は変更される可能性があります)。

オーバーガードとエンシェントヒーラー

エンシェントヒーラーは現在、範囲内の味方に90%のダメージ耐性を与え、CCアビリティに対する耐性も高く設定されています。 範囲内の敵がこの効果を受けているかは脈打つ輝きによって示されていますが、 区別しにくいことは否めません。

エンシェントヒーラーは今後、範囲内の味方に対して全体のヘルスの九倍で適用されるオーバーガードを提供します。 この値はエンシェントヒーラーが現在提供するダメージ軽減とCC耐性のレベルと一致します。また、オーバーガードの登場により、どの敵がエンシェントヒーラーによってブーストされているか明らかになります。

オーバーガードはエンシェントヒーラーによって強化された敵から次の様に解除できます。
• オーバーガードにダメージを与えること 
• オーバーガードを提供するエンシェントヒーラーを倒すこと
• エンシェントヒーラーの範囲外へ誘導すること
• 敵は現在、エンシェントヒーラーから一度しかオーバーガードバフを受けられません。範囲外へ誘導されたり、新しいエンシェントヒーラーからオーバーガードをもう一度受け取ることはできません。

エクシマス勢に属さないエンシェントヒーラーはエクシマスバージョンとは異なり、範囲内の敵にオーバーガードを提供しますが、自分自身は持っていません。  ノーマル版エンシェントヒーラーからのオーバーガードはエクシマスオーバーガードとスタック(重なって効果を発揮する)しません。 さらに、テンノにとって味方のエンシェントヒーラー(スペクターなど)はプレイヤーに対してオーバーガードを提供しません。しかし、この機能は今後、導入される可能性もあります。 

ヘルス・シールドと装甲値のスケーリング

敵の「硬さ」を促進するヘルス、シールドと装甲値のスケーリングは序盤、指数関数的に向上しますが、最終的に平らになります。 開発チームの目標は、ブッチャーのような敵にわずかなブーストを加え、敵タイプ間で難度を一貫させることです。 ヘビーガンナーは引き続き、ブッチャーよりタフですが、この二タイプの間のギャップは、従来よりもはるかに小さいものとなるでしょう。 エクシマスの難度は今後、敵のタイプに関係なく、より一貫したものになることを意味します。 スケーリングに関する変更は、エクシマス勢にのみ適用されます。その他ユニットは引き続き従来と同じスケーリング方法が保たれることに注意してください。 

装甲値にも同様のスケーリング方法が適用されます。装甲値が低い敵は速い段階でブーストされるため、難度のギャップを埋めることとなるでしょう。 その一方、装甲を持たない敵は通常のエクシマススケーリングとは別の追加ヘルスとシールドが与えられます。 

これらの変更により、エクシマス勢が全体的に強化されるだけではなく、高いレベルまで速いペースでスケーリングされ、さまざまな敵タイプで一貫性が期待できます。

ビジュアルと機能の向上
エクシマス勢を目立たせるために、各エクシマスタイプごとに視覚的な識別子を付けます。 各エクシマスタイプにユニークな音響とビジュアルFXが設けられるため、戦闘中どのエクシマスと戦っているか識別しやすくなります。 なお、ステルス効果を好むテンノにとって嬉しいお知らせです。エクシマスは一般的な特性として、戦闘が迫っていることを警告された時のみエクシマス効果を発揮します。 エクシマスの警戒レベルを上げずにステルスフィニッシャーを起用して、エクシマスを素早く退治することも可能です。

勢力ごとに登場するエクシマスタイプ
ミッションで登場する勢力によって、生産されるエクシマスのタイプが左右されます。各エクシマスタイプには、発動アニメーションが追加されます。

全勢力で登場するタイプ:アークティック、ブリッツ、エネルギーリーチ、リーチとショック
コーパス限定:ガーディアン
グリニア限定:アーソン
感染体限定:ベノマス

コラプトバージョンは、元の勢力と同じカテゴリーに属します。例えば、コラプトエンシェントはベノマス、コラプトランサーはアーソンである可能性があります。 さらに、ローラーエクシマスは、ゲームプレイ機能の関係によりエネルギーリーチ・ヘルスリーチエクシマスとしてのみ登場します。

アークウイングエクシマス
アークウイングエクシマス勢にはオーバーガードが導入されません。 なぜなら、テンノがアークウイング戦でオーバーガードを解除できる方法が限られているからです。 アークウイングギア自体、地上版ギアよりわずかにダメージが少なく、CC能力があまり備わっていません。 デザイン開発の段階でエクシマス勢のアビリティと効果を更新する方が適していると考えられたので、オーバーガードは地上エクシマス勢限定で追加されます。

エクシマスへのMercy機能
エクシマスリワークの一環として、過去に備わっていなかったMercyキルの条件を更新します。 

次のリストに載っているエクシマス勢に対して今後、Mercyフィニッシャーを仕掛けることができます。• ミュータリストモア
• アマルガム モア
• ダイモス カルニス
• クローラー
• ノックス
• エンバターモア
• アマルガム ヘケト
• アマルガム マシニスト

さらに、クローラーエクシマス勢は調整を得て、エクシマスアビリティを発動できるようになります。 警戒してください、テンノ。

次の各エクシマスタイプのリストとリワークの詳細をご覧ください。

ブリッツ/ボラタイル

調整前
短距離の地震衝撃波ノックダウン。

調整後
ブリッツエクシマスは地面に拳を叩きつけて召喚できる正面チェーンの爆発攻撃ができるようになります。この攻撃はノックダウンと爆発状態異常効果を適用します。 また、この爆発攻撃は、地面から噴出するFXと爆発音にて確認できます。

視覚的な変更
ブリッツエクシマス勢はパチパチと放たれるエネルギーに覆われ、小さな千鳥状の爆発が手足から発生します。

エネルギーリーチ/パラシティック

調整前
時間の経過と共にエネルギーを消費する目に見えないオーラ。

調整後
エネルギーリーチ・パラシティックエクシマス勢はプレイヤーの周辺へエネルギーリーチゾーンを定期的に生産します。 エネルギーリーチゾーンは数秒以内に爆発します。この爆破を回避できないと大量のエネルギーが消耗されるでしょう。 このゾーンは、拡大するエネルギーゾーンと、配置・爆発の可聴キューによって識別できます。

視覚的な変更
エネルギーリーチとパラシティックエクシマスはVoidのようなエネルギーの幕に包まれて表示され、体には渦巻く短い巻きひげの様なものが表示されます。 エネルギーリーチゾーンは爆発するまで、該当するエネルギースタイルと外観を持ちながら生産されます。

アーソン/コースティック

調整前
敵をノックダウンしてダメージを与える、衝撃的なFire Blast攻撃。

調整後
アーソンエクシマスはFire blast攻撃を仕掛けますが、プレイヤーはFire Blastの中をローリングで通過すると効果を軽減できます。 しかし、攻撃がプレイヤーにヒットすると、強制的に火炎状態異常効果と高いダメージを受けます。

視覚的な変更
アーソンエクシマスは、轟音の炎に包まれています。 また、彼らは時折、致命的なゆっくりと広がる炎のバーストを四方八方へ放ちます。 Fire Blast攻撃はエクシマス勢を巻き込む火炎FXと一致するだけではなく、炎の「轟音」を表すような視覚的効果が追加されます。

ガーディアン

調整前
範囲内の味方の敵のため、円型のシールドチャージパルスを放つ。

調整後
ガーディアンエクシマスは、味方の敵へ大幅なダメージ軽減効果を提供します。この効果は小さな回転するシールドで示されます。ガーディアンエクシマスには三つの回転シールドが備わっており、自分自身へのダメージを完全にブロックします。また、ダメージ軽減バフ効果を受けている近くの味方も同様の視覚効果で表示されます。 ダメージ軽減効果はデモリスト、確保ターゲットやボスなど、VIPの敵に対して発揮されません。また、他の味方のガーディアンエクシマスに対してスタック(重複)した効果を付与しません。 ただし、範囲内の他のエクシマスユニットには影響を与えます。 なお、ステルス効果を好むテンノにとって嬉しいお知らせです。ガーディアンエクシマスの一般的な特性として、戦闘が迫っていることを警告された時のみシールドを展開します。 ステルス機能を使って、エクシマスの防御が上がる前にフィニッシャー攻撃を仕掛けよう。

ガーディアンエクシマスのAOE攻撃に関連する重要な注意事項:
ガーディアンエクシマスのシールドは貫通距離の影響を受けず、ガーディアンは自分自身のAOEダメージに対して非常に高い耐性を持っています。  ガーディアンのオーラによって守られているユニットは、貫通距離の影響を受けず、AOEに対する特別な耐性もありません。しかし、すべてに対して、一般的な90%の耐性を持っています。

視覚的な変更
ガーディアンエクシマス勢は三つの大きな青い回転シールドを展開します。 これらのシールドの間には目に見える隙間があり、攻撃を仕掛けられるスペースを示します。 オーバーガードが適用されている味方には、混乱を避けるために、同様のレンダリングを使う異なる形のシンプルなシールドが表示されます。 バフ効果を受けている味方の小さなシールドは、エクシマスユニットと異なり、ダメージを物理的にブロックしませんが、ダメージ軽減効果が適用されていることを視覚的に示すものとして機能します。

コーパスガーディアンエクシマスの例外:オスプレイ
いくつかの理由により、コーパスオスプレイはガーディアンエクシマスの条件を満たさないものとみなされます。 まず、ガーディアンエクシマスは貫通できない回転シールドが備わっているため、近接攻撃の影響を受けやすいよう設定されています。宙を浮かぶオスプレイに近接攻撃を仕掛けることは並大抵な事ではないでしょう。 さらに、Mercyフィニッシャーはエクシマスを倒すツールとして力を発揮しますが、オスプレイに対してMercyを仕掛けることは困難です。 おなじみの戦術を使用できないと、オスプレイガーディアンエクシマスを倒すことはとても難しい試練となるため、オスプレイはガーディアンエクシマスリストから外されています。

アークティック/フローズン

調整前
氷でできた大きな保護球体。

調整後
変更はありません。

視覚的な変更
変更はありません。

リーチ/サングィン

調整前
ダメージを受けたプレイヤーから命を奪います。しかし、プレイヤー対敵のヘルスのスケーリングにより、あまり大きな損傷を受けることはないでしょう。

調整後
(ヘルスではなく)エネルギーを奪うエクシマス勢と同様に、リーチ エクシマスは、ヘルスリーチゾーンを生産します。(このクラスは生物の「ヒル」が英語で「リーチ(Leech)」と呼ばれるためこのような名前が付いています)このゾーンは生産されてからあなたのヘルスを毎秒吸い取り、付近の敵を回復します。 プレイヤーは、このリーチゾーンを回避してください。

視覚的な変更
リーチエクシマス勢は、コアで生産されるエネルギーが脈動する渦によって赤く光ります。 エクシマスは、同じエネルギーの小さなゾーンを送り、あなたのヘルスの一部を吸い取るときに素早く波打ちます。 エクシマスを倒したりMercyフィニッシャー待機状態へダウンさせると、ヘルスリーチゾーンが破壊されます。

ショック/バイオエレクトリック(新型)

電気エネルギーが注入された新しい感染体エクシマスが登場します。 バイオエレクトリックエクシマスは感染体エクシマスです。感染体エクシマスまたは致命的なホーミング電気オーブを回避できないと、テンノは電気ショックを受けます。

調整前
時間の経過に伴い、小さな電気的損傷を与えるエリアが設けられます。 電気状態異常攻撃がヒットするまで、見分けにくい表示になっています。

調整後
ショックエクシマス・バイオエレクトリックエクシマスは数秒間ホバリングする三つの電気オーブを生産します。このオーブはエクシマスが放ってプレイヤーの元へ来る間、エクシマスの周りの電気ダメージを増加します。 電気オーブからのダメージはレベルに比例し、あなたに繋がっていると持続的な電気ダメージを与えますが、電気状態異常効果は与えなくなります。 エクシマスを倒すかMercyフィニッシャー待機状態へダウンさせると、発動されているオーブは破壊されます。

視覚的な変更
ショックエクシマスは電気オーブのミニバージョンを身に纏います。また、これらミニオーブは電気で覆われてパチパチ音を立てているように見えます。

ベノマス

調整前
小さな毒エリアが生産されます。 ショックエクシマスに似ていますが、毒によるダメージはプレイヤーへ一定時間影響を与えるので、致命的なものになっています。

調整後
ベノマスエクシマスは警告を受けると渦巻く有毒ガスに囲まれます。 有毒ガスと接触すると、毒状態異常効果を受けます。 現時点では、敵の近接ユニットのみが毒のあるエクシマスになれます。 差し迫る有害なガスへ近づかないようにしてください。

視覚的な変更
ベノマスエクシマスは有毒ガスに覆われています。 探知されると、ガスは致命的な毒霧になりエクシマスの周囲を囲います。

報酬

エクシマス勢の強化に伴い、エクシマスを倒して得られるアフィニティは+200%増加します。 さらに、エクシマス勢はクレジットとEndoを増加した確率でドロップします。 また、鋼の道のりではレアドロップアイテムのRivenの破片に加えて、クレジットやEndoが手に入りやすくなるでしょう。

その他コメント

エクシマス勢は以前より手ごわい相手となりました。しかし、複数のエクシマスに遭遇するとどうなるのでしょう。 Warframeで複数のエクシマスが出現するシナリオでは、次の調整が入ります。
• ソーティーの「エクシマスの要塞」条件では、エクシマスの出現率が50%抑えられるように。
• シンジケートの「死の部隊」や「死の小隊」のサイズが縮小されるように。
   • ランク-1ではエクシマス分隊が5~10から3~5へ減少。
   • ランク-2ではエクシマス分隊が10~15から5~7へ減少。
      • シンジケートの死の部隊からドロップするエクシマススペクターの設計図のドロップ率を向上。
   • さらに、これらの分隊が受け取る追加ヘルスとシールドを大幅に削減。
• シンジケートのエクシマススペクターもそれぞれのエクシマスタイプが更新されています。エクシマススペクターのタイプは次の様に分けられます。
   • エンシェント ヒーラー エクシマス小隊:ボラタイル
   • チャージャーエクシマス:ベノマス
   • モアエクシマス:アークティック
   • コラプト ランサー:アーソン
   • ローラーエクシマス:エネルギーリーチ
   • シールドオスプレイエクシマス:ショック
• 救出ミッションのワーデン エクシマスは今回のリワークが適応されません。

十分に注意してください、テンノ。強化された敵が迫り寄っています。

新規プレイヤー体験:クオリティー・オフ・ライフ(QoL)改善点

• 『ダイモスの心臓』を今後クリアすると、Voidrigの設計図、Voidrig武器の設計図、Voidrigカプセルの設計図、Voidrigエンジンの設計図とVoidrig ケーシングの設計図が受信ボックスへ届けられます。
   • アップデート30.9.0で導入したネクロメカのドロップ率と製作コストの変更の続編として、ネクロメカが参加する必要があるクエストやその他コンテンツへチャレンジする皆さんを応援するため、この変更を導入します。 
   • 既に『ダイモスの心臓』をクリアしている皆さんには、受信ボックスへこれらアイテムが遡及的に配布されます。 また、オロキン アニマスマトリックスを四つ配布するアラートを全機種で開催します。

ジャンクションに関する変更
• エウロパジャンクションの条件リストから「WARFRAMEのスペクターを製作する」を撤去。
• プレイヤーの皆さんが星系マップを開拓しやすいように、この任務の製作時間8時間を短縮するためこの変更が入ります。
• 天王星ジャンクションの条件リストの「Meso時代のVoidレリックを解放する」タスクを三つから一つに減少。
• フォボスジャンクションの条件リストの「火星でセファロン フラグメントをスキャンする」回数を三回から一回へ変更。

クラン募集システムの変更

何か聞こえましたか、テンノ?  Marooが仕入れた情報によると、 新しいメンバーをスカウトする場所を見つけたそうです。 クラン募集過程にいくつかの新機能を追加して、クランの検索と新しいメンバー募集方法を更新します。

6628b3b36abe5699aefc67fb2e3321e1.png

MarooのバザーにいるMarooに話しかけて求人広告を出すことができるようになりますが、ちゃっかりしたMarooは手数料を請求します。この手数料は、クラン貯蔵庫に保管されているアイテムで補えます。 Marooは各週、自分の仲介手数料として異なる素材を要求します。しかし、しっかり任務は果たしてもらえそうです。 広告は、「クラン検索」画面の下部にあるメニューに表示されます。

dc3efa8223fe6d11e656a837698e2cef.png

クランの広告には、クランに関する自己紹介情報や説明などを含めることができます。また、クランを探している方が自分に合ったクランを探しやすいよう、フィルターも付与できます。 これらフィルターは次のものを含めます。

• 初心者歓迎
• 必要条件:高MR
• 必要条件:定期的ログイン
• 全研究完了済
• オシャレDojo
• イベントでの競争に注力
• 耐久プレイ集中
• ファッションフレーム
• Discord あり
• 多言語

クラン広告は八時間表示されます。 この期間中、クランへ応募をすることできます。応募メッセージは新しい役割「広告係」権限を持つものに届けられ、応募審査および承認されます。 広告を出している最中にクラン最大メンバー数に到達すると、広告の期限がきれるか定員割れするまで広告が非表示になります。 複数のクランに応募すると、最初に承認されたクランへ加入され、その他クランへの応募は取り下げられます。

カスタムメッセージを表示できる他の項目と同様、クラン広告が利用規約や行動規範に違反していたり、他のプレイヤーへの差別や嫌がらせに繋がる場合、広告を通報できます。 Warframeでは引き続き、すべてのプレイヤーが安心してプレイできる環境を築いていきます。

この新機能は、従来の募集方法を置き換えるものではなく、新しい手段を提供するものです。

adf0b0ab176807ce24e969ef1941cec2.jpg

マゴット装飾品

新しい装飾品がはりきって「這い回り」ます。 Nidusのマゴットがオービター用装飾品としてマーケットへ登場します。 この愛らしい感染クリーパーをオービターに飾って、あなたのオービターに個性を加えよう。 この装飾品は去年九月に販売開始されたNidus Prime Accessの付属品として追加される予定でした。

PC版でParasitic Linkパック、Ravenous パックまたはNidus Primeアクセサリーパックをご購入いただいた方には、Nidusマゴットのプライム版がスクリプトを介して届けられます。 コンソール版でParasitic Linkパックおよびプライムアクセサリーをご購入された方はマゴットプライムを一つ、Ravenousパックをご購入いただいた方には二つお送りいたします。 これらパックは今後、マゴットプライム装飾品を含むよう更新されます。

オーディオリバーブの変更

サウンドチームは新しいシステムの導入に伴い、ゲーム全体のリバーブへ変更を加えます。 この気の利いた新しい技術により、開発チームがサウンドを手動で配置しなくてもゾーンごとに自動的に配置されるようになります。 このシステムはエリアのサイズと素材が考慮されるため、良い結果を得ることができるでしょう。 また、各エリアへより適したリバーブの種類を増やすことを可能とするプリセットリバーブコンテナも含まれます。

例えば、ベントスペースから小さな部屋へ誘導され、その後大きなスペースに移動すると、各部屋のサイズと素材の種類に基づいて独自のカスタムリバーブを設定できることを意味します。 この変更により、三つのリバーブを手作業で配置する代わりに、ゲームエンジンは各部屋を自動的に考慮しスマートに処理するようになります。 各部屋のサイズが測定されるため、より高い特異性が得られるでしょう。

さらに、マップが最初にロードされるときに多くの情報を処理・ロードする必要がなくなるため、パフォーマンスの向上も期待できます。 メモリが節約され、マップの読み込み時間も短縮されるでしょう。

追加点:

• 『新たな大戦』クエストに登場するキャラクターへ「ヘアZ」を装着できるように。
   • この髪型はいくつかの品質チェックを行う必要があったため、一度ゲームから外されて、再追加されました。
• ゲーム内マーケットのバンドルに含まれているUIテーマ、背景やサウンドをプレビューできるように。
   • これらアイテムを選択すると、テーマ・背景・サウンドがマーケットジオラマに適用され、プレビューできます。
• 『新たな大戦』火力パックをゲーム内マーケットへ追加。
   • このパックには、『新たな大戦』クエストに挑戦するために必要なものすべてが揃っています。 このパックはレールジャックとVoidrig ネクロメカを含みます。

UI に関する変更点:

•オプションアイコンの外観を更新。

98656cb838fa1039f7e5a07025573b59.jpg
• エクストラクターの選択ポップアップ画面の外観を更新。また、ご利用のテーマが適用されるようになります。

9b2c4ff1bbb96dd48cabb0e9876e26df.jpg
• プレビュー・選択時に、アイテムの説明がアーセナルの右上隅に表示されるように。

a2a4e3422c40be580c0173fe154dc746.png
• 誤って分隊を離れないように、ミッションカウントダウンタイマーを投票ボタンの前に移動。
• 「期間限定」および「New」のアイコンを更新。
   • これらアイコンの後ろへバナーを追加。
• タグ(グリッドアイテムのラベル)を使用するものすべてのパフォーマンスを向上。
• ナビゲーションの「イベント」タブアイコンは、すべてのアクティブイベントのアイコンの間で回転するように。
• ゲーム内の残りの個所で、大文字表記を使用するよう更新。
• Capturaメニューの幅を縮小。
   • この変更は、Capturaメニューを改善するための取り組みの一環です。
• 明るいUIテーマやルナーリニューアルテーマを使用したランディングクラフトカスタマイズ画面の読みやすさを向上。
• Dojo装飾品画面に関する変更:
   • 装飾品要素選択画面へ3Dプレビューを追加。
   • Dojo装飾品情報へ、現在配置済みのアイテムと同じタイプの資金が足りない装飾品の数を表示。
   • すでに配置されている装飾品を選択するときに表示される、「デコレーションを配置」ラベルを「デコレーションを移動」へ変更。
• コーデックスで表示される方法と同様、Vaultへ収納されているレリックをチャットリンクするとVaultに保管されている旨を表示するように。
   • チャットリンクされると、このレリックはPrime Vaultに保管されていますと表示されるように。
   • チャットリンクのケースと同じようにレリック管理画面でVaultへ収納されたレリックにカーソルを合わせるとその旨知らされるように。

エイドロンの草原サンパーに関する変更・修正
• エイドロンの草原サンパーの動きを改善。
• 『新たな大戦』クエストをクリアした後に取り組める依頼ミッション中表示されるサンパーの詳細を変更。
• サンパーの弱点が破壊されると、脚へ表示されるバーンプロジェクターを追加。
• 草原サンパーは、ターゲットへ向きをかえるとき、よりゆっくりと回転するように。
• 草原サンパーの地面衝撃攻撃のショックウェーブとショックウェーブの間隔が長くなるように。
• 草原サンパーの大砲が範囲内の敵をより適切に選択できるよう変更。
• 草原サンパーがランダムに加速する問題を修正。
• 草原サンパーがチャージ攻撃を仕掛けた後に空中で留まる問題を修正。
• 草原サンパーの大砲とショットガンタレット攻撃に一貫性がない問題を修正。

DirectX 12に関するパフォーマンスや最適化

DirectX 12のレンダリングモードを改善する作業が引き続き行われています。

このアップデートでは、DirectX 12をご利用いただくと、高性能パソコンをご利用いただく場合より最大で25%の高速処理の向上が期待できます。 最新のシステムのほとんどは、DirectX 11よりも大幅に速くDirectX 12モードでゲームを実行することが可能です。

異なるバージョンを使ってゲームに表示されるシーンを比べてください。

• 新たな大戦 DX11: 110 fps
• 新たな大戦 DX12: 141 fps
• Zarimanの天使 DX12:177 fps

f694d942408bef0af5708644988f35e2.jpg

上記のテスト結果に使用されたシステムはRyzen 5600X、Radeon 6900XTと最大ですべての詳細を備えた1080p拡張レンダラーです。

大幅なメモリの最適化も行われ、DX12は以前よりも最大200メガバイト少ないメモリを使用するようになりました。特に、メモリが共有されているラップトップのプレーヤーに嬉しいお知らせとなるでしょう。

最適化:

• 感染したコーパスシップタイルセットへ最適化を実行。
• マッチメーキングに関する問題へ対応するため最適化を実行。この問題はフルセッションに参加しようとし、接続する時に失敗するというまれなものです。 他のケースでは、まだ分隊が完全に埋まっていないセッションへも参加できないものでした。
• レンダリングへマイクロ最適化を実行。
• パレットのエネルギーカラー上での移動を最適化。
• ダイナミック照明に対して最適化を実行。
• 全機種でのメモリ使用へマイクロ最適化を実行。
• まれに起こるクラッシュに対応するため、PC版のDirectX 12のテクスチャストリーミングへ小さな最適化を実行。
• メモリフットプリントに対して体系的なマイクロ最適化を実行。
• クローク・無敵状態FXのパフォーマンスを向上。
• 不必要に大きなものを減らすことにより、テクスチャを最適化。
• ボブルヘッドを多く配置しているプレイヤーの船のパフォーマンをわずかに向上。
• スポットロード検出器を最適化して、それ以上のスポットロードを引き起こさないよう調整。
• スクリプトテストを最適化。
• 大きなマップのメモリ要件を削除。
• ミニマップに対してマイクロ最適化を実行。
• すべての機種でメモリの最適化を実行。
• Protovyre ApexエフェメラのFXスクリプトを最適化。
• WARFRAMEのロードアウトを削除したり保存する過程を最適化。
• GaussのThermal Sunderの照明パフォーマンスを向上。
• Voidレリック管理画面へ小さな最適化を実行。
• いくつかの一般的な最適化を実行。
• ギアホイールにネクロメカランチャーを装備せずにネクロメカを所有しているとミッション完了時に起こるヘビースポットロードを解消。
• Ash Shroudスキンを装備しているAshがBladestormを発動すると起こるヒッチングを修正。
• DirectX 12で拡張グラフィックエンジンを使用し、ゲームまたは特定のレベルをロードするときに発生する可能性があったクラッシュを修正。
• PC版でDirectX 12を利用していると起こるドライバークラッシュを修正。
• MaliceがMagnetizeを仕掛けると起こるGPUのパフォーマンスの問題を修正。
• アーセナル画面で異なるコンパニオンをプレビューしたり選択する時に起こるスポットロードを解消。
• ハウンドコンパニオンへNull Audit MODを装備しているときに起こるスポットロードを解消。
• Dx 12を有効にして拡張グラフィックのオン/オフを切り替えると起こるクラッシュを修正。

変更点:

• アーセナル画面で外観をカスタマイズする時にWARFRAMEへズームイン・アウトできるように。
   • キーボード・マウスを使う場合:マウスホイールでスクロールしたり、クリックしながらドラックし上下に移動できます。
   • コントローラーを使う場合:
      • Rスティック 上下= ズーム
      • Rスティック 左右 = スピン
      • 画面に見えるカーソルをお好みの高さに当て、ズームインしたい場所を決めてください。

• 皆さんからのご要望により、アーセナルで「ランダム」を選択するときの確認プロンプトを追加。

bb1a8931f6a5c17a6905e40488415637.png
• NovaのNull Starが、(無効化されたバーサや、倒れたしもべやハウンドなど)倒れた敵に向けて攻撃をしないように。 これによりアビリティが浪費されなくなります。
• ミッション中でもアクセスできる一時中止メニューにチャレンジの項目を移動。 チャレンジボタンを選択すると、(Nightwaveや、Protovyreのような進化系外装、Riven MODなど)現在利用可能なチャレンジの進行状況が表示されます。 また、完了済みチャレンジのタブも用意されています。

9ca37fa92fa2369f9cbc2c7628dd6a18.jpg
• コンパニオンの遺伝子の所有数へ200の上限を設定。 コンパニオンの遺伝子は、インベントリからクレジットで売却できるように。
   • 大量の遺伝子データによるクラッシュを防ぐため、上限値が設定されました。 現在200以上の遺伝子データをお持ちのプレイヤーは、新規に遺伝子データを作成するときに既存の遺伝子データを売却する必要があります。
• 収容量以上のRiven MODを所持しているプレイヤーは、トレードで提供できるように。
   • 以前は収容量を超えた分のRiven MODはトレードできませんでした。 今回の変更により、収容量を超えた分のRiven MODをトレードで手放すことが可能になります。収容量以上のRiven MODを所持しているプレイヤーがトレードによりRiven MODを入手することは今まで通りできません。
• 手榴弾に関する変更:
   • 手榴弾のAOE範囲が表示されるように。 接触すると、爆発半径が表示されるようになります。
   • 手榴弾は盾を認識するように。つまり、盾背面に隠れると貫通ダメージが適応されません。
   • 手榴弾のダメージ範囲を縮小。
• アルケインの説明文に装備できる対象が表示されるように。

f8fbdb0408fd884d608ef7c52b06a00a.jpg
• マスタリーランク30試験に関する変更:
   • 生命維持ピックアップが10%から20%へ増加。
   • エクシマス勢のリワークに関連して、試験で生産されるエクシマス勢のレベルを変更。
• Nightwaveアクト「マッドサイエンティスト」の詳細説明文を変更。
• オペレーターのフェイスと髪型に名前を追加。
• ゲーム内マーケットにおすすめアイテムが表示されるように。 この変更はまだ実験段階にあり、今後さらなる変更が加えられる可能性があります。
• コードを利用してゲーム内マーケット経由でグリフを入手すると、確認ポップアップにプレビューが表示されるように。
• CC効果を受けない敵が、 BansheeのSonic Boom、XakuのGaze、EmberのFire Blastによって装甲を削れるように。
• モアの素材をPBRへ変換。
• ゲーム内マーケットの「期間限定」および「New」のアイコンを更新。
• 『新たな大戦』クエストの特定のキャラクターの衣服の音響を滑らかなものへ更新。
• カンビオン荒地の天候スケジュールを更新。
• Twitch Drop入手に関するゲーム内メッセージが、Varziaから届くように。旧DaxのVarziaにとっておきの高貴なタスクです。
• 味方のNPCに影響を与えられるよう、特定のWARFRAMEのアビリティを更新。 アビリティの効果はさまざまで、NPCとっては有益とは言い難いものもありました。アビリティの差によって起こりうる問題が修正されたため、味方からの支援を効果的に受けられるようになります。
• 以下のWARFRAMEのアビリティを友好的なNPC(Kavor 離脱者、シータス、オーブ峡谷ドローン、スペクター、コンパニオン、救出ターゲット)で機能するように変更。
   • NovaのPortal
   • WispのReservoirs
   • VoltのSpeed
   • ZephyrのJet Stream 増強MOD
• セカンダリ武器を使用するときに流れる腕と手のアニメーションを削減。
• 保護対象生物の接近音声を調整。
• 友好的なNPCの攻撃アビリティを改善。
• Dojoの照明露出をわずかに調節し、霧を追加。
• グリニア海底研究所タイルセットの「× ボタンでハック」オーバーレイを調整。
• MOD画面のアルケイン選択にサウンドを追加。
• ミュレックスでのセンティエントレッドクリスタル音響を『新たな大戦』クエスト専用に変更。
• オペレーターの目を個別にカラーカスタマイズできるように。
• センティエントタイルセットの霧を調整。
• 『新たな大戦』クエストのディナーシーンにおいて、会話のタイミングを更新。
• 範囲外に出ないよう、グリニア海底研究所の一部の領域を修正。
• 『新たな大戦』クエストで船に搭載されている像を更新。
• 効果が欠けていたVay Hekのダイアログを更新。
• 『新たな大戦』クエストシネマチックのオーディオ同期の改善。
• 『新たな大戦』クエストにおいて、ミュレックスのフロアFXを更新。
• 視認性向上のため疫病の星のアイコンとアイコンカラーを更新(次回のイベント時期は未定です)。
• センティエントミュレックスタイルセットのアンビエントFXを追加。
• ビームFXを微調整。
• グリニア海底研究所タイルセットの多くの照明を更新。
• Tyl Regor抹殺ミッション脱出画面の照明を更新。
• CalibanのRazor Gyre発動中にSentient Wrathアニメーション機能を追加。
• 火星のミッションにおいて、風により砂が舞い散る様子を視覚的に改善。
• 採掘機の着陸FXを改善。
•リニアタイルセットにおいて、金属の質感に関するを更新。
• オロキンデスオーブの視覚FXを更新。
• 感染体クローラーへ睡眠反応のアニメーションを追加。
• レンズフレアの視認性を改善。
• Steamで欠落していたMaharliqa シャンダナのアイコンを追加。
• アルケイン効果のFXを更新。
• 暗い色相で装備された場合のPeach Blossom エフェメラの視認性を改善。
• グリニア海底研究所タイルセットの照明を改善。
• アーティストからのリクエストにより、Laprosys シャンダナ上部の明度を上げるためテクスチャを更新。
• グリニアの特定のアタッチメントをPBRへ変換。
• クバ要塞のチューブが、より透明に表示されるように更新。
• 敵がプレイヤーの爆発物(Ogrisなど)を爆発、撃墜できないように。
   • 敵が爆発物を撃墜することでプレイヤーや目標にダメージを与える可能性がありましたが、 敵からその能力を削除することで、この問題を回避できるようになりました。
• アーセナルで色を変更をしているとき、属性FXが更新されるように。
• ミッションの勢力とタイプが、ナビゲーションパネルで大文字表記されるように。
• Grendel Nianスキンのアイコンを他のGrendelスキンの位置と一致するように変更。
• 発射物がヒットしなかった場合のFX除去を改善。
• ビームFXのレンダリングを改善。
• 暗い領域でも視認性を向上させるため、グリニア系マテリアルを調整、更新。
• 『新たな大戦』クエストの新しいキャラクターがダメージを受けた場合のうなり声の間隔を変更。
• オペレーターが落下ダメージを受けた場合にトリガーされる、うなり声を削除。
• DethcubeのSwift Deth ModにレーザーアニメーションFX を追加。
• 天王星タイルセットの照明を更新。
• 武器のトレイルのFXを改善。
• グリニアの目のかがやきを調整。
• 『新たな大戦』クエストのコロニー船において、一貫性を保つためインテリアを調整。
• InarosのDevour発動によって作られるSand Shadowの効果時間がアビリティ効果時間Modの影響を受けるように。
• [ネタバレ]キャラクターとオペレーターの素材の照明を更新。
• ナビゲーション中、特定のキャンプノードにカーソルを合わせると表示されるアイコンの外観を更新および最適化。

修正点:

• オペレーターからネクロメカへの転移範囲が、距離により制限されない問題を修正。
• Nightwaveメニュー画面に、終わらないRATHUUMミッションが表示される問題を修正。
• 『新たな大戦』後のエイドロンの草原において、ダウンしたコンドリックスの下に素材が生産される問題を修正。
• 『新たな大戦』後のエイドロンの草原において、地表の下に依頼ミッションのドローンが生産される問題を修正。
• 『新たな大戦』クエスト中、バナー投射物が衝突する問題を修正。
• 『新たな大戦』クエストの「Praghasaに近づく」において、最後の宝石の色が正しく表示されない問題を修正。
• スキャンできないVesoの味方のコーパスユニットが、コーデックスに表示される問題を修正。
• 『新たな大戦』クエストのKhalの任務中、炎が地面から離れて表示される問題を修正。
• コントローラーを使用すると、『新たな大戦』クエスト後に装備できる新しいキャラクター用スキンのプレビュー表示が元の選択表示に切り替わらない問題を修正。
• 『新たな大戦』クエストにおいて、Teshinが最初にGlaiveを投げて追跡するときの生産トリガーを修正。
• KahlとVesoが近接武器で攻撃を受け流せてしまう問題を修正。
• 『新たな大戦』クエストのVesoのボス戦において、不要なウィンドウのちらつきを修正。
• 『新たな大戦』クエストの新しいキャラクターとProtovyre エフェメラを同時に使用するとき起きる視覚VFXを修正。
• 『新たな大戦』中にマスクを削除できなかった場合、画面の揺れが長引く問題を修正。
• 『新たな大戦』において、ボスのテレポートアビリティに誤ったFXが使用される問題を修正。
• 『新たな大戦』中のスクリプトエラーが引き起こすレールジャックミッションに関連する問題を修正。
• ランディングクラフトのテレポーターが『新たな大戦』後のエリアへ輸送しない問題を修正。
• 戦闘前にホスト移行が発生すると、クライアントがLephantis戦に参加できない問題を修正。
• グリニア海底研究所タイルセットのホールを修正。
• 地球傍受タイルセットの複数の岩に衝突が欠落している問題を修正。
• Skanaでのステルスフィニッシャーにより、敵が早めにラグドール化される問題を修正。
• MIRAGE ONEIROモーションセットにおいて、ボウのアイドルアニメーションが正常に表示されない問題を修正。
• YareliがMerulinaに乗っていると、感染回収ミッションでバーポライザーを使用できない問題を修正。
• 友好的なNPCの視線が正常に定まって表示されない問題を修正。
• ガスシティータイルセットの照明を修正。
• ロードアウトを変更したときにNovaのジェットがちらつく問題を修正。
• グリニア海底研究所の出入り口でスカイボックスが表示される問題を修正。
• Excalibur Umbraからオペレーターに転移すると、Bloodshed シジルが全体に表示される問題を修正。
• 分隊でミッションを開始したとき、『新たな大戦』後の外装品に関連したクラッシュが発生する問題を修正。
• CalibanがRazor Gyreを発動すると、Sentient Wrathのサウンドが再生されなくなる問題を修正。
• Alad Vの秘密研究所において、ホストとクライアントの試験官が壊れない問題を修正。
• ホストが敵を見ていないとき、切断ダメージが時間とともに遅くなる問題を修正。
• レールジャックで戦術メニューを表示してゲームを閉じようとすると、スクリプトエラーが発生してクラッシュする問題を修正。
• クバ・リッチがLeashアビリティでプレイヤーをレベルから追い出す問題を修正。
• NPCにスピードバフがあると、適切に視覚移動が表現されない問題を修正。
• フローティングやクリッピング防止のため、多くのWARFRAMEのエンブレム位置を修正。
• 宙に浮かんでいるシンチラントのアニメーションにおける途切れを修正。
• 蘇生後にWispがBreach Surgeアビリティでテレポートできなくなる稀な問題を修正。
• Korummでブロック時にVaykor SydonのVFXとHUDアイコンが使用される問題を修正。
• ジュノ コンバのコーデックススキャンがエクシマスユニットとして表示される問題を修正。
• 四人分隊のときのミッション投票テキストが画面外に表示される問題を修正。
• 『二番目の夢』クエスト中、Alad Vの通信がMutalist Alad Vとして表示される問題を修正。
• エイム中にK-ドライブトリックができなくなり、ジャンプ開始時に方向を示さなくなる問題を修正。
• ダブルジャンプ中のアニメーションでオペレーターの頭部が反転する問題を修正。
• セカンダリ武器を装備していないときのK-ドライブのカメラオフセットに関する問題を修正。
• オペレーターが装備したときの見栄えをよくするためCorposant Prime エフェメラのレンダリングを修正。
• セカンダリ武器を装備していないとK-ドライブのトリックを行えない問題を修正。
• Sirocco アンプにSirocco アンプ スキンを装備するオプションを修正。
• K-ドライブに乗るかセカンダリ武器の切り替えを行うと、エイムボタンが強制される問題を修正。
• クライアントが進行中のミッションに参加したときにNPCが適切に生産されないことによって発生するスクリプトエラーを修正。
• Blodgard ヘビーブレードスキンのセカンダリ・エナジーカラーが黒く表示される問題を修正。
• コーデックススキャナーを装備すると、Sirocco アンプがオペレーターの腕から離れて表示される問題を修正。
• VaubanのTether Coilに関連するスクリプトエラーを修正。
• アーセナルで武器を切り替えると、Blodgard ヘビーブレード スキンが手に残る問題を修正。
• 稀なFXの問題を修正。
• HydroidのTidal Impunity増強MODのエネルギーコスト減少が、二回目以降の発動に適用されない問題を修正。
• Nightwaveアクト「血祭り」でクライアントの進行状況が正確に計算されない問題を修正。
• Nightwaveアクト「上から来るぞ!」で近接グランドスラムの進行状況が武器間で一貫して計算されない問題を修正。
• Nightwaveアクト「機械の反乱」でネクロメカが破壊されたときにリセットされない問題を修正。
• Nightwaveアクト「忠誠心」完了時に4500地位ポイントが与えられない問題を修正。
• Nightwaveアクト「常時補給」完了時にクライアントにポップアップが表示されない問題を修正。
• Nightwaveアクト「マッドサイエンティスト」で分隊のうち一人だけがアクトを完了させられる問題を修正。
   • アイテム収集が必要なその他のアクトについてもこの問題を修正。
• Nightwaveアクトを完了させても、ミッション完了時までNightwaveアクト報酬が与えられない問題を修正。
• Nightwaveアクト「好古家」において、(確保や救出など)報酬選択画面がないミッションをソロで完了させるとアクトの進行状況が保存されない問題を修正。
• Nightwaveアクト「昼と夜」において、進行中や完了後に進行状況UIが消えない問題を修正。
• Yareliを組み込んだHildrynがAegis Stormを発動すると、Surging Blades増強MODが通常の武器も使用可能にしてしまう問題を修正。
   • 同様に、通常では無効化される以下のアビリティも修正されました。 (アビリティ効果時間が過ぎた場合)
      • NezhaのFire Walker
      • NyxのMind Control
      • XakuのXata's Whisper
      • YareliのAquablades
      • HelminthアビリティEnergized Munitions
      • HelminthアビリティMarked for Death
      • HelminthアビリティParasitic Armor
• 『新たな大戦』リプレイ中、アーセナルでシジルとエフェメラを変更できないことにより発生する問題を修正。
   • このオプションは再度有効化されましたが、問題回避のため、特定のシネマチックではシジルやエフェメラが非表示になる場合があります。
• 武装解除中にYareliがRiptideを発動すると、ドラーク マスターによって武装解除された後で武器を回収できなくなる問題を修正。
• BLODGARD ヘビーブレードスキンが左手にクリッピングする問題を修正。
• 『新たな大戦』をアクティブクエストに設定してオービターに戻っているときに再生される複数の通信を修正。
• Lotusからの受信メッセージに『新たな大戦』後のキャラクターが表示される問題を修正。
• クバ/TENET射撃武器固有のダメージボーナスが、Galvanized Aptitudeのボーナスダメージに適用されない問題を修正。
• ネクロメカランチャーに関連するクラッシュを修正。
• 以下の武器アイコンの向きが他と同じ角度になっていない問題を修正。
   • Gorgon Towsun スキン
   • Opticor Elixis スキン
   • Paracyst Zebra スキン
• (アックス武器に装備するグレートソードスキンのように)反対のブリップタイプの近接武器にスキンを装備すると、武器が手にくっついたように表示される問題を修正。
• Shadows of the Deadによって生産された影がNekrosから遠すぎると元に戻らない問題を修正。
• レベル間のロード中に発生する可能性のある稀なクラッシュを修正。
• (デュアルブレードタイプの)Dark Split Swordが他のさまざまな武器タイプのホルスタースタイルを装備できる問題を修正。
• ミッションへロードするときの着陸シネマチックにオペレーターが表示される問題を修正。
• 空中でピックアップされない自動ピックアップ(エネルギーオーブ、Mod、およびピックアップするために移動を要するアイテム)を修正。
• クランの昇任儀式時にクランランクボックスが空白になる問題を修正。 「昇天可能」と表示されるように。
• プレイヤーがProtovyre アーマーを装備し、クライアントとしてDojoのカスタムアスレチックコースに入ると発生するスクリプトエラーを修正。
• 『銀の果樹園』クエストのジオラマで入力アイコンとラベルが読みにくい問題を修正。
• TennoGenアイテムのLumisとZenoriuのイヤピースが『新たな大戦』後のキャラクターに正しく表示されない問題を修正。
• メイガス デストラクト アルケインが、敵の貫通ダメージ抵抗力を減少させず増加させる問題を修正。
• 『Vox Solaris』クエストの最終ミッションにおいて、Nef Anyoの送信モデルが紫の色相と白い目で表示される問題を修正。
• 以下のアイテムのアイコンサイズを修正。
   • Dual Cestra Shock-Camo スキン
   • Grakata デイ・オブ・ザ・デッド スキン
   • 全てのTOWSUN スキン
   • Galatine
   • Ignis
   • Tonkor
• オーブ峡谷依頼の発掘ステージにおいて、最後の掘削機が完了または破壊される前に参加すると発生するクラッシュを修正。
• 『新たな大戦』クエストにおいて、Teshinによる「Orvius投てき」シーンで「Rip Line」と表示されるアビリティバナー表示を修正。
• シータスで一時停止メニューからアクセスしたオペレーターメニューのUIを修正。
• (特定のクエストにおいて)Warframeを使用できず、オペレーターのみでミッションにロードするときのクラッシュを修正。  
• コーパスガス・シティタイルセットでの衝突がプレイヤーをマップ外に飛ばす問題を修正。
• Quick Thinking MODのダメージがYareliをMerulinaから降ろす問題を修正。
   • これにより、2hpの場合に他の乗り物から降ろされ、Quick Thinkingを装備していても(シールドのみでも)ダメージを受ける問題も修正。
• Dojo装飾状況画面を開くとバックグラウンドでカチカチ音声が再生されるのではなくタイマーのカウントダウンがリセットされる問題を修正。
• オービター、Dojoのリアクター、Vesper リレーの部屋などにある特定のテクスチャの赤と青のアウトラインを修正。
• ZephyrがTurbulenceを発動しているとき、Jet Stream増強MODが移動と攻撃速度のバフを適用しない問題を修正。
• ZephyrのTurbulenceに関するスクリプトエラーを修正。
• (ロッカーを開ける、コンソールをハックするなどの)一貫性のない達成記録が、四人分隊全員のミッション完了画面に表示される問題を修正。
• Corvas Primeのゲインが大きすぎる問題を修正。
• レールジャックのコマンドリンク、性能知ファストトラベルに関するスクリプトエラーを修正。
• オロキンムーンタイルセットのスポーン部屋の一つにおいて、プレイヤーが範囲外に出られる問題を修正。
• 『内なる紛争』クエスト中に山道の崖から落ちると、永遠にスタックする問題を修正。
• 『内なる紛争』クエストのMawに関連するスクリプトエラーを修正。
• 『内なる紛争』クエストの最終ステージにおいて、浮かぶオペレーターの髪型とプロジェクションVFXを修正。
• AmbulasおよびグリニアドロップシップデブリFXの爆発が白く表示される問題を修正。
• GarudaとGaruda PrimeのTalonの色が外装スロットA以外に保存されない問題を修正。
• PhysiqueオーラModを装備していると、アーセナルでWARFRAMEのヘルスが更新されない問題を修正。
• InarosがSandstorm発動中にエモートを使用すると、スピンしていなくてもアビリティが無限に有効になる問題を修正。
• 他のメンバー全員が投票後にプレーヤーが分隊を離れるとレールジャックミッションのカウントダウンが進まなくなる問題を修正。
   • このカウントダウン中にプレイヤーがレールジャックミッションから離脱すると、投票がリセットされるように。
• Wisp Dex スキンを装備してもReservoirsのカラーが反映されない問題を修正。
• AtlasのRumblersに関するスクリプトエラーを修正。
• GarudaやGaruda Primeのパッシブダメージブースト値のHUDが、他の分隊メンバー間で交互になり、正しい値にならない問題を修正。 
• ジオラマ後方に表示される「Don't Be Afraid」ポスターに関する問題を修正。
• Combat Reload増強MODのバフがクライアントで機能しない問題を修正。
• BaruukがEndless Lullaby増強MODを装備した状態でLullを発動すると、Lullが通常のキルで更新されない問題を修正。
• ネクロメカに転移するとクライアントが無敵になる問題を修正。
• Range Advantage増強MODのバフがクライアントで機能しない問題を修正。
• ルアロックDojo装飾の一貫性のない名前を修正。
   • 以前「月」と命名されていた装飾品は「ルア」と修正されました。
• 損傷トリムDojo装飾の説明文を修正。
• 玉座階段(直線と湾曲)の説明文が入れ替わっていた問題を修正。
• 以下のWARFRAMEアビリティを発動すると、(ダッシュ切り替えが有効になっている場合)ダッシュがキャンセルされる問題を修正。
   • GrendelのPulverize
   • HildrynのAegis Storm
   • HydroidのUndertow
   • InarosのSandstorm
   • LavosのVial Rush
   • IvaraのProwl
   • RevenantのReave
   • WispのSol Gate
   • YareliのMerulina
   • RevenantのDanse Macabre
• 壁(左側損傷、2m)Dojo装飾の回転ポイントが再配置後に変更される問題を修正。
• 『新たな大戦』クエストの特定のステージにおいて、乗り物から降りた後のオペレーターアニメーションを修正。
• Redeemerの近接攻撃コンボにおいて、最後のショットが他のショットと異なる向きで発砲される問題を修正。
• ミッション完了画面の獲得報酬に、レクイエム・アルティメイタムが表示されない問題を修正。
• オペレーターの外装(特にプライマリフェイスやセカンダリフェイス)をカスタマイズするときにオペレーターのフードが閉じたままになる問題を修正。
• Combat Reload増強MODがヘッドショット をトリガーしない問題を修正。
• クエストを開始した直後に別のクエストを開始しようとすると、クエスト要件を回避できる場合がある問題を修正。
• Tenet Diplosのロックオン機能がオスプレイにダメージを与えない問題を修正。
• コラプトランサーが誤ったヒットボックスを使用する問題を修正。
   • コラプトランサーはグリニアランサーのヒットボックスを使用していたため、横や後ろからのヘッドショットを決めることができませんでした。
   • これによりコラプトランサーの外観も修正され、BoarでなくArca Plasmorを装備するようになりました。
• クバ エリートランサーの素材が正常に表示されない問題を修正。
• Inarosの復活メーターが左に0.5ピクセル離れる問題を修正。
• Dojoのアスレチックコースの「オペレーターモード有効化」オプションが機能しない問題を修正。
• AtlasのTitanic Rumbler増強MODが、説明文通りにRumblerダメージを400%倍増させない問題を修正。
• 「遺伝子データを確認」画面に関連するクラッシュを修正。
• コーパス妨害ミッションにあるドアの素材に関するバグを修正。
• 『内なる紛争』クエストの「小惑星帯の中へTeshinを追う」ステージにおいて、一貫性のないアークウイングの範囲外エリアを修正。
• グリニア海底研究所タイルセットのマップホールを修正。
• エイドロンの草原にあるNANG山付近で、地下マップが地上に飛び出る問題を修正。
• オペレーターが水に飛び込むと、クライアントとして不可視化される問題を修正。
• グリニア海底研究所タイルセットにおいて、水が排出された後でオペレーターに転移するとマップ外へ押し出される問題を修正。
• 水に飛び込んでいる最中にオペレーターへ転移すると、オペレーターとして落下する問題を修正。
• Untraceableが装備されたParazonでターミナルをハッキングしたオペレーターがシネマチックに入った直後から永久に不可視化される問題を修正。
• グリニア海底研究所タイルセットにおいて、水の近くの床が浮いて見える問題を修正。
• シミュラクラムでオペレーターに転移するとクライアントがクラッシュする問題を修正。
• Garuda PrimeがDread Mirrorを発動し、効果時間を過ぎても有効な射程物が残っていると、Primeのディテールが表示されなくなる問題を修正。
• WukongのクローンがKuva Brammaの弓を正しく装備しない問題を修正。
• 『二番目の夢』クエスト最初のカスタム画面でカメラの前に座るオペレーターを修正。
• HarrowのCondemn FXが反転される問題を修正。
• Lunaroに関連する複数のスクリプトエラーを修正。
• 複数のグリニア要塞Dojo装飾において「要塞」の頭文字が小文字で表示される問題を修正。
   • これにより、特定の装飾品の説明に「要塞」の表記が欠落する問題も修正。
• Wisp Dex ヘルメットのフラップ部分に表示されるシジルを修正。
• 敵のグラブやノックダウンアビリティによってYareliのMerulinaがノックオフされた後、数秒間機能しなくなる問題を修正。
• 『内なる紛争』クエストにおいて、オペレーターが雪道を歩いても足跡が残らない問題を修正。
• Dojoのアーセナルにおいて、特定のキャラクターを変更できない問題を修正。
   • アーセナル以外のエリアから、このオプションを削除しました。
•  Capturaで「カメラ分離」オプションを使用すると入力機能が失われる問題を修正。
• 『二番目の夢』クエストの「Stalker のあとをつけよ」ステージにおいて、Voidキーのコンテキストアクションが小さすぎる問題を修正。
• Nagantaka Primeの弦部分にカスタムカラーが適用されない問題を修正。
• Dojoで他のプレイヤーの青いマークがミニマップに表示されない問題を修正。
   • プレイヤーがDojoの分隊に招待された場合、WARFRAMEのアイコンで表示されます。 Dojoにいるだけで分隊に参加していない場合は青いマークで表示されます。
• Ember Pyraxis ショルダーパッド上のエンブレムがプレビュー時に正常に表示されない問題を修正。
• コントローラーを使用していると「創造主」シネマチックシーンにカーソルが表示される問題を修正。
• 蘇生UIのコンポーネントが中心からずれる問題を修正。
• オペレーターアルケインの選択が最初の操作で反応しない問題を修正。
   • これにより、フォローアップの操作でオペレーターアルケインとアンプ用のアルケインとの間でUIが混乱する問題も修正。
• WARFRAMEが後退し足を不自然に曲げるアイドルアニメーションを修正。
• マッチメイキングにおいて、参加可能なセッションを見つけることができないバグを修正。
• デイリートリビュート画面での入力情報を認識できないバグを修正。
• 「柱残骸」Dojo装飾の説明文において、「中」の英語表記が大文字で表示される問題を修正。
• 地球Mantleでの確保ミッションにおいて、複数の区画に関する問題を修正。
• 地球Mantleでの確保ミッションにおいて、複数の照明に関する問題を修正。
• 「竜の牙武器システム」Dojo装飾の説明文において、「対人用」の英語表記からハイフンが欠落している問題を修正。
• (LankaやKomorexなど)マルチショット射程物を備えるスナイパーライフルが、ヒットスキャンスナイパーライフルとは異なる動作をし、コンボカウントにダメージを与える弾丸のみをカウントする問題を修正。
   • 基本的にヒットとミスに関して、ショットコンボメカニズムのため全ての弾丸を個別にカウントする投射系ライフルを修正しました。 これにより、ヒットスキャンライフルと同様にダメージ付与の有無にかかわらずショットされた弾丸すべてにコンボスタックが与えられるようになります。
• (KhoraのVenari発動など)特定の反転FXからカスタムエネルギーカラーが欠落する問題を修正。
• Xata's Whisperを注入したSarynがToxic Lashを発動するとXata's Whisperアビリティの影響を受ける問題を修正。
   • これにより、無限にアビリティ持続時間を持つ問題も修正。
• コンクレーブ:(特に一部のショットガンやAoE銃など)武器の最少減衰ダメージが適切にコンクレーブ固有の値を反映させない問題を修正。
   • コミュニティの観点から、コンクレーブにとって重大なエクスプロイト、バグとみなされ、公正かつ意図されたものではありませんでした。
• NovaのNull StarがHelminth活性化で無敵になる問題を修正。
• ミッション完了画面において、Nightwaveアクトの報酬地位ポイントが二倍の値で表示される問題を修正。
• 保護対象生物を複数回鎮静化させた後クラッシュするスクリプトエラーを修正。
• Nightwaveアクト「昼と夜」で収集および使用された残余をカウントしない問題を修正。
• 複数のNightwaveアクトで進捗が保存されず、ミッション完了画面で進行状況が失われる問題を修正。
• HUD二か所で、適切に大文字表記されない問題を修正
• ローマ数字が小文字で表示される問題を修正。
• 『The War Within』クエストの山道のステージにおいて、倒された後でダッシュボタンを選択するとアニメーションが中断される問題を修正。
• 特定のシナリオを削除し、状態異常が意図せずクリティカルダメージを与える可能性のある問題を修正。
• 『奪われた野望』の二番目の潜入ミッションにおいて、転移できないことにより発生するクラッシュを修正。
• 火星のグリニアの顔の素材を更新。
• 一部のグリニアの顔に現れるわずかな緑の色合いを修正。
• Garaの初期設定のエネルギーカラーが正確に表示されない問題を修正。
• オーブ峡谷でコイルドライブにダメージを与えると発生するスクリプトエラーを修正。
• 『新たな大戦』クエスト「ベールを付けられたオストロンを救出する」ステージのアニメーションを修正。
• アンプビームの衝撃でトリガーされないFXを修正。
• 終点に応じてビーム回転FXを修正。
• ホストとクライアント間のマッチメイキングに関するバグを修正。
• コーパスプロキシマクルーシップのシールドドローン爆発FXにおいて、色彩に関する問題を修正。
• Garudaのアビリティに関する説明文が、テキストボックスの外に表示される問題を修正。
• Nightwaveアクト「機械の反乱」において、完了後にネクロメカ死亡時のビジュアルが表示される問題を修正。
• 不要なゲーム内テキストを削除。
• Lotusのヘルメットのローカライゼーションタグを修正。
• Merulina上ではYareliがアビリティ発動のXPを取得しない問題を修正。
• Epic GamesランチャーでWarframeをプレイするとインベントリがすぐに更新されない問題を修正。
• Void亀裂の分裂ミッションにおいて、一貫性のない大文字表記を修正。
• ヘルスオーブの不規則でわずかにオレンジがかったFXを修正。
• スペイン語を使用している場合、オービター装飾メニューのスケールボタンがずれて表示される問題を修正。
• ミッション脱出時、GaussのThermal Sunderによって引き起こされるスクリプトエラーを修正。
• 装飾時の明度を修正するため、Dojoの照明を修正。
• オロキンタワーチェンバーDojo施設において、装飾の配置が困難になる問題を修正。
• プレイヤーが移動できなくなるまれな問題を修正。
• 『新たな大戦』後のエイドロンの草原において、敵が水中を歩き回らないように進路を修正。
• アークウイングランチャーに関するスクリプトエラーを修正。
• 『新たな大戦』クエストのワープトンネルにちらつきが表示される問題を修正。
• Nightwaveの「金星のバウンティーハンター」アクトをクリアしても地位ポイントが付与されない問題を修正。
• 反射に関するDojoの照明を更新。
• 一部の言語でオービターの代わりにランディングクラフトと表示される問題を修正。
• オービターにいるとき、キャンプへのテレポートにちらつきが表示される問題を修正。
• ルアのミニマップナビゲーションに関する複数の問題を修正。
• 低レベルのエイドロンの草原依頼ミッションでドローンが大量の援軍を生産する問題を修正。
• GlaiveのFXに関連するスクリプトエラーを修正。
• クバ要塞タイルセットへ複数の調整を追加。
• Capturaでホストがカメラが自在に操作できるモードを選んでいるとクライアントの機能が失われる問題を修正。
• 旧バージョンのSteamを使用すると発生するクラッシュを修正。
• WispのReservoirsに関するまれなクラッシュを修正。
• 火星開拓地タイルセットの岩に表示される黒い壁を修正。
• 『サクリファイス』クエストをリプレイ中、特定のキャラクターの顔が歪んで表示される問題を修正。
• オロキンタイルセットのスポーン部屋で、壁にクリップスルーして範囲外に出られる問題を修正。
• 銀の果樹園 Capturaシーンの鍾乳石やその他の岩の突起が適切に照明の影響を受けない問題を修正。

• 対話式Dojo装飾品を製作する前に対話できる問題を修正。
• メンバーからDojoへ投資された装飾アイテムの投資および建設の即時製作ボタンを修正。 これにより、個人の装飾に対し投資および建設の加速ができないスクリプトエラーも修正。
• WARFRAMEからオペレーターへの転移時にカメラの向きがずれる場合がある問題を修正。
• クリムゾンノーズ パターンの鼻が明るすぎる問題を修正。
• 地球 Marianaの掃滅ミッションにおいて、敵の生産に関するスクリプトエラーを修正。
• シミュラクラムで生産された敵がショックウェーブアビリティを発動するとき起きるスクリプトエラーを修正。
• ノックバックおよび正座のエモートを実行中にオペレーターへ転移すると、WARFRAMEがエモートの状態でスタックする可能性がある問題を修正。
• 『二番目の夢』クエストの特定の場面において、Titaniaがシネマチックに表示されなくなる問題を修正。
• K-Driveへ搭乗中、オペレーターに転移すると、WARFRAMEに戻れなくなる問題を修正。 これによりオペレーターとして死亡した後に無敵状態になる問題も修正。
• Caliban ヘルメットをチャットリンクできない問題を修正。
• 最近購入したグリフをチャットリンクできない問題を修正。
• 特定のキャンプにおける水のハードラインを修正。
• K-ドライブでシータスに入ろうとするとき起きるテレポートに関する問題を修正。
• シータス、フォーチュナー、ネクロリスクにおいて、特定のキャラクターを使用するとカメラがズームインしすぎる問題を修正。
• スペクター生産に関するスクリプトエラーを修正。
• 『目覚め』クエストにおいて、WARFARMEがアーセナルをインストール中にクリッピングされる問題を修正。
• 『二番目の夢』クエストのシネマチックにおいて、TitaniaのRazorwingに関する問題を修正。
• コンバージェンスオーブに関するスクリプトエラーを修正。
• グリニア森林タイルセットのマップホールを修正。
• BallasとLotusに関する問題を修正。
• SarynのMoltが近接攻撃によるダメージを受けない問題を修正。
• レールジャックミッションでの転移によりWARFRAMEが複製される問題を修正。
• シータス、フォーチュナー、ネクロリスクでフォーカスの編集をすると、切り替えできなくなる問題を修正。
• 星系マップに黒い三角形が表示される問題を修正。
• オペレーターのテキスタイル素材上での走行音が再生されない問題を修正。
• 『新たな大戦』クエストのテーブルステージにおいて、ロードが無期限化される問題を修正。
• 『新たな大戦』クエストのテーブルステージにログインするとき、ロード画面でスタックする問題を修正。
• コーデックスジオラマにおいて、レべリアンアイテムからカメラの向きがずれる問題を修正。
• 『新たな大戦』でAmar アルコンを倒した後でも、ワールドステートウィンドウで火星が目的地として示される問題を修正。
• ゲーム内マーケットの「新(商品)」画面がプレイヤーを『新たな大戦』クエストから脱出させる問題を修正。
• Odonataのアビリティアイコンの視認性を修正。
   • アイコンの視認性が向上するように。
• FXに関するスクリプトエラーを修正。
• レールジャックミッションに失敗しても、異形の欠片を得られる問題を修正。
• 遅延レンダリングが有効化されているとヘアシェーダーが適切に変換されない問題を修正。
• GarudaのSeeking Talonsに関するスクリプトエラーを修正。
• 感染ポッドに関するスクリプトエラーを修正。
• Strataリレーでマップ外に抜け出せる問題を修正。
• 『内なる紛争』クエストをリプレイ中、オペレーターがドアを開けられないためにクエストを進められなくなる問題を修正。
• ToridとPoxにおいて、「埋め込みダメージ範囲」と「埋め込み時間」の統計が失われる問題を修正。
• オロキンタワーチェンバーDojo施設のプレビューアイコンが実際に施設に表示されているアイテムと一致しない問題を修正。
• オービターステンシルが明るすぎる問題を修正。
• Sariシャンダナがメニューの上に重なって表示される問題を修正。
• 『二番目の夢』クエストの最後のシネマチックシーンでWARFRAMEが表示されない問題を修正。
• 『内なる紛争』クエストのオープニングシネマチックで、雪道FXがオペレーターの前を辿る問題を修正。
• Imperator Vandalを持っていないとコーデックスでプレビューできない問題を修正。
• SevagothのShadowが装飾品を攻撃しようとすると起きるスクリプトエラーを修正。
• Chitoidセンチネルバンドルをすでに持っているプレイヤーに対してNightwaveの重複保護効果が機能していない問題を修正。
• マスタリーランク30昇進テストで、Excalibur Umbraからオペレーターへ転移すると敵を掃滅したとカウントされる問題を修正。

ネタバレ対策について (もう一度繰り返します)

このノートでは特定の部分を説明する際、ネタバレを避けるために濁した表現を使う場合があります。Warframeのネタバレ方針はこの記事をご覧ください。 

皆さんがソーシャルメディアなどで新コンテンツに関するご感想、ご意見をご共有いただける場合、 他のプレイヤーの新しいコンテンツ体験を尊重するため、ネタバレが含まれていることを明確にしてください。  コンテンツクリエイターの皆さんは配信などを行う時、「ネタバレ注意」や「この配信にはネタバレが含まれます」などの注意喚起を記載するようお願いします。 

公式フォーラムでは、クエスト関連のディスカッションや質問などに対応するため、「Zarimanの天使」専用のサブフォーラムやトピックスを用意します。どうぞご活用ください。

英語版:https://forums.warframe.com/forum/1785-spoilers-angels-of-the-zariman/
日本語版 - アップデートについてのフィードバック:
日本語版 - クエストについてのフィードバック:

また、次のURLでは開発チームが把握しているバグのリストをご覧いただけます。

 

  • Like 3
Link to comment
Share on other sites

こんばんは。UPD作業本当にお疲れ様です🙏ありがとうございます
寝る前に確認をと思ったらちょうどUPDがきてしまいましたw
 

Link to comment
Share on other sites

  • [DE]Kanna unfeatured and unpinned this topic

Create an account or sign in to comment

You need to be a member in order to leave a comment

Create an account

Sign up for a new account in our community. It's easy!

Register a new account

Sign in

Already have an account? Sign in here.

Sign In Now
 Share

×
×
  • Create New...