Jump to content

[DE]Kanna

Warframe Support
  • Content Count

    233
  • Joined

  • Last visited

Community Reputation

646

About [DE]Kanna

  • Rank
    Disciple

Recent Profile Visitors

The recent visitors block is disabled and is not being shown to other users.

  1. Atlas Prime:ホットフィックス 25.8.1 開発チームが次のメインラインアップデートへ向けて全力投球する前の(おそらく)最後のホットフィックスです。メインラインアップデートはGrendel、Ember & Vaubanのリワークなどを特集する予定です。どうぞお楽しみに。 緊急ホットフィックスが必要とみなされたときは再度お知らせします。 追加点: • Gaussのアビリティに関する新しいヒントを2つ追加。 最適化: • スクリプトランタイムの抜本的な最適化を実行。 • 冗長性を削除し、カスタムインターフェイスを記述することにより、356KBのコードを削除。 • ランタイムデータをパックすることにより、136KBのメモリを節約し、キャッシュの局所性を改善。 • オーバーヘッドを根本的に削減するために、(可能な場合)専用のRTTIシステムを導入。 i5-5960Xでは、これにより100usのスクリプト実行が削除できました。 • これらの数字は小さいように見えるかもしれませんが、多くのプロセッサには32Kの指令キャッシュしかありません。メモリが遅いシステムでは、パフォーマンスへの影響が大きくなると予想されます。 • オービターまたはDojoのローディング過程へマイクロ最適化を実行。 • KhoraのStrangledomeを発動するときに発生するFXヒッチを修正。 タッチパッドまたはマウスホイールに関する変更点: • タッチパッド「スクロール」ジェスチャーに関するサポートを改善(すべてのラップトップドライバーがDirectInputをサポートしているわけではありません)。 • アナログマウスホイール入力のサポートが追加され、ウィンドウをすばやく上下にスクロールできるようになりました。 • Warframeをボーダーレスのフルスクリーンでプレイしている時に、別のウィンドウをスクロールしようとすると、マウスホイールのフォーカスが取り除かれる不具合を修正。 ハイエナに関する変更点(RAZORBACKミッションのみ): オロキンセルが意図された数より多く集めることができるエクスプロイトはプレイヤーだけでなく、内部のアラートシステムからも報告されていました。 つまり、プレイヤーはオロキンセルが100%の確率でドロップする部屋に出入りすることにより、ハイエナを無限に出現させることができることを発見した模様です。そして、ハイエナを無限に生産させることにより、オロキンセルを無限に調達することができていました。 このエクスプロイトに対応するため、Razorbackミッションで生産できるハイエナの数はこの手段を実行すればするほど減少するように変更されました。 そして、このエクスプロイトを実行したためトレードに制限がかかったプレイヤーはこのホットフィックス実装後に停止処分が解除されますので、ご確認ください。 Gauss に関する変更点: • Mach Rushを発動中の視認性を向上することにより、長距離走っているときのカメラの揺れを改善。 変更点: • Atlas PrimeのRumberは他のAtlas用スキンを装着していてもPrime化された外観を保つように。 • 唯一の例外は、独自のRumblerがあるAtlas Karstスキンです。 TennoGenに関する変更と修正: • Wisp Damasヘルメットのテクスチャを更新することにより、彼女の体に正しくマッチするように。 • Ivara Kuvael スキンのスカートのテクスチャを微調整。 • 布がWisp Damasヘルメットにクリッピングする問題を修正に向けて改善。 修正点: • タスク サンパー ドマ(および他種)が飛び去って消滅する問題を修正。 • 一度に複数の弾丸を発射する武器に対して、アルケイン ピストリアーが100%の効率を使用して無限の弾薬を与えない問題を修正。 • 出入り口を通過するとき、Nightwaveの使者抹殺の「灯籠」のイルミネーションFXが劇的に変化する問題を修正。 • 地上にいるときと抱き上げられているときに、Nightwaveの使者抹殺の「灯籠」のイルミネーションFXが劇的に変化する問題を修正。 • 最後の種類のAyatan像をクラン貯蔵庫に寄付できない問題を修正。 • ジオメトリにぶつかったとき、プレイヤーがジップラインから振り落とされる問題を修正。 また、ジップラインで他のプレイヤーや敵に衝突する問題を修正。 • 敵を倒すとアチーブメントを2倍の速さで達成できていた問題を修正。 • ガス・シティの投下船が見える前に消滅していた問題を修正。 • 峡谷でコンドルドロップシップが空中に立ち往生するため、敵ユニットを出陣させない問題を修正。 • KhoraのStrangledomeのビームFXが正しく表示されない問題を修正。 • コーデックスに執行人Harkonarの説明文が欠落している問題を修正。 • パックス チャージの音響が正しく再生されない問題を修正。 • 境界外の装飾メッシュが他のタイルセットにくい込む問題を修正。 https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/dc0zjh/i_was_in_the_middle_of_a_syndicate_spy_mission_in/ • 感染体コーパスタイルセットで生産される届かないルート品を修正。 https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/ddgo8x/worst_pain_known_to_tenno/ • Jordas の教訓での戦いであった誤字を修正。 • ShepherdオーラMODの説明文を更新。 • エイドロンの草原で「エレベーターを開始する」という文章がローカライズされていなかった問題を修正。 Atlas Prime:ホットフィックス 25.8.1.1 最適化: • UIをロックアップする可能性がある、過度のバグ報告を無効化。 変更点: • テクスチャに関する問題を修正するため、Jotunheim シャンダナの素材を改善。
  2. 私たちは今日、2体のWARFRAMEに関するリワーク案を紹介します。 とても多くの情報をお知らせしますので、よろしくお願いします。 今回のワークショップで焦点をあてるWARFRAMEはゲーム開発初期に導入された2体です。多くのベテランプレイヤーにとって、この2体のWARFRAMEがどのように生存能力を継続するか、興味をそそるトピックスになると思います。 私たちは皆さまから寄せられたフィードバックをじっくり吟味した上、この2体のWAFRAMEへ新しい機能を追加しつつ、皆さんのお気に入りアビリティを継続することによりバランスを取ろうと図っています。 ここで注意していただきたいのは、今回の記事を含め、Dev Workshopで紹介される内容はリリースされるまでさらに変更が加えられる可能性があることです。 さて、前置きはここまで。解説に入ります。 まずはじめに… 偉大な戦術家は、すべてのツールを自在に組み合わせながら見込まれた以上の結果を成する。 私たちはエンジニアをテーマにしたVAUBANを実装したとき、このモットーを実現することを夢見ていました。 彼が2013年にリリースされてからすでに6年以上が経ちました。彼のクラウドコントロール能力は実装当時、高レベルのミッションでのダメージを軽減するためにとても貴重なアビリティでした。しかし、私たちの絶えず変化するゲームは時間の経過とともに彼のツールを使いにくくしていきました。 Vaubanは2016年にPrime化されたとき、より多くのツールを使用できるように改善されています。しかし、プレイヤーの皆さんがどのように彼の力を活用しているか検証した結果、彼のアビリティはまだ一次元的であることが明らかになりました。 そのため、今回のリワーク案を練り始めた時、次の二点を重視しました。まず、彼の優れているクラウドコントロール(CC)能力を維持できるように調整しつつ、『Warframe』2019年版の非常に速いペースに追いつけるよう、彼の機動性と到死性を高めることです。 1) TESLA DRONES (Tesla Grenadesから置き換えられます) 新しく改善されたTesla Droneはレベルの地面に接合するのではなく、プレイヤーを追従して転がるようになります。 敵が範囲内に入ると、ドローンはターゲットにラッチして、ターゲットと近くの敵を気絶させるショックを発します。 そして、ドローンは交換が必要になるまでに限られた数のショックチャージを与えます。 アビリティを長押し発動すると、複数のTesla Droneを一度に召喚できます。 2) MINELAYER 彼の4つの地雷はすべて新しいオプションへ置き換えられました。 -「Sticky Ripline」は、近くの敵の引き付け、動けないようにします。 -「Nail Grenade」は、高速の釘をあらゆる方向に発射し、近くにいる不運な敵に貫通ダメージを与えます。 -「Boost Pad」はウォークパッドを敷き、選択した方向(矢印で示されます)へ移動速度を上げることができます。 -「Damage Amp」は近くの味方にラッチし、一定期間ダメージ出力を強化します。 3) ORBITAL STRIKE (Bastille は4番アビリティへ移動) 展開可能なビーコンは地図上の場所をマークします。 短いカウントダウンの後、このエリアは大規模な軌道レーザー爆発に見舞われます。(屋内でも展開可能です。) 4) BASTILLE(Vortexと組み合わせて) Vaubanの2つの代表的な能力は統合され、破壊的な4番アビリティとして再改変されました。 展開すると、Bastilleは近くの敵を捕獲し、時間の経過とともに敵の装甲を剥ぎ取ります。 その上、Bastilleの効果範囲内にいるプレイヤーは一時的な装甲増加を見込めます。その効果は、Bastilleの効果内にいる敵から剥ぎ取られている装甲値に基づき、時間の経過とともに増加されます。 Bastilleの効果時間が切れると、Vortexと呼ばれる渦が発動地点の中心で発生して敵を巻き込むため、敵の集団を容易に倒すことができます。 Vortexをより素早く、または長めに発動したい場合は 発動キーを長押しすることにより、Bastilleを早めに解除することができます。 Vaubanのアビリティのリワークを要約すると、彼のアビリティの多くは合理化されつつ置き換えられました。無駄なツールを効率化しすることにより、平均なミッションのペースに対応でき、汎用性が大幅に向上しました。 次は… Vaubanは戦場を制御する能力が備わっている半面、今回のDev Workshopで紹介するもう1体のWARFRAMEはパニックとカオスを戦いにもたらします。 もう1体の主役は「EMBER」。この炎を自在に操るWARFRAMEの使用頻度は長年にわたり少しずつ低下している傾向がありました。もう一度熱をあげるときが来ました。 この2体が使用するキットは異なりますが、リワークを加える目的は似ていました。Emberを使用するプレイヤーにとって、戦場で機敏に利用できるオプションを増やすことにより一次元プレイを奨励せず、柔軟なゲームプレイの相乗効果を高めることです。 新しいパッシブ:特定の範囲内にいてアビリティにより炎上中の敵は、Emberにアビリティ威力を追加する。(上限あり) 1) FIREBALL 基本的には今と同じように機能します。素早く発射するにはタップ、そして長押し発動でより多くの衝撃を与えられます。 すでに火炎状態異常の影響を受けている敵は、追加のダメージを負います。 ダメージ出力とチャージ速度は、Emberの更新されるアビリティの1つからスケーリングされます... 2) IMMOLATION(Accelerantと置き換えられます) 歴史のレッスンの時間です!  アップデート11.5より以前、Emberの2番アビリティは「Overheat」と呼ばれていました。このアビリティは火炎ダメージのオーラを作り、敵の炎から自身を守っていました。 ほぼ6年後、この火の輪が一周する時が来ました。 発動すると、Emberは炎のアーマーで自身を防御しながら、自身をいけにえとして捧げます。 彼女の現在の自己犠牲レベルは、ユニークなUIインジケーターによって示されます。熱が高いほど、ダメージ耐性が高くなり、Emberの他のアビリティがより効果的になります。 自己犠牲メーターは最初はゆっくりと構築されます。敵を倒したり、EmberのFireball(または彼女の新しい4番アビリティ)を発動すると、メーターの構築が速まります。 しかし、注意してください。 メーターが100%に達すると、Emberは「過熱」し、エネルギーをすべて消費する炎の波を解き放ちます。 これを防ぐには、Fire Blastを使用してメーターの一部を解除するか、Immolationを無効化することによりメーターのビルドをリセットしてください。 3) FIRE BLAST Fireballのように、このアビリティの機能面で同じままで、いくつかの有用性バフが追加されました。発動時間は大幅に短縮され、アビリティは近くの敵から装甲を剥ぎ取り、発動中のImmolationレベルに基づいて効果をスケーリングようになります。 4) INFERNO (World On Fireと置き換えられます) Infernoを発動すると、視界にいるすべての敵が火のような彗星に打たれ、それぞれのターゲットは火の輪に照らされます。 Infernoで発火した敵が別のユニットと接触すると、火が広がり、アビリティ持続時間は更新されて発火します。 火炎ダメージの効果範囲は自己犠牲メーターのレベルと比例します。 これらの変更により、プレイヤーは邪魔する全ての敵に対して「熱をもたらす」という攻撃スタイルを発揮できます。 繰り返しお知らせしますが、私たちは皆さまから寄せられるフィードバックを注意深く読んでいます。そのため、リリース前後に記載事項が更に変更されることがあることをご了承ください。
  3. Atlas Prime:アップデート 25.8.0 山と地形の力をAtlas Primeで施そう。 このタイタンの戦士はTekko Prime、Dethcube Primeなどとともに実装されます! Atlas Prime AccessおよびPrime アクセサリーで最新のPrimeギアを入手するには、https://www.warframe.com/prime-accessをご覧ください • Atlas Prime、Tekko PrimeそしてDethcube Primeの各種設計図を含めるAxi レリックは、ガレオン分裂、ルア分裂、そして木星分裂のローテーションCからもドロップされるようになりました。 • 3日間のMODドロップチャンスブースターは次の場所に追加されました。 • Atlas Prime Accessの公開中にBaro Ki'Teerの提供物リストから。 • 通常クレジットブースターが入手できるソーティーミッションの報酬リストへ。 Mirage Prime、Kogake PrimeとAkbolto PrimeはこれをもちましてPrime Vaultへ収納されました。 これらのアイテムがPrime Vaultへ収納されるため以下のシンジケートへの捧げ物が変更されます。 • アービターズ・オブ・ヘクシス :Mirage PrimeシステムがEquniox Primeニューロティックへ。 このPrime Accessの導入と同時にRivenの性質が変わります。 詳細に関しては次のDev Worshopをご回覧ください:https://forums.warframe.com/topic/1131639-dev-workshop%EF%BC%9Ariven-mod%E6%80%A7%E8%B3%AA%E3%81%AE%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%80%802019%E5%B9%B410%E6%9C%88%E7%B7%A8/ 追加点: • Pathocystに新しい高速音響を追加。 • プロフィール画面に「最もよく使われる装備」というサブカテゴリを追加。 Warframeのファームアビリティに関する変更点: Warframeのファームアビリティは既に略奪された死体からも複数のドロップを生産するように再変更。一体の敵は、各グループから最大で1つのアビリティによって略奪できます。今回の変更が入る前からこのような仕様でしたが、このノートで再確認してください。 Warframeのファームアビリティは以下の機能別グループに分割されます。 1. (敵が)生きている間に略奪:Ivara 2. 石化したときに略奪:Atlas 3. 死亡時に略奪:Wukong、Khora、Hydroid 敵は一度だけ倒すことができ、複数回「死ぬ」ことはできません。 4. 死体を略奪:Nekros、Chesa これらの変更について詳しい解説は次の記事をご回覧ください。 英語版:https://forums.warframe.com/topic/1131506-the-mod-booster-and-free-to-play/ 日本語版:https://forums.warframe.com/topic/1131635-mod-%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E8%A7%A3%E8%AA%AC/ TennoGenに関する変更と修正: • Kuvael IvaraスキンとKuvael Jester Mirageスキンの色合いを改善。 • Ivara Kuvaelスキンのいくつかの範囲でボリューム定義を改善。 •フードの上部の縫い目ラインを削除するためWisp Damasスキンを改善。 • Wisp Graxxヘルメットの布をより重くなるよう調整。 • Ash Ryuga ヘルメットのポニーテルの布を調整。 • Saryn Ion スキンのテクスチャを更新。 • Jotunheimシャンダナが選択したエネルギーカラーを使用しない問題を修正。 変更点: • AtlasのRumblerを発動すると、召喚または破壊時に岩のバーストを作成するように。 • 皆さんからのフィードバックに基づき、海王星のLaomedeia分裂クレジットキャッシュ報酬を増加: • ローテーションAでは100%の確率で2x10,000クレジットキャッシュが配布されるように。 • ローテーションBでは100%の確率で3x10,000クレジットキャッシュが配布されるように。 • ローテーションCでは95%の確率で5x10,000クレジットキャッシュが配布されるように。 • 共有メダルは5%のチャンス報酬として残ります。 • 皆さんは私たちがこのノードを導入したとき「このエンドレスモードからは通常溶離も高いクレジット報酬が期待できます」とお知らせしたことを覚えていますか。 インデックス戦に比べると劣るところがあるかもしれませんが、クレジットを稼ぐ場所としてはぴったりです。 このモードはまだインデックスレベルに届いていませんが、少なくともやりがいがあるはずです。 ぜひご意見をお聞かせください。 • 未開放のセンチネル武器Riven MODはどのセンチネル武器タイプに対してでも装備できるように。 (例:ショットガンなど) 未開放センチネルRiven MODは「コンパニオン武器Riven MOD」と呼ばれるように。 • 「エイムグライド/ラッチ時間」と表記される単語を「エイムグライド/ウォールラッチ時間」へと更新。 • Onkkoの通信が流れているとき、テラリストの音響は絞られるように。 最適化: • GaraのMass Vitrifyアビリティを発動するときに起こるスクリプトエラーを修正。 Gaussに関する変更、修正点: パッシブ: • シールドの再生速度のバフを最大80%から120%に増加。 • 移動によるバッテリー充電率を25%増加。 フルスプリントを実行すると0%から100%まで20秒でチャージできるように。以前は25秒かかっていました。 • サンクチュアリ交戦のゾーンの間をテレポート中、バッテリーは消耗されないように。 • Gaussのスペクターのバッテリーは80%で起動するように。 • 垂直速度を考慮しないバッテリーゲインを修正。 Mach Rush: • ダッシュ中に敵にヒットするたびに1%のバッテリー充電を付与するように。 • 継続して走るとバッテリー充電率が33%増加するように。 • 走っているとき、ダッシュをキャンセルせずに地上からジャンプできるように。空中ではジャンプできません。 • Thermal Sunderとの小さな相乗効果を追加。バブルを通過すると、ダッシュにダメージが追加され、衝撃バーストが発生するように。 • アビリティ画面から「エネルギーあたりの距離」を撤去。効率と持続時間の両方を意図せずに適応するため、効果時間MODを装備しているとエネルギードレーンがUIとマッチしない問題を修正。 「各メートルあたりのエネルギー」統計を「各秒あたりのエネルギー」へ変更。MODを装備していない時のエネルギードレーンは引き続き同じです。スピードに関するMODはエネルギードレーンを増加していましたが、この変更によりエネルギードレーンを増加しないように。 したがって、エネルギー消費は以前と同じか改善されるようになり、悪化することはありません。 Kinetic Plating: • ダメージによるバッテリードレーンを33%減少。 • 発動中、近接ヒットはバッテリーを少量充電するように。 Thermal Sunder: • バブルの持続時間を4/6/8/10から6/9/12/15へ延長。 • 最小半径を最大33%から最大50%に増加。 • ダメージを冷気vs火炎統計に分けるように。 火炎モードのダメージを2倍に増加。 • 爆発ダメージの統計を撤去。爆発は適応中のモード(冷気または火炎)ダメージ+状態異常をキャンセルするための追加ダメージを使用するように。 • 爆発による装甲の撤去が0-50%から0-100%へ増加。 • 爆発による装甲の撤去は爆発ダメージが与えられる前に適応されるため、より効果的になります。 Redline: • Redlineの増進率を33%増加。 • 発射体の探し求める確率を33%から50%へ増加。 • パッシブのバッテリードレーンを33%減少。 変更、修正全般: • Gaussのレッドラインが満杯になり、越えた時に流れる音響を追加。 • GaussのMach Rushを発動中、近接武器のみ使用してホールドエイムしながらエイムグライドを適応するとZephyrのようになる問題を修正。 • GaussのMach Rushを発動しながら水面をジャンプすると高さがでない問題を修正。 • Kinetic Platingを発動中、切断状態異常がGaussにフルダメージを与える問題を修正。 状態異常ダメージは状態異常が発生した時点でのダメージ減少によって決定されます。 修正点: • Tidal Impunityを他の場所で発動すると、味方のTidal Impunityバフが失われる問題を修正。 • マウスのスクロールボタンをShawzinキーのためにバインドするとメニュー画面からスクロール機能が失われる問題を修正。 • クライエントとしてプレイ中、装甲が0に減った敵のヘルスバーが黄色いままになる問題を修正。 • CORRUPTED VORにあまりにも多くのダメージを与えると、無敵になりアニメーションでスタックする問題を修正。 • アークウイングミッションで武器を切り替えるときにアークウイングガンのアニメーションが流れる問題を修正。 • オービターに招かれたゲストに対してお知らせビーコンが表示されない問題を修正。 • グリニアタイルセットでコーパスコンソールが使用される問題を修正。 https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/daxl4c/i_just_realized_something_this_corpus_console_has/ • コーパス・アウトポスト防衛タイルセットに存在していたマップホールを修正。 https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/dbdzqw/found_this_hole_on_corpus_defence_map/ • AIがグリニア海底研究所タイルセットの窓を潜り抜けようとする問題を修正。 https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/dbih0j/im_trapped_in_a_glass_case_of_emotion/ • コーパス氷の惑星掃滅ミッションを完了した後、クライエントは目的ポイントを見えなくなる問題を修正。 • グリニア海底研究所タイルセットの照明を修正。 • コーパス感染シップタイルセットでドアが壁をクリッピングする問題を修正。 • グリニア森林タイルセットの木から欠落しているコリジョンを追加。 • クライエントとしてプレイ中、アークウイングを使用していると「発射物が接近中」という警告が表示されない問題を修正。 Atlas Prime:ホットフィックス 25.8.0.1 変更点: • Atlas PrimeのTectonicsの岩壁の外観をプライム仕様に。 TennoGenに関する修正点: • Gara Zamairuヘルメットからぶら下がっている装飾物が選択したエネルギーカラーを使用しない問題を修正。 修正点: • バインディング機能に不具合が発生するため、AtlasのTitanic Rumbler増強MODが発動するとWarframeアビリティや転移能力が使えなくなる問題を修正。
  4. 皆さん、こんにちは。 新しいPrime Accessと同時にRiven MODの性質が微調整されます。 これらの変更はまもなく全機種で有効となります。詳細は次をご覧ください。 プライマリ武器 セカンダリ武器 繰り返しますが、今回の変更は、7月の最後の変更よりもさらに少ないものです。 近接3.0に関する変更はまだ計画予定に載っています。これらの変更が開始されるまで、今しばらくお待ちください。 ここまで読んでいただき、ありがとうございます。
  5. 皆さんこんにちは! この記事はとても多くの情報を含めていますので、ゆっくり読んでみてください。 そして、私たちはMODドロップチャンスブースター、フリー・パス(無料で入手する方法)とファームフレームについて詳しく解説していくつもりです。 その過程で、MODブースターのリリースを発表したときに多くのプレイヤーから上げられた懸念事項をカバーしていく予定です。特に、今年始めに導入したファームフレームに関する変更(同じ死体から複数回アイテムを入手できる機能の削除)はこの新しいアイテムとどの様に相互作用するかご案内します。 飾りごとなしに、真実だけをお伝えします。 実はMODドロップブースターは既にWarframeの開発ビルドに6年間存在していました。 このブースターを開発ビルドへ組み込んだとき、他のブースターやTwitch Dropなどからリリースする計画が立てられていました。 Prime Accessの継続に伴い、多くのプレイヤーからの寄せられるフィードバックではブースターの多様性を求めている意見が多く届きました。 そのため、確立された価格体系を変更せずに、Atlas Prime Accessでボーナスブースターを追加することを決めました。 今回のAtlas Prime Acessとともに紹介されるボーナスブースターは7日間のMODドロップチャンスブースターです。このブースターは敵を倒したときにMODがドロップする確立を2倍にする効果を持ち合わせています。 その存在はファームフレームのアビリティと一切関係がありません。 パート1:MODドロップチャンスブースター 最初の間違い:プレイヤー皆さんはニュース記事の小さな記載事項からこのブースターの存在を知ったこと。 最後に新しい種類のブースターがリリースされてから数年が経ちました。新しいブースターの種類が追加されるのにも関わらず、ニュースで一行の文章で紹介されるのは間違いだったと認識します。 パート2:フリー・パス(無料で入手できる方法) 2つ目の間違い:無料で入手できる方法、または方法の存在などを説明しなかったこと。 無料で入手できる方法があることはプレミアムゲームコンテンツにとても重要な部分を示します。そのため、このブースターも他のブースターと同様、無料で入手できる方法を設置する予定です。 このMODドロップブースターがPrime Accessの販売開始と同時に導入されると、無料で入手できる方法も開始されます。ソーティーの報酬やBaro Ki'Teerのショップのリストから3日間バージョンを入手できます。 MODドロップチャンスブースターはリソースドロップチャンスブースターの機能と似ており、カテゴリーの拡張と捉えていただけます。 しかし、MODドロップブースターが発表されて以来、プレイヤーの皆さんは最悪のシナリオを心配していることが浮上しました。「DEはファームフレームを使用して死体から得られる複数のチャンスの仕様を撤去し、対応案としてこの有料のブースターをリリースしているのだろうか」開発チームが意図していた対策とまったく違う方針ですが、私たちにとって、皆さんが変更点をどの様に捕らえるのかが大事なのです。 パート3:ファームフレームについて 3つ目の間違い:我われは木星協約と共に導入されたファームフレームに関する変更を十分に説明しなかったこと。 この間違いを修正するため、ルート機能を「木星協約」アップデート以前の状態に復元することを決めました。この変更により、Warframeのファームアビリティは以前のように既にアイテムをドロップした死体から複数のドロップを得られるようになります。 ファームアビリティはとてもユニークで、アイテムを略奪するという単独の目的を達成するために用いられます。 そして、そのアビリティの効果が一つの死体に集中すると、ファームを楽しんでいるプレイヤーが圧倒的に選ぶWarframeとなります。 この様な理由から、プレイヤーはファーミングに適しているWARFRAMEを使う、または他の機能に優れているWARFRAMEをミッションに使うなどの選択をしなければいけなくなります。 今年の始めに導入された変更は、この様な偏ったWARFRAMEの使い方を緩和することを意図していました。しかし、この2つの項目が何らかの形で関連しているという誤報を避けるため、変更を巻き戻す方向に方針を固めました。 この変更をまき戻すことにより先例を尊重し、プレイヤーにとって選択肢が狭まるほうが我われの方針に沿うだろうと判断しました。 全機種で明日までにこの巻き戻しを実行することを目標としています。 結論:MODチャンスブースターはAtlas Prime Accessの公開とともに提供されます。 この期間中に、Baro Ki'Teerの提供物やソーティーの報酬として入手することができます。 Atlas Prime Accessについてくるブースターは7日間有効で、一度しか購入することができません。 しかし、Baro Ki'Teerの提供品やソーティーの報酬として、無料プレイしているプレイヤーもAtlas Prime Accessの期間中にアイテムを平等にアクセスできるように調整しました。 MODブースターの将来は、Atlas Prime Accessが終了するときに再度検討されます。 基本無料プレイゲームではこの様なドロップや収益化に関する決断は容易にできるものではなく、ゲームを実装してから長年公平なバランスを保てるよう模索してきました。 皆さんから寄せられた声では、今回のブースターに関して肯定、否定的な意見が交じり合っていました。 ファームアビリティをよく使うプレイヤーにとって、今回の変更の巻き戻しは解決策になるかもしれませんが、「DEはMODのドロップ率をこのブースターを引用することにより変更しようとしている」という意見をもっているプレイヤーは私たちを信じて欲しいと思います。なぜなら、そのような予定はまったくないためです。 私たちは無料のコンテンツを提供できるよう、7年以上努力してきましたし、引き続き提供していけるとを確信しています。 TL;DR:MODブースターは無料でソーティーの報酬またはBaro Ki'Teerの提供品から入手できます。 そして、Warframeのファームアビリティは既に略奪された死体からも複数のドロップを生産するように再変更されます。 ここまで読んでいただきありがとうございます。
  6. TennoGen & Nightwave エピソード 5 : ホットフィックス 25.7.8 最適化: • ログイン時、受信ボックスの同調に失敗すると発生するクラッシュを修正。 (例:インターネット接続を失敗したなどの理由など) 変更点: • Mod効果による空中抵抗は、100%を超えてスタックしないように90%へ制限されるように。 Nightwaveに関する変更と修正: • 仲裁ボスミッションから得られる報酬の内容はミッションを完了するまで提示されないように。この変更により、プレイヤーは求めていたアイテムを貰えなかった場合、ミッションを中断しないように。 • ジーロイド プリレイトとジーロイド バスティオンのコーデックスのために必要なスキャン回数を30から3へ変更。 • 機能が壊れるため、ジーロイド プリレイトとジーロイド バスティオンをシミュラクラムから撤去。 • Arloの灯籠を拾い上げずに倒されると、ジーロイド プリレイトはその場で足踏みする問題を修正。 修正点: • アルケイン ブレードチャージャーがパーセンテージ(200%)ではなく、ダメージ増加係数(2%)を表示していた問題を修正。 間違った表記がされていましたが、機能は正しく作動していました。 https://forums.warframe.com/topic/1130656-tennogen-nightwave-episode-5-hotfix-2577/page/5/?tab=comments#comment-11055621 • NorgとMotherマスクが1クレジットで販売されていた問題を修正。 • Wisp GraxxヘルメットとWisp Damasヘルメットの布の物理的問題を修正。 • Ash Ryugaヘルメットからポニーテール用の布が欠落している問題を修正。 • Gara Rouenヘルメットに間違った製作者の名前が載っている問題を修正。 • Loki Jotunheimスキンが選択したエネルギーカラーを使用しない問題を修正。 • Jotunheimオキュラス、Konvalystオキュラス、そしてYureilystオキュラスが選択したエネルギーカラーを使用しない問題を修正。 • 選択したUIテーマの色でEメールのロックアイコンが点滅しない問題を修正。 • Aerodynamic MODからエイムグライド・ウォールラッチに関する翻訳が欠落している問題を修正。
  7. TennoGen & Nightwave エピソード 5 : ホットフィックス 25.7.7 開発チームからのメモ: 開発チームは今月少し、リリースされるコンテンツの量を意図的に下げていました。 理由としては、チーム全体で多くの開発過程の見直しなどをして、リリース予定しているコンテンツを順調に仕上げていけるよう、調整していきたかったためです。 しかし、技術の高いTennoGenコミュニティから更新コンテンツが提供されました。 今週のアップデートのメインコンテンツはTennoGen 第17弾となります。 先週実装された仲裁ミッションに関する変更、修正に関してコメントいたします。開発チームでは皆さまから寄せられたフィードバックだけでなく、ゲーム統計へもじっくり目を通しています。 統計チームは特に仲裁ドローンからドロップされるVitusエッセンスが与える影響、様々なミッションタイプの報酬に関するバランス分配、そして、全体的な報酬のアウトプットなどに焦点を当てています。 近い将来導入される変更などにご期待ください。 Nightwaveシリーズ2の最終エピソードをすべての機種で配信開始しました。 そして、Nightwaveシリーズ2の終了日をお知らせします。 シリーズ2は10月13日(東部標準時)をもちまして終了します。Emissary スーツ、Nikana Maligna スキンやSporeエフェメラをゲットできるこのチャンスをお見逃しなく。 エピソード5に関するメモ: エピソード5のネタばれをしないように注意して… ゼロットコードに関する情報を提供します。 エピソード5で紹介される「新しい出会い」を体験するにはゼロットコードを入手する必要があります。 ゼロットコードとは? 以下の画面を見つけたことがある方は、侵略ミッションをクリアすることにより、ゼロットコードが入手できることをご存知でしょう。 (1.ゼロットコードは侵略アウトブレイクミッションを表示している惑星で3回クリアすることにより送られてきます。 2. 星系マップでは常に二つの惑星がアウトブレイク状態に陥っているため、1日2つまでゼロットコードを入手することができます。) インベントリで既にゼロットコードを持っている場合、引き続きコードを使用できます。 ヒント:この不思議な新しい出会いはNightwaveシリーズ2が終了したあとも新しいボス戦として再登場します。そして、このボス戦は永久的に残るタイプのボス戦になる予定です。 TENNOGEN第17弾 WARFRAMEスキン Ash Ryuga スキン 製作者:Rekkou https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1835445270&searchtext=   Baruuk Graxx スキン 製作者:Faven https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1824768158&searchtext=   Frost Hisame スキン 製作者: Malaya and AMO_017 https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1802551758&searchtext=   Harrow Veles スキン 製作者:Vulbjorn, the graphical walrus. https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1844198623&searchtext=   Ivara Kuvael Huntress スキン 製作者:Erneix https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1843174920&searchtext=   Loki Jotunheim スキン 製作者:Mz-3 https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1711318464&searchtext= Mirage Kuvael Jester スキン 製作者:Erneix https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1552756160&searchtext Saryn Ion スキン 製作者:Yatus https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1711994225&searchtext= ※このスキンはデザイナーの仕様により細部のカラー変更がありません。 Trinity Nightingale スキン 製作者:Matzan481 https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1616477554&searchtext=   Wisp Graxx スキン 製作者:Faven https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1824768987&searchtext=   WARFRAME用ヘルメット Gara Rouen ヘルメット 製作者:Hydroxate https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1809140963&searchtext=   Wisp Damas ヘルメット 製作者:FrellingHazmot https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1832943485&searchtext=   チェストアーマー Diva チェストアーマー 製作者:lukinu_u https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1843075078&searchtext=   Fhan’Epak チェストアーマー 製作者:Faven https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1840271987&searchtext=   Paxis チェストアーマー 製作者:Malaya and Jadie https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1845166460&searchtext= オペレーターアクセサリー Jotunheim’s Spirit オキュラス 製作者:Mz-3 https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1845132003&searchtext=   Konvalyst オキュラス 製作者:Lukinu_u https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1843095298&searchtext=   Vuoto オキュラス 製作者:Oh_Shimmy https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1845793673   Yureilyst オキュラス 製作者:Lukinu_u https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1843081945&searchtext=   シャンダナ Jotunheim シャンダナ 製作者:Mz-3 https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1711328911&searchtext= Paxis シャンダナ 製作者:Malaya and Jadie https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1833615473&searchtext=   武器スキン Insidia ソードスキン 製作者:HitsuSan and Reil https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1819885862   Khatuun Nikana スキン 製作者:VoidPunch https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1794814744&searchtext=   Lahnss ポールアームスキン 製作者:Faven https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1824770631&searchtext=   Wuush ムチスキン 製作者:Faven https://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=1835456310&searchtext= 最適化: • ウイルス対策プログラムを実行しているPCのアップデート過程を手助けできるよう、コンテンツの更新速度を実験的に最適化。 • 数々のコンテンツ更新やゲームのローディング過程へマイクロ最適化を実行。 • エンジンの起動時間をより効率よくしました。 • マップのローディングをマイクロ最適化。この変更により、無害なログ報告を撤去。 • 分隊メンバーがスペクターを召喚してゲームを閉じると発生していたクラッシュを修正。 • ミッションでスタンスModを拾うとき発生していたゲームヒッチを修正。 • 選択されているコレクショングリッドカテゴリにないRiven Modをサイクルしようとすると発生するスクリプトエラーを修正。 アップデート 25.7.0で記載漏れしていたVaporizeに関する変更点: Vaporize MODに関する変更はDethcube Primeがリリースされるときに導入されるはずでしたが、メインラインへ紛れ込んでいたためすでに実装されていました。 • Vaporizeの基礎ダメージ600はセンチネルの銃に装備されたMODにより増加するように。 • Vaporizeの最大範囲を4メートルから30メートルへ増加。 • クールダウン時間を30秒から10秒へ短縮。 Vaporizeに関する追加変更点: • Vaporizeに貫通能力を追加したため、複数の敵を一度に攻撃できるように。 • VaporizeのFX効果を更新。 変更点: • Norg マスク、Mother's マスク、およびGrineer マスクはNakakのストアに表示される可能性が上がりました。 この変更により、ストアに表示されない問題も修正されます。 • センチネルRivenのチャレンジから「コンパニオンとともに」という条件が外されるように。 この条件をもつRivenをすでに持っている場合、「死なずにまたはダウンせずに」という条件へ変更されます。 • オペレーターヘッドから反射テクスチャを削除することにより、光沢を減少。 • Nightwave「静かな駆逐者」アクトの説明文をより明確に。この変更により敵のレベルは最低30であることが明らかになります。 • 変更前: • アラームを起動せずにレベル30以上の掃滅ミッションをクリアする。 • 変更後: • アラームを起動せずにレベル30以上のみの敵が生産される掃滅ミッションをクリアする • RevenantのReaveアビリティを発動すると上半身のみアニメーションが流れるように。推進力を軽減するため下半身のアニメーションはキャンセルされます。 • Glaiveの効果音を上昇することにより、バウンス音が聞こえるように。 分裂ミッションに関する変更、修正点: • デモリスト マーカーがプレイヤーに近づくため非表示になる最小範囲を従来の8メートルから5メートルへ縮小。 • ガス・シティでデモリスト用の赤い視覚マーカーヒントが表示されない問題を修正。 修正点: • ホスト移行が発生すると、残ったプレイヤーが「Revenantの仮面」のスペクター戦を完了できない問題を修正。 • サンクチュアリ交戦で敵がぼーっと立っている問題を修正。 • 「アークウイング」クエストの最終ミッション前半で敵が生産されない問題を修正。 • Warfarme用の外装リンクがオペレーターにも適応される問題を修正。 • クライアントとしてプレイしているとき、Akariusが敵へ誘導しない問題を修正。 • Hunter Synergyのクリティカル率ブーストが、ペットのクリティカルをロールするときに考慮されない問題を修正。 • 「内なる紛争」クエストでVoid Dashを使用しても移動しなかったり、オペレーターに転移した直後に使用すると作動しない問題を修正。 • Gaussコレクションの説明文で発生していた誤字を修正。 • 近接毒FXがエネルギーカラーを適応しない問題を修正。https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/d6a5aa/toxin_on_melee_weapons_tends_to_result_in_the • エイドロン ハントでベールに包まれた報酬が表示される問題を修正。 • 「アークウイング」最終ミッションで誤解を招く目的マーカーを修正。 • Ivara Empowered Quiverの統計ディスプレイで本来ならばクリティカルダメージであるはずの個所にクリティカル率と表示される問題を修正。 • アルケイン プライマリチャージャー、アルケイン ブレードチャージャー、アルケイン ピストリアー、そしてアルケイン ボディーガードが最大ランクに到達すると「アルケイン蘇生」があるはずなのに表示されない問題を修正。 • 「Vorの秘宝」クエストでDarvoからの通信の字幕が重複して表示される問題を修正。 • クバ要塞防衛ミッションでタレットに対してNyxのMind Controlを発動するとミッションを完了できなくなる問題を修正。 • 「プライムの詳細」をトグル切り替えようとすると、Vauban Primeのコートテールを非プライムコートのテールに置き換えられない問題を修正。 • ログイン報酬画面で「レリック」の代わりに「レリックパック」と表示される問題を修正。 • 「内なる紛争」の雪景色で歩いていても、正しい足音の音響を再生しない問題を修正。 • トレード画面からエモート画面に切り替えるときに「ギア」プロンプトが表示される問題を修正。 • 選択したUIテーマが明るい場合、Void亀裂報酬画面のテキストが読みにくい問題を修正。
  8. 仲裁ミッションのリワーク:ホットフィックス 25.7.6 仲裁ミッションのリワーク 我々は先週、仲裁ミッションに対して予定されている改善点をDev Workshopにて公表いたしました。(英語版詳細はこちらから。 日本語版はこちらから)このDev Workshopでは異なるゲームモードの間で一貫性を保てるように、ドロップテーブルや報酬の配布頻度をどのような意図のもとでどの様に変更していくかなどを概説しています。 これらの変更のより我々は、星系マップを完了したての新人プレイヤーから、新しいアルケインやオーラMODなどを目的としたベテランプレイヤーまで、幅広いプレイヤー層に魅力的なゲームモードを提供できることを願っています。 通常通り、皆さまから寄せられるフィードバックに基づいて後ほど変更される可能性があります。それまで、いくつかのミッションタイプを試してお気づきの点をフォーラムにてお知らせください。 報酬とローテーションに関する変更点: プレイヤーの皆さんは「発掘」ミッションが、費やされた時間に対してもらえる報酬が他のミッションに比べて優れていることを発見したようです。 次の変更点は他のミッションモードを「発掘」と同じレベルにすること、そして皆さまから寄せられたフィードバックをよりよく反映できるように導入されました。 • 仲裁は、発掘ミッションを除き、報酬が配布されるまで通常のローテーションの長さを使用するようになりました。 発掘タイマーは以下を補うために調整されています。 • 例: 防衛10ウェーブごとに配られていた報酬の代わりに、5ウェーブごとに報酬が配布されるように。 • ローテーションを「ABCCCCC ...」から「AABBCCCCC ...」へ変更。この変更により、同じ長さの時間の投資が奨励されます。 •ドロップテーブルに記載されているEndoのドロップ率が減少。 Endo以外のレア報酬のドロップ率は変わりません。時間が短縮されるため、得られるチャンスが二倍になります。 • 仲裁ドローンは、キル時にVITUS エッセンスをドロップするわずかなチャンスが備えられるようになります。 • 仲裁ドローンからドロップされるVitusエッセンスは特別なピックアップ通知があります。 仲裁からの新しい報酬: 以下の報酬が仲裁ドロップテーブルに追加されました。 *以下の統計は最大ランクで表示されます* • 新しいオーラ Mod: • Aerodynamic:エイムグライドまたはウォールラッチ時間に6秒追加され、空中で受けるダメージが24%減少。 • Swift Momentum:+30%チャージ攻撃速度。近接コンボタイマーに6秒追加。 • Shepherd:コンパニオン装甲値が180増加して、ヘルスは重ねて300増加。 • Combat Discipline:味方はキル時20のヘルスを回復するが、オーラMODを装備しているものはキル時ヘルスを10失う。 • Melee Guidance:自己のコンボ持続時間を6秒短縮する。味方のコンボ持続時間を12秒増加させる。 • 新しいアルケイン: • アルケイン プライマリチャージャー:近接キル時: プライマリ武器ダメージは20%の確率で8秒間200%上昇する。 • アルケイン ブレードチャージャー:プライマリ武器キル時: 近接ダメージは20%の確率で8秒間200%増加する。 • アルケイン ピストリアー:ピストルでヘッドショットキル時:30%の確立で弾薬消費効率が4秒間100%上昇. • アルケイン ボディーガード:近接武器で30秒以内に6キル時: コンパニオンを600回復。 • アルケイン タンカー:アークウイングガンを装備中:16秒間1200装甲値を得る。 • 通常のルールに沿い、装備した最大ランクのアルケインは追加のアルケイン リバイブを付与します。 • 注:新しいアルケインにはデフォルトのアイコンが使用されていることに気付くかもしれません。近い将来、ユニークな画像でこれらを更新する予定です。 • Vitusエッセンス3つバンドルを仲裁ミッションドロップテーブルに追加。 仲裁ミッションに関する変更、修正点: • 配布される報酬のタイミングがスピードアップするため、以前よりVitusエッセンスを2倍以上取得できるように。そして、仲裁報酬マニフェストの価格が焼く1.5倍まで上昇します。 この変更から発生する悪影響を軽くするため、プレイヤーのVitusエッセンスの在庫を調整するスクリプトを実行しました。 次回ログイン時、Vitusエッセンスの所持数が調整されているので、ご確認ください。 • 仲裁分裂ミッション: • 分裂ミッションを脱出するとき必要な完了したコンジット数を8から4へ変更。 • 4/4コンジットが完了して、脱出の準備ができると「脱出可能」と表示されるように。 • UIから欠落しているラウンドカウンターを修正。 追加点: • Equinoxの外装画面のエミッシブカラー選択箇所に「陰」と「陽」アイコンを追加。 エミッシブに暗い色または明るい色を選択すると、ミッションに出現するフォームが変わります。この変更により、どのフォームが見やすくなります! • Shawzinに「Yo」スケールを追加。 その他の変更点: • 暗号化ジャーナルフラグメントを完了している場合、グール粛清に関するメッセージは受信ボックスに届いても自動的に開いたり、通信を再生しないように。  • エイドロン平原の天候パターンを調整して、雨が長時間降らないように。 • AshのBladestormマークの輝度をわずかに上げることにより、視認性を改善。 • 味方のNPCはGarudaのBlood Alterの犠牲者を攻撃しないように。 • Umbraフォーマの説明文を更新。この変更により、付与できるアイテム(Warframeと近接武器のみ)と適切に説明されるように。 UmbraフォーマをK-ドライブやアークウイング近接武器に使えないように。 • 光沢を抑えるために、Ostron民の目を調整。 • マクロを使用しながら、とても多い数の音符を演奏して不具合を引き起こさないように、Shawzinを1秒あたり30音符以上プレイできないように。 • 敵が2〜3m以内にいて、サイレント武器を数回素早く撃った場合、敵はアラート状態を変更せずに停止して周囲を見回わす「反応」を示すように。 • デフォルトの色を使用するアイテム(例:Novaの外装リンクをNovaになど)に外装リンクを適用すると、デフォルトの色が適用されるように。 以前、元の色は変更されませんでした。 最適化: • コア数学ライブラリをマイクロ最適化。 修正点: • 感謝の言葉がこめられているメッセージのタイトルが画面外に表示される問題を修正。 • バレットジャンプを行った後すぐにVoidモードに突入すると発生してたラグを修正。 • アップデート中に破損データが作成されると起こるクラッシュを修正。 • チャットリンクされた未開放のRiven Modにチャレンジ情報が表示されていない問題を修正。 • 誤ったオペレーターの髪のアイコンを修正。 • クライエントとしてプレイ中、Strangledomeに引っかかった敵へWhipclawを発動してもダメージが他の敵に与えられない問題を修正。 • ジャンプ中にAcceltraを発射すると発射速度が増加する問題を修正。 • コーデックスに表示される草原のフラグメントを撤去。 • TitaniaのRazorwingとシンジケート武器を使用して実行できるエクスプロイトを修正。 • Venariに装備されている場合、Synth Fiberが正しく機能しない問題を修正。 • 「内なる紛争」クエストから欠落していたジョギングのコールアウトを修正。 • グリニア地球タイルセットの脱出地点付近の崖にデータマスを落とすと届かない場所にテレポートされる問題を修正。 • サンクチュアリ交戦で敵が攻撃を仕掛けず立ち続ける問題を修正。 • Shawzinの曲メニューで0.5秒以上の長いクリックが発生するとShawzinエモートが取り消される問題を修正。 • Venom Dose 増強MODが装備されているとSarynのSporesの発動コストがかからない問題を修正。 • オービターでオペレーターモードを使っているときにメニューを開くとNightwaveのボタンが暗く表示される問題を修正。 • 未開放状態のコンパニオン武器用のRiven MODをチャットリンクしようとすると発生する問題を修正。 • SarynのVenom Dose増強MODの効果が味方に対して適応されない問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1127477-saryns-1-with-the-augment-venom-dose-can-be-cast-on-any-ally-without-effect/ • マイナス貫通ダメージの性質を持っているMODを装備していると、KhoraのWhipclawは敵のダメージを回復させる問題を修正。 • コーデックスのトレーニング画面で発生していた誤字を修正。 • Harrow Hierophaヘルメットに存在していた穴を修正。 • 「Vox Solaris」クエストのデフォルトK-ドライブを使用すると、ミニマップにK-ドライブのレースが表示されない問題を修正。 • コンクレーブでWarframeが奇妙な角度で走る問題を修正。 • 「HARROWの鎖」クエストから欠落しているオーディオを修正。 • Paracystの発射物FXを修正。 • クライエントとしてプレイ中グリフを展開しても、ホストと自身のものが見えない問題を修正。 • オービターでデコレーションが配置されていない場合、デコレーションUIに表示される「ルームのすべてのデコレーションをリセット」オプションを撤去。 • Excalibur UmbraにGrowing PowerオーラMODを装備していて、オペレーターに転移したりしなおしたりすると、MODの効果が失われる問題を修正。 • Venkaを装備していてMesaのPeacemakerを発動すると、アビリティや近接武器を使えなくなる問題を修正。 • NorgマスクがNakakのお店のラインアップに上がらない問題を修正。 • アーセナル経由でフォーカスツリーにアクセスすると、カメラが船内を旋回する問題を修正。 • テラリストおよび他のボスの弱点を攻撃すると本来よりも多くのダメージを与える問題を修正。 • SarynのMoltがノックスのスラッジを適切に清めない問題を修正。 • 「このアクトをアンロックするにはXを完了してください」という表記がフランス語クライエントで壊れている問題を修正。 • Void商人画面で未所持アイテムがデュカットの価格でなくクレジットの価格で表示される問題を修正。 • コンクレーブのミニマップで他のプレイヤーが白いマーカーで表示される問題を修正。 • Dキーを使用するとShawzinの曲がリセットされる問題を修正。 この問題が修正されたのでDキーをどんどん使ってください。 • Mesa Immortal スキンがMesa Primeに対して正しく適応されない問題を修正。 • シミュラクラムの敵がRhinoスペクターが発動したStompから回復しない問題を修正。 • テンノスペクターに関するエクスプロイトを修正。 • Harrow Reliquaryスキンなどバンドルの一部であるアイテムをアーセナル画面で表示すると発生する問題を修正。 • アーセナル画面で所有していないスキンをプレビューした後メニューへ戻ると発生するUI上の問題を修正。 • アークウイング掃滅ミッションで最も近い敵を表示する目的マーカーが表示されない問題を修正。 • クローラーの航路を改善して、動けなくなる問題を修正。 • 感染ユニットが近接攻撃を仕掛けられるはずなのに、 射程物を吐き出す問題を修正。 • クライエントとしてプレイ中、投下船の敵が一瞬表示される問題を修正。 • 「Vox Solaris」クエストの人質を救出するミッションで人質が正しく振舞わない問題を修正。 臆病者… • Wispがライフルを上向きに発砲するとき照準しない問題を修正。 • 建設中のDojo装飾品が時々透明化する問題を修正。
  9. いつもWarframeをご利用いただきありがとうございます。 ご報告ありがとうございます。調査の後、必要に応じて修正させていただきますのでよろしくお願いいたします。
  10. ご質問ありがとうございます。Tenno VIPイベントで配布されたプロモーションコードはゲームクライエントまたは公式ホームページ(https://www.warframe.com/ja/promocode)からお引き換えいただけます。コードを入力して手続きを完了しましたら、ゲームのアーセナル画面からお好きなWARFRAMEにシジルを着用してください。 シジルを装備するには以下の手順をご利用ください。 1)アーセナル画面から好きなWARFRAMEを選ぶ。 2)外装>レガリアを選ぶ。 3)前面または背面シジルから「Tenno VIP シジル」を選ぶ。 ご不明な点がございましたらお気軽にサポートデスクのほうまでお問い合わせください。プロモーションコードが正しく引き替えられたかお調べいたします。どうそよろしくお願いいたします。
  11. 仲裁ミッションの状況を4月にご案内してからしばらく経ちました。 皆さまから寄せられていたフィードバックのなかで一番多かった意見は、特定のミッションタイプのぞき、仲裁ミッションをプレイした時間の長さに対して十分な報酬の見返りを得られないという点でした。そのため、我々は統計を見直して、どのような改善点を導入できるか思考してきました。 仲裁ミッションで利用可能な7つのミッションタイプそれぞれには、難易度を調整するハードルが存在します。 これら難易度調整ハードルは、レベルの難易度を平準化しながら、さらなる挑戦を加えるために設置されていました。 しかし、我々が取った統計によると、意図していた目的が達成されていないことが明らかになりました。プレイヤーの皆さんは「発掘」ミッションが、費やされた時間に対してもらえる報酬が他のミッションに比べて優れていることを発見したようです。 我々はすべての仲裁ミッションで報酬の見返りを平等にしたいと思いました。つまり、他のタイプの仲裁ミッションを発掘ミッションと同様の標準へ引き上げ、時間を効率的に使用しているように感じていただけるよう変更していく方針を固めました。 また、現在の延長報酬ローテーションがミッションを引きずっているというフィードバックにも対応したいと思いました。 これらの課題を改善するために次の変更点を提案します。 発掘ミッションを除き、他のミッションタイプは通常のローテーションの長さへ戻ります。 そして、ミッションを補正するために発掘機のタイマーが短縮されます。これにより、すべてのミッションモードは同じような速さで報酬が配布されるようになります。 (注:分裂ミッションはこちらが見落としていたため、単一のローテーションを使用しています。そして、次の調整点を入れつつ引き続き単一ローテーションを使っていきます。) ローテーションは「ABCCCCC ...」から「AABBCCCCC ...」に変更されるため、同じ長さの時間の投資が奨励されます。 変更後に2倍の頻度で受け取られるためEndoの報酬は、以前の約75%に減少します。 Endo以外のレア報酬のドロップ率は変わりません。時間が短縮されるため、得られるチャンスが二倍になります。 仲裁ドローンは、キル時にVITUS エッセンスをドロップするわずかなチャンスが備えられるようになります。 このような微調整を入れることにより、他のミッションモードからの報酬が発掘ミッションのものに劣らないレベルに引き上げられたと確信しています。 VITUS エッセンスをドローンから直接入手できることにより、ドローンを倒す動機も与えられ、ゲームプレイ自体にやりがいを感じれるようになるのではないでしょうか。 報酬といえば... より頻繁に配られる報酬サイクルを導入するにあたり、次の新しいアイテムを仲裁ミッション報酬テーブルへ盛り込みました。 ナイトメアまたはコラプトスタイルに続く5つの新しいオーラMOD! (最終決定された統計値はパッチノートへ記載されます。) Verticality: + エイムグライド / - 空中で受けるダメージ Wicked Strikes: +チャージ攻撃速度 / + コンボカウンター Loyal Herd: +コンパニオンHP / +コンパニオンアーマー Bloodletter: - HP自身のキル時 / +HP 味方のキル時 Bladed Restraint: - 自身の近接コンボ / +味方の近接コンボ 5種の新しいアルケインが報酬へ追加されます。 ライフルキル時: 近接ダメージは~秒間~増加する。 近接キル時: ライフルダメージは~秒間~上昇する。 ピストルヘッドショット時: ~秒間弾薬消費効率が~%に。 近接武器で6キル時: コンパニオンを~回復 ヘビー武器召還時: ~秒間~アーマーを得る ドロップテーブルには、CYANスター5つまたはVitus エッセンス3つのバンドルが含まれるように。 仲裁の提供品リストへVITUSエッセンスと交換で入手できるようにクバを追加。 ローテーションに関する変更は仲裁ミッションからVITUS エッセンスを取得できる出力が現在の2倍以上になることを意味します。(ウェーブの報酬の2倍に加えて、ドローンや他のルートからドロップするようになるため) 提案している変更を導入すると、VITUS エッセンスの価格が変動することが予測されるため、次の変更点を重ねて入れる予定です。 仲裁ミッションの報酬の変更が実装されると、仲裁報酬マニフェストの価格が約50%上昇します。 そして、プレイヤーが所持しているVITUS エッセンスの数を増やすようスクリプトを実行する予定です。 例えば、VITUS エッセンスを2つ持っていた場合、スクリプトを流したあと3つ所有するようになります。 そのため、この発表を見逃したプレイヤーが、ストアの価格が変化してもすでに持っているVITUS エッセンスの価値が低下するのを防ぐことができます。 Vitus エッセンスのミッション出力はVitus エッセンスの価格よりも増加しているため、ストアからの報酬は全体的に20〜30%速く得られるようになるはずです。 通常どおり、これらの計画は皆さまからのフィードバックや使用統計などを照らし合わせて、実装される前に調整される可能性があることをお知らせします。 編集:皆さまからの熱いご意見に応えるため、CYAN スターバンドルの導入の予定を見送ることを決定しました。
  12. Prime Vault:ホットフィックス 25.7.5 最適化: • マップローディングとマップストリーミングを最適化。新しいシステムを利用するにはキャッシュを一度最適化する必要があります。 • ほぼ満杯のドライブで問題が発生することを回避するため、キャッシュの最適化過程に必要な空き容量の見積もりを増加。 • コンクレーブでタイルセットを切り替えると発生するクラッシュを修正。 • チャットを開けるときに発生するソフトロックを修正。 • Shawzin画面で発生していたチャット機能に関する問題を修正。 • Simarisから「狩りに参加する」と発生するスクリプトエラーを修正。 Shawzin に関する変更点: • コントローラーのチャットボタンはShawzinのコントローラーバインディングに結合できないように。 キーが既にバインドされている場合、再度バインディングすることにより不具合は修正されます。 • 機能をより正確に反映できるよう、「ビブラート」を「ワーミー」へ変更。 変更点: • ライセットの空のローディングスクリーンに表示されるエミッシブや照明を調整。 • Capturaシーンのカメラの反射を更新。 • Augur MODセットボーナスはOvershieldの最大量までOvershieldを付与し続けるように。 • GaussのThermal Sunderアビリティの明るさを軽減。 • サターン・シックスのマスクが閉じた位置にあるとき、オペレーターの耳のアクセサリーは表示されるように。 • ポルトガル語のダメージタイプ用語を更新。 修正点: • Catchmoon Kitgun、Arca Plasmor、およびその他いくつかの武器がロパロリストの滑液にダメージを与えない問題を修正。 • NovaのAntimatter Dropを発動中、銃で焦点を合わせ、少し見下ろしたときに早まって爆発する問題を修正。 ホットフィックス25.7.4でこの不具合を修正しようと試みましたが、実際はもっと壊れてしまったため、再度修正しました。 • 所有していないアルケインをMODリンクを開くことにより装備できる問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1126678-stumble-upon-duplicating-glitchyesnomaybe/ • ルアレンズはアーセナルまたはインベントリ画面で基本的なレンズアイコンとして表示される問題を修正。 • Mag Primeが光沢があるように表示される問題を修正。 • クライエントとしてプレイ中、レベルマップから落ちそうになる瞬間に転移すると空中を走っているように表示される問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1126136-video-flying-bug-fall-down-and-transference-at-the-same-time-as-client/ • NorgマスクとMother'sマスクのフードを開けているとオペレーターのアクセサリーが多々クリッピングする問題を修正。 • ホラスキューがコーデックスに表示されない問題を修正。 地下に隠れていたみたいです。 • クライエントとしてプレイ中、ホストの蘇生FXが複製される問題を修正。 • 開始プラットフォームから落ちるとマスタリーランク12昇進試験を失敗する問題を修正。 • Etheriaアーマーが複数のWarframeやスキンにクリッピングする問題を修正。 • ヘイノ クブロウ遺伝子設計キットで重複していた色の名前を修正。 • DeaeIraキャバットファーパターンの誤字を修正。(LをIに切り替えました) • フォーチュナーでサーボ魚をさばこうとしていると表示されるテキストストリングを修正。 •コーパス・アウトポストタイルセットでエレベーターコントロールパネルが空中に浮遊する問題を修正。 • コーパス・アウトポスト掃滅タイルセットで敵が壁の中に生産される問題を修正。 • オロキン遺跡船掃滅タイルセットで敵が穴に落ちたとき、テレポートされない問題を修正。 • 特選DOJOのテレポーターを踏むと自身のDojoにテレポートされてしまう問題を修正。
  13. Prime Vault:ホットフィックス 25.7.4 最適化: • プレイヤーのインベントリで発生していたクラッシュを修正。 • Dx11関連のクラッシュを修正。 レンダリングに関する変更点: ホットフィックス 25.7.2でご案内いたしましたように、開発チームはアップデート 25.7.0で実装されたレンダリングに関する変更が引き起こした不具合を迅速に修正できるよう努力を重ねてきました。 皆さまから寄せられたフィードバックで一番多かったものは「鈍く見える金属」に関係するご意見でした。 開発チームはシェーダーに関する変更をゲーム内全体に導入して、金属の鈍いテクスチャを改善しました。 この改善点は残念ながら、皆さまのキャラクター(Warframeやオペレーターなど)などで最も顕著になる見込みです。そのため、レンダリングが改善される以前より正確/一貫している場合でも、一部のレガシー素材は影響を受ける可能性があることに留意してください。 そして、いつもどおり、突飛なものを見つけた場合はフォーラムまでご報告いただけると幸いです。 分裂ミッションに関する変更点: • 仲裁分裂ミッションから脱出する条件に8つのコンジットを完了することを追加。 メインラインアップデートが実装されたとき、8つになるはずでしたが、アップデートから漏れていました。 • 報酬は引き続きラウンドを1つ完了する度に配布されます。1つのラウンドあたり4コンジットをアンロックして守る必要があります。そして、ミッションから脱出するには2つのラウンドを終わらせてください(4つのコンジットx2つのラウンド=8つのコンジット)。 • 進行中のミッションが2つのコンジットを完了するまたは1つのコンジットを失敗するとロックされ、途中参加できなくなるように。 • マーカーの乱雑さを減らすための変更: • マーカーは、アクティブなコンジットに対して、またはプレーヤーがそのコンジットキーを選択した場合にのみ表示されます。 • アクティブなコンジットまたはピックアップされたコンジットキーがない場合でも、1つのマーカーは常に表示されるように。 • 地面にあるコンジットキーは、一致するコンジットが稼動されるとすぐに削除されるように。 Shawzinに関する変更、修正点: • 設定画面からキーボードとコントローラーのカスタムキーバインドを選択できるように。 • キーボードのデフォルト:フレットキーはマウスから矢印キーに移動しました。 • コントローラーのデフォルト:終了は「スタート」ボタン(バインドできません)へ移動しました。この変更により、間違ってShawzinを終了することが回避できるように。 音符はデフォルトで下の3つのボタンに設定されます。 • Nelumbo Shawzinに独自の開閉音を追加。(今回はクラッシュを引き起こさないように。) • Shawzinを切り替えると選択したShawzinを保持しない問題を修正。 • 他の分隊メンバーがShawzinを利用して他の音色を演奏すると自分のShawzinの曲が上書きされる問題を修正。 • 装備した武器のマガジンに最大弾薬数より少ない弾薬を持っていて、Shawzinをプレイするとリロードできなくなる問題を修正。 • 1つShawzinを所有していると他の種類のShawzinをギフトとして受け取れない問題を修正。 • Shawzinを長い間再生した後に曲を再生できなくなる問題を修正。 Gaussに関する変更、修正点: • Gaussのバッテリーメーターは、チームメイトを復活させるとともに充電されるように。 • GaussのRedlineを発動中にExergisを適切なタイミングで発射するとリロードすることなく連続で発砲できる問題を修正。 • オーブ峡谷のCapturaシーンでGaussのMach Rushを使いながらダッシュできない問題を修正。 共有シンジケートメダルに関する変更点: アップデート25.7.0に記載されているように、共有シンジケートメダリオンはベントキッドとSimarisシンジケート用の地位ポイントへ交換できるように。 開発チームは議論を重ねたところ、共有シンジケートメダルをコンクレーブで使用できるようにする変更を見送ることにしました。 あげられた理由としてはPvPゲームモードにPvEパスを追加するのは適切ではないと感じたためです。特に、地位ポイントを獲得するために積極的にコンクレーブをプレイした人にフェアでないと判断しました。 期待していただいていたのに見送りという結果になったことをお詫びいたします。 トロイドに関する変更と修正: • ドロップ率を1.1%から2%へ引き上げました。 • オーブ峡谷の利益の寺院、研究所、そしてスペースポートのラクノイドでない敵からトロイドがドロップしない問題を修正。 その他の変更点: • AtlasのRumblersの最大サイズをさらに縮小して、ドアに引っかかることがないように。 • スナイパースコープを使用していたり採掘中、LokiのInvisibilityなどでクロークしてズームインしている場合はプレイヤーを表示しないように。 • 特定のアイテムをプレイビューしているときに表示される間違ったヒントを撤去。 • MODリンクプレビューの「所有なし」ラベルは、少なくとも1つのModを所有していない場合にのみ表示されるように。 • UIを移動したり整列することにより、傍受HUDを調整。 • コントローラーカスタマイズ画面からRailjack関連のバインディングオプションを撤去。 • エイドロンの草原からパラボラアンテナを撤去。この不具合によりタレットの発砲が妨げられていました。 修正点: • 星系マップに表示されているレベルと違う敵がナイトメアミッションで生産される問題を修正。 • プロフィットテイカー戦でコーパスマンカーが生産されない問題を修正。 • 転移してからVoidダッシュするとWARFRAMEの勢いが引き継がれる問題を修正。 • WukongがCloud Walkerを無効にすると、Wukongが発動する前に移動していた方向に飛躍する問題を修正。 この修正により、Cloud Walkerを発動していたときのスピードを維持するようになりました。 • NovaのAntimatterを発動中、銃で焦点を合わせ、少し見下ろしたときに早まって爆発する問題を修正。 • IvaraのSleepを発動すると鳥が地面に落ちてしまう場合がある問題を修正。 • Nezhaが死んだり蘇生されると、Pyroclastic Flow増強の火が無期限に残り、味方にダメージを与える問題を修正。 • MirageのHall of Mirrorのクローンが倒した敵がチャレンジやアクトに対してカウントされない問題を修正。 • Umbraフォーマやオーラフォーマをアークウイングやセンチネルに対して利用できる問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1122503-aura-forma-installed-on-archwing/ • MODドロップの情報がコーデックスに表示されない問題を修正。 • オペレーターの外装品ジオラマに表示されるバンドルがプレイヤーのオペレーターの外装に対応しない問題を修正。 • 同じシジルを複数を取得するとインベントリ画面で重なって(~枚のように)表示されない問題を修正。 • プレイヤーから特定の距離にいるとき、アークウイングの敵が正しい行動を取らない問題を修正。 • アークウイングミッションの敵がターゲットの真下または真上にいて、ターゲットを直視しながら移動すると発生する問題を修正。 • メインメニューにいるときコントローラーを使って外装リンクを開くとプレビューがとても暗く表示される問題を修正。 • HarrowのReliquary Thuribleがミッションへロード中にも見える問題を修正。 • サンクチュアリ交戦のポータルFXが欠落している問題を修正。 • 武器を振っても近接属性FXが表示されない問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1126060-elemental-fx-on-melee-weapons-arent-showing-up-in-game/ • ソロモードでプレイ中、ミッションを一時停止してもエレベーターが動いている方向に動き続ける問題を修正。 • TrinityのLinkのビームがちらつく問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1125006-photosensitive-epilepsy-migraine-warning-saint-of-altra-made-trinitys-link-flash-and-blink-dangerously/ • オペレーターのデュアルオキュラスのレンズが不透明になりすぎる問題を修正。 この修正により以前の状態に近づきました。 https://www.reddit.com/r/Warframe/comments/cxpuaz/so_the_dual_oculus_went_from_being_glasses_to/ • 不可視のWARFRAME(例:Loki、Ivaraなど)でAkariusの弾薬が隠れない問題を修正。 • 揮発性のOrokinコンテナが意図した赤色ではなく青色に点灯する問題を修正。 • セカンダリ目的または依頼ミッションボーナスのテキストがホストの言語で表示される問題を修正。 • 日本語クライエントで「クバカタリストを拾う」が間違って表記されていた問題を修正。 • テラリスト依頼ミッション中。「欠片を入れる」と表示されるはずの箇所でファイルパスが表示される問題を修正。 • ヘビー武器の弾薬を拾う箇所で「|NAME| クールダウンをリセットする」と表示される問題を修正。 • コーパス氷の惑星タイルセットで勝利品がスタックする問題を修正。 https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/czy8jf/as_long_as_i_can_remember_theres_been_a_breakable/ • チャットリンクされたセンチネル武器のプレビュー画面に行くと情報が表示されない問題を修正。 • 一部のKitgunがリロードとリチャージの音響を流し続ける問題を修正。 • Simaris Helios スキンが間違ったエネルギーカラーを使用する問題を修正。 • Dojoの「今日のひとこと」のボックスを沢山の線であふれさせることができる問題を修正。 • Acceltraを拾い上げるときに正しいモデルまたはテキストが表示されない問題を修正。 Prime Vault:ホットフィックス 25.7.4.1 変更点: • 使用しているクブロウやキャバット(Hyekka、Moonlessなど)に装備できないクブロウ、キャバットアーマーをプレビューすると、互換性のあるクブロウ、キャバットスキンが表示されるように。 修正点: • ログインした直後に動けなくなる問題を修正。 • 過度に輝く氷のテクスチャを修正。 • コーパス氷の惑星タイルセットで届かない場所に作成されるコンテナなどを修正。 https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/d02t3e/level_holes_in_void_and_derelict_extraction_tiles/ez5w4rx/?context=3
  14. Prime Vault:ホットフィックス25.7.3 Prime Vault 開門! SarynとValkyr PrimeがPrime Vaultから初復帰し、プライム武器や外装品、グリフなども再来。 Voidや依頼ミッションからレリックを入手しよう! 今すぐPrime Vaultをゲット: https://www.warframe.com/prime-vault これをもちまして、Nyx PrimeとRhino Prime、関連Prime武器およびアクセサリーなどはPrime Vaultへ収納されました。そしてNyx PrimeとRhino Prime関連のレリックはドロップテーブルから撤去されました。 * 既に所有しているアイテムはインベントリから外されません。これらのアイテムのパーツを含むVoidレリックを所持している場合はインベントリに残り、プレイすることが可能です。 Shawzin に関する変更点: • Shawzinの曲は最大1000の音符を録音できるようになりましたが、曲が100音符以下の場合のみチャットリンクできるように。 • 訂正: 録音した1000音符の曲を読み込むことができますが、チャットへリンクするには100音符の制限が引き続き適用されます。 • Shawzinの「自動再生」が常にスコア0を表示する問題を修正し、代わりに「自動再生」を表示するようになりました。 最適化: • マップより外に敵が生産されると起こるクラッシュを修正。 • 外観リンクからアイテムを購入しようとしてキャンセルすると機能が失われる問題を修正。 • ミッションを移行中にMODリンクが開いているとUI画面がフリーズする問題を修正。 • チャットリンクされたShawzinの曲やMODリンクを選択しようとすると発生するUI画面のフリーズを修正。 修正点: • 「Ayatan像をスターで埋める」Nightwaveアクトが完了しない問題を修正。 • 特定のアンプがエイドロンに対して複数のダメージを与えない問題を修正。 この問題が発生していたため、Shwaakプリズムが貫通していないように感じられていましたが、実際はエイドロン勢にダメージが与えられていないためでした。 • Gorgaricus スポアが地面に突撃しても破裂しない問題を修正。 • アーセナル画面でモア、クブロウ、そしてKitgunが使用頻度でソートできなかった問題を修正。 • 一部の発射体が完全に停止せず、ゆっくりと浮かび上がる問題を修正。 • 同じシジルを複数取得しても、インベントリ画面で重なって表示されない問題を修正。 • コーパス船タイルセットにあるテレポートボリュームが他のタイルセットに突き刺さっていたため、他のタイルセットに勝手にテレポートされることがある問題を修正。 https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/cy3v5i/youre_playing_too_fast_enjoy_the_mission_for/ • ルアタイルセットで柱のトップ部分が消失している問題を修正。 https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/cyalz5/not_really_even_a_map_hole_but_the_gold_on_this/ Prime Vault : ホットフィックス 25.7.3.1 最適化: • モア、キャバット、そしてクブロウを所有しているが、センチネルを使用したことがないとアーセナル画面がクラッシュする問題を修正。 • Shawzinの曲で四角いテキストを検索しようとするUIの機能が消失する問題を修正。 修正点: • ルアレンズを作成するときに即時製作オプションを使用するとルアレンズを装備してもアフィニティが加算されない問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1125101-lua-lens-bug-gain-zero-or-unasigned-affinity/ • この不具合の影響を受けたプレイヤーへ即時製作分のプラチナが返金されます。スクリプトが実行され、完了するまでしばらくお待ちください。 • Gaussのメーターが完全に空な場合、Kinetic Platingは最小ダメージ保護を与えない問題を修正。 • クライエントとしてプレイ中、Handspring MODが機能しない問題を修正。 •リンクされたアイテムを表示するときに、外装リンクは大量のテキスト文字列として表示される問題を修正。 • AIがスタックする可能性がある、グリニアガレオンタイルセットにあるマップホールを修正。
  15. ご質問ありがとうございます。Nightwaveの報酬はNightwave画面右下の「クレド提供品」から交換することができます。シリーズ2が終了次第、クレドは使用できなくなりますのでご注意ください。
×
×
  • Create New...