Jump to content

[DE]Kanna

Warframe Support
  • Content Count

    292
  • Joined

  • Last visited

Everything posted by [DE]Kanna

  1. エンペリアン: Ivara Prime 27.0.6 エンペリアンはPC版Warframeで6日前に実装されました。 これまで私たちは5回にわたるホットフィックスを(今回で6回目)実装し、年末年始のお休みをいただく前にさらに修正を重ねていく予定です。 エンペリアンアップデートは私たちが描いていた理想に沿って実装されたかと聞かれると、 残念ながらそうではありません。これからも不具合をどんどん修正していき、バランス調整にも取り組む予定です。 エンペリアンに関するこれからの予定などを詳しく説明するDev Workshopをご覧ください。https://forums.warframe.com/topic/1154580-empyrean-the-journey-so-far/ レールジャックに関する変更、修正点: • 小惑星は複数の素材をドロップするように。 皆さんからのフィードバックで多く寄せられていた、チタンの入手方法を改善します。 • ヴェールプロキシマで点滅しているものがときどき表示される場合があります。 調査することをお勧めします… • PennantとQuellorの設計図は共有ピックアップに。この変更により、全てのプレイヤーがこれらのアイテムを個々収集しなくてもいいようになりました。 他のアイテムも同様に共有ピックアップできるよう、取り組んでいるのでもうしばらくお待ちください。 • DojoまたはMarooのバザーでアビオニックをトレードできるように。 • クルーシップのコンテナや重要人物からコモンとアンコモン素材を入手できる確率を増加。 この変更により、レアアイテムを戦闘からのみドロップするよう調整して、コモンまたはアンコモンアイテムは徒歩でピックアップできるようにバランス調整しました。 • 重要人物やラムスレッドを起動するクルーシップは4回しか発生しないように。 この変更により、クルーシップは無限の数のラムスレッドを生産しないようになります。 • アビオニックとグリッドのランクアップ画面に表示される星を変更。 • アビオニック名にメーカーのアイコンを導入することにより、どのメーカー産か明確になるように。 • レールジャックの名前のテキストは「プライマリテキストの色」オプションを使えるように。 • レールジャックを操縦するときのパフォーマンスを向上できるよう最適化を実行。 • 「懸念対象を調査する」ノードからスキャン可能なアイテムを撤去。   • 土星プロキシマとヴェールプロキシマの小惑星へ視覚的な多様性を追加。 • レールジャックのマップを進むにつれ、ラムスレッドはアップグレードされるように。 正確なエイムと火力を必要とするシールドをもったラムスレッドに要注意。 • 空きがある分隊を見つけられなかったとに表示されるエラー説明文を改正。 「空きのある分隊が見つかりませんでした。 再度試す、あるいはDojoの乾ドックにある自身のレールジャックから新しいセッションを開いてください。」 • アップデート・ホットフィックス・ホスト移行が発生するとプレイヤーが乾ドックに戻れなくなる問題を修正。 この修正が入ると、乾ドックに帰還するよう促すメッセージが表示されるようになります。 • 「懸念対象を調査する」ノードの敵が間違ったドロップテーブルを引用する問題を修正。 • ガレオンの重要人物であるブライトを無限生産できるエクスプロイトを修正。 彼が手下を生産するために必要なクールダウン期間は、時間の経過と共に増加します。 • ミッション終了画面に、実際に獲得したよりも多くの性能値数が表示される問題を修正。 • 操縦しているクルーシップが爆発するとすべての種類の破損状態に陥る問題を修正。 • 重要箇所(パルスタービン、シップキラープラットフォームなど)でラジエーターをさらし出したあと、ホスト移行が発生するとミッションを完了できなくなる問題を修正。 • ハイパーフラックスの容量バフがレールジャックに対して正しく適応しない問題を修正。 • ホスト移行が発生するとレールジャックの目的マーカーが失われる問題を解決に向けて改善。 • 小惑星ハンガークルーシップがスタックするためミッションを進行できなくなる問題を解決に向けて改善。 • レールジャックのミサイルプラットフォームの内側から特定のドアをくぐれない問題を修正。 https://www.reddit.com/r/Warframe/comments/ebl6o7/there_is_no_hack_terminal_on_this_missile/ • クライエントとしてプレイすると、ミサイルプラットフォームのコアを破壊するときに近道が表示されない問題を修正。 • 特定の武器がエリートコスマ フラックのシールドを通してダメージを与える問題を修正。 • RhinoのIron Skinの視覚効果が機首タレットとウイングタレットに反映される問題を修正。 • オービターや乾ドックで小さな小惑星が見える問題を修正。 • ホスト移行が発生中、対戦が始まると発生するスクリプトエラーを修正。 修正点: • Ivara PrimeにAstreaスキンやヘルメットを装備できない問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1153985-ivara-prime-astrea-skin/ • ItzalのArch Lineアビリティを使用してJordas Golemをミッションから突き飛ばすことができるため、ミッションを完了できない問題を修正。 • Excalibur Zatoのバイザーが過度に揺れる問題を修正。 • ScytheまたはNikanaスキンを装備したZaw武器から近接音響が欠落している問題を修正。 • Arit ロングソードスキンをZaw武器に装備すると音が出ない問題を修正。 • Zaw用のスキンに対して属性FXがずれて表示される問題を解決に向けて改善。 • Trinity Primeの尾の布を調整。 • Massif PrimeシャンダナがIvara Primeのスカートの布にスタックする問題を修正。 • Ivara Kuvael HuntressヘルメットがIvara Primeの体から浮かぶ問題を修正。 • Dojoで研究を終了した顔料を複写しようとすると発生するスクリプトエラーを修正。 エンペリアン: Ivara Prime 27.0.6.1 レールジャックに関する変更、修正点: • クルーシップがテンノの味方として生産されるため、テンノを攻撃しなかったり、戦闘機がクルーシップを攻撃したり、レールジャックのタレットがダメージを与えないなど、多くの問題が発生していた不具合を修正。 この問題が引き起こしていたクラッシュも重ねて修正。
  2. エンペリアン: Ivara Prime 27.0.5 アビオニックのドロップ確率を増加 + Diracドロップに関する変更点: Diracはグリッドをはじめ、アビオニックをアップグレードするために欠かせない万能な素材です。 残骸とアビオニックはDiracと交換にスクラップでき、Diracはどのレールジャックミッションでもドロップするアイテムです。 その一方、アビオニックはレールジャックをカスタマイズする上でとても大切なアイテムですが、容易に見つかるアイテムではありません。 その背景を考慮して、このホットフィックスでは次の変更点を導入します。 • グリニア戦闘機のドロップテーブルからDiracを撤去。 この変更が導入されると、従来より違う場所が(ミッション完了時、スクラップ、重要人物など)Diracの最適な入手元になることを意味します。 グリニア戦闘機が全てのアイテムの入手元として設置したのはこちらの計算違いでした。戦闘機はこれから、アビオニックや素材を優先的にドロップします。 • グリニア戦闘機からアビオニックがドロップする確率を10%から15%へ増加。 この変更により、アビオニックがより集め易くなり、もっていないものが増える可能性がアップします。また、重複したアビオニックを交換することによりDiracが集め易くもなります。 • 残骸をスクラップすると入手できるDiracの数を3倍に増加。 • MK Iシリーズの残骸は25から75 Diracへ増加。 • MK II シリーズの残骸は50から150 Diracへ増加。 • MK III シリーズの残骸は75から225 Diracへ増加。 • この変更によりクランエンジンが正しくスケーリングしない問題も解決しました。 次に変更を検討している項目はピックアップアイテムを分隊メンバーと共有できるような機能です。 レールジャックに関する変更、修正点: • クルーシップは他の戦闘機と区別できるよう、独自な敵マーカーを使用するように。 • クレジットキャッシュをレールジャックの報酬テーブルから撤去。(今回本当に撤去しました。) • エリート コスマ フラックは、ターゲットに直面している場合にのみシールドアビリティを使用するように。 • カーバイド、コペルニクス、キュービックダイオードとパストレル以外の素材をピックアップしたときに流れる音響を撤去。 音響は重要な素材のみに保留されます。 • タレットとの遭遇が無限に復活するエクスプロイトを修正。 • 脆弱なラジエーターが復活して目標を破壊するため、ホスト移行が発生すると、パルスタービンが目標であるレールジャックミッションを完了できない問題を修正。 • ホスト移行が発生するとクライエントがレールジャックミッションにローディングし直すまで通常より長い時間がかかる問題を解決に向けて改善。 通常、クライアントはホストよりもロードに時間がかかりますが、これによりロード時間が少し短縮されることを願っています。 • 兵装残骸が修理前後、先天的なボーナスを表示しない問題を修正。 修理前の統計は、兵装の残骸を選択してTabキーを押すと表示されます。 • レールジャックの材料を装備したり外したりするとアップグレードがスタッキングする問題を修正。 • ミサイルのプラットフォームで発生する可能性があるスクリプトエラーを修正。 • パーティカル・ラムを使用すると起こるスクリプトエラーを修正。 修正点 • クライエントのOctaviaは既存のSONGを使用する問題を修正。 • メニューを開いた後に孵化器に戻るとクブロウのアニメーションが揺れる問題を修正。 • Excalibur Zatoのスキンに対してシャンダナがクリッピングする問題を解決に向けて改善。 • テラリストが叫ぶときに発生するスクリプトエラーを修正。 • アークウイングアビリティを発動するときに発生するスクリプトエラーを修正。 • WARFRAMEアビリティを発動するときに発生するスクリプトエラーを修正。
  3. エンペリアン: Ivara Prime 27.0.4 IVARA PRIMEの登場です! 忍び足で獲物を追跡し、Ivara Primeで迷いの無い必殺の矢を放とう!  狩りに大事なBaza Prime、Aksomati Primeも一緒のゲットしよう。 Ivara Prime 暗闇を恐れず、堂々たる態度で狩りを極める女王。 Baza Prime オロキンが極めた、無音と殺傷力。 Aksomati Prime 優雅なAksomatiは改良を重ね、極上の品質を誇る Ivara Prime、Baza Prime、およびAksomati Prime関連のレリックは、いつもお馴染みのスポット(Void、遺跡船、防衛、耐久など)で見つけることができます。今回このラインアップにレールジャックミッションも追加されています。また、クレジットキャッシュは全て、レリックに置き換えられています。 ゲーム内コーデックスから、レリックがドロップする場所をチェックしよう。 Ivara Prime AccessおよびPrime アクセサリーで最新のPrimeギアを入手するには、https://www.warframe.com/prime-accessをご覧ください Zephyr Prime、Tiberon PrimeとKronen PrimeはこれをもちましてPrime Vaultへ収納されました。 これらのアイテムがPrime Vaultへ収納されるため以下のシンジケートへの捧げ物が変更されます。 • スティール・メリディアン:Zephyr PrimeシャーシがEquinox Prime ニューロティックへ。 • アービターズ・オブ・ヘクシス :Kronen PrimeブレードがTipedo Primeハンドルへ。 • ペリン・シークエンス:Zephyr PrimeシャーシからWukong Primeシャーシへ。 これによりこれらのアイテムはインベントリから外されません。これらのアイテムのパーツを含むVoidレリックを所持している場合はインベントリに残り、プレイすることが可能です。 レールジャックに関する変更、修正点: • レールジャックを修理するとヘルスを回復できるように。 • 火災および電気トラップで最大ヘルスの15%。 • 破裂で最大ヘルスの20%。 • 船体破損で最大ヘルスの30%。 • 船体破損が起こるとレールジャックは現在、10秒間の不死身状態が起こるように。 船体破損を修理することによりヘルスを回復できるため、レールジャックの不死身効果時間を調整しました。 船体破損を修復すると、「壊滅的な失敗が差し迫る」メーターの残り時間に基づきレールジャックの不死身効果時間はスケーリングされます。 船体破損の緊急度に基づき、5~15秒間の不死身状態を得ます。 • クレジットキャッシュをレールジャックの報酬テーブルから撤去。 この変更を補うため、レールジャックミッションにレリックが追加されました。 • エリートコスマ フラックのシールドアビリティのクールダウンを増加。また、シールドがダメージを時々ブロックしない問題を修正。 • 精度を向上するため、エリートコスマ フラックのヒットボックスを調整。 • アークウイングキャノンの発砲アニメーションを調整。 • コリジョンやサイズに関する不具合を回避するため、浮遊している牢屋を削除。 後日戻ってくる予定です。 • キーボードバインディングからプッシュツートークを有効化。 • シミュラクラムからクルーシップの資格を撤去。 • 地球プロキシマからSover Straitノードが欠落している問題を修正。 • オービターからレールジャックに登場して乾ドックにローディングしようとすると無限ローディングやクラッシュが発生する問題を修正。 • 他のプレイヤーのDojoで残骸を修復しようとすると発生するソフトロックを修正。 • フレンドとレールジャックミッションにロードしようとすると発生するクラッシュを修正。 • 失敗したミッションから乾ドックに帰還すると発生するクラッシュを修正。 • シールドアレイ MK IIIを選択すると発生するクラッシュを修正。 • ホスト移行が発生すると、レールジャックの目的をもう一度完了する必要がある問題を修正。 • 複数のミッションを完了したりホスト移行が発生すると起こる多数のスクリプトエラーを修正。 この問題が発生すると目標が壊れたり、更新されない可能性がありました。 • 操縦性能値の「突入速度」が機能しない問題を修正。 • ホスト移行が発生するとレールジャックのヘルスが失われる問題を修正。 • 操縦性能値の「突入速度」が機能しない問題を修正。 • 異なるレベルから移動するときに無限VOIDトンネルが発生する問題を解決にむけて改善。 • ホストがレールジャックキャノンを起動した直後にクライエントが起動すると、奇妙な状態に陥る問題を修正。 • 敵のクルーシップが見えないものに対して発砲する問題を修正。 (例:Itzal) • ミッション完了画面で不一致な性能値が表示される問題を修正。 • 乾ドックに帰還中、ミッション完了画面をひらいていると画面がスタックする問題を修正。 • クライエントとしてプレイ中、乾ドックに帰還するときにピックアップしたアイテムがミッション完了画面に表示されない問題を修正。 • 乾ドックに帰還中、フォージステーションの素材が与えられない問題を修正。 • レールジャックの材料を取り除いても、アップグレードが引き続き適用される問題を修正。 • シールド減少バフを持っているシールドアレイがレールジャックに無限のバフを与え続ける問題を修正。 この修正により、シールド耐性バフも取り除かれます。 ウイングタレットは引き続き次のショットで同じダメージボーナスを受けるように。 • アビオニックのスクラップ画面がアビオニックのランクを表示しない問題を修正。 • スクラップ画面をアクセスしてからインベントリ画面を開くと、スクラップ画面が引き続き表示される問題を修正。 • ミッションが開始してから他のプレイヤーのレールジャックアーセナルにいると、透明化する問題を修正。 • 機首タレットモードにいるとき、ラムスレッドが当たると、レールジャックの壁が見えなくなる問題を修正。 • レールジャックのタレットにいるときにWarframeのアビリティ音が正しく流れない問題を修正。 • Caballero レールジャックスキンを装備中、乾ドックのプラットフォームがレールジャックにクリッピングする問題を修正。 • 基礎材料がランク0と表示される問題を修正。 これらの基礎アイテムはランクがありません。 • ペイロード画面で製作可能な数より多くミュニションが作成できるため、素材がマイナス値に到達してエラーを発生する問題を修正。 • DredgerとOutriderの射程物がコリジョンを突き抜ける問題を修正。 • 前方重砲をチャージ中、レールジャックとアークウイングの間を切り替えると発生するスクリプトエラーを修正。 • ターゲットに向こうとしているとき、前方重砲がスタックする問題を修正。 • ホスト移行が発生すると前方重砲が機能しなくなる問題を修正。 • レールジャックがとても暗く表示される問題を解決に向けて改善。 • すでに最大ランクに到達している性能値をランクアップしようとすると間違ったプロンプトが表示される問題を修正。 • 乾ドックに帰還中、戦術メニューを開いているとミニマップから欠落していたテクスチャを追加。 • リアクターの説明文で重複していた箇所を修正。 • コーデックスジオラマで、アウトライダーがタレットにスタックしている問題を修正。 • レールジャックを操縦するとき、選択したUIテーマが失われる問題を修正。 • レールジャックのレーダータワーで発生するクライエントの音響に関する不具合を修正。 • アークウイングスリングショットの音響が正しく流れない問題を修正。 • Octaviaのアビリティが音響を正しく絞らない問題を修正。 • 重複して流れるCYの通信を修正。 • ガレオンやアステロイド基地の重要人物から欠落している通信を追加。 • レールジャック用の素材をチャットリンクしようとすると欠落していた説明文を追加。 • オムニを使うときに発生していたスクリプトエラーを修正。 • 戦術メニューを回覧するとき、または閉じるときに起こるスクリプトエラーを修正。 • レールジャックのHUDで起こるスクリプトエラーを修正。 • クルーシップとの戦いが始まると起こるスクリプトエラーを修正。 • タレットの中で死亡して蘇生されると起こるスクリプトエラーを修正。 修正点: • クバ要塞Pago侵入ノードをプレイできない問題を修正。 • パブリックマッチメーキングを使用しているとき、ダイナミックミッションタイプ(クバサイフォンやシンジケートミッションなど)をプレイしようとすると、まったく異なるミッションにローディングされる問題を修正。 この問題は、同じ惑星で同時に複数のミッションタイプが存在すると発生していました。 • ソーゴーに対して麻酔銃が機能しない問題を修正。 • Excalibur Zatoスキンの体の前の布がクリッピングする問題を解決に向けて改善。 • Excalibur Zatoの左肩の毛皮がクリッピングする問題を解決に向けて改善。 • Titania Empress スキンに対してシャンダナがクリッピングする問題を解決に向けて改善。 • ギアとエモート間で切り替えると正しいツールティップがギアホイールに表示されない問題を修正。 • Hawkmothスキンを装備してTitaniaのDex Pixiaを発砲すると、異なる武器の音響が聞こえる問題を修正。 • コーデックス画面でプロフィットテイカーオーブを回覧中に発生するスクリプトエラーを修正。 • クバクラウドとナリファイアのドームが重なり合うと発生するスクリプトエラーを修正。 • Venariに関するスクリプトエラーを修正。 • クバ・リッチがDodgeやDecoyを発動しようとすると発生するスクリプトエラーを修正。 • 様々なWarframeのアビリティを発動しようとすると発生するスクリプトエラーを修正。 • Molecular Conversion Taxonプリセプトが解除されたときに発生するスクリプトエラーを修正。 • グリニア スコーピオンによって引き寄せされると発生するスクリプトエラーを修正。 • グリニアグールが起こすスクリプトエラーを修正。 • 特定の言語で翻訳が欠落していたため、英語表示されていた箇所を修正。
  4. 上のスレッドが更新されましたのでお知らせいたします。 エンぺリアンの実装を祝う生配信を視聴しよう! [DE]Meganや豪華なゲストは   12月13日午前時から午後時まで(東部標準時間)、エンピリアンに搭乗して、ヴェールプロキシマへ向けて開拓の旅を始めます。ゲストInexpensiveGamer、GlamShatterSkullとDKDiamantesの配信をチェックしよう。 また来週中、TwitchアカウントをWarframeアカウントに連携して、お気に入りのWarframe配信者の動画を視聴するだけで、さらに3つのTwitchドロップを入手できます。 ドロップ 1: Cephalon Cy グリフ 12月13日午前11時から午後7時まで(東部標準時間)     • 30分連続して視聴する • 公式Warframeチャンネルを視聴しよう • アカウント1つに対して1回のみ取得可能 • Twitch、Mixer、Steamから視聴可能。 ドロップ 2: Mag Itzal ボブルヘッド * 12月13日午後7時15分から12月17日午後2時00分まで(東部標準時間)   • 30分連続して視聴する • Warframeチャンネル一覧から配信を選びます • アカウント1つに対して1回のみ取得可能 • Twitchからの配信のみ獲得の対象となります ドロップ 3: 「EXPLORATION」 ポスター * 12月17日午後2時15分から 12月21日午後3時まで(東部標準時間)   • 30分連続して視聴する • Warframeチャンネル一覧から配信を選びます • アカウント1つに対して1回のみ取得可能 • Twitchからの配信のみ獲得の対象となります The Games Awardsを視聴するとゲットできていたGlaxion Vandal Twitchドロップを再配信します。 12月19日(木)(東部標準時間)の午後7時から配信されるPrime Timeを視聴するとGlaxion Vandalが再度配布されます。 Twitchアカウントと正しく連携できているか必ず確認してから、生配信をご覧ください。詳しくは、このヘルプページから:https://digitalextremes.zendesk.com/hc/ja/articles/360019760711-Twitch-%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89
  5. エンペリアン: ホットフィックス 27.0.3 Umbraフォーマの設計図に関する変更を土曜日の夜に行いました。 Umbraフォーマの設計図は難易度の高いヴェールプロキシマ地域からドロップするように意図的に設定されています。 しかし、地球プロキシマ地域からもドロップされていたようです。この不具合は修正されました。 レールジャックに関する変更、修正点: • ゼットキ・クライオフォンの統計を意図した値に修正。 この修正により、ゼットキ・クライオフォンはベースのクライオフォンより強いダメージを与えるようになります。 • 戦闘機やクルーシップで発生するフレアや爆発FXを調整。 • 特定の牢屋で間違っていた照明やスケーリングを修正。 • クルーシップから欠落していたコリジョンを追加。 • オービターから他のプレイヤーのレールジャックに参加しようとすると発生するクラッシュを修正。 • レールジャックのHUDを破損するスクリプトクラッシュを修正。 • クライエントとしてプレイ中、タレット武器の付属品アニメーションが見えない問題を修正。 変更点: • 土星のグリニア・アステロイドタイルセットに存在していた不要なドアを撤去。 修正点 • 木星ガス・シティタイルセットから欠落していた通信を修正。 • ターゲットがターゲットにされているときに破壊されるとテラ エンバターモアのモルタル攻撃が壊れる問題を修正。 • アービトレーションシールドドローンが特定のNPCを守ろうとすると発生するクラッシュを修正。 • ハイジャックミッションでクライエント側のFXの欠落につながる可能性のあるネットワークの競合状態を修正。 • ハイジャックミッションでホスト移行が発生するとHUDの要素が壊れる問題を修正。 • モリ突き漁を行っている分隊にクライエントが参加すると発生するスクリプトエラーを修正。 • VoltのDischargeアビリティを発動するときに発生するスクリプトエラーを修正。 • NovaのMolecular Primeアビリティを発動するときに発生するスクリプトエラーを修正。 • キャバットに関するスクリプトエラーを修正。 • Revengeセンチネルプリセプトに関するスクリプトエラーを修正。 • Unleashedクブロウプリセプトに関するスクリプトエラーを修正。
  6. エンペリアン: ホットフィックス 27.0.2 実装直後は不具合の優先順位を重視して、多くのホットフィックスを導入していくことになるでしょう。     不具合を発見した場合、再現の仕方を明確に記載した報告をフォーラムの方にお寄せください。 レールジャックに関する変更、修正点: • アークウイングとレールジャックのバキューム範囲を上昇。 • レールジャック 200-250 • アークウイング 25-50 • アビオニックをアップグレードするときにかかるホールド時間を50%減少。 • フレスネルとナルストーンの数を、他のレア素材でドロップされる数へ一致させました。 • レールジャックミッションをクリアしたときに得られるコモン報酬の量を二倍まで引き上げ。さらに、アンコモン報酬を若干上昇。 • レールジャックの「クルーを結成」ボタンに「ミッションを選択」という説明を含めるように。 • レールジャックのアビオニック、Diracと残骸はアークウイングのバキューム機能に対応するように。 • 小戦が終わるあたりの生産率を変更することで、ミッションの終盤にクルーシップや戦艦の生産率を抑えるように。 • クルーシップのダメージ乗数を減少。 • クルーシップのアークウイング火災に対する耐性を強化。 • ミッション中にミュニションとドマチャージを作成するときに間違った技術性能値ランクが表示されるツールティップを修正。 • クルーシップが死亡する前の状態をバイパスするため、クライエントが早期に死亡する問題を修正。 • グリニアレールジャックの搭乗部隊が間違った近接FXを使う問題を修正。 • レールジャックのカスタマイズ画面を離れると画面が黒く残る問題を修正。 • レールジャックカスタマイズ画面を閉じるときにカメラがリアクタールームにスタックする問題を修正。 • 「所持アイテムを非表示」を選択しても解除されているレールジャック研究が表示される問題を修正。 • レールジャック関連の研究に対して「所持アイテムを非表示」が機能しない問題を修正。 • レールジャックのカスタマイズでランダムを選ぶと、所有アイテムからのみ選択するように。 • レールジャックでグリフを取り替えられない問題を修正。 • 地球プロキシマからBENDAR CLUSTERノードが欠落している問題を修正。 • 残骸レールジャック兵装に発射速度ランダムバフが適応されない問題を修正。 • ベースタイプのアビオニックを装備しているとき、同じ親タイプの複数のレールジャックアビオニックを複数装備できる問題を修正。 • ラムスレッドがレールジャックミッションの間、消滅しない問題を修正。 • ハイパースペースにいる間、レールジャックでアークウイングスリングショットに乗ることができる問題を修正。 • ホストが使った直後にクライエントが使用するとアークウイングスリングショットが破損する問題を修正。 • Dojoに帰還してもレールジャックの誤動作が解消されない問題を修正。 • 乾ドックからレールジャックに搭乗すると黒へフェードする過程が残る問題を修正。 • Master Key Parazon Modが起用される前にコンテナを開くと発生するクラッシュを修正。 • 目的が終了した後、クルーシップが解放されず、反り返らない問題を修正。 • レールジャックのHUDのスケーリングが正しく保存されない問題を修正。 • レールジャックミッションに参加するとき、オービターの星系マップが性能値の条件をチェックしない問題を修正。 • ホスト移行が発生した後、レールジャックの重要人物の弱点スクリプトで発生するスクリプトエラーを修正。 • クライエントとしてプレイ中、パルスタービンブレードの回転アニメーションが遅れて表示される問題を修正。 • パスルタービンのケーブルを破壊しても電気FXが表示されない問題を修正。 • Excalibur Zatoのアイドルアニメーションで発生する左手のクリッピングを修正。 • クルーシップが生産されるときに発生するスクリプトエラーを修正。 • Fighter Escortを起動するときに発生するスクリプトエラーを修正。 • 乾ドックで複写するときに発生するスクリプトエラーを修正。 • レールジャックのパイロットや銃によって発生するスクリプトエラーを修正。 • レールジャックの爆破音が音響スライダーに基づいて調整しない問題を修正。 修正点 • スクリプトエラーにつながる可能性のある無害なネットワークの競合状態を修正。 • サンクチュアリ交戦でポータルの破損につながる可能性のある無害なネットワークの競合状態を修正。 • RhinoのIron Skinアビリティを発動すると発生するスクリプトエラーが引き起こすクラッシュを修正。 • Energy Shellを発動すると発生するスクリプトエラーが引き起こすクラッシュを修正。 • NekrosのDesecrateアビリティを発動すると発生するスクリプトエラーが引き起こすクラッシュを修正。 • GaussのRedlineアビリティを発動すると発生するスクリプトエラーが引き起こすクラッシュを修正。 • MirageのSleight of Handアビリティを発動すると発生するスクリプトエラーが引き起こすクラッシュを修正。 • WukongのCloud Walkerアビリティを発動すると発生するスクリプトエラーが引き起こすクラッシュを修正。 • WispのReservoirsアビリティを発動すると発生するスクリプトエラーが引き起こすクラッシュを修正。 • Switch Teleportを発動する敵がスクリプトエラーが引き起こすため起こるクラッシュを修正。 • モリ突き漁が引き起こすクラッシュを修正。 • 依頼ミッションを完了すると発生するクラッシュを修正。 • Vay Hekを相手に戦うと起こるスクリプトエラーを修正。 • Raptorと戦うと発生するクラッシュを修正。 • VaubanのMinelayerアビリティを発動すると発生するスクリプトエラーが引き起こすクラッシュを修正。 • 分裂ゲームモードで発生するクラッシュを修正。 • HildrynのBalefireアビリティを発動すると発生するスクリプトエラーが引き起こすクラッシュを修正。 • グリニアスコーピオンで発生するクラッシュを修正。 • Rakta Dark Daggerを使用してダメージを与えているときに発生するクラッシュを修正。 • コンバージェンスオーブを拾い上げるときに発生するクラッシュを修正。 • エンシェントヒーラーが特定のNPCを守ろうとすると発生するクラッシュを修正。 • オーブ峡谷で特定の出会いを機能させないスクリプト関連のクラッシュを修正。
  7. エンペリアン: ホットフィックス 27.0.1 エンペリアンアップデートをもうお楽しみになられましたでしょうか。 実装直後は不具合の優先順位を重視して、多くのホットフィックスを導入していくことになるでしょう。不具合を発見した場合、再現の仕方を明確に記載した報告をフォーラムの方にお寄せください。 変更点: • レールジャックのキー回収ミッションで現れるセンティエントはアイテムをドロップしないように。 このミッションはレールジャックレリクアリキーを取得するために一度限りプレイする任務です。 修正点: • ノードを既に完了している場合、星系マップからレールジャックミッションに参加できない問題を修正。 • レールジャックからDojoに帰還するときにミッション完了画面で性能値が表示されない問題を修正。 • レールジャックミッションからアビオニックを数枚ピックアップできる問題を修正。 • オービターからミッションを開始して、代わりに乾ドックに進んだ後、乾ドックからレールジャックミッションを開始して、シネマチックをスキップすると発生するスクリプトエラーを修正。 • レールジャックウイングタレットのFXがゲームを再起動するまで残留する問題を修正。 • レベルを移行するときにレールジャックのパイロット席にいると発生するクラッシュを修正。 • レールジャックからミッションへ移行するときに発生するクラッシュを修正。 • レールジャックミッションを失敗すると発生するクラッシュを修正。 • 性能値画面で発生するクラッシュを修正。 • オプションメニューで発生するクラッシュを修正。 • Acridを発砲するときに発生するクラッシュを修正。 • 受信ボックスに関するクラッシュを修正。 • アーセナル画面でWarframeのアビリティビデオを視聴すると発生するクラッシュを修正。 • RevenantのEnthrallアビリティを発動するときに発生するスクリプトエラーを修正。 • RhinoのIron Skinアビリティを発動するときに発生するスクリプトエラーを修正。 • NekrosのDesecrateアビリティを発動するときに発生するスクリプトエラーを修正。 • VaubanのMinelayerアビリティを発動するときに発生するスクリプトエラーを修正。 • GaussのRedlineアビリティを発動すると発生するスクリプトエラーを修正。 • WispのReservoirsアビリティを発動すると発生するスクリプトエラーを修正。 • MirageのSleight of Handアビリティを発動すると発生するスクリプトエラーを修正。 • WukongのPrimal Furyアビリティを発動するときに発生するスクリプトエラーを修正。 • HarrowのThuribleアビリティを発動すると発生するスクリプトエラーを修正。 • 「プレイヤーを待っています…」および「まもなく去ります」メッセージに表示される[HC]テキストを修正。
  8. この度大型アップデート「エンペリアン」がついに実装されました。英語のフォーラムスレッドと同様、日本語コミュニティからのフィードバックを募集します。このスレッドには日本語スタッフが毎日目を通す予定ですので、皆さんがお気付きになった点を投稿してください。 フィードバックを書き込むときに気をつけていただきたい次の3点に目を通してから投稿ください。 1.できるだけ簡潔に 強く感じているトピックについてできるだけ短く、簡潔に要点を捉えて説明してください。他のプレイヤーが内容を理解できるようにできるだけ難しいゲーム用語、ニックネームなどは避けてください。 2. ゲームから引用した証拠や具体的な例を挙げてください 具体的なポイントを引用して主題をサポートしてください。例えば「XはYに比べて統計値が優れている」や「このアビリティはXと兼用すると劣っている」などの書き込みをお願いします。 3. 発言するときはマナーを守ってください 議論はフィードバックの自然な部分ですが、攻撃的な口調は他のプレイヤーがむきになってしまう傾向があります。そして、 個人的な攻撃やマナーを守らない書き込みはせっかくいいアイデアであっても取り入れられる確率は低くなります。どうぞ皆さんが納得できるような書き方をしてください。
  9. エンペリアン: アップデート 27 エンペリアン: 旅立ちのとき アップデート27をお届けします。 エンペリアンが到着しました。レールジャックの旅は始まったばかりです。 今回のアップデートでは「エンペリアンをプレイする方法を教えてください」という皆さんからのご質問にお答えします。 『流転する形勢』クエストをクリアした時点で、離陸の準備ができています。 クエストをまだ完了していない方は、レールジャックを持っている他のテンノの分隊に参加するか、クエストに挑戦してください。 このアップデートではレールジャックに乗って、地球プロキシマ、土星プロキシマ、およびヴェールプロキシマを開拓できます。 地球から離れれば離れるほど、任務の難易度が上がります。自分と分隊のメンバーの訓練に励んでください。 レールジャックの各機能を習得するまで、時間がかかるでしょう。 エンペリアンでは新しい進歩システム「性能値」を紹介するとともに、アビオニック、ギアや素材などを探し当て、集めることが成功への鍵を握ります。 テンノ、クルーと手を取り合って、試練を乗り越えるのです。 今回のアップデート「エンぺリアン」は迫りよる戦争の序幕に過ぎません。 戦争の足音がすぐそこまで近づいています。 さあテンノ、その日に向けて準備を整えるのです。 Warframeチーム ==== 「ご案内いたします。本日はWarframeエンぺリアンにご搭乗いただき、誠にありがとうございます…」 今回のパッチノートでは、レールジャックの操縦の仕方を説明したうえ、任務の成功を手助けする解説ガイドをお届けします。 そのため、このノートは2つの主要カテゴリーに分割されています。 プリフライト: 戦闘に向けてレールジャックを装備したり準備する方法 飛行中の作業:レールジャックに搭乗してからこなす作業 1. プリフライト: エンペリアンの開発過程をフォローしていた方は既にご存知でしょうが、今回の野心的なコンテンツは協力プレイを促進するようにデザインされています。 ソロモードでクリアすることも可能ですが、難易度はとても高い設定となっています。 ソロモードを使用してクリアしたいテンノには2020年に「指揮(仮名)性能値」という助っ人を提供する予定です。 「流転する形成」クエストをすでにクリアしましたか?  船舶中のレールジャックに息を吹き込むときが来ました。 レールジャックに搭乗して、船尾にあるレリクアリを探しましょう。 そこから、フライトを飛行するために必要な最後のパーツを探すミッションが見つかります。 研究 乾ドックの研究コンソールではレールジャックの整備に向けて兵装や素材などにアクセスできます。 これらの研究は他のクランメンバーと協力して進めることができます。研究を完了すると、複写することができ、ファウンドリで製作した後レールジャックに組み込めます。 材料(シールドアレイ、エンジン、リアクター)や兵装(機首タレット、ウイングタレット、大砲)の基本モデルとなる「MK」シリーズは研究の準備が整っています。 研究を一つ終わらせると、次のMKグレードの研究項目が解除されます。MKグレードは最大、レベル3まで到達できます。 残骸 材料や兵装はミッション中にいにしえの大戦時に破壊されたレールジャックの残骸からも入手できます。 しかし、これらの残骸パーツは元の栄光を取り戻すため、修理が必要です。修理にはファウンドリと機能が似ている寄付オプションを使ったり、マーケットから購入でき、設定パネルから発動できる即時修理ドローンが役に立つでしょう。 各残骸パーツには状態異常や発射速度の増加など、独自の統計を適応する機能を持ち合わせています。 不要なパーツをインベントリから撤去するためには次の2種類の方法を使ってスクラップしよう。 1. 残骸を修理する前にスクラップするとDiracを受け取れます。DiracはEndoと似ていて、アビオニックグリッドやアビオニックをアップグレードするために使う消費アイテムです。 2. 修復作業が終わったときに残骸をスクラップすると、修復を行うために消費した素材(チタンやカーバイドなど)が返還されます。 残骸パーツは現在、3種類の製造メーカーに属します。ラバン、ビダール、そしてゼットキというメーカーが製造を承っており、アビオニックスを説明する欄で詳しく説明します。 インベントリで所有できる残骸の容量は現在、上限30で設定されています。 それ以上の残骸を回収しても、自動的にDiracへスクラップされるので、インベントリの管理と戦艦の修復の優先順位に注意してください。 レールジャックをカスタマイズしよう 乾ドックにある「レールジャックをカスタマイズ」コンソールからレールジャックの機能を設定したり、テンノの技能を設置することができます。 材料: お好みのシールドアレイ、エンジン、リアクターをレールジャックに装備しよう。 この画面から残骸パーツを修復したりスクラップすることができます。 シールドアレイ: レールジャックのシールド容量と回復率・減衰を決定する。 エンジン: レールジャックの最大速度、加速率、および操縦(回転速度)を決定する。 リアクター: レールジャックのアビオニックMODの容量と戦術アビリティや戦闘アビオニックのフラックスエネルギー容量を決定する。 兵装: お好みの機首タレット、ウイングタレットや大砲をレールジャックに装備しよう。 この画面から残骸兵装を復元したりスクラップすることができます。 機首タレット: パイロットのみが使用できるレールジャックタレット。 ウイングタレット: レールジャックのタレットは戦艦の左側、右側の両方に位置していて、パイロット以外のクルーが使用できます。 大砲:大砲武器はタレットより強力な攻撃を仕掛けられるようになっていますが、ミュニションによって制限されています。 アビオニック: レールジャックのコア機能を強化できる場所です。 レールジャックの装備を優位に進めるため、全てのプレイヤーへ3つの無料のアビオニックを提供します。 バルクヘッド:レールジャックの船体状態を向上する。 ハイパーストライク:タレットのダメージを上昇する。 ハル ウィーブ:レールジャックの装甲値を上昇する。 アビオニック画面はいくつかのセクションに分けられています。 統計: レールジャックへアビオニック、材料、および兵装が組み込まれた後の累積統計を表示します。 戦闘: レールジャックのオンボードシステム。 これらの機能はWarframeのアビリティに似ていますが、レールジャック特有の機能。 総合済み: レールジャックの武器やシールドなどを強化することができるパッシブ統計。 策略: 激戦中リアルタイムで使用できるアビオニックMODを搭載できる。 アップグレード Warframeで他の機能をアップグレードする時と同じように、レールジャックにはアビオニック容量が設置されていて、アビオニックMODを装備するときに利用可能なスペースを示します。 スクラップしたり、レールジャックミッションを完了すると得られる新しい通貨「Dirac」を使って、次の2つの目的を達成するためにアビオニックをアップグレードできます。 1. グリッド: アビオニックが配置されるスロット。 各グリッドはDiracを使用して最大3回までアップグレードでき、より強力なアビオニックを取り付けられます。 2. アビオニック: アビオニック自体も、Diracを消費してアップグレードできます。 従来のMODシステムと同様、アップグレードするランクが高ければ高いほど、グリッドに装備するコストが高く設定されます。 メーカー産 いにしえの大戦でレールジャックの技術を磨き上げた、「ラバン」メーカーをご案内します。 エンジンとシールドを特化したラバンメーカーはより低い素材コストを用いり、強固な技術を提供します。 ラバンメーカーのパーツはオロキン艦隊の基盤でしたが、エリートユニットが求めていたカスタマイズ機能が備わっていませんでした。 次に、いにしえの大戦でレールジャックの技術を磨き上げた、「ビダール」メーカーをご案内します。 素材専門家のビダールは、機能とコストのバランス調和に力を入れたことで名を上げました。 ビダールが造る船体と装甲パーツは極端な要素に耐える能力が備わっているため、特殊ユニットの忠誠心を獲得しました。 最後に、いにしえの大戦でレールジャックの技術を磨き上げた、「ゼットキ」メーカーをご案内します。 ゼットキメーカーのパーツは最高級の品質を誇ります。 しかし、製造のために消費する資源とエネルギーの条件が高いため、艦隊の最も重要な船だけがゼットキ技術を使うよう、優先されていました。 レールジャックの材料、兵装とアビオニックは現在三種類のメーカー(ラバン、ビダール、ゼットキ)により製造されています。各メーカーはさまざまな長所と短所を持ち合わせているため、レールジャックのカスタマイズオプションをより幅広いものとします。 同じアビオニックの多くは全てのメーカーに存在します。 例えば、アビオニック「アノード セル」では3つの異なるバージョン(ラバン、ビダール、そしてゼットキ)を使用できます。 アビオニック画面からアビオニックMODをDiracと交換にスクラップすることが可能です。 レールジャックのダメージと状態異常の種類: 材料、兵装とアビオニックのオプション画面で、新しいダメージや状態異常が紹介されていることに気付くでしょう。 新しいダメージや状態異常タイプはレールジャックで交わされる激しい戦闘に役立ちます。 パーティカルダメージは破裂状態異常を起こします。 • 敵の船体に穴を開けます。 プレイヤーはより多くのダメージを与えることができます。 • バリスティックダメージは振動状態異常を起こします。 • 船に乗り込んできた敵を振りはらおう。 敵のエイムとダメージは軽減されます。 • プラズマダメージは減圧状態異常を起こします。 • 敵の船体の装甲やシールドに穴を貫通させます。 シールドと装甲値を全体的に減らします。 • インセンディアリーダメージは焼却状態異常を起こします。 • 時間の経過とともに敵の船体を燃やし上げます。 • イオニックダメージはスクランブル状態異常を起こします。 • 敵の飛行制御を一時的に無効にします。 • ケミカルダメージは混乱状態異常を起こします。 • 敵のパイロットは混乱に陥ります。 敵は周りの誰をもターゲットにします。 • フロストダメージは不動状態異常を起こします。 • 船のコントロールがフリーズするため、前進しながら停止します。 ペイロード: 乾ドックで十分な素材を調達して、ミッションへ備えよう。 特定の素材を消費すると、次のアイテムをミッションに参加する前に製作できます。 リボライト 「オムニ」ギアアイテムで修理を行うにはリボライトを必要とします。 フラックスエネルギー 戦闘アビオニックと策略アビオニックはフラックス・エネルギーを使用します。 ドームチャージ ドームチャージは前方大砲が消費します。 ミュニション 大砲を発射するには弾薬が必要です。 これらのアイテムはリアルタイムで収集した素材などを使用して、戦闘中にレールジャックで作成することもできます。詳しくはリソースフォージの欄で説明します。 性能値: 「性能値」は新しく紹介されるレールジャックのコア進歩システムです。 性能値は飛行中、個人スキルがどれだけ効率的で効果的であるかを決定します。そして、装備できる武器や操作スキルなどを調整できます。 各性能値は最大ランク10までアップグレードできます。そして、性能値をランクアップする度により効果的なバフを付与します。 性能値のランクが上がると、ランクアップ過程に必要なコストもあがるので、ご注意ください。 性能値ポイントを一つ消費すると1500のマスタリーを習得します。 そのため、性能値をランク10まで上げると、15,000マスタリーを習得できます。 すべての性能値カテゴリーをランク10まで上げると、6万マスタリーを取得できることを意味します。 性能値の入手方法: 性能値はレールジャックミッションを完了する度に得られます。ミッションの成功を支援するために行われる全てのアクション(例: 修復、搭乗パーティーに対する対戦など)に対しても、性能値が配布されます。 性能値の消費方法: 性能値はレールジャックを操縦するときに必要なスキルに対して割り当てられるスキル通貨です。 この通貨は乾ドックやオービターのプロフィール画面から消費できます。 策略 戦いの全体像に集中しよう。 改良された策略アビオニックは、アークウィングカタパルトの機動で、強力な戦略的部隊の展開が可能。 操縦 船との絆を築こう。 改良された操縦アビオニックは先進的な速度で機敏な操縦を可能にする。 銃砲 アーセナルの致死的な力を解き放とう。 改良された銃砲アビオニックは、高度な照準モードと圧倒的威力の砲撃を持つ。 技術 戦いで傷ついた戦闘機器を修復して、磨きあげよう。 改良されたエンジニアリングアビオニックは素材の回収量を増大し、兵装をリアルタイムで造り出す。 指揮(仮名) (2020年に紹介します) 今後計画されているエンペリアン拡張版を実装すると、レールジャックのクルーの効率を高めるために(仮)指揮性能値が紹介される予定です。 注: 指揮性能値が実装されると、性能値スキルのバランスを取り戻す機会を提供する予定です。 カスタマイズ: 皆さんのお目玉項目: レールジャックのカスタマイズの時間です。 外装や内装の色はもちろん、戦闘に適したとっておきの名前をつけたり、グリフを張ることができます。 また、ウェザリングのレベルも調整することができます。 レールジャックミッションの地域 プロキシマ: 地球、土星、深宇宙。 新しいミッションをプレイできるプロキシマ地域が登場しました。 レールジャックをまだ建造できていない方、または他のクルーに参加したい場合は、星系マップの右上に表示される「クルーに参加」トグルをご使用ください。 自分のレールジャックを使用したい場合は、「クルーを結成」して、レールジャックのナビゲーション画面からミッションをホストとしてプレイできます。 レールジャックには乾ドックから、またはオービターの個人部屋のすぐ外にあるレールジャックコンソールから搭乗できます。また、オービターからメニューへアクセスして、「レールジャックに乗る」オプションを選ぶこともできます。その一方、レールジャックに搭乗中、「オービターへ帰還する」オプションも選べます。 レールジャックの搭乗口の向かい側に位置するアーセナルにアクセスして、飛行する前にWarframeのロードアウトを変更しよう。 レールジャックが離陸するとアーセナルを使うことができなくなるので、必要なギアを十分に持っているか確認しよう。 地球プロキシマ: 地球プロキシマはエンペリアンの旅を始めるスタート地点です。 ここでは、掃滅ミッションに参加したり重要人物を倒すことにより操縦の基本操作を学べます。 また、アビオニックや素材を集めて、レールジャックをより強化することができます。 取得したアフィニティは性能値ポイントへ加算され、選択した性能値をランクアップするために役立ちます。 すべての選択権をテンノに託します。 1)FREE FLIGHT ‐ このノードから始めることをお勧めします。 飛行、搭乗などを練習できるフリーフライトモードです。 このノードからはアフィニティを得ることができません。 SOVER STRAIT POSIT CLUSTER MINHAST STATION PHANGHOUL SATELLITES IOTA TEMPLE JEX LANES OGAL CLUSTER KORMS BELT RIAN BELT BENDAR CLUSTER 木星プロキシマ: この惑星を解除するためには性能値ランク3に到達していることが条件です。 地球プロキシマのすべてのノードをクリアした場合、またはクルーが土星プロキシマのロックを解除するための十分な性能値ポイントを所有している場合、この地域に進出できます。 この地域からはより優れたギアと、掃滅よりもっと複雑なミッションが見つかります。 幸運あれ。 MORDO CLUSTER KASIO'S REST VILA GAP SPIRO GAP NODO GAP LUPAL PASS VAND CLUSTER ヴェールプロキシマ: この惑星を解除するためには性能値ランク7に到達していることが条件です。 ヴェールプロキシマはとても神秘的な地域です。 最も強いものだけが生き残り、ミッションから得たものは永遠に物事を変えるでしょう。 RYA FLEXA GIAN POINT RUSE WAR FIELD NSU GRID GANALEN'S GRAVE H-2 CLOUD R-9 CLOUD 2. フライト中の任務 レールジャックの周りでは戦闘が激しく繰り広げられています。しかし、艦内で行う作業はとても沢山あります。 各レールジャックには3つのタレットが搭載されています。 一つ目はパイロット席に位置していて、残りは左右両方に装備されています。 また、各タレットには、破壊力を誇るオードナンスも装備されています。 そして、レールジャックにはアークウイングを使用して宇宙空間に飛び出せる、6つの非常口が設置されています。 レールジャック上部後方にはアークウイングカタパルトがあり、銃砲性能値ランク3へ到達しているプレイヤーはアクセスできます。 搭乗部隊 テンノ、戦いは玄関先まで迫っています。 敵のラムスレッドがレールジャックに追突すると、機体に穴があき、艦内に敵が侵入してきます。 彼らの任務はレールジャックの内部に多くの損傷を与え、火災を継続しながら、クルーを探し当てることです。 搭乗者をいち早く排除することが、レールジャックのヘルスにとって重要な鍵を握ります。 戦術メニュー: 策略性能値ランク1に到達していることが前提条件です。 戦術性能値のレベルが上がれば上がるほど、戦術メニューに表示される項目の幅が広がります。 デフォルトで設定されている「L」キーを押すと、分隊メンバーを支援できるアクションを起こせます。 レールジャックの戦術アビリティ 乾ドックで調整したレールジャックアビオニックMODは戦術メニュー画面から回覧できます。 ヴォイド クロークなどのアビリティはレールジャック全体に影響を与えます。 これらの戦術アビリティにはクールダウン期間が設置されていますが、レールジャックのフラックスエネルギーを消費しません。 ミニマップ、分隊統計、そして任務 最初に表示されるミニマップは、独自のミニマップを表します。 デフォルトで設定されている「TAB」キーを押すと、分隊メンバーの位置と、彼らのミニマップが表示されます。 この画面では、分隊メンバーの活力、位置、そしてWARFRAMEのアビリティを発動できるオプションが表示されます。 艦内で火災が発生していたり、レールジャックのフラックスエネルギーのプールが枯れ果てている場合、分隊メンバーへ支援を要請できます。指示を受け取ったCYは、分隊メンバーへ業務連絡してくれます。 WARFRAMEアビリティを遠くから発動しよう レールジャックでは分隊メンバーのWARFRAMEに基づいたアビリティを戦術メニューから発動することができます。 Wukongでプレイしている分隊メンバーが敵のクルーシップからの攻撃を受けて支援が必要だと判断したら、 Celestial Twinを今いる場所から発動して、仲間を助けることができます。 これらのWARFRAMEアビリティをドロップすると、フラックスエネルギーが消費されます。 しかし、高いランクの戦術性能値を持っているプレイヤーはフラックスエネルギーのコストが抑えられ、クールダウン時間が短縮されています。 火災と船体破損 レールジャックのヘルスにダメージを与えると、船内のいたるところで火災が発生します。 ギアホイールに自動的に追加されるアイテム「オムニ」を使用すると、消火活動に参加できます。 船内で発生している火災をコントロールできないと、船体破損が起こります。 ミニマップでは船体破損が赤い炎アイコンで示される一方、通常の火災はオレンジ色で表されます。 一度船体破損が発生すると、ミッションを進める上で重大な危機をもたらします。Cephalon Cyのアナウンスを聞いたら、できるだけはやく対処してください。 火災と船体破損が完全に消えると、レールジャックのヘルスが回復します。 しかし、UI画面に表示されているタイムリミットの間に船体破損が抑制されないと、ミッションを失敗するのでご注意ください。 オムニは無限でなく、リボライトという独自の弾薬を必要とします。 リボライトは乾ドックのペイロード画面で製作したり、レールジャックのミッションを展開中、リアルタイムで作ることもできます。詳しくは素材フォージの欄をご覧ください。 素材フォージ レールジャックの後方バンカーにはフォージステーションが備わっています。 乾ドックのペイロード画面と同様、ミッションの進行に合わせてリアルタイムでリボライトやフラックスエネルギー、ドームチャージとミュニションをフォージできます。 ミッション中に集められたコペルニクス、キュービックダイオード、カーバイド、およびパストレルはこの画面から直接フォージできます。 レールジャックミッションを進行して得て、消費されなかった素材はミッション完了時にインベントリに収められます。 新しい素材 レールジャックの素材は広い宇宙の中に散らばっています。 これらの素材はレールジャックの技術を進歩させるために重要な鍵を握ります。 アイソス オークラックスキャパシター ガロスロッド コムズ トラコン ブラコイド ケスラー フレスネル チタン ナルストーン アステライト 新しい報酬: 上記の素材に加えて、レールジャックミッションでは馴染みのあるものから新しい報酬まで配布されます。 残骸(パーツから兵装まで) • いにしえの大戦から残っている材料や兵装はプロキシマ地域に残骸として存在します。 これらの素材を見つけて、レールジャックの修復活動に向けて使ってください。 ファウンドリで素材を寄付する方法を使い、乾ドックで艦隊を修復したり、即時修理ドローンを使用することもできます。 アビオニック(戦闘、統合済み、策略) • アビオニックはレールジャックをアップグレードするために重要な鍵を握ります。 これらは攻撃や防御、戦術力を向上します。 Diracを消費して、アビオニックをアップグレードしよう。詳しくはDiracを説明する欄をご覧ください。 アビオニックはレールジャックミッションの敵からドロップします。チャンスを逃さないようにしよう。 • 現在60を超えるアビオニックが存在します。全種集めよう! Rivenの破片 • アップデート26で紹介されたアイテム。Palladinoへ10個寄付すると、新しいRiven MODを入手できます。 しかし、1週間に一度だけ交換することができます。 フォーマの設計図 • 「フォーマの設計図を取得できる方法を提供して欲しい」というリクエストが皆さんから多々寄せられていました。 フォーマの設計図はレールジャックミッションの報酬として配布開始します。 DIRAC • Diracはアビオニックやレールジャックを強化するために大事な素材です。 レールジャックのグリッドとアビオニックをアップグレードしよう。 クバ CAPTURA シーン その他ヴェールプロキシマの謎 未知の世界に深く入り込むほど、得られる報酬の幅が広まります。 「簡単なものとなりましたが、これにてレールジャックのガイドを終了いたします。 快適な空の旅をお楽しみください」 新しいデラックスアイテム EXCALIBUR ZATO スキン 失うものを持たぬ者こそが真に自由。 このExcalibur用のスキンは、あらゆる世界を故郷と呼ぶ者たちの、誰にも従わない流浪の精神を体現している。 OKU NIKANA スキン このNikanaのスキンは、短くも美しい命へ寄せる歌。 Excalibur Zatoを象徴するNikana用スキン。 EXCALIBUR ZATO コレクション 誰にも縛られず、世界を放浪するもの。 Excalibur ZatoコレクションはExcalibur Zatoスキン、Zatoスガトラ、Zatoショルダープレート、Oku Nikanaスキンを含みます。 EXCALIBUR ZATO アニメーション ExcaliburのZatoアジャイルとノーブルモーションはゲーム内マーケットからお求めになれます。 このモーションはどのWARFRAMEに対しても装備できます。 オペレーター ZATO パック Excalibur Zatoに着想を得たオペレーター用の外装で星々を手にしよう。 オペレーター用のZato オキュラス、Zato イヤーピース、およびZato フェイスアクセサリーを含む。 テンノの助け舟 QUELLOR Quellorは古の大戦時代にDaxレールジャッククルーに配布され、シグマシリーズ以前のデザイン。 高速連射が可能でマガジンサイズも豊富なこのアサルトライフルは様々な状況下で活躍した。 PENNANT 古の大戦でレールジャッククルーが使用し、前線での戦闘でPennantは欠かせないものであった。 外装品 ZUNDIピストルスキン 古の大戦で全てのZundi武器が破壊されたため、このピストルスキンは敬意を示すため作られた。 頑丈かつ特色があり、過去を思い出させる異様なデザイン。 シグマシリーズスガトラ 古の大戦時代のレールジャッククルーが着装していた正装スガトラ。 シグマシリーズアーマーバンドル 鍛錬されたシグマシリーズアーマーは古の大戦のレールジャックWARFRAMEの戦闘服であった。 シグマシリーズPARAZONスキン このParazonモデルは最初のWARFRAMEレールジャッククルーへ与えられたものである。 シグマシリーズシャンダナ このシャンダナは誇りの証であり、WARFRAMEレールジャッククルーの戦闘服の一部であった。 シグマシリーズキャバットアーマー 古の大戦時代の戦艦マスコット、介助動物、戦闘獣などが着用したアーマー。 エンペリアン グランド バンドル この特盛バンドルはシグマシリーズの外装品を全て含みます: アーマーセット、キャバットアーマーセット、シャンダナ、スガトラ、Parazonスキン。 更にZundiピストルスキン、QuellorライフルとPennantグレート刀を含みます。 3日間 アフィニティ ブースターとクレジット ブースターも付属。 CABALLERO レールジャックスキン この高貴なレールジャックスキンで宙を支配しよう。 SUNGEM レールジャックスキン この流線形のレールジャックスキンを装備して、急降下し攻撃を仕掛けよう。 新しいマーケット内アイテム DIRAC レールジャックのグリッドとアビオニックをアップグレードするための消費アイテム。 即時修理ドローン この使い捨てのアイテムは、乾ドックにある残骸を即座に修復する。 ラバンアビオニックバンドル このアビオニックバンドルは「ラバン」メーカー産のアビオニックを含みます。 ゼットキアビオニックバンドル このアビオニックバンドルは「ゼットキ」メーカー産のアビオニックを含みます。 ビダールアビオニックバンドル このアビオニックバンドルは「ビダール」メーカー産のアビオニックを含みます。 アークウイングガンに関する変更点: アークウイングモードでプレイするときに適応されるバランス調整を実装します。そのため、地上戦でのアークウイングガンの機能は影響を受けません。 水中アークウイングで装備される武器はオープンワールドで展開するアークウイングと同じように作動します。 アークウイングモードでのアークウイングガンは: • 宇宙にいるとき、すべてのヒットスキャンアークウィング武器は射程物に変換するように。 • フォールオフの範囲を200-400から300-600へ。 • 最低フォールオフダメージを10%から50%へ。 • 宇宙空間でKuva Ayangaを使用しているとき、射程物の速度を加速。 Riven性質の変動: クリスマスは予定より早く到来します。 Riven MODの性質に関する変更は、Ivara Primeが実装されるときにリリースされる予定でしたが、この「エンぺリアン」アップデートで発表します。 Riven 性質は、従来の武器ファミリーごとではなく、武器ごとに性質のバランスをとるように今回初めて調整されました。 詳しい解説はDev Workshopからご確認ください。(日本語版:https://forums.warframe.com/topic/1141961-dev-workshop-%E3%82%AF%E3%83%90%E6%AD%A6%E5%99%A8riven-mod%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%80%A7%E8%B3%AA%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A4%89%E6%9B%B4/) プライマリ セカンダリ 最適化: • インターネットへのオープンアクセスがない、東ヨーロッパ地域でのマッチメーキング、プレゼンス、およびゲームへの招待を改善するため、ネットワークプロトコルを改善。 • 多くのフレンドがいる場合、大規模なクランの一部である場合、または人気の高いチャットチャンネル(地域チャットなど)に参加するときに起こる不具合を回避するためにヒッチングを最適化。 • Oberon PrimeのFXへマイクロ最適化を実行。 • レンダリング関連のクラッシュを回避するため最適化を実行。 • メモリ管理をマイクロ最適化することにより、大きなマップでメモリを節約。 • AI回避に関するいくつかのマイクロ最適化を実行。 • レンダリングに対するマイクロ最適化を実行。 • 特定の照明が表示されているときに発生する可能性があったメモリーリークを修正。 • サンクチュアリ交戦のようなミッションで機能を低下させるスローリークを修正。 • 感染体エンシェントの足から欠落していたテクスチャを修正。 追加点: • 新しいチャレンジを2つ追加。 • キャプテンはオレだ:レールジャックミッションでハイジャックした敵のクルーシップを操縦する • 光の合間から:レールジャックで100体の敵を撃つ 変更点: • 乾ドックでバージに乗れるように。 • エクスプロイター・オーブが無限に生産されるエクスプロイトを回避するため、ミッション時間が長くなれば長くなるほどマイト ラクノイドが生産されるタイミングが増加するように。 • ダイナミックベンダーの(HokやTickerなど)アイテムのアルゴリズムを改善することにより、均一な外観を保証できるように。 • コントローラーでプレイ中、Blink機能の入力遅廷を減らし、自動バインディングが作動しない問題も重ねて修正。 修正点: • 「二番目の夢」をワールドステータス画面でアクティブクエストとして設定すると、クエストを完了する前に「流転する形勢」クエストを開始できる問題を修正。 • Dojoの中で「流転する形勢」クエストを始めると、乾ドックでCephalon Cyをインストールできない問題を修正。 • 他のプレイヤーのオービターを訪問しているときにParazonを調整しようとすると、機能が失われる問題を修正。 • Nidusのマゴットに囲まれているとき、クバ・リッチの集中力が切れる問題を修正。 • ミッション完了画面でクバが報酬税として表示されない問題を修正。 • ワールドステータス画面がプレイヤーを火星ー>フォボスジャンクションの前に火星ー>ケレスジャンクションへ誘導する問題を修正。 • グリニア ガードマンがダメージを100%ブロックする問題を修正。 • センティエントのような敵が浮遊状態に陥る問題を修正。 • エイドロンの草原やオーブ峡谷でエンシェントヒーラースペクターがプレイヤーをテレポートしない問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1142784-specter-bug/ • クライエントとしてプレイ中、コイルドライブのハッキングコンソールが表示されない問題を修正。 • 「サクリファイス」クエストをプレイ中、VITRUVIANが停電するとき、オービターのウェザリングがぴかぴか光る問題を修正。 • ウェザリングオプションを最小値で設定していると、オービターの床と残り部分のウェザリングが一致しない問題を修正。 • Zawスキンを使用しすると、属性FXの位置がずれる問題を解決にむけて改善。 • ミッションへロード時、Astreos 剣と盾スキンがデフォルトで開いて表示される問題を修正。 • CumulusシャンダナがWarframeにクリッピングする問題を修正。 • クバ・リッチ画面でテキストがぐしゃっとつぶれる問題を修正。 • オービターアーセナルの壁のコリジョンボリュームを修正。 • 新しいアカウントを作成した直後にフレンドを追加しようとすると表示されるファイルパスを修正。 https://www.reddit.com/r/Warframe/comments/e2fj2w/broken_text_string_when_new_accounts_add_a_friend/ • シストを取り外そうとするときに発生するスクリプトエラーを修正。 • コーパスガス・シティタイルセットでアイテムが床の下に生産される問題を修正。 • エイドロンの草原の洞窟で存在していたマップホールを修正。 https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/e6ll1a/small_hole_in_the_twin_horns_cave_of_the_plains • グリニアアステロイドとグリニア要塞タイルセットで発生していたマップホールを修正。 • InarosのUndyingパッシブで発生していたスクリプトエラーを修正。 記述されていなかった変更点: • VaubanのFlechette Orb のダメージ倍率は、範囲内の敵の平均レベルに基づいてスケーリングするように。
  10. 私たちは「古き血統」:アップデート 26.0.8を来週実装できるよう、準備を整えています。 Nintendo Switch版Warframeでは先週末、Prime Vaultにいち早く参加できるよう、2種類の特別アラートを実施しました。 今週末も引き続き、2種類の特別アラートをお届けします。 Fragor PrimeとAkstilleto Primeの設計図が12月9日(月)の午後2時(東部標準時間)まで、アラートの報酬として登場します。 また、アップデートが来週実装されると、2つのレリックパック(合計6つのレリック)がNintendo Switch プレイヤーの受信トレイに届きます。 私たちは引き続き、次のNintendo Switchの検証ステータススレッドから情報を共有していきます。https://forums.warframe.com/topic/1141724-switch-the-old-blood-update-2606-status-in-cert/ ご理解、ご協力のほどお願い申し上げます。
  11. 古き血統:アップデート 26.0.8 このアップデートの合計ダウンロードサイズは、約313 MBです。 PS4特定の不具合に対する修正点: • 水星のLarunda リレーがPyrus プロジェクトの代わりに既存のリレーとして表示される問題を修正。https://forums.warframe.com/topic/1143850-ps4-the-old-blood-update-2606/?do=findComment&comment=11178556 • 「古き血統」アップデートがリリースされてから発生しているフレームレートに関する不具合は、現在引き続き調査中です。 近接FXに関連していると思われますが、原因が特定できていません。この問題を改善できるような情報をご存知の方は、フォーラムまでお知らせください。 クバ・リッチに関する変更、修正点: リッチのトレード ‐ 転向されたクバ・リッチをトレードできるように。トレードの相手は、あなたのクバ・リッチが持っている武器やエフェメラを欲しいかもしれません。 このトレードシステムはキングピンシステム初期に開発されていた「WAR ROOM」から発想をとった新しいDojo部屋とともに実装されます。 転向されたクバ・リッチは一回しかトレードできないため、トレードから入手したリッチを他のプレイヤーへ譲ることはできません。トレードされたリッチはランク1として譲られます。 クリムソン・ブランチ:このDojo部屋は、転向されたクバ・リッチをトレードするための専用スペースです。今後他の敵勢力でも使えるように改装されていく予定です。 武器のランダム性を削減 ‐ クバ・リッチから得られる武器は同じものを2回連続で引かないように。 同じ武器を今後入手する可能性はありますが、挑戦中のクバ・リッチはその前任者と異なる武器を持ってくることを保証します。 Requiem MODの再利用 ‐ 4つの使いかけのRequiem MODを変換すると、未使用状態のランダムなMODへ交換できるようになります。 この変更により、MODの新しい使い道が開くとともに、インベントリが見やすくなります。 • Void亀裂ミッションはクバ要塞のどのノードでも出現するように。 以前は、アークウイングの制限があったため、クバ要塞の救出・耐久ノードのみVoid亀裂ミッションの対象となっていましたが、この変更により要塞全域でプレイできるようになります。 • バグから機能へ変換:クバ・リッチから得たエフェメラはセンチネルやコンパニオンに対して使用できるように。 FXの関係で、通常のエフェメラよりやや落ち着いたバージョンとなっています。 そして、リッチ以外から得られるエフェメラもセンチネルやコンパニオンが装着できるよう、現在開発中です。 • クバ・リッチがエフェメラをドロップする確率を5%から10%まで上昇。 このホットフィックスが入った後に誕生したリッチのうち、10%のリッチはエフェメラを持っていますが、すでにプレイヤーをマークしたリッチの場合は5%に留まります。 また、トレードされた転向リッチがエフェメラを持っている可能性は5%に抑えられています。 • 新しいParazonフィニッシャーを追加。 • クバ・リッチの影響を受けているノードにクバ・リッチのアイコンを追加。 • Kuva Ogrisの基礎ダメージ(属性ボーナスが加算される前)を454から714へ増加。 • 転向された味方のクバ・リッチはアークウイングミッションを援護しないように。 • AoE関連のアビリティ以外へは不死身だったため、グリニア プロセキューターはしもべとして生産されないように。 • グール エクスパイアドはしもべとして生産されないように。 • 顔料をクバ・リッチの課税対象アイテムから撤去。 • ジャンクションをクリアすることにより得られる報酬はリッチの課税対象アイテムから撤去。 • Kuva Ayangaの爆発により発生していたカメラの揺れを改善。 • Kuva Karakの効果音を調整。 • Kuva Quartakkは焦点を合わせるとフォースフィードバック音響が流れるように。 • 衝撃と爆発によりダメージを与えるクバ・リッチの武器(Kuva Ogris、Kuva Ayangaなど)が予想されていたよりもダメージが大幅に少ない問題を修正。 この問題は属性ボーナスが爆発ではなく射程物の衝突に対して計算されていたため発生していました。 • アラームを鳴らさずにクバサイフォン・フラッドミッションを完了してもRequiemレリックが配布されない問題を修正。 • クバサイフォン・フラッド侵入ミッションで侵入貯蔵庫を開いても報酬を配布しない問題を修正。 • センティエントUmbraがラルブリングにMercyフィニッシャーを仕掛けるとクバ・リッチが生産されない問題を修正。 • ラルブリングをMirageのHall of MirrorsまたはWukongの分身が倒してあなたがMercyフィニッシャーを実行するとクバ・リッチが生産されない問題を修正。 • ステルスMercyフィニッシャーを仕掛けるとクバ・リッチが生産されない問題を修正。 • ラルブリングが安定して生産されない問題を修正。 • Undertowを発動中のHydroidへクバ・リッチが攻撃を仕掛けるとクバ・リッチが縮む問題を修正。 • RevenantのEnthrallアビリティが失効したとき、ダウンするまでクバ・リッチが味方になる問題を修正。 • リッチ税として取られたAyatan像が返還されるときミッション完了画面に表示されない問題を修正。 • ホスト移行が発生すると重複したまたは透明のクバ・リッチが生産される問題を修正。 • 疑い深いリッチは倒されてもプレイヤーを倒す問題を修正。 • クライエントとしてプレイ中投げられるモーションが間違った方向へ発生する問題を修正。 • クバ武器の名前が英語以外のクライエントで正しく表示されない問題を修正。 この修正により同じ問題が発生することはなくなりますが、すでに文字化けをしている場合は、その名前が継続されます。 • クバ・リッチがダウン中(倒されるまたは転向されるのを待っている状態)、受信ボックスを開くと発生するクラッシュを修正。 • 一つのミッションで二体のクバ・リッチに対してParazonを使用できた場合発生するゲームのハングを修正。 • クバ・リッチのアビリティの説明文からダメージタイプのアイコンが欠落していた問題を修正。 • 名前を変更するときにクバ・リッチのアイコンが失われる問題を修正。 • クバ・リッチを倒すと発生するスクリプトエラーを修正。 • クバ・リッチのエフェメラが少ししか、またはまったく表示されない問題を修正。 • Parazonを使ってクバ・リッチに対する挑戦を失敗しても、Requiem MODのUIが画面に残留する問題を修正。 • クバ・リッチ画面でクバ・リッチが挑発し続ける問題を修正。 • 近接武器の攻撃速度がParazonのフィニッシャーに影響をもたらす問題を修正。 この問題により、アニメーションが壊れる現象が発生していました。 • Parazonのフィニッシャーのアニメーションが欠落している問題を修正。 • 星系マップでクバ・リッチの影響域がずれている問題を修正。 • いくつかの言語で発生していたクバ・リッチのフォントに関する不具合を修正。 • ミッション終了結果画面のプレイヤーのロードアウトでクバ・リッチの武器名がローカライズされない問題を修正。 近接フェーズ2に関する変更と修正点: 変更点: • ヘビー攻撃関連の統計を独自のカテゴリーに分割することにより、UI画面の統計はより簡潔に表示されるように。 • 「近接を長押し」すると、フェーズ2が導入される以前の様にヘビー攻撃を仕掛けられるように。 • ブーメランのヒットダメージからコンボ倍数を撤去。 爆発ダメージのみコンボ倍数を適応するように。 • MaduraiのRising Blastは長押し(チャージ攻撃)またはタップ(非チャージ攻撃)を発動できるように。 Modに関する変更点: 近接をよく引用するプレイヤーにとって、Blood Rushはクリティカル率に大きな影響を与えるMODでしたが、「Steel」系のModが基礎クリティカル率を適応していたため、Blood Rushが時代遅れだと感じるようになっていたかもしれません。 今回導入される変更により、これらのMODへ大幅なバフが加わります。そのため、クリティカル率を重視したビルドを組むときにより多くのオプションから選ぶことができるようになります。 クリティカル率とヘビー攻撃をより使いやすくして、高いコンボ乗数を維持することに依存しないビルドを組めるオプションを提供します。 • 最大ランク時、True Steelのクリティカル率は60%から120%へ(ヘビー攻撃では2倍)。 • 最大ランク時、Sacrificial Steelのクリティカル率は88%から220%へ(ヘビー攻撃では2倍)。 スタンス & 武器に関する変更点: Crimson Dervish • Crimson Dervishの中立(Twisting Flurry)および前進 + ブロック(Coiling Impale)コンボのダメージとコンボポイント値を増加。 • Crimson Dervishがスライディングヘビー攻撃へ接続されていない問題を修正。 Gun Blade • High Noon(Vagabond Blitz)とBullet Dance(Magnum Mambo)の前進コンボの最初の動きに自由移動射撃攻撃を追加。 • ヘビー攻撃ショットは自由な動きでないように。(攻撃チャージは自由な動きのままです) High Noon • 中立コンボ(Desperado Zeal)は戦術先進コンボ(Final Showdown)へ。そして、その反対も導入されました。 • 二つの戦術的前進攻撃の順序を切り替え、最初の攻撃にあてられる前進距離を増加。 Bullet Dance • 中立コンボ(Samba Slash)の最初の攻撃をコンボの最後へ移動。 • Bullet Dance - 中立コンボ(Samba Slash)は中立ブロック(Automatic Rhumba)へ。その反対も導入されました。 レイピア: Vulpine Mask • 中立コンボ(Assailant Guise)の最初の二つの攻撃の順序を切り替え。 ヌンチャックスタンス:Atlantis Vulcan • 戦術前進コンボ(Blazing Vortex)の最初の攻撃で前方への動きを減らし、二番目の攻撃で動きを増加。 Wise Razor • 前進コンボ(Cut Thrice)の二番目の攻撃は自由な動きへ変更。 • 中立コンボ(Threshing Grain)の最後の攻撃は最初に来るよう変更され、ダメージ乗数とコンボポイントを調整。 • 戦術前進コンボ(Calling Thunder)の最後の攻撃は最初に来るように変更。その上、ギャップを閉じる動きを増加して、ダメージ乗数とコンボポイントが最初の攻撃に応じるよう調整されました。 Dark Split Sword ヘビーブレード • クリティカル率を10%から15%へ上昇。 • 貫通ダメージを68から78へ上昇。 Zenistar • ディスクの回収による爆発でコンボ乗数が適応されるように。 近接に関する変更、修正点: •「コンボカウンターを獲得できないチャンス」という負の属性を持つMelee Rivenを、その行を他のMODで見られる「追加コンボカウント率」に置き換えることでより明確に。 • 近接ヘビースラムの色とカメラの揺れは、スラムを行っている本人のみに表示されるように。 他のプレイヤーは引き続き、素晴らしいFXを眺めることができます。 • ガンブレードで通常の攻撃を使用すると、Blood RushとWeeping Woundsがリセットされる問題を修正。 • エクゾディア バローが、実際に浮遊状態である、ないに関わらず、全てのターゲットが浮遊状態であるとみなす問題を修正。 • ZenurikのInner Mightが適応されない問題を修正。 追加点: • アーセナル画面に「射程物の爆発遅延」を示す統計を追加。 ZaktiやLenzなどの一部のAoE武器の射程物はターゲットをヒットしてから遅れて爆発します。 「射程物の爆発遅延」は衝突後、射程物が爆発するまでにかかる時間を表します。 • この統計は爆発の延滞値が0より大きい武器に対してのみ表示されます。 その他の変更点: • アーセナル画面で、ダメージ効果範囲(AoE)は独自のヘッダーを持つ統計情報として表示されるように。そして、AoEダメージの半径も表示されます。 この変更が導入されるまで、AoEのダメージ値は通常のヒットダメージ欄で混合して表示されていました。 • 付近をヒットすることにより流れるEmberのアビリティFXを調整。 修正点: • Requiemレリックを開放してもNightwaveのアクトに対してカウントされない問題を修正。 • プライマリとセカンダリ武器を装備していないと、リロードするためにヘルスが必要な武器が機能しない問題を修正。 • 完全なリロードを行うためにヘルスが必要な武器で、ヘルスが足りなくても部分的にリロードする問題を修正。 • Fixed case of the Vasca Curative not working/curing infected Kavats. • Vascaキャバットのぬいぐるみの説明文が「オーブ峡谷」と表示される問題を修正。 • Ayatanスターや他の拾い上げられるアイテムがバキューム(吸い上げ)できない到達不能な場所へ生産される問題を修正。 • アークウイング近接ロックを開始するためにはとても近くにいなければいけない問題を修正。 • Acceltraからヒット音が欠落している問題を修正。 • グリニア・ガレオンタイルセットで発生していた敵の航路に関する問題を修正。 • ミッション完了時、音楽が重なって流れる問題を修正。 • モリ突き用のモリを投げると入力が数秒間機能しなくなるゲームのハングを修正。 • Lunaroで空中攻撃とコンボが機能していない問題を修正。 • 数々の場所でウクライナ語が欠落していた問題を修正。 • アマルガム勢力がMODのように見える素材をドロップする問題を修正。 • コーパスハッキングミニゲームを完了するときに他のプレイヤーがゲームを開始するとロックされる問題を修正。 • コーパスハッキングパネルを使用できない問題を修正。 • SariシャンダナがUIメニューに覆い被さる問題を修正。 • コンクレーブロードアウトスロットから欠落していた説明文を追加。 • 最大ランクが30を超える武器(Paracesis、クバ武器など)の極性付与画面が、正しいランクを表示しない問題を修正。 • 目的マーカーがコーパスアークウイングミッションで行き止まりへ誘導する問題を修正。 • アップグレード、またはRiven サイクル画面で、組み立て式武器のRiven統計が間違って表示される問題を修正。 • 性質が3より低くても、KitgunのRiven性質が常に3/5と表示される問題を修正。 • アーセナル画面でRiven統計が性質が「1」であるように表示されるため、Rivenの属性が半減したように見える問題を修正。 •「コンボを獲得できないチャンス」を持つRiven MODが100%を超えている場合でも、近接コンボを獲得する問題を修正。 • UI画面で選択したUIテーマのボーダーカラーが適応されない問題を修正。 • 最大ランクに到達しているKitgunを持っていないと武器の名前を変えられない問題を修正。 • 感染コーパス船のドアが他の部屋にクリッピングする問題を解決に向けて改善。 • 地形がオーブ峡谷のスペースポートの建物にクリッピングする問題を修正。 • グリニア侵入ミッションタイルセットでAIが迷う問題を修正。 • コーパス氷河マップの地形を修正。 • Marooのバザーで他のプレイヤーが何を売っているか見えない問題を修正。 • ホスト移行が発生すると、ランク30を超える武器(Paracesisなど)のランクが維持されない問題を修正。 これにより、MODの容量が標準の30ランクを超えているために無視されるもう一つの問題も修正されます。 • アークウイングの敵のUIマーカーがドア付近で重なって表示される問題を修正。 • コーパス侵入ミッションでコンソールを繰り返しハッキングすることによりアフィニティを稼ぐことができていた問題を修正。 • ランクアップされたRequiem MODを回覧した後、MODのラインアップを表示する画面が間違ったMODランクを表示する問題を修正。 • アーセナル画面でZhuge Primeの範囲攻撃に関する統計が表示されない問題を修正。 • マーケットツールティップで範囲ダメージとセカンダリ射撃を持ち合わせる武器の統計が表示されない問題を修正。 • 装飾品を拾い、設置をキャンセルしても、装飾品が元の場所に配置されない問題を修正。 • ロードアウト選択メニューを開いた後、速くスクロールすると機能が失われる問題を修正。 • Dojo内の普通のトレーディングポストを使用するときに、「部屋の建設が終わっていない」と表示される問題を修正。 • ミッションを開始するときに分隊パネルUIの機能が失われる問題を修正。 • 数々のローカライゼーションに関する不具合を修正。 • Dojoのファストトラベルに表示されていた[PH] 表記を撤去。 • レベリアンのプレックスカードから[PH]タグを撤去。 • Shawzinの曲を選択中、シータスまたはフォーチュナーから移動すると発生するスクリプトエラーを修正。 • アーセナル画面で存在しないロードアウト名を検索すると発生するスクリプトエラーを修正。 • Ember のFireballを稼動すると発生するスクリプトエラーを修正。 • GaussのThermal Sunderを発動すると発生するスクリプトエラーを修正。 • コンソールをハッキングする画面を閉じると発生するスクリプトエラーを修正。 • チャットリンクされたMODを回覧するときに発生するスクリプトエラーを修正。
  12. Nintendo Switch版Warframeをプレイしているテンノの皆さん、「古き血統」アップデート 26.0.6が検証プロセスを通過している間、辛抱強くお待ちいただいてありがとうございます。 Nintendo Switch版をプレイしているテンノのために今週末、次の特別アラートを二つ開催します。 Vauban PrimeとAsh Primeの設計図が12月2日(月)の午後2時(東部標準時間)まで、アラートの報酬として登場します。 私たちは引き続き、次のNintendo Switchの検証ステータススレッドから情報を共有していきます。ご理解とご協力のほどお願いいたします。
  13. 流転する形勢:ホットフィックス 26.1.3 追加点: • オービターの「摩滅」や「破損状況」を調整できるスライダーを追加。このオプションは「エクストラ」>「オービター」>「オービター外装」メニューから変更できます。 「摩滅や破損状況」スライダーを使うと、オービターの内装の傷などを調整すると共に、傷の色も選択できます。 • これらの傷の度合いや色は今後、アーセナルエリア以外で反映できるようになります。 近接フェーズ2に関する変更点: • 片手Zaw武器を使用した場合、Oolthaヘビースラム範囲攻撃へ浮遊状態を追加。 • 両手Zaw武器を使用した場合、Rabveeヘビースラム範囲攻撃へ浮遊状態を追加。 • Paracesisのヘビーグランドスラム攻撃に浮遊状態を追加。 修正点: • 出発する準備ができていないのにレールジャックを空に飛ばせることができる問題を修正。 Goサインはまだ出ていません、テンノ! • 終了したばかりのミッション中に進行しなかったNightwaveアクトの進行がリセットされる問題を修正。 この問題はサーバーの方で月曜日の夜に修正されました。 • クバ ラルブリングが生産されると警報が自動的に発令される問題を修正。 • BaruukのDesert Windのヘビー攻撃を発動すると発生するクラッシュを修正。 •メモリ不足のシステムを適切に処理しようとしたときにWarframeがクラッシュする問題を修正。 • Dojoツールティップ(ヒント画面)でレールジャック用の素材を入手できる場所を案内する文章を訂正。 • 「サクリファイス」クエストでプレイヤーが範囲外に飛ばされないようテレポートボリュームを修正。 https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/e1jxm6/i_dont_think_this_is_intentional_but/ • グリニア・セトルメントタイルセットの天井のテレポーターを修正。この修正により、とても高くジャンプできなくなりました。 • デコレーターモードにドメスティックドローンを設置すると、拾い上げることができなくなる問題を修正。 • シンジケート画面を閉じてミッションをロードしようとするときに発生するスクリプトエラーを修正。 • ゾーン(例:サンクチュアリ交戦、峡谷、草原など)を離れるとコンパニオンが既に出されているパス指示に従わなくなる問題を修正するため、スクリプトエラーを修正。 • レールジャックに存在する穴を修正。 • OctaviaのResonatorアビリティを発動するときに発生するスクリプトエラーを修正。 • オービターのカメラのコリジョン(衝突)を修正に向けて改善。 • オービター内の照明を調整。 • アークウイングモードで発生するクラッシュを修正。 • 英語以外の言語クライエントを使用しているとき、乾ドックのレールジャック修理過程を説明するパネルから文字がはみ出る問題を修正。 • Acceltraの効果音が他のプレイヤーから聞こえる問題を修正。 • Zaw武器に対してSYACHID スキンを使用すると欠落している音響を追加。
  14. 流転する形勢:ホットフィックス 26.1.1 変更点: • Titaniaはアークウイングに対して導入された新しいフライトモデルを使用するように。 (詳しくは26.1.0をご参照ください。) • 不要なレールジャックのカメラバインディングを撤去。 修正点: • Dojoをデコレートしようとすると発生していたクラッシュを修正。 • ホスト移行が起きると発生するクラッシュを修正。 • クバ・リッチを倒そうとしてParazonを使用すると2回失敗したように表示される問題を修正。 この問題はUI上の不具合であったため、実際には2回失敗したとカウントされていません。 • 流転する形勢防衛ミッションで敵が十分に生産されない問題を修正。 • アークウイングで飛行中、ドッジできない問題を修正。 • Astreos 剣と盾スキンを装備しながら攻撃を仕掛けると近接FXが過度に明るい問題を修正。 • シンジケート詳細画面を回覧すると画面がちらつく問題を修正。 • エラーメッセージを表示するためにメモリを必要とするメモリハンドラーを修正。 • 乾ドックで「L」を押すと発生するスクリプトエラーを修正。 • Dojoの貢献画面で必要な額を超えた数値が表示される問題を修正。(例: 600/45など) この問題はアップデートがリリースされた直後に発生したサーバー問題の影響を受けて発生するまれなUI関連のバグでした。 • グリニア・セトルメントタイルセットで発生していた照明や反射に関する問題を修正。 • 個人部屋の模様替えをしようとすると発生するスクリプトエラーを修正。 これもアップデート直後に発生していたサーバーに関する問題の影響を受けていたバグでした。 • ターゲットを定めずにRevenantがEnthrallを発動すると発生していたスクリプトエラーを修正。 調査中の不具合: • アークウイング近接武器のターゲットホーミング機能が一部の武器で機能しなくなる問題。 • バインディングが手動で調整されないと、コントローラーを使いながらユニバーサルBlinkを発動できない、または困難をきたす問題。
  15. 流転する形勢:ホットフィックス 26.1.2 変更点: • 航路の問題に対応するため、Orokin遺跡船ミッションの目的マーカーを改善。 • メニュー画面を開いているときに流れるオービターの機械音を減少。 レールジャックの素材に関する変更、修正点: • 素材のカテゴリーに同調するよう、キュービック・ダイオードとカーバイドをドロップする惑星を変更。 • エウロパ氷の惑星タイルセットのエクシマス勢:キュービック・ダイオード • ケレス造船所タイルセットのエクシマス勢:カーバイド • キュービック・ダイオードとカーバイドがエクシマスからドロップされると100%の確率で入手できるはずが、50%の確率でしかドロップされていなかった問題を修正。 そして、これらの素材はキル時に追加ドロップを持ち合わせるWarframeのアビリティの効果を受けないことに注意してください。 • キュービック・ダイオードとカーバイドを拾い上げるときに発生する次の問題を修正。目的マーカーが素材と示さない一般的なマーカーであったり、ピックアップを示すFXがすぐに消えるため、どこに素材がドロップしたかわかりづらいなど。 修正点: • 「キメラ・プロローグ」クエストが完了できない問題を修正。 • オーブ峡谷のコイルドライブが円を描きながら走ったり、コースを外れてスタックする問題を修正。 この修正により、コイルドライブ関連の依頼ミッションを完了できない問題も修正されます。 • コーパスタイルセットのパネルをハッキングすると、次回パネルをハッキングすることができなくなり、プレイヤーが部屋に閉じ込められる問題を修正。 • Stalkerがミッションに出現したときにホスト移行が発生するとミッションに居座る問題を修正。 • 流転する形勢クエストの2番目のミッションで敵が十分に生産されない問題を修正。 • アーセナルで表示中にコンパニオンがローラーのぬいぐるみに気をとられるためカスタマイズできない問題を修正。 • 乾ドックのスカイボックスが回転して表示される問題を修正。 • 水中の地雷にヒットされ倒されると蘇生できなくなる問題を修正。 • Ordisの音量スライダーオプションがCephalon Cyの通信に適応される問題を修正。 Cyの通信音量は「通信音音量」から調整できます。 • TitaniaのRazorwingを使用しているときにアークウイングをブーストする効果音が流れる問題を修正。 • KludgekilマチェットZawスキンを回覧しているとき、リンクが歪む問題を修正。 • 私たちは現在、FXの位置がずれるという関連性がある問題を調査中です。 • BaruukのSerene Stormアビリティを発動すると発生するスクリプトエラーを修正。 • 改装されたオービターに発生するマップホールを修正。 • Navarr Primeアーマーの説明文が欠落していた問題を修正。 • 音声オプションのテキストがボックスとして表示されたり、予想よりも小さい問題を修正。
  16. 流転する形勢:アップデート 26.1 乾ドック 新しいクエスト『流転する形勢』を始めるために乾ドックの建設に取り掛かろう。 クエストが終わると、レールジャックの組み立て作業が終了します。しかし、飛び立つ準備はまだできていません。 GOサインが出るまで待機してください、テンノ。 Origin太陽系の勢力バランスは崩れかけ始め、 迫る脅威は日々、Origin太陽系へ広がりつつあります。 あなたはどのように立ち向かいますか? 所属クランの乾ドック建設プロジェクトへ貢献して、次の決戦に備えよう。 乾ドックを建設したら、次はレールジャックの組立作業に取り掛かろう。 レールジャックの格納庫である乾ドックはレールジャックを強力な戦闘機へと改良できる進化したテクノロジーを持ち合わせているため、あなたのクランにとって神聖な場所へと変わっていくことと推測されます。 クランメンバーと協力し合いながら乾ドックの建設の第一歩を踏み出そう。 建築が終わると『二番目の夢』をクリアしているプレイヤーは、『流転する形勢』クエストを始められます。 レールジャックを建造しよう:『流転する形勢』クエスト グリニアの脅威が迫る今、仲間と手を取り合いながら敵に立ち向かう準備を整えよう。 無残に破壊されたレールジャックの破片を追跡、回収して、新しいセファロン「Cephalon Cy」の助けを借りながら新たな命を吹き込むことができます。 目的を見失い、途方にくれたセファロン レールジャックを本格的に稼動するには頼もしいセファロンパイロットを募ることから始まります。 乾ドックの研究コンソールを訪問して、レールジャックセファロンの研究を始めよう。 研究が終わると、同じコンソールからレールジャックセファロンの設計図を複写できます。その後、Cephalon Cyを乾ドックへインストールする作業を進めることができます。 大破した艦隊 レールジャックの歴史はとても悲しい過去を語ります。 Cephalon Cyと協力して、Origin太陽系の様々な場所から回収可能な残骸を集めよう。 Cephalon Cyを乾ドックに統合すると、6つのレールジャック用パーツを探すミッションを受託できます。ミッションでパーツを探し、回収したら乾ドックにすぐさま戻り、レールジャックの組み立てを開始しよう。 レールジャックの建造が終わると、戦艦内を探索することができます。 しかし、Cephalon Cyはまだ、エンジンの稼動するために必要なパーツを捜索中です。 各ミッションをクリアして、パーツを無事回収するたび、再構築に必要な素材を乾ドックで貢献することができます。 そして、パーツが無事組み込まれる度に新たなミッションへ誘導されるので、レールジャック再建へ向けて作業を続けてください。 六つの破片を全て回収するとレールジャックの組立作業が完了します。さあ、レールジャックに搭乗して内部を散策しよう。 新しい素材: このアップデートでは、今後予定されている『エンペリアン』アップデートで鍵を握ることとなる新しい素材を紹介します。 また、エンペリアンが稼動すると、さまざまなレールジャック専用の素材を集めることが求められる予定です。今回のアップデートではレールジャックの建造をするために必要な素材を早期リリースします。 エクシマス勢は次の新しい素材をドロップします。 ケレス造船所タイルセットのエクシマス勢:キュービック・ダイオード エウロパ氷の惑星タイルセットのエクシマス勢:カーバイド 採掘からは次の新しい素材を入手できます。 エイドロンの草原:パストレル(鉱石) オーブ峡谷:コペルニクス(鉱石) オービター 2.0 オービターの改装工事を施しましたよ、テンノ!  新しく設置された観覧ポートから無数の星を見たり、改良された照明や内装を満喫しよう。 すでに設置されている装飾品はそのままの位置をキープするはずですが、壁の近くに設置されたものはエラーが発生するかもしれません。 装飾品を移動したり、アップデート26で導入された「装飾品のリセット」オプションを使用して、問題を解消しよう。 EQUINOX ANTONYM コレクション このEquinoxを象徴するコレクションで明暗ある戦闘を行おう。 このコレクションにはEquinox Antonym スキン、Astreos 剣と盾スキン、Circadian シャンダナが含まれる。 EQUINOX ANTONYM スキン 秘密ほど破壊をもたらすものはそうそうない。 このEquinox用のスキンで自らの対極を解き放て。 STRATUS ピストルスキン 渦を巻く新スキンでピストルをユニークでエーテルのような見た目にしよう。 ASTREOS 剣と盾スキン 夫と妻、夜明けと日暮れ。 Equinoxを象徴する剣と盾のスキン。 CIRCADIAN シャンダナ 上昇と下落、引き潮と満ち潮、平和と争い。 Equinoxを象徴するシャンダナ。 CUMULUS コレクション 霧立ち込める山脈のように美しい一方、雷鳴のような印象を残す装飾コレクション。 Stratus ピストルスキン、Cumulus シャンダナ、Cirrus アーマーセットを含む。 CUMULUS シャンダナ 積乱雲の吉兆と凶兆がかき乱れ渦巻くCumulus シャンダナは雲の間に佇むテンノに相応しい。 CIRRUS アーマーパック 朝霧も戦場の霧も故郷と呼ぶ者たちに好まれるアーマーセット。 Cumulusシャンダナに完璧にマッチしている。 追加点: • 新しいチャレンジを2つ追加。 • 大は小を兼ねる:乾ドックに入る • 組み立て必要:レールジャックに関する全ての部品を集めて作成する 近接に関する変更、修正点: Riven Modとクリティカル率 私たちは最近、「Steel」MODカテゴリーの統計を増やしました(True Steel、Sacrificial Steelなど)。 Riven MODに対して次の同様な変更が導入されます。 • 近接Rivenのクリティカル率を2倍にし、ヘビー近接のクリティカル率も2倍にしました。 • Amalgam Ripkasのクリティカル率は187%へ上昇。(ヘビー攻撃では2倍) • True Punishment:100%の確率でコンボカウンターが追加されます。そして、コンボ持続時間は-50%へ。 近接武器に関する変更全般: • Venka Primeのコンボカウンター上限を220から240へ上昇。 そのため、今後いくつかの改善点が導入される予定であり、Defiled Snapdragonスタンスから始まります。 • 中立コンボの3番目と4番目の攻撃に切断プロックを追加。 • ブロック+前進コンボの2番目と3番目の攻撃に切断プロックを追加。 • ダメージとコンボポイントの値をブロック+前進コンボの3回目の攻撃の最後のヒットへ増加。 • Riven MODの負のステータス「コンボカウントを獲得できないチャンス」が適用されない問題を修正。 このRivenの負のステータスの説明文は、さらに明確にするために「コンボカウントを獲得する可能性%」に言い換えられました。 クバ・リッチに関する変更、修正点: リッチミッションで協力プレイをより支援できるよう、次の2つのデザインに関する変更を導入します。 1. ランク1-4のリッチに対してParazonを使用すると、成功しても失敗してもクバが分隊メンバー全員に配布されるようになります。 実装された直後、しもべがクバやRequiemレリックをドロップしていたことを思い返してください。 しもべからクバはもうドロップしませんが、この変更が入るとリッチからクバがドロップするようになります。 ドロップされるクバの数はクバサイフォンや耐久ミッションに対してバランス調整されています。そして、ミッションで複数のリッチが生産される可能性も考慮されています。 この変更が導入される目的はクバを効率的に採取できる方法ではなく、リッチミッションをより魅力的にさせるためです。 そのため、クバをファームするためには引き続き、クバサイフォンミッションや他のクバ関連ミッションの方が効率が高くなっていますのでご安心ください。 そして、ランク5のリッチからクバはドロップしません。これはリッチを意図的に生き続けさせないように導入される仕様となっています。 クバのドロップ数は次のようになります。ランク1:150、ランク2:200、ランク3:250、ランク4:300 この数値は分隊メンバーみんなで共有する数なので、低めに設定されています。 2. リッチを3回倒して、Parazonを使用しないとリッチは逃げるように。そして、逃げたリッチはランクアップしません。 この変更により、Requiemの順番が解読されていなくてもリッチを試さずミッションを続行するオプションが導入されることを意味します。 • オペレーターはMercyフィニッシャーを実行できないように。 ParazonはWARFRAME専用です。 • Parazonフィニッシャーを仕掛けて失敗するとRequiem MODのUIが画面に残留する問題を解決に向けて改善。 • Wispでプレイ中、Mercyフィニッシャーをクバ・リッチに対して仕掛けたあとにRequiem MODのUIが残留したり更新されない問題を修正。 • RevenantのEnthrallアビリティによってクバ・リッチが交友的になった後にダウンすると、リッチが消えてしまう問題を修正。 • クライエントとしてプレイ中、クバ・リッチに倒すまたは転向を求めるコンテキストアクションが表示される問題を修正。 • ランク40に到達していないクバ武器がマスタリー習得したように表示される問題を修正。 影響を受けたアカウントには、進行状況に基づいて修正されたマスター状態が表示されます。 • ミッションを中止したりミッション終了結果画面を回覧するとクバ・リッチの武器が翻訳された言語で表示されない問題を修正。 • クバ・リッチ画面を回覧中にマーケットUIを表示すると重なって表示される問題を修正。 アークウイングの飛行やItzalに関する変更点: Blinkは全てのアークウイングで使用できるアビリティに! アークウイングの「ロール」バインディングを使用して2倍の距離を推進できるBlink機能を発動できます。そして、発動コストを消費しない3秒間のクールダウンが設置されています。 そのうえ、Afterburnerの発動され方が変更されるため、燃焼中に同時に上方向に移動できるようになります。 Afterburnerを以前発動するためのキーバインドは、ダッシュ+スペースバーでした。 この変更が導入した後は、シフト(ダッシュ)+ WでAfterburnerを発動できます。 この新しい方法に慣れるまで違和感があるかもしれませんが、滑らかな飛行体験のために変更を重ねていく予定です。そして、皆さんからのフィードバックをお待ちしています。 ARCH LINEはItzalのBlinkアビリティを置き換えます: テザーフックを発射し、敵を近くに引き寄せるか、静止オブジェクトに引っ掛けてWARFRAMEをその地点に向かって引き寄せる。 最適化: • フルスクリーンモードを使用中の(特に実験的なフリップモード最適化を使用中)Alt-タブの処理過程を改善。 これに関する問題が以前発生していた場合、もう一度試してみてください。 そして、クローンされたディスプレイで使用する場合、実験的に導入されたフリップモード最適化に既知の不具合が存在することに注意してください。 •ボーダレスまたはウィンドウ表示に切り替える前にネイティブフルスクリーンで起動した場合、最適化されたフリップモデルが動作するように。 • GPUドライバーのクラッシュ診断を改善。(クラッシュが発生するとヘルプサイトに飛ばされるように) • サーバーへの負担を軽減するために、フレンドをまとめて削除する作業を最適化。 • ボタンバーが存在する画面へマイクロ最適化を実行。 • 分裂されたグリッドUIに対してマイクロ最適化を実行。 • MODやアップグレード画面へマイクロ最適化を実行。 • 特定のUIに関するスクリプトへマイクロ最適化を実行。 • MODを「新着」でソートする過程へマイクロ最適化を実行。 Garudaに関する変更、修正点: • Dread Mirrorを発動しているプレイヤーがアビリティの発動を確認できるよう、発射体の爆発範囲FXを追加。 • Bloodlettingの発動アニメーションを若干短縮。 • Bloodlettingは25%ではなく35%のエネルギーを与えるように。 • Seeking Talonsの充電時間を約15%短縮。 • Seeking Talonsの状態異常確率を50%から75%へ上昇。 • GarudaのDread Mirrorのモーションブラーを修正。 変更点: • 新しく紹介されたクリムソン・ブランチと乾ドックに対応するため、Dojo部屋の最大容量を100から128へ増加。 • オービターシーンを追加。 • Zaw武器へスキンを装備できるように。 エクゾディアに関する問題や奇妙な動きに遭遇した場合、フォーラムの方までお知らせください。 スキンの適合性はストライクによって自動的に決められます。 • Mirageが発火しているとき、および電気状態異常の影響を受けているとき、MirageのEclipseが「明るい」バフを付与する機能を復元。 • EmberのInfernoアビリティの説明文を訂正。 修正点: • コンソールを再度ハッキングできないため、プロフィットテイカー戦の進行が停止する問題を修正。 • マスタリーランク28昇進試験で、特定のCCアビリティによりラグドール化した敵がダメージを受けない問題を修正。 • 肋骨帯に最も近いエイドロンの草原の境界壁に沿って突き出ている小さな目に見えない棚を修正。 • グリニア造船所タイルセットの小さな廊下を外側から見ると、意図されているよりも暗く見える問題を修正。 • Orokin遺跡船使者抹殺ノードでジーロイド プリレイトが階段の下にスタックする問題を修正。 • アークウイングのゴックスのレーザーアーム武器が破壊されると、近くにいるプレイヤーをうまく焦点に当てない問題を修正。 • Requiem MODトレード画面で表示されるプロンプトから[PH]タグを撤去。 • ランパートを使用中の敵にIvaraのSleep Arrowを発動すると、敵が武器を失う問題を修正。 •ノーブルアニメーションセットを装着した状態でOpticorを装備すると、Atlas、Frost、Valkyr、Nidus、およびOberonの左腕が不安定に曲がる問題を修正。 • リロード過程が中断されると、CorinthがWarframeの左腕に厄介な位置で固定される問題を修正。 • オーブ峡谷の依頼ミッションでK-ドライブがケースを確保できる問題を修正。 https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/d9gspt/apparently_the_kdrive_can_capture_cases_tried_a/ • リレーと水星のCalorisでローディング画面が一時停止する問題を修正。 • VaubanのBastilleの影響を受けているとき、特定の敵(おもにハイエッカ、ドラーク、そして野生のキャバットやクブロウ)に対するヒット判定が不十分になる問題を修正。 • シミュラクラムからアーセナル画面に行ったり出たりするときにフォーカスのパッシブバフが付与されなかったり復元されない問題を修正。 • コンソールのハッキングに失敗しても、ガス・シティ妨害ミッションの敵が急がない問題を修正。 • Alad Vと戦闘中、Electric Shieldアビリティが彼の後部から発動される問題を修正。 • クライエントとしてプレイ中、ホルスター中リロードするMODを装備しているBallisticaのオルトファイア弾丸が正しくリロードされない問題を修正。 (例: Tactical Reload) • Titania Hawkmothスキンを装備中、Dex Pixiaアビリティ武器の発砲とリロードアニメーションで発生する問題を修正。 • クライエントとしてプレイ中、Grendel入手ミッションの条件「MOD無効化」プロンプトが表示されない問題を修正。 • ヘビースラム攻撃を使用してエイドロンルアーを攻撃すると、ルアーの浮遊状態が終了したあと消失し、遠くの場所で再生産される問題を修正。 • グリニア造船所タイルセットに存在するマップホールを修正。 https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/duaye8/just_a_killerkarpfen_post/ • オロキン・ムーンタイルセットに存在するマップホールを修正。 https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/dtwsp7/lua_map_hole_imgur_link_with_screenshots_for_the • クライエントのTitaniaのレイザーフライが倒されるか生産されるまで、カウンターが欠落する問題を修正。 • Vorの秘宝クエストでCaptain Vorが近接浮遊状態に陥る問題を修正。 Captain Vorは浮遊状態の影響を受けなくなります。 • KohmとKuva Kohmの中央にあるエネルギーリングが、選択したエネルギーカラーを使用しない問題を修正。 • Grendelの「MOD無効化」入手ミッションでMirageのHall of MirrorsのクローンがMODの効果を使いながら攻撃する問題を修正。 • 『二番目の夢』クエストで「Stalker のあとをつけよ」ミッションのパネルをハッキングした後、床の下に引きずりこまれる問題を修正。 • Null Starを発動した後、Novaのアビリティを発動できなくなる問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1137524-vasca-curative-doesnt-work-on-my-smeeta-kavat/ • AtlasがVaubanのVector Padsの影響を受けない問題を修正。   • 『内なる紛争』クエストのGolden Mawがくぼみに落ちた後、はいながらプレイヤーを追跡する問題を修正。 • 『内なる紛争』クエストのGolden Mawがプレイヤーが制御した(転移した)Mawを攻撃しない問題を修正。 • ターゲットごとに必要なスキャンの最大数を超える数のシンセサススキャンをできる問題を修正。 • 新しいメッセージを見るとすぐに「新しいメッセージ」受信トレイステータスがクリアされる問題を修正。メッセージを実際にクリック(または受信ボックス画面を終了)するまで緑色の「未開封」アイコンが表示され、太字・白のまま保持されます。 • セカンダリ武器を装備していないと、ギアホイールからプライマリ武器に切り替えられない問題を修正。 • ドメスティック・ドローンが自分の生産ポイントと衝突する問題を修正。 • アークウイングを使用したあと、Inarosが石棺を使用しなくなる問題を修正。 • センティエントやアマルガム勢を背後から攻撃していても、振り返らない問題を修正。 • コーパス氷の惑星タイルセットで発生する誤ったスポーン位置を修正。 • ヘビーグランドスラムの影響を受けて浮遊状態に陥っている敵へRhinoのStompを仕掛けると、敵が起き上がれなくなる問題を修正。 • Capturaの「時間を進める」ツールがWarframeの上半身を旋回する問題を修正。 • ターゲットの近くに着いても、敵のAIが方向転換しない問題を修正。 • 電気やガスなどのAOEステータスが、とどめの一撃で発生しない問題を修正。 • JOTUNHEIM シャンダナの布に関する問題を修正。 • NaruシャンダナがWarframeにクリッピングする問題を修正。 • Strangledomeを発動中、コーパスナリファイアのバブルの中でKhoraの動きが妨げられる問題を修正。 • WispがReservoirsを発動すると発生するスクリプトエラーを修正。
  17. 古き血統:ホットフィックス 26.0.8 Prime Vault 開門! VaubanとAsh PrimeがPrime Vaultから復帰し、プライム武器や外装品、グリフなども再来。 Voidや依頼ミッションからレリックを入手しよう! または、今すぐPrime Vaultをこのページからゲット: https://www.warframe.com/prime-vault これをもちまして、Saryn PrimeとValkyr Prime、関連Prime武器およびアクセサリーなどはPrime Vaultへ収納されました。そしてSaryn PrimeとValkyr Prime関連のレリックはドロップテーブルから撤去されました。 * これによりこれらのアイテムはインベントリから外されません。これらのアイテムのパーツを含むVoidレリックを所持している場合はインベントリに残り、プレイすることが可能です。 追加点: • アーセナル画面に「射程物の爆発遅延」を示す統計を追加。 ZaktiやLenzなどの一部のAoE武器の射程物はターゲットをヒットしてから遅れて爆発します。 「射程物の爆発遅延」は衝突後、射程物が爆発するまでにかかる時間を表します。 • この統計は爆発の延滞値が0より大きい武器に対してのみ表示されます。 クバ・リッチに関する変更、修正点: 今回お届けする変更、修正点は、Prime Vault開門日にたどり着くまでに準備ができていたコンテンツです。 リッチ狩りを支援するため、開発チームは引き続き報酬ドロップ(クバ)などのバランス調整を行っています。 • Kuva Quartakkは焦点を合わせるとフォースフィードバック音響が流れるように。 • トレードされたクバ・リッチがいつもランク5として表示される問題を修正。 修正が入った後、ランク1と表示されるようになります。 また、この修正は木曜日にサーバーサイドで既に実行されています。 • トレードされたリッチが元の所有者のRequiem MODの推測を引き継ぐ問題を修正。 また、この修正は金曜日にサーバーサイドで既に実行されています。 • クリムゾン・ブランチを建設中、リッチトレード画面のコンテキストアクションが表示される問題を修正。 • クバ・リッチのエフェメラが少ししか、またはまったく表示されない問題を修正。 この修正により、ペットへリッチ・エフェメラが装備できない問題も解決されます。 これからもどんどん変更を導入していく予定ですので、よろしくお願いします。 • 特定の状況でクバ ラルブリングが生産されない問題を今回、本当に修正しました。 • Parazonを使ってクバ・リッチに対する挑戦を失敗しても、Requiem MODのUIが画面に残留する問題を修正。 • クバ・リッチ画面でクバ・リッチが挑発し続ける問題を修正。 • 近接武器の攻撃速度がParazonのフィニッシャーに影響をもたらす問題を修正。 この問題により、アニメーションが壊れる現象が発生していました。 • Parazonのフィニッシャーのアニメーションが欠落している問題を修正。 • 星系マップでクバ・リッチの影響域がずれている問題を修正。 • いくつかの言語で発生していたクバ・リッチのフォントに関する不具合を修正。 • ミッション終了結果画面のプレイヤーのロードアウトでクバ・リッチの武器名がローカライズされない問題を修正。 その他の変更点: 今回のホットフィックスでは紹介されませんが、Riven MOD、Amalgam RipkasとTrue Steelのクリティカル関連統計へ変更が加えられる予定です。   •「コンボカウンターを獲得できないチャンス」という負の属性を持つMelee Rivenを、その行を他のMODで見られる「追加コンボカウント率」に置き換えることでより明確に。 • 近接ヘビースラムの色とカメラの揺れは、スラムを行っている本人のみに表示されるように。 他のプレイヤーは引き続き、素晴らしいFXを眺めることができます。 • 設定画面から「垂直同期」オプションを変更した後、再起動する必要があるという警告が表示されないように。Windows XPでのみこの操作が必要でした。 修正点: • コーパス侵入ミッションでコンソールを繰り返しハッキングすることによりXPを稼ぐことができていた問題を修正。 • ランクアップされたRequiem MODを回覧した後、MODのラインアップを表示する画面が間違ったMODランクを表示する問題を修正。 • アップグレード、またはRiven サイクル画面で、組み立て式武器のRiven統計が間違って表示される問題を修正。 • アーセナル画面でZhuge Primeの範囲攻撃に関する統計が表示されない問題を修正。 • マーケットツールティップで範囲ダメージとセカンダリ射撃を持ち合わせる武器の統計が表示されない問題を修正。 • 装飾品を拾い、設置をキャンセルしても、装飾品が元の場所に配置されない問題を修正。 • ロードアウト選択メニューを開いた後、速くスクロールすると機能が失われる問題を修正。 • ミッションを開始するときに分隊パネルUIの機能が失われる問題を修正。 • Discordからゲームを起動した後、十分なプラチナを持ち合わせないのにロードアウトスロットや即時製作オプションを購入しようとすると、UI画面がロックアップする問題を修正。 • Shawzinの曲を選択中、シータスまたはフォーチュナーから移動すると発生するスクリプトエラーを修正。 • アーセナル画面で存在しないロードアウト名を検索すると発生するスクリプトエラーを修正。 • レベリアンのプレックスカードから[PH]タグを撤去。 古き血統:ホットフィックス 26.0.8.1 変更点: • Lith V7レリックから得られる報酬にリストアップされていたフォーマの設計図をVectis Primeバレルへ交換。 • GPUドライバーのクラッシュ診断を改善。(クラッシュが発生するとヘルプサイトに飛ばされるように) 修正点: • アーセナル画面でRiven統計が性質が「1」であるように表示されるため、Rivenの属性が半減したように見える問題を修正。 • Dojo内の普通のトレーディングポストを使用するときに、「部屋の建設が終わっていない」と表示される問題を修正。 • コンソールをハッキングする画面を閉じると発生するスクリプトエラーを修正。 • チャットリンクされたMODを回覧するときに発生するスクリプトエラーを修正。
  18. 古き血統:ホットフィックス 26.0.7 クバ・リッチに関する変更、修正点: 「古き血統」アップデートが実装されてから既にいくつかのホットフィックスが入っていますが、今回もクバ・リッチに関するたくさんの変更点や修正点をお届けします。 転向したリッチをトレードできるように : まだそろっていないクバ武器やエフェメラを得るためにクバ・リッチをトレードできます。 このトレードシステムはキングピンシステム初期に開発されていた「WAR ROOM」から発想をとった新しいDojo部屋とともに実装されます。 転向されたクバ・リッチは一回しかトレードできないため、トレードから入手したリッチを他のプレイヤーへ譲ることはできません。 クリムソン・ブランチ:この部屋は、転向されたクバ・リッチをトレードするための専用スペースです。今後他の敵勢力でも使えるように改装されていく予定です。 武器のランダム性を削減 ‐ クバ・リッチから得られる武器は同じものを2回連続で引かないように。 同じ武器を今後入手する可能性はありますが、挑戦中のクバ・リッチはその前任者と異なる武器を持ってくることを保証します。 Requiem MODの再利用 ‐ 4つの使いかけのRequiem MODを変換すると、未使用状態のランダムなMODへ交換できるようになります。 この変更により、MODの新しい使い道が開くとともに、インベントリが見やすくなります。 • Void亀裂ミッションはクバ要塞のどのノードでも出現するように。 以前は、アークウイングの制限があったため、クバ要塞の救出・耐久ノードのみVoid亀裂ミッションの対象となっていましたが、この変更により要塞全域でプレイできるようになります。 • バグから機能へ変換:クバ・リッチから得たエフェメラはセンチネルやコンパニオンに対して使用できるように。 FXの関係で、通常のエフェメラよりやや落ち着いたバージョンとなっています。 そして、リッチ以外から得られるエフェメラもセンチネルやコンパニオンが装着できるよう、現在開発中です。 • クバ・リッチがエフェメラを持っている確率を5%から10%まで上昇。 このホットフィックスが入った後に誕生したリッチのうち、10%のリッチはエフェメラを持っていますが、すでにプレイヤーをマークしたリッチの場合は5%に留まります。 何件かお問い合わせをいただきましたので、ご案内いたします。 ホットフィックスが入った前に誕生したリッチ:5%の確率でエフェメラを持っている ホットフィックスが入った後に誕生したリッチ:10%の確率でエフェメラを持っている エフェメラを持っているリッチを転向し、トレードするとトレード先のプレイヤーは100%の確率でエフェメラを取得できます。 プレイヤーA:エフェメラを持っているリッチを転向=エフェメラをゲット トレード先のプレイヤーB:100%の確率で受け取ったリッチを倒す、転向することによりエフェメラをゲット。しかし、プレイヤーBは他のプレイヤーにこのリッチをトレードできません。 • 新しいParazonフィニッシャーを追加。 • クバ・リッチの影響を受けているノードにクバ・リッチのアイコンを追加。 • Kuva Ogrisの基礎ダメージ(属性ボーナスが加算される前)を454から714へ増加。 • AoE関連のアビリティ以外へは不死身だったため、グリニア プロセキューターはしもべとして生産されないように。 • グール エクスパイアドはしもべとして生産されないように。 • 顔料をクバ・リッチの課税対象アイテムから撤去。 • ジャンクションをクリアすることにより得られる報酬はリッチの課税対象アイテムから撤去。 • Kuva Ayangaの爆発により発生していたカメラの揺れを改善。 • 衝撃と爆発によりダメージを与えるクバ・リッチの武器(Kuva Ogris、Kuva Ayangaなど)が予想されていたよりもダメージが大幅に少ない問題を修正。 この問題は属性ボーナスが爆発ではなく射程物の衝突に対して計算されていたため発生していました。 • アラームを鳴らさずにクバサイフォン・フラッドミッションを完了してもRequiemレリックが配布されない問題を修正。 • クバサイフォン・フラッド侵入ミッションで侵入貯蔵庫を開いても報酬を配布しない問題を修正。 • 転向された味方のクバ・リッチはアークウイングミッションを援護しないように。 https://www.reddit.com/r/Warframe/comments/dv6ofx/til_kuva_lichs_can_help_on_archwing_missions/ • センティエントUmbraがラルブリングにMercyフィニッシャーを仕掛けるとクバ・リッチが生産されない問題を修正。 • ラルブリングをMirageのHall of MirrorsまたはWukongの分身が倒してあなたがMercyフィニッシャーを実行するとクバ・リッチが生産されない問題を修正。 • ステルスMercyフィニッシャーを仕掛けるとクバ・リッチが生産されない問題を修正。 • Undertowを発動中のHydroidへクバ・リッチが攻撃を仕掛けるとクバ・リッチが縮む問題を修正。 • RevenantのEnthrallアビリティが失効したとき、ダウンするまでクバ・リッチが味方になる問題を修正。 • リッチ税として取られたAyatan像が返還されるときミッション完了画面に表示されない問題を修正。 • ホスト移行が発生すると重複したまたは透明のクバ・リッチが生産される問題を修正。 • 疑い深いリッチが倒されてもプレイヤーを倒す問題を修正。https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/dsx2yt/so_my_converted_lich_decided_to_help_me_with_my/ • クライエントとしてプレイ中投げられるモーションが間違った方向へ発生する問題を修正。 • ラルブリングが安定して生産されない問題を修正。 • クバ武器の名前が英語以外のクライエントで正しく表示されない問題を修正。 この修正により同じ問題が発生することはなくなりますが、すでに文字化けをしている場合は、その名前が継続されます。 • クバ・リッチがダウン中(倒されるまたは転向されるのを待っている状態)、受信ボックスを開くと発生するクラッシュを修正。 • 一つのミッションで二体のクバ・リッチに対してParazonを使用できた場合発生するゲームのハングを修正。 • クバ・リッチのアビリティの説明文からダメージタイプのアイコンが欠落していた問題を修正。 • 名前を変更するときにクバ・リッチのアイコンが失われる問題を修正。 • クバ・リッチを倒すと発生するスクリプトエラーを修正。 • Kuva Karakの効果音を調整。 近接フェーズ2に関する変更と修正点: 古き血統アップデートが実装されてから行われたホットフィックスでは基本機能とバグの修正に重点を置いていました。今回のホットフィックスではバランスに関する変更を導入していきます。 そして、皆さんからのフィードバックに基づき、いくつかのスタンスに関する調整も入ります。 変更点: • ヘビー攻撃関連の統計を独自のカテゴリーに分割することにより、UI画面の統計はより簡潔に表示されるように。 • 「近接を長押し」すると、フェーズ2が導入される以前の様にヘビー攻撃を仕掛けられるように。 • ブーメランのヒットダメージからコンボ倍数を撤去。 爆発ダメージのみコンボ倍数を適応するように。 • MaduraiのRising Blastは長押し(チャージ攻撃)またはタップ(非チャージ攻撃)を発動できるように。 Modに関する変更点: 近接をよく引用するプレイヤーにとって、Blood Rushはクリティカル率に大きな影響を与えるMODでしたが、「Steel」系のModが基礎クリティカル率を適応していたため、Blood Rushが時代遅れだと感じるようになっていたかもしれません。 今回導入される変更により、これらのMODへ大幅なバフが加わります。そのため、クリティカル率を重視したビルドを組むときにより多くのオプションから選ぶことができるようになります。 クリティカル率とヘビー攻撃をより使いやすくして、高いコンボ乗数を維持することに依存しないビルドを組めるオプションを提供します。 • 最大ランク時、True Steelのクリティカル率は60%から120%へ(ヘビー攻撃では2倍)。 • 最大ランク時、Sacrificial Steelのクリティカル率は88%から220%へ(ヘビー攻撃では2倍)。 スタンス & 武器に関する変更点: • Crimson Dervish: • Crimson Dervishがスライディングヘビー攻撃へ接続されていない問題を修正。 • Crimson Dervishの中立(Twisting Flurry)および前進 + ブロック(Coiling Impale)コンボのダメージとコンボポイント値を増加。 • ガンブレード: • High Noon(Vagabond Blitz)とBullet Dance(Magnum Mambo)の前進コンボの最初の動きに自由移動射撃攻撃を追加。 • ヘビー攻撃ショットは自由な動きでないように。(攻撃チャージは自由な動きのままです) • High Noon • 中立コンボ(Desperado Zeal)は戦術先進コンボ(Final Showdown)へ。そして、その反対も導入されました。 • 二つの戦術的前進攻撃の順序を切り替え、最初の攻撃にあてられる前進距離を増加。 • Bullet Dance • 中立コンボ(Samba Slash)の最初の攻撃をコンボの最後へ移動。 • Bullet Dance - 中立コンボ(Samba Slash)は中立ブロック(Automatic Rhumba)へ。その反対も導入されました。 • レイピア: Vulpine Mask • 中立コンボ(Assailant Guise)の最初の二つの攻撃の順序を切り替え。 • ヌンチャックスタンス:Atlantis Vulcan • 戦術前進コンボ(Blazing Vortex)の最初の攻撃で前方への動きを減らし、二番目の攻撃で動きを増加。 • Wise Razor • 前進コンボ(Cut Thrice)の二番目の攻撃は自由な動きへ変更。 • 中立コンボ(Threshing Grain)の最後の攻撃は最初に来るよう変更され、ダメージ乗数とコンボポイントを調整。 • 戦術前進コンボ(Calling Thunder)の最後の攻撃は最初に来るように変更。その上、ギャップを閉じる動きを増加して、ダメージ乗数とコンボポイントが最初の攻撃に応じるよう調整されました。 • Dark Split Sword ヘビーブレード • クリティカル率を10%から15%へ上昇。 • 貫通ダメージを68から78へ上昇。 • Zenistar • ディスクの回収による爆発でコンボ乗数が適応されるように。 修正点: • ガンブレードで通常の攻撃を使用すると、Blood RushとWeeping Woundsがリセットされる問題を修正。 • エクゾディア バローが、実際に浮遊状態である、ないに関わらず、全てのターゲットが浮遊状態であるとみなす問題を修正。 • ZenurikのInner Mightが適応されない問題を修正。 グレネードランチャーの効果範囲に関する変更: アーセナル画面で、ダメージ効果範囲(AoE)は独自のヘッダーを持つ統計情報として表示されるように。そして、AoEダメージの半径も表示されます。 この変更が導入されるまで、AoEのダメージ値は通常のヒットダメージ欄で混合して表示されていました。 変更点: • 付近をヒットすることにより流れるEmberのアビリティFXを調整。 修正点: • Requiemレリックを開放してもNightwaveのアクトに対してカウントされない問題を修正。 • プライマリとセカンダリ武器を両方装備していないと、「Blood for Ammo」Parazon Modが機能しない問題を修正。 • Vasca治癒剤が感染したSmeetaキャバットを治療しない問題を再度修正。 • Ayatanスターや他の拾い上げられるアイテムがバキューム(吸い上げ)できない到達不能な場所へ生産される問題を修正。 • アークウイング近接ロックを開始するためにはとても近くにいなければいけない問題を修正。 • Acceltraからヒット音が欠落している問題を修正。 • Dojoのファストトラベルに表示されていた[PH] 表記を撤去。 • グリニア・ガレオンタイルセットで発生していた敵の航路に関する問題を修正。 • ミッション完了時、音楽が重なって流れる問題を修正。 • モリ突き用のモリを投げると入力が数秒間機能しなくなるゲームのハングを修正。 • 数々のローカライゼーションに関する不具合を修正。 • Lunaroで空中攻撃とコンボが機能していない問題を修正。 • 数々の場所でウクライナ語が欠落していた問題を修正。 • アマルガム勢力がMODのように見える素材をドロップする問題を修正。 • コーパスハッキングミニゲームを完了するときに他のプレイヤーがゲームを開始するとロックされる問題を修正。 • コーパスハッキングパネルを使用できない問題を修正。 • グリニア侵入ミッションタイルセットでAIが迷う問題を修正。 • Ember のFireballを稼動すると発生するスクリプトエラーを修正。 • GaussのThermal Sunderを発動すると発生するスクリプトエラーを修正。 • SariシャンダナがUIメニューに覆い被さる問題を修正。 • コンクレーブロードアウトスロットから欠落していた説明文を追加。 • 最大ランクが30を超える武器(Paracesis、クバ武器など)の極性付与画面が、正しいランクを表示しない問題を修正。 • 目的マーカーがコーパスアークウイングミッションで行き止まりへ誘導する問題を修正。 • 性質が3より低くても、KitgunのRiven性質が常に3/5と表示される問題を修正。 • UI画面で選択したUIテーマのボーダーカラーが適応されない問題を修正。 • 完全なリロードを行うためにヘルスが必要な武器で、ヘルスが足りなくても部分的にリロードする問題を修正。 • 最大ランクに到達しているKitgunを持っていないと武器の名前を変えられない問題を修正。 • 感染コーパス船のドアが他の部屋にクリッピングする問題を解決に向けて改善。 • 地形がオーブ峡谷のスペースポートの建物にクリッピングする問題を修正。 https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/dw3ojs/found_a_weird_panel_sticking_out_at_the_top/ • コーパス氷河マップの地形を修正。 https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/dw3wim/found_a_hole_on_europa/ • Vascaキャバットのぬいぐるみの説明文が「オーブ峡谷」と表示される問題を修正。 • Marooのバザーで他のプレイヤーが何を売っているか見えない問題を修正。 • ホスト移行が発生すると、ランク30を超える武器(Paracesisなど)のランクが維持されない問題を修正。 これにより、MODの容量が標準の30ランクを超えているために無視されるもう一つの問題も修正されます。 •「コンボを獲得できないチャンス」を持つRiven MODが100%を超えている場合でも、近接コンボを獲得する問題を修正。 • アークウイングの敵のUIマーカーがドア付近で重なって表示される問題を修正。
  19. Dev Workshop : クバ武器Riven MODとその性質に関する変更 皆さんこんにちは。 PC版でプレイしている皆さんはクバ・リッチを次々と倒していることかと思います。(コンソール版でプレイしている皆さん、安心してください。クバ・リッチシステムを導入するアップデートは近日実装される予定です。) クバ・リッチシステムは、主に幅広い武器を持つ経験豊かなプレイヤーを対象としたものであるため、リッチから入手できるクバ武器は性能が高いものとなっています。 しかし、大半のクバ武器は上級プレイヤーがそれほど使用しない古い武器に基づいています。 その結果、クバ武器にRiven MODを装備したプレイヤーはRiven MODの統計がノーマル版と違っていることに気付くかも知れません。 クバ武器用Riven MODは異なる性質を持っているため、統計が低めに設定されています。 私たちはしばらくの間この変更を、全てのRiven MODに対して変更したいと願っていました。そして、クバ・リッチから入手できるクバ武器を導入したときに絶好の機会だと判断したのです。 本来ならば、「古き血統」アップデートノートにこの変更内容を記載する予定でしたが、アップデートを実装しよういる時とても忙しかったため、ノートへ記載されませんでした。混乱を引き起こしたことをお詫びいたします。 また、この変更はゲームを通してお伝えするには複雑すぎるかもしれませんが、今後UI画面で更新されていきますので、ご理解のほどお願いいたします。 さて、武器の性質は今後、武器のカテゴリー別ではなく、各武器ごとに調整されるようになります。 例えば、Kohm Riven MODはノーマル版に対して1.4の性質を持っていますが、Kuva Kohmに対して1となります。 また、開発チームは今回導入される変更点が将来Riven MODを調整するときに良い影響を与えると見込んでいます。 過去には、新しいPrime武器が紹介される度に武器カテゴリーの使用頻度が劇的に増加するため、カテゴリー全体のRiven 性質を減らすことを余儀なくされていました。 しかし、Rivenの性質を個々の武器に割り当てることにより、Prime版やその他アップグレードされた武器が導入されても、現在設定されているRiven性質が変動しなくなります。 私たちはこれまで、それぞれの武器のカテゴリーの中で最も強力なものに基づいてRiven性質を調整してきました。しかし、今回導入する新システムにより、この調整の仕方が改善されます。そのため、次回12月に予定されている性質変更では、武器のシンプルバリエーションのパワーレベルを上がることをご期待ください。 アップグレードされたものより基礎バージョンを強化する予定がないため、基礎バージョン武器のRiven性質はあまり大きな変化を見ないかもしれません。しかし、より強力な武器を所有していない方にとっては、より適切な統計を提供することでしょう。 話は少し変わりますが、古き血統アップデートで近接フェーズ2が紹介されました。 武器の威力バランスが調整されたため、新しいPrime Accessの発表と伴い従来ならば近接Riven MODの性質へ対して調整が入る予定ですが…  まだ発表する段階までたどり着いていません。 近接フェーズ2をプレイヤーの皆さんに色々試してもらう時間と、統計を観察する時間が必要なため、近接Riven MODに関する性質の調整が行われるのは、おそらく年が明けたころになるでしょう。 ここまで読んでいただき、ありがとうございます。
  20. Dev Workshop - クバ・リッチに関する変更、近日導入 リッチハンターの皆さん、こんにちは。 アップデート26「古き血統」でクバ・リッチシステムをリリースしてから、質の高いフィーバックが皆さんから届いています。 この一週間ほど多くの改善点を導入してきましたが、すべてを出し切ったわけではありません。 今回のDev Workshopでは予定されている改善案をご紹介します。 • 武器のランダム性を削減 ‐ クバ・リッチから得られる武器は同じものを2回連続で引かないように。 同じ武器を今後入手する可能性はありますが、挑戦中のクバ・リッチはその前任者と異なる武器を持ってくることを保証します。 • Requiem MODの再利用 ‐ 4つの使いかけのRequiem MODを変換すると、未使用状態のランダムなMODへ交換できるようになります。 この変更により、MODの新しい使い道が開くとともに、インベントリが見やすくなります。 • リッチのトレード ‐ 転向されたクバ・リッチをトレードできるように。トレードの相手は、あなたのクバ・リッチが持っている武器やエフェメラを欲しいかもしれません。 このトレードシステムは近々実装される予定です。そして、キングピンシステム初期に開発されていた「WAR ROOM(戦闘部屋)」から発想をとった新しいDojo部屋と共に皆さんにお届けします。 • 今後の予定 ‐ クバ・リッチが皆さんにとってより魅力的で楽しいコンテンツになるよう、開発チームはたくさんの議論を日々重ねています。 アイデアはたくさん出ていますが発表できる段階でないため、改めてお知らせします。 私たちはクバ・リッチシステムを継続的に観察、改善、バランス調整していく予定ですが、皆さんからのご意見を引き続きお待ちしています。 フィードバックを書き込むときは建設的かつ簡潔にお願いします。システムが好きな理由、または嫌いな理由を論理的に説明して、改善方法などを提案してください。 狩りは続くのです、テンノ!
  21. 皆さんこんにちは。 古き血統アップデートが実装されてからチャットに書き込もうとすると不具合が発生するという報告を受けています。お手数をおかけして申し訳ございませんが、どの様な文字が「*」へ書き換えられるかなどを表示したスクリーンショットを送っていただけますか。問題を解決できるように調査を進めていきますのでご協力のほどお願い申し上げます。
  22. 古き血統:ホットフィックス 26.0.6 古き血統アップデートが実装されてから7度目のホットフィックスをお届けします。 そして、クバ・リッチをトレードできるシステムの開発が着々と進んでいることをお知らせします。 また、バグを修正しようとしたにも関わらず、昨日実装したホットフィックスのように課題を追加することになってしまうことを防ぐため、慎重に考えた上で取り組み、解決したい2つの問題をお知らせします。 まず最初の問題は、クバ・リッチ狩りへどの様に協力型プレイの要素を取り込むかという課題。そして、二番目の問題は(正しいRequiemを持っていなくても)ダウン状態に陥っているリッチをどのようにミッションで処理していくかという課題です。 ご理解とご協力のほどありがとうございます。 今回のホットフィックスではクバ武器に関する新システム「バレンス・トランスファー」をご紹介します。 重複しているクバ武器を組み合わせよう:バレンス・トランスファー クバ武器のダメージボーナスを他のクバ武器のダメージボーナスに入れ替えることができます。 入れ替えるボーナスを含む武器は破壊されます。 たとえば、Kuva Seer AとKuva Seer Bを持っているとします。そして、Kuva Seer Aはフォーマ、カタリストなどを使い、すでにアップグレードしているとします。しかし、新しく取得したKuva Seer Bの統計の方が好ましい場合、Kuva Seer AとBを「バレンス・トランスファー」することにより、より強力な武器を入手できます。 このSeer AとBを混ぜ合わすと、Kuva Seer Aのフォーマ、カタリスト、レンズ、MOD設定、外装設定などが持ち越される代わりに、Kuva Seer Bの統計を引き継ぐようになります。そして、Kuva Seer Bは操作が終わったときに破壊されます。(そして、この操作を間違ってもサポートでは履歴を巻き戻すことができませんので、十分に注意した上トランスファーを実行してください。) バレンス・トランスファーの仕方 1. アーセナルを開く 2. 目的のクバ武器のアップグレード画面を選択する 3. 「アクション」を選択してから、バレンス・トランスファーを選ぶ 4. 消費したいクバ武器を選ぶ 5. ポップアップするプロンプトに「TRANSFER」と入力して、操作を確認する。この画面ではどのバフが交換されるか表示されます。 6. 完了! 5時49分(東部標準時間)時点の注意書き:一部のアイテムでバレンス・トランスファーが正常に機能していないという報告を受けています。 現在調査中です。 クバ・リッチに関する変更、修正点: • クバ・リッチの「プッシュビーム」アビリティを改善し、強化や弱化する時間を短縮。 • クバ・リッチを倒した後に実行されるミッションに関係なく、クバ武器の設計図がミッション完了画面に無制限に残る問題を修正。 • クバ・リッチを倒した直後にミッションを中止しても、クバ武器の設計図を含める全てのアイテムを回収できる問題を修正。 • クバ・リッチが防衛コンソール内に出現するため、無敵になる問題を修正。 • クライエントとしてプレイ中(非常なまれなケースではホストでも)、クバ・リッチがダウン状態を抜け出すことができ、Mercyの成功、失敗アニメーションが再生されない問題を修正。 • クバ・リッチを倒した後にクライエントがParazonを振り回し続ける問題を修正。 • ホストがMercyフィニッシャーを実行すると、クライエントとしてプレイ中の者にMercyアニメーションが流れない問題を修正。 • Kuva OgrisにNightwatch Napalmを装備していると、衝撃時に火球や火災FXを生産しない問題を修正。 • 英語以外の言語クライエントで「倒す」または「転向」に関するテキストが途切れる問題を修正。 • しもべにMercyフィニッシャーを仕掛けると発生するスクリプトエラーを修正。 • リッチを刺し殺す場面でプレイヤーが死亡するとUI画面がフリーズしたりスクリプトエラーが発生する問題を修正。 近接フェーズ2に関する変更と修正点: 近接フェーズ2の継続的な変更や修正が更に導入されます。 • チャネリングに関するMODを「チャネリング」ではなく「近接」と表示されるように。 • 空中でパリー+ドッジを行うときに得られていた戦術的ドッジ倍数を撤去。 この倍数が振られていたため、役に立たないスローモーションが発生していました。 • 各近接ヒット時、エクゾディア バローがコンボポイントを加算していた問題を修正。 • Focused Defenseが正しく適用されない問題を修正。 • True Punishmentが正しく適用されない問題を修正。 • Enduring Strikeが浮遊状態の敵を探知しない問題を修正。 • Reflex Guardが正しく適用されない問題を修正。 • 数々の武器のヘビースラムに関する表記を修正。 修正点: • Madurai のRising Blast用にVoid Blastを充電できない問題を修正。 • 近接フェーズ2で「長押ししてチャージ」攻撃が撤去されたため、Void BlastはRising Blastを使用して攻撃を仕掛ける前に完全にチャージされるようになりました。 新しいフェーズ2メカニズムを使用しながら元の機能を利用できるオプションを開発できるよう、調査をしています。 • ターゲットが壁の近くなどのぎこちない場所に配置されていると、Mercyフィニッシャーのアニメーションが流れないため、Out of Sightの盲目メカニズムが正しく機能しない問題を修正。 これらの問題を回避するため、Out of SightはMercyフィニッシャーのアニメーションが流れなくても作動するようになりました。 • プライマリとセカンダリ武器を装備していないと、「Blood for Ammo」Parazon MODが機能しない問題を修正。 • 発射物がある武器を敵の近くで発射すると敵をヒットできない問題を修正。この問題は特にテラリスト戦で発生していました。 • Vasca治癒剤が感染したSmeetaキャバットを治療しない問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1137524-vasca-curative-doesnt-work-on-my-smeeta-kavat/ • Grendelに飲み込まれたコーパスナリファイアのバブルが腹の中で成長する問題を修正。 • AshのBladestormを不可視の時に発動すると、BladestormマークのFXがAshに対して表示されない問題を修正。 • アーセナル画面でロードアウトを切り替えると発生するスポットローディングを修正。 • Helminth チャージャーに対してMecha MODのセットボーナスが適用される問題を修正。 • Razorwingを発動中、カスタムカラーがTitaniaのEmpress スキンに適用されない問題を修正。 • ジオラマでTitaniaのDendriteガンブレードスキンが正しく表示されない問題を修正。 • EmberのFireballで発生していたFXのリークを修正。 • Sporeエフェメラで発生していたFXメモリーリークを修正。 古き血統:ホットフィックス 26.0.6.1 修正点: • Kuva ShildegとKuva Ayangaに対してバレンス・トランスファーが作動しない問題を修正。
  23. 古き血統:ホットフィックス 26.0.5 最適化: このホットフィックスではWarframeがWindowsにフレームをより効率よく送信させるために使えるオプションを追加しました。このシステムの導入により、ボーダレスフルスクリーンおよびウィンドウ表示モードのフレームレートの向上を見込めます。 GTX 1650を搭載しているノートパソコンを使ってテストしたとき、峡谷のエレベーターから眺めるフレームレートが199から215FPSに上がりました。高解像度を兼用して使うことにより、フレームレートがさらに向上するでしょう。 この設定は「オプション」>「ディスプレイ」から有効化できますが、変更した後にゲームを再起動する必要があります。 残念ながら、このオプションは現在Windows 10を搭載しているプレイヤーのみ使用できます。利用をご希望のプレイヤーはWindowsのアップデートを実行する必要がある場合があります。(2017年のWindows 10 Fall Creators Updateは、この方法で遅延のフレームを最適化しました) ネイティブフルスクリーンおよびコンソールプラットフォームでは、フレームを合成するデスクトップウィンドウがないため、この最適化は必要ありません。 そして、このオプションを使用すると、垂直同期が有効になっているときに動的解像度の最適化も改善されます。なぜなら、正確なGPUタイミングを再度取得できるようになるためです。今回の変更に関する詳細については、https://forums.warframe.com/topic/1040892-max-framerate/を参照してください。特にストリーマーやコンテンツクリエーターの方々からのテストとフィードバックが必要です。なぜなら、Windowsに送信するフレームと、このオプションはそのプロセスを変更するからです。 理想的には、より広範なテストの後、デフォルトで有効にできプレイヤー全員が利用できるよう、開発を進めています。 クバ・リッチに関する変更、修正点: • リッチ ラルブリングの生産過程への参加が選択できるように。 星系マップがクバまみれになってほしいプレイヤーもいれば、今までどおりの戦闘スタイルを維持したい方もいるでしょう。 後者の方々のため、クバ・リッチを作成するために必要なクバ ラルブリング過程を変更しました。 クバ ラルブリングはしもべを倒す過程と同じ設定になりますが、Mercyフィニッシャーは最後にダメージを与えたプレイヤーのみが利用できます。 そのため、Mercyフィニッシャーをかける為にxを押すか、クバ ラルブリングから離れることにより15秒後に自動消滅する選択権の導入を検討中です。 • ささやきの進度UI画面を改善。この変更により、複数の円が表示され、現在どのヒントに向かっているかをわかりやすく示すように。 • ヒント1のための進捗リング、ヒント2のための進捗および中間リング、ヒント3のための進捗および両方の内部リング • • NaramonのDisarming Blastはクバ・リッチに影響を与えないように。 Disarming Blastがクバ・リッチに影響を与えていた時、クバ・リッチは文字通りその体を剥ぎ取られていました。 • しもべをMercyフィニッシャーを使い倒したときドロップされるREQUIEMレリックはアルゴンクリスタルやトロイドを拾い上げた時の様に特別UIバナーで表示されるように。 • 分隊メンバーの一人がクバ・リッチを倒そうとして失敗したときに分隊メンバー全員に死者のささやきが配布されていた問題を修正。本来はリッチを倒そうとして失敗したメンバーのみが受け取るはずでした。 しもべの死者のささやきは分隊メンバー全員と共有されますが、リッチの死者のささやきは挑戦したプレイヤー専用です。 この修正により、クバ・リッチを正常に倒したときに死者のささやきの進行状況が更新されていた問題も修正できました。Requiemの順番をリッチに対して試したプレイヤーのみ解読状況が進みます。 • Mercyフィニッシャーを待っているままにすると、ミッションに設定されている上限をこえた数のしもべが生産される問題を修正。   • Mercyフィニッシャーを実行した後、しばらくしてからクバ・リッチがプレイヤーに対してフィニッシャーなどを仕掛けた時に発生するクラッシュを修正。 • リッチに盗まれていたMODを取り返した後、インベントリで「新」MODとして表示されるとParazonに装備できなくなる問題を修正。 このホットフィックスが実行された後、これらのMODはインベントリから消えていますが、クバ・リッチに立ち向かい奪い返してください。 • 既知のRequeim欄に間違ったLOHK Requiem Modが表示される問題を修正(重複して表示される場合がありました)。 このホットフィックスが実行された後、正しいRequiem Modに置き換えられているはずです。 • しもべが状態異常プロックの影響を受けない問題を修正。 • クバ・リッチから回収したアルケインがMODとして表示される問題を修正。 • タレットや防犯カメラがしもべとして生産される問題を修正に向けて改善。 • クバ ラルブリングが死んだときに流れる音響が欠落していた問題を修正。 • クバ・リッチによりAyatan像が盗まれるとミッション完了画面で起こるスクリプトエラーを修正。 • クバ・リッチを倒したり転向したミッションから帰還すると機能が失われる問題を修正。 • クバ・リッチの通信が流れているときにログアウトすると発生するスクリプトエラーを修正。 近接フェーズ2に関する変更と修正点: 近接フェーズ2の継続的な変更や修正が更に導入されます。 • クライエントとしてプレイ中、周りに誰もいない時にグランドスラムすると、近接攻撃としてカウントされ、近接コンボカウンターが更新される問題を修正。 • クライエントとしてプレイ中、初期コンボモディファイアが正常に機能しない問題を修正。 • 他のプレイヤーの近接スラムアニメーションポーズが表示されない問題を修正。 • Gladiator セットMODのボーナスが正しく適用されない問題を修正。 • Weeping Wounds MODが正しく適用されない問題を修正。 Grendelに関する変更、修正点: • Pulverizeを発動中、GrendelはNourishを発動できるように。そして、新しい音響も追加されました。 • GrendelのFeastは敵の数とレベルに基づいてダメージが増加するように。 また、放射状のAoEと同じダメージを与えるように。 • GrendelのRegurgitateのダメージ範囲は3/3/3/3から3/4/5/5へと増加し、ダメージのスケーリングも重ねて増加されました。 • GrendelのPulverizeはターゲットを食い尽くした後でも終了しない代わりにEmberのImmolationのようにエネルギーを消費し始めます。 • GrendelのNourishを発動しているとPulverizeが加速されるように。 • Grendelがエネルギー不足でつまずくと流れる音響を追加。 • GrendelがPulverizeを使用した後に足が速くなる問題を修正。 その他の変更点: • Swift MomentumとEmpowered Blades MODの説明文をチャージ攻撃/チャージ攻撃速度からヘビー攻撃/ヘビー攻撃ワインドアップ速度に変更。 • サイス、ヌンチャク、およびハンマー武器の近接音響を調整。 • 布の問題に対応するため、TitaniaのEmpress Razorwingスキンを調整。 • エンドレスミッションでMODを受け取る場合、「戦闘」または「脱出」を選択する画面で現在所有しているMODの数が表示されるように。 • クランエンブレムが撤去されたときに送信されるメッセージを更新。 • プレイヤーが速く移動できないように設置される障害物を撤去。 https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/drwatr/cant_go_through_most_if_not_all_of_these_corner. 修正点: • Vasca キャバットスターターキットを購入できなかった問題を修正。 • プレイヤーが以前自由に動くことができていた箇所でスタックする問題を修正。この問題は特に草原でアークウイングを展開しようとしたときやMR25昇進テストで発生していました。 • NPCがしゃがんで動く問題を修正。 • エンドレスVOID亀裂ミッションで配布されるMODがタイマーと重なって表示される問題を修正。 • 採掘を成功したときに表示されるUIを調整。 • センチネルのスキンに対してエンブレムを装備すると正しく表示されない問題を修正。 • 泳げないはずの場所で潜れる水が表示される問題を修正。 • 特定のオブジェクトに目的マーカーを配置すると発生するクラッシュを修正。
  24. 古き血統:ホットフィックス 26.0.4.1 修正点: • Mercyフィニッシャーを実行時、しもべがRequiem レリックの代わりにRequiem MODをドロップする問題を修正。レリックはホットフィックス26.0.4でドロップテーブルに追加されました。 また、しもべのドロップテーブルから500クバを削除。 ドロップする報酬の選択権が少ないということは、Requiem レリックが貰える可能性があがることを意味しています。 • しもべから間違ってドロップしたRequiem MODやクバはインベントリに残りますので、 ご安心ください。 • クバ・リッチがしもべによってドロップしたアイテムを盗む問題を修正。 • Vascaキャバットスターターキットが所有しているVasca遺伝子データの数を表示しない問題を修正。 • レリック精錬画面でチャットリンクを開くとUIが重なって表示される問題を修正。 • マーケットでひげのジオラマを回覧しているとき、Warframeが背を向けているように表示される問題を修正。 • 無効なアイテムがクバ・リッチにより課税されるため、ミッション完了画面の機能が失われる問題を修正。
  25. 古き血統:ホットフィックス 26.0.4 古き血統アップデートが実装されてから5日が経ちました。皆さんからたくさんの建設的なフィードバックが届いていて私たちは胸がいっぱいです。 私たちの統計によりますと、昨日の午後の時点で、すでに一万五千以上のクバ・リッチが転向され、八万五千以上のリッチは退治されました。 そして、皆さんからのフィードバックに基づきクバ・リッチシステムに関する次のような大型な変更を近日中に開発したのち、導入する予定であることをお知らせします。 • 備蓄されたクバ武器:ランクアップしたり、フォーマを使用した後により優れたクバ武器の設計図を受け取ると、がっかりすることがあるのではないでしょうか。 この点を念頭に置いて、同じクバ武器を組み合わせることができる、「重複消費」機能に取り組んでいます。この機能を取り入れると、フォーマやエクシラス武器スロットなどへの投資を維持しながら、バフを転送できれば、と改善案を練っています。 • リッチ ラルブリング過程への参加が選択できるように。 星系マップがクバまみれになってほしいプレイヤーもいれば、今までどおりの戦闘スタイルを維持したい方もいるでしょう。 後者の方々のため、クバ・リッチを作成するために必要なクバ ラルブリング過程の見直しを行っています。 クバ ラルブリングはしもべを倒す過程と同じ設定になりますが、Mercyフィニッシャーは最後にダメージを与えたプレイヤーのみが利用できます。 そのため、Mercyフィニッシャーをかける為にxを押すか、クバ ラルブリングから離れることにより15秒後に自動消滅する選択権の導入を検討中です。 乞うご期待! 近接フェーズ2に関する変更と修正点: より大幅な調整を行う前に近接フェーズ2に関する優先順位の高い変更、修正点を導入します。 • 近接攻撃を仕掛けるときにスプリントをトグルしなければいけない問題を修正。 https://www.reddit.com/r/Warframe/comments/dpy5vl/melee_stops_sprinting/ • ヘビー攻撃時、Sigma & OctantisとCobra & Craneが近接コンボカウンターを消費しない問題を修正。 • パリーMODのカウンターが正しく機能しない問題を修正。 そして、チャネリングに関する条件も撤去しました。 クバ・リッチに関する変更、修正点: 実装から5日経った今、クバ・リッチシステムへ多くの変更が加えられます。 そして、これらの調整だけではありません。今週たくさんの調整が入る予定ですのでご期待ください。 • しもべをMercyフィニッシャーで倒すと5%の確率で500クバまたはRequiemレリックをドロップするように。この変更によりクバ・リッチを倒したり転向しやすくなります。 Requiemレリックはクバ・リッチシステムで非常に重要な役割を果たします。今回変更を導入する上で目的としていたことは、通常ミッションモードでしもべを倒せたり、Requiemレリックのファーミングを結合することです。 • クバ サイフォンミッションからRequiemレリックがドロップされる確率を30%から50%へ増加。 • 最初の試練を緩和するために死者のささやきが得られる条件を調整: • 各ささやきが同じ量のヒントを必要とする代わりに、最初と二番目のささやきは以前の60%を必要とし、最後のささやきは140%を必要とするように。 • ささやきの進行が余った場合、次のささやきに引き継がれるため、よりはやくささやきを集めることができるように。 • クバ・リッチに対してParazonを使用し、発見した既知のRequiemは、永続的な既知のRequiemとしてUIにすぐに表示されるように。 • リッチはRequiem MODまたはレリックを盗まないように。 • ゲーム内のささやきポップアップは進行状況を表示するように。この変更により前回ささやきを検出してからの経過状況が明らかになります。 すべてのささやきヒントを解決すると、この進行状況バーは表示されません。 • リッチに対してRequiemを試すほうが、しもべでささやきを試すより進行速度が平均で約10倍ほど速まるように。 • クバ ラルブリングの生産に失敗すると通信が流れるように。 • リッチ画面のささやきに関する表示を調整。 • Parazonからの最後の一撃を待つクバ ラルブリングに台詞を追加。 • リッチに挑んだ回数を表示することにより、リッチを試した履歴が確認できるように。 • リッチの名前を表示するテキストを更新することにより、特定の文字をより識別しやすいように。 • リッチのランクは挑戦を失敗した直後に更新されるため、ミッション中に新しいランクをすぐに確認できるようになりました。 • すでに完了したアラートやクバミッションを再度プレイしようとすると、「報酬をすでに受け取っています」というポップアップが表示されるように。 • 意図されていないクバ エフェメラの音響を撤去。 • Kuva Tonkorにリロード速度を1.7秒から1.5秒へ短縮。 • ミッション終了画面で回収されたクバ・リッチアイテム(例:エフェメラ、クバ武器の設計図など)が正しく表示されない問題を修正。 「リッチが~を返してくれなかった」というお問い合わせを調査すると、すべてのケースでアイテムが正常に返還されていることが確認できました。そのため、UI上の不具合であることが確認できました。 • NekrosのShadows of the Deadがクバのしもべを生産できる問題を修正。 • コーデックスの字幕で発生していた不整合を修正。 • 分隊メンバー全員がリッチを持っていても、クバ ラルブリングが生産される問題を修正。 • クバ ラルブリングが生産される前にクバ ラルブリングの通信が流れる問題を修正。 • クバ ラルブリングが生産されるときに流れる間違った通信を修正。 • 発掘パワーセルキャリアーや救出ターゲットがしもべとして生産されるため、ミッションを完了できない問題を修正。 • グリニア侵入ミッションでセンサーレギュラーやラッチャーがクバのしもべとして生産される問題を修正。 • クバ武器を取得した直後にユニコードとして表示される問題を修正。 • クバ・リッチとしもべの音楽が同時に再生される問題を修正。 • リッチの肖像と通信が欠落している問題を修正。 • クバ・リッチがOut of Sight MODの影響を受ける問題を修正。 • 倒したはずのリッチが助けを差し出す問題を修正。 • 意図されている数のしもべより多く生産できる問題を修正。 • Requiem MODをトレードするときに表示される[PH]タグを撤去。 • リッチがフィニッシャーアニメーションを始めた直後に再生を停止する問題を修正。 最適化: • ロードアウトを選択中、ロードアウト名にHTMLの文字(例: <)などがあると発生するクラッシュを修正。 • 成熟したクブロウと触れ合うと機能が失われる問題を修正。 • クバのしもべやリッチにフィニッシャーを仕掛けると発生するクライエント関係のクラッシュを修正。 • 敵が既にハッキングした後のアラームを設定しようとすると機能が失われる問題を修正。 • ラグドールに関するクラッシュを修正。 • クバ・リッチが盗んだアイテムを回収するときに表示されるミッション完了画面がフリーズするため、一度ゲームクライエントを閉じ、再度ログインしなくてはいけない問題を修正。 • リッチがプレイヤーを援護するために現れると発生するヒッチを修正。 • ゲームが味方のリッチを生産する必要があるかチェックすると発生するスクリプトエラーを修正。 • クバ・リッチが無効なアイテムを盗むと発生するスクリプトエラーを修正。 • ミッション完了時リッチが盗むアイテムが引き起こすスクリプトエラーを修正。 • ハッキングを完了するときに発生するスクリプトエラーを修正。 • 高レベルのミッションでハッキングを開始するときに発生するスクリプトエラーを修正。 • 分隊UIでミッションへロード中に発生するスクリプトエラーを修正。 • マウスホイールを使いながらロードアウトをスクロールしようとすると発生するスクリプトエラーを修正。 Parazon Mod に関する変更、修正点: • すでに稼動されている場合、Untraceableの不可視バフは18秒間更新されます。(つまり、18秒以内に別のターミナルをハッキングできます。) Runtimeのダッシュ速度バフを50%から75%へ上昇。そして、持続時間を10秒から15秒へ。 • Hit and Run MODは「Mercy」で執行後15秒間パルクールのスピード上昇するように。 • Live Wireは24m以内で気付いているまたは警告されている敵に対してのみショック感電を与えるように。 • コーパス用のハッキングパネルを失敗して中止した場合、追跡できない不可視性バフが稼動される問題を修正。 Vaubanに関する変更点: • 皆さまから寄せられたフィードバックに基づき、次の変更が導入されました。 • VaubanのTesla NervosとOrbital Strikeの発動速度を増加。 変更点: • [PH]オービターシーンをCapturaシーン画面から撤去。 このアイテムは日を改めて実装されます。 • NyxのPsychic Boltの移動速度のデバフはPower Strengthの影響を受けるように。 • Grendel入手ミッションのHUDに「MOD無効化」という表示が出るように。 • クバ・リッチアーマーのメタリックの傷や汚れをいくつか除去し、アクセサリーの素材の一貫性を向上。 修正点: • オペレーターが空中でVoid Blastを行えない問題を修正。 • テクスチャが崩れるため、Vasca キャバットのハイブリッドに特定のファーパターンを装着できない問題を修正。 以前も同じような不具合が純正Vascaキャバットでも発生していました。 • Grendelが自分の味方を飲み込む問題を解決に向けて改善。 Grendelはいつでも腹ぺこです。 • NPCが見えないターゲットに焦点を向ける問題を修正。 • TitaniaのEmpress スキンがRazorwingを発動中正しい羽のメッシュを使わないため、羽ばたくアニメーションが欠落する問題を修正。 • NPCがスタックするため、据え付け場所(タレットなど)でアニメーション化されない問題を修正。 • Warframeにエクシラススロットを取り付けるときに「武器」テキストを表示するプロンプトを修正。 • Grendelに対して、大き目のシャンダナがクリッピングする問題を修正。 • エクシラス武器アダプターをチャットリンクできない問題を修正。 • 一度Vasca キャバットのぬいぐるみをオービターに設置すると移動できなくなる問題を修正。 • MR3のプレイヤーにレジェンダリコアが添付されているメッセージが送信されなかった問題を修正。 • Grendelに飲み込まれるとオキシウムオスプレイのレンズフレアが表示される問題を修正。 • 磁気プロックの音響がミッション全体で聞こえる問題を修正。
×
×
  • Create New...